《眼福(176)“期間限定の里山公園(9)!?!”❖21-210❖》

画像の植物(花)は・・・何!!
《”幽玄”わからない・不明な花❖’21/07/18❖》
自然界・植物界、時間ある折々、野草を想って散歩しているが、、、!
記録的に画像を持つが、時々識別できない花と出会う。
先日も、綺麗な色だ・・・面白い姿って、、、よくよく観察もせずに・・・。
目の前の小さな花に魅了され、いィいィ、っておもっていた。後悔。
なんとも言えない色合い(画像では表現出来ていないが)、それだけで満足。
キツネノカミソリ(狐の剃刀)、 ノカンゾウ(野萓草)⇔ワスレグサ(忘草)、
ハマカンゾウ(浜萓草)、其々に微妙に違った色合いだが、瀟洒だ。
ワスレグサ(忘草)か、、、心境的にはぴったりな花名だ???
*       *        *
自然界といえば、この季節、思い出す事。
三浦半島最南端に凡そ70hの小網代の森(今では一般開放されている)の事。
森林、湿地、干潟から海までが一体となった環境に希少生物が生息している。
貴重な自然環境と動植物が息づく森、多様な生態系を形成する関東唯一の場所。
植物・開放的な湿原その先には、小網代湾が広がる。引き潮時には、干潟になる。
カニ類だけでも60種類余りが生息している。干・満潮時不思議な原風景が見れる。
丘陵・尾根から河口まで、一つの谷がそのままの姿で今も保全されている場所。
相模湾が誇る自然の「宝」を目の当たりに感受できる素晴らしい場所。
目の前に広がる相模湾は、駿河湾とともに世界に誇れる深海生物の宝庫である。
相模湾が誇る自然の「宝」を目の当たりに感受できる素晴らしい場所。
相模湾では、甲殻類の世界で冠とされる貴重な蟹が今でも生息しているに違いない。
昭和天皇と酒井恒博士が発見された”サガミオサチラガニ”未だ3匹しか確認されていない。
そんな希少の蟹ではないが、珍しい光景が見れる小網代湾。身体全体で感じとれる。
カニの生息場所としては珍しいか!?!森に棲むアカテガニ。可愛い風貌だ^^)。相
昭和天皇と酒井恒博士が発見された”サガミオサチラガニ”未だ3匹しか確認されていない。
そんな希少の蟹ではないが、珍しい光景が見れる小網代湾。身体全体で感じとれる。
カニの生息場所としては珍しいか!?!森に棲むアカテガニ。可愛い風貌だ^^)。
夏の満月、大潮の夜に母蟹たちは一斉に海岸へ押し寄せてお腹の幼生を海に放つ。
美しい森と海が共存しなければ生息できないアカテガニの姿を小網代の森で観察できる。
そんな光景を見に連れて行ってもらったことがあった。前東京オリンピックの頃に。
東京の明治神宮と同じ広さの地域に川・森・湿地・干潟・湾等の多様な地形が広がる。
「小網代の森」は2014年7月20日に一般公開された。
観光地化、ゴルフ場・リゾートホテル・ボート基地等の予定地が、全面自然保全が決まった。
神奈川県は、半世紀も前に自然・環境保全がなされた。鎌倉鶴岡八幡宮裏山保全である。
個人的に感慨深いものがある。小網代周辺は、「近郊緑地特別保全地区」に指定された。
時代と共に進歩した、鎌倉鶴岡八幡宮裏山保全が、生かされている、と感じる。
アカテガニは、小網代の森を守った最大の功労者。特別めずらしいカニではないが、
流域生態系がほぼ残っている生活環境(海と陸の往来)でのアカテガニ。
そのアカテガニの生態、夏の新月と満月の夕刻、メスのアカテガニは海岸に降りてくる。
お腹に抱えた卵を海中でぶるぶる震わせ、卵から飛び出た子どもを海に放つ。
アカテガニの幼生、ゾエアは1か月かけて海で育つ。
カニとエビを混在させたようなメガロパと呼ばれる幼生に変態生長し岸近くに戻ってくる。
そんな所で蟹に変態し、徐々に陸の生活に慣れ水辺から森や草むらへとすみかを広げる。
これ等の生態を直に観察できる。それが小網代の森。一見の価値がある。
「令和参年(皇紀2681年)7月30日、記」



#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

《眼福(175)“期間限定の里山公園(8)!?!”❖21-209❖》

オミナエシ(女郎花)    スイカズラ科(Caprifoliaceae)
学名:Patrinia scabiosifolia
《藤沢えびね山百合園(8)❖’21/07/18❖》
オミナエシ(女郎花);
オミナエシ科は、最近スイカズラ科に包含された。秋の七草の1つでもある。
昨今、自生地は減少し中々お目にかからない。栽培種の様に姿形がよいものも少ない。
根茎は横に這い、株のそばに新苗を作ってふえる。茎高は、0.6〜1m位になる。
葉は対生し羽状に裂ける。裂片はオトコエシより幅が狭く、茎の毛はオトコエシより少ない。
茎の上部はよく分枝し、黄色の花を散房状に多数つけ、花は直径4mmくらいである。
花冠は5裂し筒部は短い。筒部の下の子房には小苞が接している。雄蕊は4個。花柱は1個。
同じ仲間のオトコエシは匍匐枝を出して増える。
「令和参年(皇紀2681年)7月29日、記」



#植物

ワオ!と言っているユーザー

《眼福(174)“期間限定の里山公園(7)!?!”❖21-208❖》

シュウカイドウ(秋海棠)   シュウカイドウ科(Begoniaceae)
学名:Begonia grandis Dryand.
Begonia evansiana Andr.
別名:ヨウラクソウ(瓔珞草)




コウトウシュウカイドウ(紅頭秋海棠) シュウカイドウ科(Begoniaceae)
学名:Begonia fenicis Merr.
# 画像は、借り物 #
《藤沢えびね山百合園(7)❖’21/07/18❖》
シュウカイドウ(秋海棠);
和名由来は、カイドウに似て秋咲く事による由(今は夏に早くも咲く)。
塊茎で越冬、葉は互生、葉形が左右非相称が面白い。先は尖り基部は心形で縁が鋸歯。
茎頂の長い枝分かれした花茎の先に白色~淡紅色の花をやや垂れ下がってつける。
雌雄同株で雌雄異花。雄花は小花柄)が長さ2㎝位で花弁4枚、茎高60cmほどになる。
外側花弁2枚は大きく、内側花弁2枚は小さい。黄色の雄蕊が多数、下部で合着し球状。
茎は、太く多くの水分を含む茎は上方で分枝し、節は紅色をおびる。その姿は、綺麗だ。
*        *        *
シュウカイドウは、江戸時代に園芸用に中国から渡来したと言われている。
シュウカイドウ科シュウカイドウ属には、日本の固有種・自生している種がある。
コウトウシュウカイドウ(紅頭秋海棠)といい、沖縄県西表島に自生している。
林下や林縁、苔の生えた岩上、岩礁海岸に自生している。
茎が立ち上がらず、横に這い根と根生葉を出す。根生葉は、ゆがんだハート形。
春に根茎から直接出た花茎先端が分枝し6~7輪の花を咲かせる。
「令和参年(皇紀2681年)7月28日、記」

#植物

ワオ!と言っているユーザー

《眼福(173)“期間限定の里山公園(6)!?!”❖21-207❖》

ツリガネニンジン(釣り鐘人参)    キキョウ科(Campanulaceae)
学名:Adenophora triphylla var. japonica
Adenophora triphylla (Thub.) A.DC. var. japonica (Regel) H.Hara
Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. subsp. aperticampanula
《藤沢えびね山百合園(6)❖’21/07/18❖》
ツリガネニンジン(釣り鐘人参);
ソバナ と良く似るので間違いやすいが、ソバナの花は先が開いた釣鐘状、こちらは同じ太さ。
花の大きさはツリガネニンジンのほうが小さい。白花種は シロバナツリガネニンジン 。
春の若芽は「ととき」と呼ばれ山菜として食される。
茎には、白毛が生え1m位に成長。ほとんど分枝せず、切ると乳液がでる。
根生葉は長柄があり、円心形で花時には枯れてなくなる。茎葉は3〜4枚が輪生。
卵状楕円形で鋸歯があり、柄はごく短い。葉の幅は、変化が多い。
根生葉は長柄があり、ほぼ円形、基部は心形、普通、花期にはない。
茎頂に円錐形の花序をだし、1個〜数個の花が輪生してやや下向きにつく。
鐘形の花冠は淡紫色または白色で、先は5裂してやや膨らんだ鐘形が多い。
花柱は花冠よりやや突き出し、先が浅く3裂する。萼裂片は線形で縁に小さな鋸歯がある。
中には花柱が短いものもある。萼裂片は線形、縁にまばらに小さな鋸歯がある。
ハクサンシャジン は、高山型。草高が低く花序の花柄が短く花が密集、花冠が広鐘形。
フクシマシャジンは、葉が3枚で輪生。花は輪生せず、花冠は広鐘形。
「令和参年(皇紀2681年)7月27日、記」







#植物

ワオ!と言っているユーザー

《眼福(172)“期間限定の里山公園(5)!?!”❖21-206❖》

タマアジサイ(玉紫陽花)    アジサイ科(Hydrangeaceae)
学名:Hydrangea involucrata Sieb
園内・竹類の存在!! こうした所の林床にタマアジサイが植栽されている。
創り手の努力が各所に見られる。期待を持つが、楽しみである。
《藤沢えびね山百合園(5)❖’21/07/18❖》
タマアジサイ(玉紫陽花)    アジサイ科(Hydrangeaceae)
学名:Hydrangea involucrata Sieb
山地の谷川沿いに野生しよく分枝、高さ1.5m位。若枝は淡緑色で微毛と剛毛とが密生する。
明るく開けた所、暗がりの林床でも花をつける。暗い所の株の方が葉や花が大きくなるようだ。
茎、葉に短毛が密生する。葉は対生、葉柄があり長楕円形、縁の細鋸歯は、鋸歯先が芒状。
葉の両面はざらつき葉の基部は円形で葉先は尖る。蕾は苞に包まれ球形で花期が遅い。
白い装飾花は3~5枚。すべて装飾花になるテマリタマアジサイもある。
両性花には、花弁と萼片が4~5個、雄蕊が8~10個、花柱が2~3個ある。
ヤマアジサイは葉幅が狭く、細鋸歯。花は白色が多い。
「令和参年(皇紀2681年)7月26日、記」





#植物

ワオ!と言っているユーザー

《眼福(171)“期間限定の里山公園(3+1)!?!”❖21-205❖》

ヒマワリ(向日葵)      キク科(Asteraceae)
学名:Helianthus annuus
別名: ニチリンソウ(日輪草)、ヒグルマ(日車)
藤沢えびね山百合園の中には、数カ所、休憩出来る机と椅子が設置されている。
園に入る時、虫よけ装置^^)を貸してくれる。心憎いサービスである。
椅子に座り持参のお茶を飲みながら、桔梗を眺める、乙なものだm(._.)m(^з^)。
《藤沢えびね山百合園(3+1)❖’21/06/26・07/18❖》
ヒマワリ(向日葵);
茎のまだ柔らかい時期に、太陽の動きに合わせて花の向きを変えることから名が付いた。
北米原産で、日本にはヨーロッパ、中国を経て江戸時代に渡来とある。
最近では種子から取れるヒマワリ油の需要が増え、畑の間作等で大規模に栽培される。
盛夏を代表する花で大きな黄色い花を咲かせるが、茎高は様々で3mにもなる種がある。
ヒマワリは長い花茎から伸びた頭状花序に舌状花と管状花から成る頭花を咲かせる。
花の一番外にある黄色いヒラヒラが舌状花で、中央の黒っぽいものが管状花(筒状花)。
花は外側から内側に咲き進む。花は観賞用に群生させたり人気がある。
また、種実を絞って油採取(サンフラワーオイル)したり、食用、又、製薬の原料となる。

えびね山百合園の周辺は野菜畑もありその一角に大きなヒマワリが咲いていた。
そのすぐ脇にトウモロコシが、育っていた。が収穫前にハクビシンが食べ尽くしてしまった由。
最高の食事出会ったに違いない!?!
「令和参年(皇紀2681年)7月25日、記」


#ブログ #植物

ワオ!と言っているユーザー

《眼福(170)“期間限定の里山公園(3)!?!”❖21-204❖》

ハンゲショウ(半夏生、半化粧)     ドクダミ科(Saururaceae)
学名:Saururus chinensis (Lour.) Baill.





《藤沢えびね山百合園(3)❖’21/06/26・07/18❖》
ハンゲショウ(半夏生、半化粧);
水辺や湿地に生えるの野生植物で、群生も見られる。1ヶ月もすると白い部分は緑に戻る。同じように葉が白くなる植物に マタタビ や ミヤママタタビ がある。
葉は長い卵形で、互い違いに生える(互生)。 葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
上部の葉の脇から長さ15cm位の穂状の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、
白い小さな花を沢山つけるが、花弁も萼片もない。 雌蕊が4つに分かれ、周りに6本の雄蕊。
花序は初め垂れてるが、開花につれ立ち上がり、花期に上部の葉の表面が白く変色する。
それ故「半化粧」の文字を充てたり、片白草(カタシログサ)と呼ばれたりもする。
花期に葉が白くなるのは、虫媒花なので虫を誘うためである由。
花期が終わると葉の色は緑色になる。
そもそも「半夏生」とは雑節の一つで、夏至から11日目のことを言う。
「令和参年(皇紀2681年)7月24日、記」



#植物

ワオ!と言っているユーザー

《眼福(169)“期間限定の里山公園(2)!?!”❖21-203❖》

アズマイチゲ(東一華)    キンポウゲ科(Ranunculaceae)
学名:Anemone raddeana





《藤沢えびね山百合園(2)❖’21/06/26・07/18❖》

アズマイチゲ(東一華);
茎高15cm位。根茎は横這、根生葉は2回3出複葉で小葉は浅く裂ける。
茎葉は3個輪生し3出複葉で先に鋸歯があり長さ2~3cm、柔らかく垂れ下がる。
花は直径3cm位で1個が頂生。萼弁は花弁状で8個以上で線状長楕円形、白色。
花の真ん中に雄蕊がたくさんありその真ん中に雌蕊もたくさんある。
「東」とは、関東を意味する。 「一華」は、花が茎の先に1つだけつくことによる。

昨年までは、見かけなかった花。見落としたのかもしれないが、色々出てくる。
「令和参年(皇紀2681年)7月23日、記」



#植物

ワオ!と言っているユーザー

《眼福(168)“期間限定の里山公園!?!”❖21-202❖》

ヤマユリ(山百合)     ユリ科(Liliaceae)
学名:Lilium auratum Lindley





《藤沢えびね山百合園(1)❖’21/06/26・07/18❖》
ヤマユリ(山百合);
鱗茎は偏球形で白く、年を経ると鱗片数も増えて、 直径10センチぐらいに大きくなる。
葉は互生し、長さ10cm以上、幅2.5~5㎝の披針形で先が細い。
直立ないし斜上する茎の上部の葉腋に蕾を数個下向きにつける。
花は漏斗形で開くと直径20cm以上になり横向きに咲く姿は見応えある。
花被片は反り返り 白色で黄色の筋と赤褐色の小斑点があり芳香がある。 花粉も赤褐色。
発芽から開花まで5年位。 花数は鱗茎が小さい頃は少なく大きくなると10個位にまで増える。
「令和参年(皇紀2681年)7月22日、記」




#植物

ワオ!と言っているユーザー

《眼福(168)“期間限定の里山公園!?!”❖21-202❖》

ヤマユリ(山百合)     ユリ科(Liliaceae)
学名:Lilium auratum Lindley
《藤沢えびね山百合園(1)❖’21/06/26・07/18❖》
ヤマユリ(山百合);
鱗茎は偏球形で白く、年を経ると鱗片数も増えて、 直径10センチぐらいに大きくなる。
葉は互生し、長さ10cm以上、幅2.5~5㎝の披針形で先が細い。
直立ないし斜上する茎の上部の葉腋に蕾を数個下向きにつける。
花は漏斗形で開くと直径20cm以上になり横向きに咲く姿は見応えある。
花被片は反り返り 白色で黄色の筋と赤褐色の小斑点があり芳香がある。 花粉も赤褐色。
発芽から開花まで5年位。 花数は鱗茎が小さい頃は少なく大きくなると10個位にまで増える。
「令和参年(皇紀2681年)7月22日、記」
#植物

ワオ!と言っているユーザー

×
  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ