AviUtl134(備忘録として)

今回は動画編集によく使うPaint.netの使いかたのヒントです。
Paint.netの初期キャンバス値は800x600で、この初期値の変更は出来ません。
そこで1280X720や1920X1080をよく使う私は、まずキャンバスをそれぞれの
値で作成し、適当名前をつけてDTに保存します(書き込み禁止にして)
起動時は、これをクリックすればこのサイズで立ち上がります。
640X360等も用意すると、分割時に作業が早く精度があがります。

ワオ!と言っているユーザー

動画編集をマスターする(009)

動画編集をマスターする早道としてTemplateの使用があります。
私がおすすめしているAviUtlの場合はなおさらです。
AviUtlは他の動画編集APPと比較すると、直接的なMENU展開にはなって
おらず、小さな部品の集合体のような感じです。これはPluginが中心で構成
されていることが主な理由と思われます。
このため、例えば「直線を引く」などは何処を探してもありません、Web
で検索すれば多数Hitはしますが、検索語句が適当でない場合には、どうにも
ならない事になる恐れもあります。

取扱説明や現場の教育用等に限定すば、さほど難しい表現は不要で、
アニメーションも限定されます。
こんなとき、部品を集めアッセンブリーに仕立てたTemplate はかなり有用
で、これにTEXTや画像を組み合わせれば、一応形になります。

実はAviUtlはこの部品からアッセンブリーする過程が結構手間がかかります。
ここできれいな仕上がりを求めると、思わぬ作業工数が必要となります。
こんな場合はTemplate を自分でライブラリー化し、生産効率を高めるのが
一番の近道であり、習得の早道です。

当Bloguruで
AviUtlXXX(備忘録として)で、このTemplate を公開しています。

ワオ!と言っているユーザー

これは詐欺メールです

これは詐欺メールです。
差出人がAmazonではない
Amazonからは、必ず固有名詞が宛先になる
日本語がおかしい 等など

ワオ!と言っているユーザー

AviUtl133(備忘録として)

一旦コーディックしたMP4を再度コーディックする実験です。
通常ではやることはありませんが、リサイズするとかの場合、全行程での
作業は大変なので、この方法で行います。

ワオ!と言っているユーザー

男子厨房に立つべし184(生姜ご飯)

動画投稿ばかりで、料理シリーズをすっかりサボっておりました。
今日は生姜ご飯です。
米二合、生姜(ひね)皮を除去した状態で20-30g、日本酒50ml
白だし50ml

生姜はすりおろし、おろせなかった最後の部分はみじん切りに。
これに、白だしと日本酒を混ぜ、白米の入った炊飯器に入れる。
水を分量まで追加し、よく混ぜ合わせて炊飯開始。
炊きあがると、生姜が中央に集まっているので、蒸らしをかね混ぜ合わせます。

ワオ!と言っているユーザー

AviUtl132(備忘録として)

動画の天地反転です。
静止画は1枚の写真を180度回転させるだけですが、動画の場合には以下の
方法で行います。
「+」の拡張メニューの中の「基本効果」、更にその中の「反転」、
これで上下左右などの反転MENUが現れます。

作業の解説などには必要な手法です。

ワオ!と言っているユーザー

AviUtl131(備忘録として)

基礎編
応用編
129や130で行っている分割画面を利用する「前」として、画面を分割する
手法の公開です。
分割線を上下・左右から描き、それに従い切り込みを入れ、それを切り離す
動画です。

AviUtlは部品は揃っていますが、それが具体的な用法・MENU化されていません。
例えば、直線を一般引くにも、AviUtlではMenuがありません、四角形を使わねばなりません。
この部分は意外に重要で「出来る」だけでは「モノ」になりません。
都度、色々を作り込んでいては単価も下がりません、如何に簡略化するかが
ポイントです。


この動画簡単に思えますが、
意外に細部の設定が必要で、この手の作業はTemplateを利用すべきです。
このような細やかな表現は、よく求められますから、Template での資産
は重要です。

今回の直線は厄介です、AviUtlは「直線」がないので、四角形の縦横比を
変形し、横線と縦線を作ります。
横640、縦360がそのサイズです、問題は移動する場合の座標です、図形は
中心部が座標値となります。
左から640の直線を移動させ、右端を中心に持ってくるには、まず
画面左端の座標-640に直線の中心座標320を更にマイナス加算する必要が
あります。つまり-920がスタート座標です、これを直線移動するには
-920>-320にします。
右の場合は920>320

上からは360の縦線をおろしてきます、つまり上辺-360に更に中心座標
の-180、-540がスタート座標です、直線移動で-540>-180。
下辺は540>180となります。

直線を引き終わったら、最後のフレームでPNGを作り、それを貼り付け
線を表示します。
その後4枚の画像に入れ替え、切断を見せるため10PCS程ずらし、それを
枠外に移動させます、この時回転をさせます。

<応用編>
四分割後、左上の画面を残し、それを拡大して、時計周りに周囲をなめ、
最後に再び分割前の画面に戻ります。
これは四分割までは同じですが、その後1280X720の画面を表示し、
クリッピングで四分割と同じサイズにします、その後展開するのは
1920X1080の画面なので1.5倍に拡大しながら、クリッピングを全画面
になるように緩めます。
結構手間のかかる手法です。



New3.zip
https://jp.bloguru.com/files/1eb428a6b85224cb0bccc3d168fd5572
New3-2.zip(AUPのみ)
https://jp.bloguru.com/files/8080512d1109a28e7ed8bf590f70985f
※著作権は放棄しておりません

ワオ!と言っているユーザー

高賀山トレッキング(2019.09.15)

HGの瓢の北にあるのが高賀、更に北には蕪がり三座とも、ほぼ同じ高さ。
高賀山は我が家からもよく見える一等三角点で、山容も秀麗。

今回はノーマルルートで四度目の登山。朝、うっかりして少し遅い出発。
登山開始は08:30、気温20℃で快適だったが、気温はどんどん上昇し、
下山途中で熱中症まがいの状態となり、ダウン気味。


過去の登山は11月または残雪期で、この時期は始めて。
風が抜けない谷間の登山道のため暑い、ここも昨年の台風で登山道が荒れて
あるき辛い、と言っても先週の能郷白山よりは随分ましで、足の疲労は
少なかった。

ここは絶対に早朝に行くこと!

それにしても毎日厳しい残暑、うんざりします、昨日も帰宅したら
室温35℃、キッチンの生ゴミを処理して置かないとたちまち腐敗して
悪臭が散乱するので気が抜けません。

ワオ!と言っているユーザー

カメラのストラップ

私はカメラを触り始めた時から、ストラップについて散々しつけられて
きました、必ず首にかけろ、手持ちの場合は手首に巻け。など・・
おかげで、カメラを地面に落下させ壊した記憶は皆無です。

山仲間には結構ストラップを重要視しない方々が多いのに驚きます。
おしなべて女性に多く、カメラが傷だらけの方もいました、これでは
絶対に良い撮影は出来ないと私は思っております。

そのストラップ、カメラに個別に装着していましたが、カメラが増え、
保管庫の中で絡むようになり、写真のようなタイプに全面交換しました。

ワオ!と言っているユーザー

大平山トレッキング(2019.09.14)

2019.04.27が前回ですから、約半年の間があいてのトレキングです。
早朝のアタックですが、流石に低山は暑く、そうそうに逃げ帰りました。
きのこがいっぱいですが、どれも怪しそうで・・・・・

ワオ!と言っているユーザー

×
  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ