記事検索

130人の感染判明、けっきょく全員検査する・・・のか?

スレッド
クルーズ船の新型コロナウイルス感染、新たに60人の感染が判明したということで、予想通りというか、感染拡大は止まりませんね。

密閉空間、とまではいかないけれどもかなり至近距離に感染者が長時間存在したときにどのように感染が広がるのかという実験みたいなもので。

でも、下船させてどこかに収容するにしてもそんな場所がなかったんですよね、3700人を個室で収容できるホテルのような施設って国内では思い当たらない。

災害時みたいに体育館にベッド並べて収容したらそれこそさらに蔓延させるのは明らかで、クルーズ船内待機は次善の策であったのは間違いないと思います。

もちろん、可能性があるのは横浜市内の複数のホテルの宿泊客を追いだして、予約は取り消して、部屋を二週間、政府が借り上げて提供するという方法です。

この場合、部屋を出てうろうろする人をどう取り締まるかがまた大きな問題になるし、感染者が宿泊していたホテルのその後の風評被害分の損害補償もやらなければならないでしょう。

なんにせよ、人数が多いので対応する規模がデカすぎます。

で、けっきょく

大型クルーズ船、新たに約60人の感染を確認
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20200210-00000030-jnn-soci
 横浜港に停泊している大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について、厚生労働省は9日までに乗客乗員70人が新型コロナウイルスに感染していることを明らかにしていますが、関係者によりますと、検査の結果、新たにおよそ60人の感染が確認されたということです。クルーズ船の感染者は、あわせておよそ130人に達することになります。

 乗客乗員への感染拡大が続いていますが、加藤厚生労働大臣は10日の閣議後の会見で、クルーズ船に残るおよそ3600人の乗客乗員全員に、下船前、ウイルス検査を行うことが可能か検討していることを明らかにしました。(10日13:11)

ということなので、
う~ん、こうなる前に全員検査しますとなぜ英断できなかったのかな。

かっこ悪い(;^ω^)

でも、遅れたとはいえ、全員検査する対応は正しいと思います。検査しないで症状がないからって家に帰っても職場や近所の人から避けられるのは目に見えてるからね。乗ってる人はほっとしたと思います。

もちろん、全員検査して、そのタイミングでは陰性でもその後でウイルス陽性になる人はいるでしょう。

でも、それまで拾おうとしてもきりがないものね。

日本国内でもう小さな流行は起こっているだろうなと思えるし。

症状が出たらまた考えるということで←投げやり

ワオ!と言っているユーザー

なぜクルーズ船の3711人の全員検査をしないのか?

スレッド
新型コロナウイルス感染症者の乗船が発見されたダイヤモンド・プリンセス号

1月20日に横浜から乗船して25日に香港で下船した中国の方が感染していたことがわかったのが2月2日ころかな?船はすでに目的地から戻ってくる途中で那覇港を出た後だった。

2月3日には横浜港に停泊して、濃厚接触者や呼吸器症状などがある人を171にnチェック、最初の31人中10人が見つかり、結局は273人を検査して61人の感染者が見つかった。

その後も6人追加検査して3人が感染していた。


で、ようわからんのは残る3400人余りの乗客と乗組員の検査をなんでさっさとやらないかということだけれども。

検査はPCRでおこなう。
目的の遺伝子配列(今回のウイルスの)を酵素反応で増幅して、それが増幅されるかどうか、増幅されたものが予想通りの長さかをチェックする。

作業は手作業、手慣れている人がやっても4~5時間はかかるだろう。
一回にチェックできる検体数が、6種類程度の組み合わせでチェックすると考えて16~64人分をチェックできる。

この増幅装置が普段どのぐらい常備されているかだけれども、
生物系であれば様々な大学の研究室に存在するものの、1台から数台しか置いてないと思う。
検査室でこれを置いているところはごく少ない。
通常の病院でこの装置を置いているところは少ないし、遺伝子抽出作業をやっているところも少ない。

だから、扱える検体数はかなり限られる。
さまざまな検査機関の人が休日返上して残業しまくりで頑張っても
一日、3000~5000件体が席の山じゃないかなと←想像

検査すべき検体はクルーズ船だけではなくて、全国の医療機関から要望が寄せられていると思う。

日本全体からの要望を行ったすべて遅らせて、クルーズ船の検体だけを検査すれば一日で終わるけれども、各地の病院にいる重体の呼吸器疾患の人(新型コロナではない人が多数含まれるけど)を優先して調べると、3400人を一度に、ってのは難しいんだろうな。

と、好意的に解釈しています。

でも、自分が乗船者だったら一日も早く検査してほしい。

ワオ!と言っているユーザー

確定申告がやっぱりたいへん

スレッド
年に一度のじたばた作業

早くからやっておけばいいんだけど、毎週やっておけばいいんだけど、やっぱりこの時期に一気に片付けてしまう

二日ほど徹夜で一気に片付けることで問題なくこなせるとわかっているのもまた問題。

税理士さんに丸投げするのが楽でいいけどなあ。


以前は税理士さんに丸投げしていたけど、一番確実に入っていた副収入先の先生が癌で閉業するという連絡を受けたとたんに、前の家内が切った。

「税理士さんに払う金がもったいない。」

と。

「じゃあ、これからの集計はどうするんだ、お前がやるのか?」

と聞いたら、

「あなたの仕事なんだからあなたが自分でやって。でも、一番大きな収入源が消えたんだから税理士さんに払うお金は節約しないと」

と。

「あそこからの収入が消えても会計処理の作業量は5%も減らないんだけど?」

といったら、

「そんな作業は私は知らない、私は家に取って不利な出費は削るだけだから」

と。

「そしたら俺はもう副収入を稼ぐのはやめるよ、メインのところだけでいいな、やりくりしろよ。」

と言ったら、

「子供の授業料が払えないからそれは困る。」

と。


ま、そんなこともあって別居して5年、離婚して2年になります。


何書いてるんだ俺?(笑)

ワオ!と言っているユーザー

年に一度の投稿になっていてスミマセン

スレッド
またまた、あっという間に一年がたってしまいました。

親切な連絡を受けて一年ぶりの投稿です。

元気に内科医師として働いております、現在、本の原稿を書いています。出版が決まりましたらここでも連絡いたしますね。

人類進化と遺伝子変異、そして生活習慣病の原因となる食生活や脂質・糖質代謝のメカニズムの話です。

たぶん、現時点では世界中の誰も提示していない話になると思います。

ワオ!と言っているユーザー

ご無沙汰しております、一年ぶり

スレッド
記事を投稿していませんでした。
一年前にiPhoneが壊れて新しいのに変えて、そのときに投稿用のアプリを継続できなかったのが(^_^;)

またはじめます

ワオ!と言っているユーザー

低糖質晩ごはんをセブンイレブンで

スレッド
低糖質晩ごはんをセブンイレブン...
今夜は病院当直です。

細切れ睡眠で、また起きたので、ついでにブログの更新を。

当直は20時からだったのですが、月曜朝の9時から19時までは他の病院で外来勤務をしているので、いつも晩ごはんは駅のコンビニで仕入れて持ち込みます。

最近の定番はセブンイレブンのスパイシーチキンと玉子のチョップドサラダに、サラダチキン。

そして炭酸水にお茶。

これなら低糖質で食物繊維もほどほどにとれますから、バランス悪くない。

さらに、当直室で夜中の空き時間にちょこちょこ食べても内蔵脂肪に変わる可能性は非常に低いです。

セブンイレブンありがたい。


難点は、温かい食べ物ではないし、食材も身体を暖める系ではないところかな。

これから寒くなるので、唐辛子の効いた温まる食べ物もいただきたいところです。

もつ煮込みの野菜豊富バージョン、期待してますよ、セブンイレブンさん。

*\(^o^)/*

Sent via bloguru mobile.

ワオ!と言っているユーザー

嵐山の天龍寺の紅葉と雲龍図

スレッド
嵐山の天龍寺の紅葉と雲龍図
新幹線で移動中です。

旅行?

仕事?

半分ずつですね、面談に行くのと美味しいもの食べるのと。


新幹線で関東と関西を移動するときにいつも上手いなあ、と思うのが京都観光の宣伝。

京都では9年ほど働いていたので、なんとなくはわかる観光地ばかりですが、

こ、こんなに綺麗だったっけ?

と思うものがたくさん。


今年、2016年は嵐山の天龍寺の紅葉ですね。

と言っても借景です。

近くの山々の紅葉たち。

設計者の巧みさが光る美しさです。

ああ、そう言えば宝ヶ池の京都国際会議場の庭からの眺めも、これによく似ています。

ここをモデルにしていたのかあ。


Sent via bloguru mobile.

ワオ!と言っているユーザー

ブタクサアレルギー・ヨモギアレルギー

スレッド
ブタクサアレルギー・ヨモギアレ...
朝の通勤時はけっこう涼しくなってきました。

夏の間はサボっていた散歩やジョギングをそろそろ再開するかな、河原の道なら空いてるし。

などと考えて、草の生い茂る河川敷や、空き地の周りの道を歩く場合、ご注意ください。

花粉症の症状でひどい目にあうことがあります。


河原や空き地に群生している植物に、ヨモギやブタクサといったものがあり、これらは9月から10月にかけてが開花時期です。

これらの植物の花粉はアレルギーの原因になり易い形をしています。

だから、頻繁にこの時期の草むらに入ると、ブタクサアレルギーになる可能性が高くなります。

すでにブタクサ花粉症になっている人は激烈な症状に苦しむ可能性もあります。

というのも、ブタクサやヨモギの花粉は重くて風に乗りにくいので、草むらに高密度で残っていることが多いからです。


自分がブタクサやヨモギにやられ易い状態にあるのか、あるいはすでにアレルギーになっているのかを推測するひとつの指標は、自分が果物アレルギーがあるかどうかです。

ブタクサやヨモギの花粉の抗原性は、いくつかの果物のアレルギーの原因物質の抗原性と似ています。

すでに果物アレルギーで食べると口が痒くなる、くちびるが腫れる、といった症状をお持ちの方々は、ブタクサ花粉にアレルギー反応を起こす可能性が高いと考えてください。


良い季節なだけに、ご注意を。



Sent via bloguru mobile.

ワオ!と言っているユーザー

エビとキノコのアヒージョは身体に悪いのか?

スレッド
エビとキノコのアヒージョは身体...
晩ごはんはイタリアンで
サラダ、プロシュートにエビとキノコのアヒージョ、ワイン2杯でした。

レバーペーストのプルスケッタ?もふた切れ。

アヒージョにもバケットがふた切れついてきたので、糖質も多少はいただきまして。


よく、脂っこいものは身体によくないと申します。

その考え方からするとアヒージョなんかとんでもなく身体に悪いということになります。

エビのコレステロールも身体に悪いってね〜。


とか言ってたのはもう10年くらい前の話ですよね。

今では生活習慣病の敵は脂よりも糖質です。


1 糖質を食べると血糖値が上がる

2 血糖値が上がるとインスリンが出る

3 インスリンは肝臓や脂肪細胞に働きかけて血糖を吸収させて血糖値を下げる

4 吸収された血糖は脂肪に変換されて肝臓や脂肪細胞に蓄えられる

5 代謝の落ちる中年ぐらいからどんどん脂肪がたまりまくる

6 脂肪がたまった肝臓や脂肪細胞は、容易に血糖を吸収できにくくなる(インスリン抵抗性が上がるということです)

7 食後高血糖がすぐに下げられなくなる

8 高血糖の時間が長くなり、血管に障害が起こる、つまり糖尿病になる


というのが糖質が体によくないというプロセスです。

若いころや、食が細い方の場合には糖質摂取しても問題ありませんが

食べるの大好きな人だと30過ぎくらいからこのサイクルにはまるんですね。


このサイクルから抜け出すためには

1.運動して若いころの代謝レベルの維持に努める

2.カロリー制限してともかく入ってくるエネルギー量を制限する

3.食後高血糖を避けるために一食当たり20~40gの糖質摂取に抑える

などの方法があります。(あるいはそれらの組み合わせ)


1.はできる範囲でみなさん頑張りましょう、無理は禁物
2.を頑張るのなら、3.は必要ありません。
3.を頑張るのなら、2.は必要ありません。

1+2、または1+3で、お好きな方をどうぞ

2+3もありですが、その場合は2の最大摂取カロリーを維持することが大事です。
(例えば1600~1800kcalの摂取をキープしてそれ以下にカロリーを減らさない)

必ず守るようにしてくださいね
1000kcal以下で生きていこうとすると、ふつうは体壊れますから。
(千日修行やってるみたいな腸内細菌が特殊な人はごくわずかなカロリーでも生きていけますけどねえ。)



Sent via bloguru mobile.

ワオ!と言っているユーザー

ヒトの体は人それぞれ、薬の効果は違います

スレッド
臨床に戻ってみて、以前と変わらないなと思うことが

「先生、どうして同じ薬を飲んでも私は良くならないんですか?」

という質問をいただくことです。


夫婦で同じものを食べて同時に食中毒にあって、

それでご主人と奥さんに同じ薬を処方して(乳酸菌製剤ですが)、

ご主人はすぐに回復して仕事に戻ったものの、おくさんはいつまでも具合が良くならない、胃が痛い。

「全く同じ薬をいただいて同じように飲んだのにどうしてですか?」


と、こんな質問を今でも受けるのか・・・

とか思っちゃいました。


言うまでもありませんが、同じ量のお酒を飲んで酔っ払ったとして

次の日にケロッと治っているか、二日酔いで苦しんでるかは個人差ですよね。


薬も同じことで、同じ量の薬を飲んでもそれへのレスポンスは人それぞれです。

下痢の原因となったであろうウイルス感染でどの程度その人の消化管がダメージを受けたかも、人それぞれです。

だから、同じ食べ物で同じ日に同じウイルスにやられても

ダメージの程度は違うし、回復力は違うし、薬の効果も違う

これは当たり前なんだけどなあ。


・・・とか思いながら見ていたら、私の単なる勘違いだったのかなとも思えてきました。

「どうして同じ薬を飲んでも・・・」

という質問は、

わたしにくどくどと個人の違いを科学的に説明されるのが目的ではなくて

「わたし、ダーリンのことが大好きなの、なんでも一緒がいいのに、悲しい。」

と、おっしゃってるだけなのかなと



診察室でのろけるのはやめてください。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/44 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>