記事検索

フリースペース

南加聖書教会ホームページ: http://wdx.socalbiblechurch.com/ 南加聖書教会フェイスブック: https://www.facebook.com/SoCalBibleChurch/

牧師、バイカー、鮨職人として。。。シェア from LA   

スレッド
牧師、バイカー、鮨職人として。...
牧師、バイカー、鮨職人として。。。シェア from LA   
第36話 コロナ、ロックダウン、妻の事故 ⑨「 ERへ 」  

   我々を乗せた救急車はほどなく病院のER(エマージェンシー・ルーム)付近へ到着した。見るとERというより工場の裏口のような殺風景な所。混雑してるわけではないが、ERの入り口前では先に到着した他の患者がストレッチャーに乗せられたままで待たされている。その周りを救急隊員らが動き回り、入り口ではひっきりなしに病院関係者ら出入りする。そう簡単には中へ入れてもらえないことが想像できた。中へ入れた後も、ERで治療を受けるのに数時間待たされることもアメリカでは珍しくない。

病院は殺気立っていた。救急隊員は皆、目がつり上がり荒々しい。ロックダウンから僅か1カ月、LAでは連日コロナで大勢の人々が命を落とし、病院は崩壊の瀬戸際にあった。そう。ここは“コロナ戦争“の最前線なのだ。固唾を飲んで見ていると、「あなた、もう一度祈って。ここで手を握って。。。」と妻。そうだ。今こそもう一度 祈られねばならない。両手を胸の上で合わせてストレッチャーに横たわる彼女は、どうやら目があまり見えない様子。彼女の手の上に両手をかぶせ声を出して祈った。しばらくして入り口のドアが開き、彼女を乗せたストレッチャーはERの中へと吸い込まれて行った。「意外に早いな」と思いつつ見送る。

「おい、アンタ!」 その時、横で大きな声がした。私に向かって「アンタはここにいてはいけない。もう行け!」と救急隊員の一人がわめいてる。「行けって、どこへ?」と聞き返すと「どこでもだ。そこに道があるだろ!行け!」。頭に来て「何じゃそれ?! 俺は今ここに来たばかりで、妻はERに入ったばかりだ!それに道ってどの道だ?!俺はここに詳しくない!」と返すと「関係ない! 今はコロナなんだ!とにかくあっちへ行け!そこにある道をドンドン歩いて行け!」と彼。ヤレヤレまたコロナだ。何もかもがこのせいだ。

仕方なく前を横切る道の向こう側まで取りあえず歩き歩道に座った。そこへCHP(カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール)の警官がバインダーを持ってやって来た。先ほどフリーウェーの事故現場でいた人だ。小柄だが がっしりした白人中年の彼の名はラインハート。彼の質問に色々と答えた後、「ここにあなたの車を預けています」と 廃車置き場が記されたカードを私に差し出し、丁寧に挨拶をして立ち去った。とっぷりと日が暮れ、ふとER入り口付近を見るといつの間にか誰もいなくなっていた。歩道に座ってるのもシンドイのでもう一度その場所へ戻って置いてある椅子に腰かけた。しばらくボーっとしていたが、突然

「ダビデは彼の神、主によって奮い立った。」   第一サムエル記30章6節

と記された、その日の朝 与えられた聖書の一節を思い出した。ダビデ軍が得るものなく戦場から自分たちのテリトリーに戻ると、何と敵に全てが焼き払われ、妻子を含む全員が連れ去られ、大の男どもが泣き明かした一件である。あまりのショックに部下たちはダビデを殺そうとした。しかし不屈の信仰者ダビデにとって”イモ引く“などあり得ない。かえって神の力で立ち上がるのである。ふと気が付くと、私はすっくと立ちあがっていた。そして見る見る怒りがこみあげて来た。「こらあ!!ワレ誰に向かってケンカ売っとんじゃい!ボケッ!!」とサタンに向かって叫んでいた。この時完全にモードが切り替わった。防戦から攻勢に転じた瞬間だった。万軍の主に在る反撃が始まる。。。 10-5-2020

ワオ!と言っているユーザー

牧師、バイカー、鮨職人として。。。シェア from LA   

スレッド
牧師、バイカー、鮨職人として。...
牧師、バイカー、鮨職人として。。。シェア from LA   
第35話 コロナ、ロックダウン、妻の事故 
⑧「救急車内にて」  

   ガブリエルと別れて戻ると、ちょうど妻がストレッチャーに乗せられER(エマージェンシー・ルーム)へ行く準備が整ったところだった。と同時に、さっきとは別の救急隊員から「ご主人も一緒に行かれますか?」と意外なことを聞いた。「え?行っていいの?」と驚いてると「ええ、もちろんです。ぜひ乗って下さい。」と丁寧に言うではないか! これもアメリカではよくあることで、組織が別々に行動するため手順が統一されていないのだ。神に感謝しつつ救急車に勇躍 乗り込もうとした時、「ちょっと待って!スマホがない!探して!」と妻が叫んだ。

徐々に意識を回復した妻は、自分なりに財布やIDカードなどの有無を確認していたのだ。慌てて探し回ったが見つからないので鳴らしたところ、「これアンタのじゃない?」と、もう一人のCHP警官が見つけて持って来てくれた。何と車から数メートル離れた所まで吹っ飛ばされていた。しかし今もちゃんと使えている。実際このスマホは この後大いに役に立った。もしなければ広い院内で連絡がつかないところだった。

救急車に乗り込み現場を離れた。横たわるマスタングが視界から遠ざかるのが窓から見えた。これが24年間にわたり32万km乗った愛車を見た最後の時となった。そしてアシュリー兄に電話をした。「ゴメン。もう現場を出発しちゃった。ロングビーチ・メモリアル病院だそうだから、悪いけどそっちへ向かってくれる?」彼は「分かりました。今、見えてますよ! ボクも今現場に着きました。渋滞で辿り着くのに時間がかかりましたが、先生の乗っている救急車が離れて行くのがここから見えてます。大丈夫です。病院の方へ向かいます!」 ああ、何という主に在る友の力強い助けだろうか。思わず主に感謝を捧げたその時、

「あなた、祈って。。。」 か細い声で妻が言った。そうだ。祈らなきゃいけない。狭い車内で彼女は向こう側を向いてストレッチャーに乗せられているので顔を見れないが、ストレッチャーの端に手をかけ祈った。「主よ。何と言う悲劇でしょうか。どうか我らを憐れんでください。しかし一方でここまで全て守られたことを感謝します。こうして私が救急車に乗り込めたことや、アシュリー兄の助けを感謝します。今、どうぞ妻をお救いください。適切な治療が受けられますように。一切をお守りください。あなたに全てを委ねます。」

「これは、もはや自分自身を頼まず、
 死者をよみがえらせてくださる神により頼む者となるため。」
          第二コリント人への手紙1章9節

という聖書の厳しい言葉が去来するのを感じつつ、車はゆっくり病院へ向かって行った。      つづく。。。    
10-1-2020

ワオ!と言っているユーザー

憎しみは それを入れる器を蝕む。

スレッド
憎しみは それを入れる器を蝕む...
憎しみは それを入れる器を蝕む。

アラン・シンプソン

ワオ!と言っているユーザー

牧師、バイカー、鮨職人として。。。シェア from LA   

スレッド
牧師、バイカー、鮨職人として。...
牧師、バイカー、鮨職人として。。。シェア from LA   
第34話 コロナ、ロックダウン、妻の事故 
⑦「救急活動開始」  

   そうこうするうちに消防車一台と救急車一台、CHP(カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール)のパトカー2台とレッカー車2台がやって来た。まだ妻はろれつが回らず記憶も飛んでいたものの、少しずつ正気を取り戻しつつあったが、何気なく彼女の座っているシートの背もたれを見ると何か濡れている。薄暗がりに加え黒い座席なので見分けがつかない。触ってみると、「ベチョ。」  どす黒い血が付いた。「ヤバイ!頭頂部から出血してる!」 思わず血の気が引いた。

喧噪の中、救急隊が作業を始め妻を診断し、CHPの警官は私に質問しながら書類作成を始めた。私は時おり妻のほうを見やりつつ散乱した所持品をかき集め、病院へ行く準備を始めたが、又しても驚愕すべきことを聞かされた。救急隊院の一人が「アンタは救急車に乗って行けない。」とポツリ。「何だって?」と聞き返すと「コロナのせいで救急車に乗れるのは患者だけ。」 チッ、またコロナだ。「じゃあ、どこの病院か教えろ」と尋ねると「知らん」と言う。まだ行く先が分からないので警察に電話して自分で調べろだとさ。腹わたが煮えくり返りそうになる中、今度はCHPから「アンタはここからどうやって家へ帰るんだ?」と聞かれた。

そりゃそうだ。病院へ行くにしても帰宅するにしても、私を”迎えに来た”はずの妻は重症、車は無くなった。誰か呼ばなくてはならない。すぐさま御霊に示され教会メンバーのアシュリー兄の顔が浮かんだ。「そうだ!彼はこの近所だ。」と電話をしたところ、彼もロックダウン中で自宅にいたためすぐにつながり来てくれることになった。そこへガブリエルが血相変えて飛び込んで来た。「アンタのバイクを運ぶトラックが来たよ!」

そうだった。忘れてたが自分のバイクも陸送せねばならない。しかし、もはや“家には誰もいない“ので、急遽いつも世話になっているバイク屋へ運んでもらうことにしてバタバタとバイクを積み込んだ。

「じゃあボクはもう行くから。」と彼。立ち去ろうとするガブリエルに私はハッキリと言った。「どうだい?見ただろう。これが信仰者の生き様さ。俺はフツーのオッサンで、今回は悲劇に見舞われた。信仰者の人生とは決して楽じゃない。でも、私たちには神である主がついておられる。だから結果がどうあろうと真の信仰者は必ず乗り越えることが出来る。今回もそうさ。君が本当に心から神を信じることが出来るように期待してるよ。」彼は「ありがとう」とグータッチをして帰って行った。言いようのない力と平安が私を覆い始めていた。同時に先ほどまで感じていた暗い影が少し薄れていることに気付いた。

「たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私は災いを恐れません。
 あなたが私と共におられますから。」   詩篇23篇4節

まさに聖書のこの言葉どおりの雰囲気であった。主に在る反撃が始まろうとしていた。。。         9-28-2020

ワオ!と言っているユーザー

牧師、バイカー、鮨職人として。。。シェア from LA   

スレッド
牧師、バイカー、鮨職人として。...
牧師、バイカー、鮨職人として。。。シェア from LA   
第33話 コロナ、ロックダウン、妻の事故 ⑥「激突!」  

   思いがけず始まったガブリエルへの伝道。ここらでそろそろ祈りに入ろうかと考え始め、視線を彼の顔から前方に移し何気げなく前を見た瞬間、ドカッ!!と物凄い音がした。何とクライスラーのバンが、妻が乗る私の愛車マスタングに左後方から猛スピードで追突し、そのまま左周りで強烈にスピンしながら右側合流車線へと押し出されガードレールに激突して止まった。当てたクライスラーも衝撃で左へ旋回して進行方向と逆向きのこちらを向いて止まった。「なに。。。!!!」それは一瞬の出来事だった。「ひでえ事故だな。。」とガブリエル。「あれは俺のカミさんだ!!」 妻はすでに現場に到着し路肩に寄せようと減速していたのだ。私は車めがけて一目散に駆け出した。

「ああ、こういうことだったのか。。。」 AAAが来ないことや、壊されたヘルメットなど、重苦しい空気の意味は。しかもそれは私ではなく妻に起こってしまった。サタンは常に弱点を突いて来る。60メートルくらいあるだろうか。走りながらついにこの日が来たと思った。2年前から繰り返し届いた裁きの預言。それはコロナのことだったのだが、預言を受ける者に言えることは、たいていその人は当事者となって苦労することだ。だから今はダビデのように神の前にへりくだり祈りつつ走る。 

それにしてもおかしい。なぜカミさんは車から出ないのか?早く出ないと炎上の危険がある、などと思いつつ車に辿り着いた。見ると燃費リッター僅か8キロの原因である鋼鉄の塊のアメ車の後部がへしゃげてしまい、そのせいで左ドアが “くの字” に曲って飛び出し、オープンカーのソフトトップがめくれ上がり”青天井“になっており、彼女は丸見えですぐに目に飛び込んできたがノックアウトされて気絶していた。車は一発アウトでもうダメだとすぐ分かった。ああ、正によみに落ちた瞬間、フルボトムまで落とされた瞬間だった。

「私を泥沼から救い出し、私が沈まないようにしてください。
私を憎む者ども、また大水の底から、私が救い出されるようにしてください。」
                 詩篇69篇14節

「おい!大丈夫か!?」 必死に祈りつつ彼女の肩をつかみ大声で何度か呼びかけると目を覚ましたが、全く何が起こったのか分からない様子。さらに声をかけながら外へ連れ出そうとしていると、「彼女、大丈夫?」とブレイズヘアの20代の太目の黒人の姉ちゃんが走り寄って来た。「彼女がぶつけられたのを見たから止まったの。ぶつけた相手ドライバーは車の前がペシャンコで中から出られず閉じ込められてるわ。もう警察には電話したから。幸運を祈ってる。頑張って!」と去って行った。「どうもありがとう!God bless you!」と彼女の後ろ姿に礼を言うと、今度は「アンタ大丈夫か?」とやや長めの白髪の白人男性が声をかけて来た。それにしてもアメリカ人はいざと言う時すぐに人助けに動く。大したもんだ。いっぽう現場は事故車の破片が散乱して大渋滞を引き起こし、喧噪のるつぼと化した。長い夜の戦いが始まった。        9-24-2020
つづく。。。

ワオ!と言っているユーザー

太陽は暗くなり、月は光を放たず。。。

スレッド
太陽は暗くなり、月は光を放たず...
太陽は暗くなり、月は光を放たず。。。

マタイの福音書24章29節

ワオ!と言っているユーザー

牧師、バイカー、鮨職人として。。。シェア from LA   

スレッド
牧師、バイカー、鮨職人として。...
牧師、バイカー、鮨職人として。。。シェア from LA   
第32話 コロナ、ロックダウン、妻の事故 ⑤「ああコロナ、されど伝道」  

   さらにガブリエルは申し訳なさそうに驚くべきことを言った。「実はアンタを家に送ってはいけない。」「何じゃそりゃ!?」と聞き返すと、「コロナ危機のせいで、この市では車両を運ぶ際、車の持ち主はトラックに乗れず、乗れるのはトラック運転手だけ。だから彼はアンタの車だけ家まで移送するが、アンタを家までは送ってはいけない。そのためにアンタは家族にでも電話してここまで迎えに来てもらわないといけないんだ。。。」
「しまった!!」 まさかそこまでは考えてなかった。OCでは通常通りAAAの運送サービスは行われていたからだ。しかしよく考えればロックダウンから1カ月現在、LAではコロナが猛威を振るい多くの人が命を落としており、外出制限もOCよりはるかに厳しかった。うかつだった。この時期にLAをボロバイクで走った俺がアホやった。悔やんでも始まらない。「じゃどうする? 俺はOC在住だ。カミさんに向かえに来てもらったら今から30分はかかる。」だが「じゃあ彼女に電話して待つしかない」と再び申し訳なさそうに言う彼。仕方なく妻に電話した。

「今からロングビーチまで?」と彼女はかなり驚いたが とにかく家を出発した。相変わらずFwyは皆が猛スピードで走っており危険でウルサイので、その間2人で彼が乗って来た小汚いトラックに乗り込み妻を待つことにした。トラック入ると彼は「ところでアンタは仕事してるの? ロックダウン中だけど。」と聞いて来た。「ああ、俺は牧師なので説教を作ったりオンラインで人と会ったりなど家でいることが多いので生活は変わらないよ。君は?」と尋ねると、「イタリアから1年ほど前に来た学生でこれはアルバイト」と言う。さらに彼は思いがけないことを聞いてきた。

「アンタは牧師だよね。何でこんなに色々宗派があるの?」 おお、来た!と思った。
 伝道の機会はそこここに転がっている。
カチッとモードが切り替わり、主の導きを感じつつトラックが“伝道集会“に早変わり。
ボク:「人間には罪があり、エゴがあるから他者より自分が正しいと思うので、宗教や政治などすぐセクト化するんだ。
    1コリント1章にはそれが詳述されてる。人に焦点を合わせイエスに焦点を合わせないから信者同士争ってる。
    全くアホだよね? キリストが中心にいないとそうなる。」
彼 :「なるほど。ボクはカトリックで毎週教会に行くよ。お婆ちゃんが厳しい人で“行け行け”とうるさいんだ。」
ボク:「そうだろう。大抵の人がそうだ。ルーティンや惰性で行く人やクリスチャンファミリーの人、文化的背景やイベント付き
    合いで行く人など。だから生活にイエスがなく、平気で悪い事をする者もいる。
    君はイエスが君のために十字架にかかった救い主と信じてるだろう。でも本当にそうかな? 確信はある??」
彼 :「ウーン。よく分からない。。。」
ボク:「だよね。君はまだ何も信じてない。でもイエスが2千年前に十字架にかかったことは知ってるので、
    一応“信者”だと思ってる。 でもね、『イエスを信じるとはイエスに従うこと』なんだ。分かるよね。でも出来ないよね?
彼 :「分かる。でも出来ない。。。聖書も読んでないし、教会へも毎週行くわけじゃないし。。。」
ボク:「そうだろう。でも本当にイエスを信じ、彼を心にお迎えする時、君はイエスの聖霊を受けるんだ。
    ほら、スターウォーズのフォースみたいなもんさ。君は出来ないことが出来るようなる。少しずつ。
    逆に言えば、聖霊抜きにしてキリスト者は
    何も出来ない。さっきの話のように かえって仲間割れするのがオチだよ。かつては俺もヒドイ人間だった。
    でも聖霊を心に迎えることで神と共に歩めるようになった。
    信仰者の人生は試練が多く 楽ではないが、いつも平安と喜びがある。」
などと主を称えつつ福音を語りまくり、あっという間に30分近く過ぎ去った。ガブリエルは熱心に聞いていた。 

「あなたがたの内にある希望について説明を求める人には、誰にでもいつでも弁明できる用意をしていなさい。」
   第一ペテロの手紙3章15節                          
9-15-2020

ワオ!と言っているユーザー

牧師、バイカー、鮨職人として。。。シェア from LA   

スレッド
牧師、バイカー、鮨職人として。...
牧師、バイカー、鮨職人として。。。シェア from LA   
第31話 コロナ、ロックダウン、妻の事故 
④「 その日が来た 」  

   ついに妻の大事故の日がやって来た。4月24日金曜の午後6時前、私はハーレーに乗ってLAの405Fwy(フリーウェー)を走っていたが急にエンストして路肩で止めた。40年前の古いバイクなので ここまではよくある話。すぐにAAA(トリプルエー)へ電話してレッカーを手配した。AAAは日本のJAFに相当し、年中無休24時間どこででも燃料補給やタイヤ交換をはじめ、レンタカーや保険の手配まで全て行う。特にバイクへのサービスは手厚く、安い年会費で 年4回まで1回当たり160kmまでなら通称”フラットベッド”と呼ばれる昇降式の平らな荷台のトラックでライダーと一緒に家まで輸送してくれるので実に頼もしい存在だ。

だがその日は様子が違った。街中なら15分ほどで来るはずのAAAが40分待っても来ない。しかもAAAに電話したら何と繋がらない。過去30年間AAAのメンバーだったがこんなことは初めてだ。「ひょっとしてコロナのせい?」 嫌な予感がした。 とその時 「バキッl!!」と大きな音がした。ハーレーの上に置いていたハーフヘルメットが強風で煽られ落下したところを猛スピードのフォードのピックアップトラックが踏み潰して走り去ったのだ。

実は普段の加州の金曜の夕方はどこも大渋滞で、片側5車線のFwyは車でびっしり覆われ動かないので「駐車場」と揶揄されるほどだが、この頃はロックダウンでFwyはガラガラ。それで狂ったように走る輩が続出、異様なムードが漂っていた。「やはり今日はおかしい。」こういう時は主の御手にあることを覚え ジタバタせず祈りつつ静かに待つ。相変わらずAAAは繋がらない。そこへ突然ショボい小さなAAAのピックアップトラックが止まり中から小柄な白人青年が降りて来た。「何だぁ?俺が要るのはフラットベッドだ!こんな小さなトラックでどうする気だ?!」 強風の中50分も待たされていた私は思わず彼を怒鳴りつけた。

青年の名はガブリエル。申し訳なさそうに彼の口から驚くべき事実が知らされた。「いや、そうじゃないんだ。俺はアンタが大丈夫か見に来たんだ。コロナのせいでこの街のレッカー屋の運転手の2/3が解雇されて業務が回らなくなり、おかげでアンタみたいに待たされる人が続出して。。。特にアンタはバイクだからFwy路上では危ないので。。。」 やはりそうか! AAAに繋がらないのもコロナ危機のせいだったのだ。今日バイクで走ったことを悔やんだが今さらどうしようもない。さらに傾いた夕日が血の色に見えた。「何と不吉な。」 サタンの手が押し迫っている気配を感じ、聖書の言葉

「人は自分の時を知らない。悪い網にかかった魚のように、
 罠にかかった鳥のように、人の子らもまた、
 災いの時が突然彼らを襲うと、それにかかってしまう。」 
              伝道者の書9章12節

を思い出した。今はただ神の前にへりくだり、彼を信頼して祈るのみ。しかし追い打ちをかけるようにガブリエルの口からさらに驚愕すべきことが告げられた!    つづく。。。 9-2020

ワオ!と言っているユーザー

56歳の誕生日を迎えました! 皆さまに感謝します!

スレッド
56歳の誕生日を迎えました! ...
56歳の誕生日を迎えました! 皆さまに感謝します!
事故以来、初めて妻と海に来ました。
ここまで彼女を癒して下さった神さまに感謝!
あなたがたとご家族に神のご加護と祝福が豊かにありますように!
Happy birthday 2 ME! I just turned into 56 yrs young!
Thank you all for your friendship!
This is our first visit to a beach since the accident.
Thank GOD who healed my wife came long way until now!
May the LORD bless you all and keep you all!

ワオ!と言っているユーザー

牧師、バイカー、鮨職人として。。。シェア from LA   

スレッド
牧師、バイカー、鮨職人として。...
牧師、バイカー、鮨職人として。。。シェア from LA   
第30話 コロナ、ロックダウン、妻の事故 
③「 教会内部再塗装 」  

   さて、ロックダウンによりレストラン業の私ども夫婦はあっさり解雇となった。実は教会の仕事が中心の私はロックダウンでも殆ど生活スタイルは変わらないが、妻にとっては膨大な時間が出来た。彼女はもともと何かしてないと気が済まない性格なので、ロックダウン直後から「何か仕事をしたい」と言い始めたが、3日目の朝に突然、「ペンキ塗りをしたい!」と言い出した。とりあえず家の中の汚い所を中心に再塗装すると言う。彼女は工作やペンキ塗りが大好きだ。「そうか、そのテがあったか!」と私の目が開かれた。

実はアメリカでは家を売る際、すぐに売れるよう“流行りの色“に塗り替えてから売るという習慣があり、私どもがこの家を買った時の1階の色は緑色だった。おそらくスターバックスコーヒーを真似たのだろう。思わず眉をひそめたが、1階は教会用として礼拝に使う言わばパブリックスペースなので、「カフェみたいだし、ま いいか。」とそのままにして、1階以外のほぼ全部を業者に頼んで白へ再塗装した。お陰で手間が省け、カネも浮いたと喜んだ。が、すぐに後悔した。いざ住み始めると緑色は重苦しく、家が東向きなので午後以降はやや暗くなる。汚れが目立たないため掃除もしにくい。しかし後の祭りだった。働きながらの牧会で再塗装の時間はなく、業者を雇うカネもない。「仕方ない。」と諦めていた。

しかし今 ロックダウンにより豊富に時間が出来た。「じゃ全部やろう!」と私は思わず叫んだ。「え、マジで?!ホンマに?」と一瞬ビビるカミさん。「2人でやれば出来る!こんなチャンス2度とないぞ!しかも業者を雇わないので安くつく!」とメラメラ闘志が湧いて来た。その時、

「強くあれ。―主の御告げ。― 仕事に取りかかれ。
 わたしがあなたと共にいるからだ。」      ハガイ書2章4節

の聖書の言葉どおり聖霊の声が私ども2人に激しく下り、「じゃ私さっそく塗り始めるわ!」と妻は残っていた白いペンキを引っ張り出し いきなり作業にかかり、私もホームセンターへ直行し塗料やマスキングテープなどを大量に買って来て作業開始。

そこからが大変だった。ロックダウンがいつ解除されるか分からないのでとにかく急いだ。1階には礼拝に使っているリビングをはじめ、キッチンとダイニング、トイレがあり、加えて2階踊り場までの階段横の壁も全て塗ったので、休憩を挟んで毎日12時間、激闘2週間の”突貫工事“となった。妻は目を見張るほどのペインター・スキルを発揮し、私よりも遥かに速くて上手く丁寧に緑の壁を白く塗り替えて行き、最後に残ったトイレは本人の希望で彼女自身がピンクに仕上げた。コストは塗料代など500ドル程度。ロックダウンになって本当に良かったと神を褒め称えた。      8-31-2020

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/11 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>