記事検索

PSPinc 日本語公式ブログ

http://jp.bloguru.com/pspincJP
  • ハッシュタグ「#jpblog」の検索結果182件

アプリの定義

スレッド
「アプリ」は「アプリケーション」の略語で、現在は「モバイルアプリ」とも呼ばれています。スマートフィンでのアプリの使用は、デスクトップやラップトップコンピュータでの作業に似ています。今や、スマートフォンで、全てのデスクワークが完結するといっても過言ではありません。

元のiPhoneは320 x 480の解像度の3.5インチディスプレイを搭載していましたが、今日の小型のiPhone 7は1334 x 750解像度の4.7インチディスプレイを備えています。今、iPhone 7は元のiPhoneの50倍の速度で情報を処理できます。従来iPhoneは、ディスプレイ、カメラの品質、スピード、ストレージ、バッテリ寿命などのあらゆる面で、10年後の最新モデルの次の高度なテクノロジーの次に陳腐化してしまいます。

1993年以来、Webブラウザは、Webページ、ユーザーインターフェイス、Web /モバイルアプリケーションを作成するための最新技術であるHTML5をサポートするようになりました。この新しい技術のおかげで、クラウド内のソフトウェアプログラムとの対話が大幅に改善されました。しかし、携帯電話やタブレット上のブラウザでは、クラウド技術はまだ限られています。 Windowsを搭載したMicrosoft、Mac OSとiOS向けのApple、Google Androidなどの企業は、モバイルとPCのプラットフォームを同じように機能させようとしています。

今のところ、より強力なモバイルデバイスの助けを借りて、モバイルアプリはスマートフォンからクラウド内でビジネスを行うためのプラットフォームに成長しました。モバイルアプリのソフトウェア開発者は、モバイルブラウザで見られるものよりも、ユーザーフレンドリーな画面、インタラクティブなレスポンス、セキュリティ強化機能を設計できます。

これから、モバイルアプリについてさらに詳しく説明し、ビジネスに役立つレビューと分析をご提供したいと思います。
#JpBlog #モバイル #モバイルアプリ #アプリ

ワオ!と言っているユーザー

オンラインマーケティングセミナーin サンディエゴ

スレッド
本日、PSPincは、オンラインマーケティングセミナーを実施し、オンラインを如何に皆様にビジネスの販促に役立てるか、広告はどうすればいいのか、出した広告をどうやって効果測定すればいいのかなど、PSP社長中村がお話を致しました。

お忙しい中ご参加いただきましてありがとうございます。

モバイルフレンドリーとなる» サンディエゴタウンあと20日で生まれ変わります。

#JpBlog #サンディエゴ #オンラインマーケティング

ワオ!と言っているユーザー

有料動画広告

スレッド
昨年11月の米国大統領討論で、テレビで視聴した視聴者はわずか6,300万人だったのに対し、オンラインでの視聴は1億2400万人を超えました。

NetflixやHBOのような広告なしのビデオストリーミングサービスは数多くありますが、会員費を支払う必要があります。 YouTubeでは有料の定期購入は必要ありませんが、市販のクリップを視聴する必要があります。 YouTubeに「チャンネル」を持っている人は、自分のサイトで広告スペースを販売できるプログラムGoogle AdSenseに登録することで収益を上げることができます。

AdSenseサイトの広告の一部は動画広告で、YouTubeで目的の動画が再生される前に短い広告動画をご覧になった事があると思います。いくつかの調査によると、ビデオ広告市場は50億ドルの産業となり、ビデオストリーミングはインターネットトラフィックの2/3を占めるようになりました。

若い世代の多くは長い動画広告を好まないので、15秒以下の短い動画(おそらく)に集中する可能性が高くなり、短い動画広告に適切なメッセージがあれば、あなたのメッセージは非常に有効に伝わるでしょう。

AdWordsのコストは、動画広告の単価(CPV)で、次に、Googleは広告の「品質スコア」、つまり広告が意図されたユーザーとどの程度関連しているかを評価し、「広告ランク」が決まります。広告ランクは競合他社広告の横に広告が表示される頻度です。基本的には、Googleのアルゴリズムであり、最も品質の高い関連性の高い広告が最も多く表示されたりクリックされます。

有料ビデオ広告をはじめることに躊躇されているのであれば、まずはFacebookページ用の短いビデオクリップを作成、短時間のライブフィードビデオを録画、そしてそのクリップをYouTubeにアップロードしたりすることが、ビデオマーケティングの第1歩です。これは、どのような種類の動画が他の動画よりも注目を集めているかをリサーチする良い方法です。結局のところ、たとえあなたがGoogle AdWordsで良いビデオ広告の場所に掲載されても、あなたのビデオがビューワーにとって魅力的でなければ、お金の無駄使いになってしまいます。
#Jpblog

ワオ!と言っているユーザー

モバイル・アップ

スレッド
モバイルアプリがインストールされたスマートフォンがあるとします。
ダウンロードできる多くのアプリは無料です。では、彼らはどうやってお金を稼ぐのか?

答えは簡単です:広告スペースを売ることです。無料のゲームや写真編集アプリを携帯電話にダウンロードすると、おそらくゲームの間や写真を保存する前にポップアップ広告を見なければならなかったでしょう。アプリ内の画面下部に小さなバナー広告が表示されている可能性があります。これらは「モバイル広告」と呼ばれます。

今日世界中でスマートフォンを使用する人数は21億人を超え、米国だけで2億人にものぼります。 wikipedia.orgによると、モバイルアプリインストール広告は、2014年にモバイル広告収入全体の30%を占め、2015年には46億ドル、2019年末には68億ドルを上回ると推定されています。

モバイルアプリの普及により、私たちは日常生活の中でニュースやビデオ、ゲーム、さらには外出先で仕事をしても、コンピュータのブラウザを開く必要はありません。これらのアプリは、消費者にとってより重要なタッチポイントになります。

Facebookでプロモーションを設定するときに、モバイル広告がデスクトップ広告とどのように見えるかを確認できます。 Googleにはスマートフォンブラウザ内の特定の検索結果ページだけでなく、モバイル広告のための非常に特定のカテゴリがあります。これらの広告は、Google検索、Google Play、YouTube、モバイルサイトのGoogleディスプレイネットワーク、その他のモバイルアプリに表示されます。

モバイル広告は、より多くの人々がモバイルに近づき、モバイルアプリを終日利用できるようになるため、ビジネスを促進するためのもう1つの優れた選択肢となります。しかし、それがクールだからといってモバイル広告に関与しないでください。オンライン広告の目標を達成するための戦略に合っていれば、ターゲットオーディエンスに到達するのに役立ちます。
#JpBlog #オンラインマーケティング

ワオ!と言っているユーザー

フェイスブックでの広告

スレッド
Facebookは18億8000万人のアクティブユーザーがいると言われています。言い換えれば、地球上の4人に1人がFacebookアカウントを持っているということです。平均して、その地球上の4人に1人の人が、フェイスブックを1日平均20分間使用するそうです。 Facebookがオンライン広告のプラットフォームとしての地位を確率したことは間違いありません。彼らは絶えずエネルギーを投入し、効果的な広告プラットフォームを構築することん切磋琢磨しています。

Facebookの広告宣伝のメリットは即効性が高いということです。
各プロモーションは、今すぐ予約する、サインアップする、メッセージを送信する、詳細を知る、今すぐ電話するなどの「行動を促す」ボタンが設定できます。これは、ビジネスページ上のFacebookの目標設定、そして広告の成果を測定する貴重なデータの追跡に役立ちます。

プロモーションタイプを決定したら、視聴者を選択することもできます。 Google AdWords、Facebookとは異なり、プロファイリングを通じて、性別、年齢、居住地、趣味などのターゲットを絞ることができます。

Facebookでは、選択したキーワードやフレーズに基づいて、特定のビジネス、趣味、ライフスタイルの「関心」を持つ人々をターゲットにすることができます。

たとえば、PSPINCはFacebook上で広告では「中小企業」、「ウェブ開発」、「ウェブサイト」などのキーワードを使用しています。
#Jpblog #オンラインマーケティング

ワオ!と言っているユーザー

オンライン広告を始めるにあたり

スレッド
Google AdWordsは、ビジネスの宣伝に使用できるいくつかのオプションがあり、使いやすいプラットフォームです。ただし、検索広告、ディスプレイ広告、動画広告、アプリ広告、その一部または全部を選択することはできますが、プログラマーやモバイルアプリを持っていない場合は、アプリ広告は気にしないでください。

検索広告は検索エンジンの検索結果ページに表示されるテキスト広告で、ディスプレイ広告はGoogleのパートナーサイトに表示されるバナー広告で、ビデオ広告はYouTube(現在はGoogleが所有)に表示されます。

GoogleにはAdWords Expressというツールもあります。これはセットアップウィザードで、検索エンジンでの広告掲載を開始するための質問に簡単に答えます。あなたは簡単な質問に答え、基本的な広告を書いてくれます.Googleはそれをターゲット顧客に配信します。開始手順は簡単で、セットアップには約15分かかります。

複数のキャンペーンで主要な検索語句、広告、人口統計を幅広くテストしたい場合は、Google AdWordsの従来のダッシュボードの使用を検討することをおすすめします。コンバージョンの測定とトラッキング、特定のキーワードの選択、特定の人口統計のターゲティングなど、多岐に渡る情報が入手できます。

10年前、GoogleとYahooが検索広告(テキスト広告)がオンライン広告の要でしたが、今はソーシャルメディアはFacebook、Instagram、TwitterなどのSNS が独自のスポンサー広告スペースを提供しています。

GoogleとFacebookの2つの巨人を比較すると、Googleには26億人、Facebookには12億人のユーザーがいます。 Facebookはユーザーの興味や行動を好みやシェアに基づいてターゲットにすることができますが、Googleは場所や検索語句でターゲットを絞り込むこといにひいでています。 Facebookには広告用の検索エンジン機能はありませんが、ネットワーク全体でディスプレイ広告を活用しています。

ソーシャルメディアや検索エンジンを使用する場合でも、その両方を使用する場合でも、オンライン広告キャンペーンは簡単にはじめられます。キャンペーンのための戦略を立て、目標を設定し、常にコンバージョンをトラッキングして、細かく調整、追跡することが成功の秘訣です。
#Jpblog #オンラインマーケティング

ワオ!と言っているユーザー

ディスプレイ広告と検索広告

スレッド
検索エンジンの広告については、ディスプレイ広告と検索広告のどちらかを選択できます。

クリック単価キャンペーンでは、入札したキーワードやフレーズを入力すると、検索結果ページにテキスト広告が表示されます。有料広告の横にはYahooとGoogleの「広告」が表示されますが、オーガニック検索結果(タイトル、URL、説明など)によく似ており、有料広告とオーガニック検索結果は区別がつきづらいです。

ディスプレイ広告は同じではありません。ディスプレイ広告は、広告スペースをリースした人気のあるウェブサイトに表示されるグラフィックイメージまたはバナーです。コンテンツターゲット(検索したキーワード)や行動ターゲティング(閲覧したウェブサイト)に基づいてディスプレイ広告が表示されます。

たとえば、ある自動車に関するウェブサイトにアクセスしたことがあると、FacebookやYouTubeなどのサイトを閲覧しているときに車関連の広告が自動的に現れます。オンラインで「税務アドバイス」を検索した場合、TurboTaxやH&R Blockなどの会社のグラフィック広告のポップアップが表示されて驚いたことがあります。

広告のもう1つの一般的な形式は「リマーケティング」と呼ばれます。リマーケティングは、既にウェブサイトにアクセスして商品やサービスを見たユーザーの前にディスプレイ広告を表示する料金です。最近Amazon.comで商品を見たことがある場合、InstagramやFacebookを見ている間、同じ製品のスポンサー付きバナー広告が表示されることがあります。これらのリマーケティング広告は、既に商品やサービスに興味を持っているユーザーに対して質の高い成果が期待できます。

ブランド認知度を高めるための1つの方法はディスプレイ広告です。ディスプレイ広告は恒常的に広告を表示するように設定することで、潜在的な顧客に定期的にあなたの会社を思い出させることができます。広告の有効性は、主に皆様のブランドを視覚的に訴えることが目的です。

ターゲットとするユーザー層を引き付けるために、広告が適切なメッセージでプロフェッショナルに設定することをしなくてはいけません。

#JpBlog #オンラインマーケティング

ワオ!と言っているユーザー

オンライン広告キャンペーン

スレッド
どなたでも簡単に始められるGoogle AdWordsは、いくつかのオプションがあり、検索広告、ディスプレイ広告、動画広告、アプリ広告、その一部または全部を使用することもできます。但し、プログラマーやモバイルアプリを持っている会社でなければ、アプリ広告は難しいかもしれません。

検索エンジンの検索結果ページに表示されるテキスト広告で、ディスプレイ広告はGoogleのパートナーサイトに表示されるバナー広告です。ビデオ広告はYouTube(現在はGoogleが所有)に表示されます。

GoogleにはAdWords Expressというツールもあり、検索エンジンでの広告掲載を開始するための質問に簡単に答えると、基本的な広告を書いてくれ、Googleはそれをターゲット顧客に配信します。開始手順は簡単で、約15分でセットアップ完了です。

複数のキャンペーンで主要な検索語句、広告、人口統計を幅広くテストしたい場合は、Google AdWordsの従来のダッシュボードの使用を検討することをおすすめします。コンバージョンの測定とトラッキング、特定のキーワードの選択、特定の人口統計のターゲティングなど、より多くのコントロールが可能です。

10年前は、GoogleとYahooが検索広告(テキスト広告)を中心にオンライン広告の分野で支配的でしたが、今はソーシャルメディアはFacebook、Instagram、Twitterなどのサイトは独自のスポンサー広告スペースを提供しています。

GoogleとFacebookの2つの巨人。Googleには26億人、Facebookには12億人のユーザーがいます。 Facebookは、ユーザーの興味や行動を好みやシェアに基づいてターゲットにすることができますが、Googleでは地域や検索条件でターゲットを絞り込むことができます。 Facebookには広告用の検索エンジン機能はありませんが、ネットワーク全体でディスプレイ広告を活用しています。

ソーシャルメディアや検索エンジンを使用する場合でも、その両方を使用する場合でも、オンライン広告キャンペーンを簡単に利用できます。キャンペーンのための戦略を立て、目標を設定し、コンバージョンをトラッキングして、こまめに調整することが、成功への近道です。
#JpBlog #オンラインマーケティング

ワオ!と言っているユーザー

検索エンジン広告の種類

スレッド
検索エンジンの広告には、テキスト広告(検索広告とも呼ばれます)とディスプレイ広告のどちらかを選択できます。

1)検索広告

クリック単価キャンペーンでは、入札したキーワードやフレーズを入力すると、検索結果ページにテキスト広告が表示されます。有料広告の横にYahooとGoogleの「広告」が表示されますが、オーガニック検索結果(タイトル、URL、説明など)によく似ています。したがって、有料広告とオーガニック検索結果の見極めは難しいです。

2)ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、広告スペースを人気のあるウェブサイトに表示されるグラフィックイメージまたはバナーです。コンテンツターゲット(検索したキーワード)や行動ターゲティング(閲覧したウェブサイト)に基づいてディスプレイ広告が表示されます。

たとえば、最近検索したものに類似した広告を見たことがあります。自動車に関するウェブサイトにアクセスしたことがある場合は、FacebookやYouTubeなどのサイトを閲覧しているときに車関連の広告がでてきます。オンラインで「税務アドバイス」を検索した場合は、TurboTaxやH&R Blockなどの会社のグラフィック広告のポップアップが表示されることはよくあることです。

広告のもう1つの一般的な形式は、「追従型広告」。既にウェブサイトにアクセスして商品やサービスを見たユーザーの前にディスプレイ広告を表示する料金です。最近Amazon.comで商品を見たことがある場合、InstagramやFacebookを見ている間、同じ製品のスポンサー付きバナー広告が表示されることがあります。これらの広告は、既に商品やサービスに興味を持っているユーザーに対し質の高い成果を上げます。

googleアドワーズで運用される追従型広告を「リマーケティング」
yahooリスティングで運用される追従型広告を「リターゲティング」

と呼ばれています。

ブランド認知度を高めるためのディスプレイ広告は、時間の経過と共に表示するように設定することで、潜在的な顧客に定期的に皆様のビジネスを思い出させることができるよう、ブランドをイメージさせる視覚的に魅力的であること、ターゲットとするユーザー層を引き付けるための適切なメッセージが必要です。
#JpBlog #オンラインマーケティング

ワオ!と言っているユーザー

オンライン広告の分析

スレッド
広告は、オンラインまたはオフラインで、マーケティングキャンペーンの出発点に過ぎません。キャンペーンの成果を追跡して理解するトラッキングがなければ、投資収益率を測定することはできません。また、何が効いているのか、何がうまく機能していないのか、さらに調整するためにどのような調整ができるのか分かりません。そこで、ウェブサイトの分析について知っておくべき重要なことを考えてみましょう。

1)ウェブサイトのトラフィック

ほとんどのWebホスティングサービスは、ウェブサイトのトラフィックを表示するための分析データをお客様にご提供しています。弊社PSPincのDreameriのWebホスティングプラットフォームにも、分析データが組み込まれているはずですので、まずは、皆様のウェブサイトのホスティング会社に確認をしてみてください。また、Googleアナリティクスという無料のツールもありますのでぜひご利用ください。

2)訪問者の統計

皆様のサイトに来る訪問者の統計を示すアナリティクスは必須です。キャンペーンが開始される前にサイト訪問者を比較し、ターゲット市場を持ち込んでいるかどうかを確認することをお勧めします。特定の分析機能を使用すると、人がどこに住んでいるか、年齢、性別などを追跡することができ、キャンペーンが、ターゲットとする顧客マーケットに到達しているかを確認できます。

3)クリック率

クリックスルーはクリック率(Click Through Rate)で測定されます。 CTRはオンライン広告にとって重要です。何人の人がそれを見ているかによって広告をクリックする誘惑を受けた人の数がわかるからです。クリック率が悪い場合は、広告キャンペーン、メッセージ、オファー、またはビジュアルを調整して、潜在的な顧客を引き付ける必要があることを意味します。

4)コンバージョン

コンバージョンは、独自の目標によって定義できます。掲載した広告リンクやバナー広告をクリックさせる目標は何ですか?

電話をもらうことですか?
サイトの3ページ以上を訪問することですか?

キャンペーンの目的をたっせいしているかどうか、そのパフォーマンスを追跡する必要があります。あなたがクリックスルーした訪問者のうち、どれだけ多くの人があなたが望んでいた行動をとったかによって、コンバージョン率を判断できます。

5)コストパフォーマンス

上記の数字をつかい、キャンペーンに費やした実際の金額を分析します。
例えば、広告に1万円払い、1000人の新規訪問者がいて、そのうちの10人が実際にお問い合わせフォームに登録したとすると、訪問者1人あたり100円、1リードあたり1000円のコストが、あなたのビジネスにとって妥当かどうかを判断し、今後の広告予算を決めることができます
#JpBlog #オンラインマーケティング

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ