記事検索

Digital Photo Professional 4(DPP4)のアンシャープマスク(備忘録)

スレッド
サンプル(1) アンシャープマ... サンプル(1)
アンシャープマスクの
「強さ」は、中間、「細かさ」は最小、「しきい値」は最大の設定。
最も白黒エッジが付かない状態。
この画像が一番自然な感じ。
シャープ感を出すために強さを最大にしても白エッジは殆ど付かず理想的な画像と思う。
サンプル(2) アンシャープマ... サンプル(2)
アンシャープマスクの
「強さ」は、中間、「細かさ」は最小、「しきい値」も最小の設定。
最も白黒エッジが細く、エッジは最も付きやすい設定。
文字をよく見るとグレーのエッジが付いているのが分かる。
サンプル(3) アンシャープマ... サンプル(3)
アンシャープマスクの
「強さ」は、中間、「細かさ」も中間、「しきい値」も中間の設定。
文字の周りの白エッジが目立つ状態。

サンプル(4) アンシャープマ... サンプル(4)
アンシャープマスクの
「強さ」は、中間、「細かさ」も中間、「しきい値」は最もエッジが付かない設定。
白黒エッジ幅を広めに設定しても文字と背景の色の違いがかなりないと白エッジは付かない状態。
この画像サンプルではこの設定でも白エッジは目立たず1枚目の写真に比べるとシャープ感のある画像となる。
  
メインカメラをCanon EOS 5D Mark IV(5D4)にしてから以降画素数が上がっているにもかかわらず解像感のある写真が撮れないので悶々としていた。
SONY α7 Mark IIの写りは画素が2500万画素くらいでも現像時の画像処理後はエッジがくっきりした解像感がある写真となり満足している。

この違いは何なのかとよく見ると5D4の画像を等倍で見るとエッジに白いエッジが付いて不自然であることが分かった。他メーカーのカメラの写真と比べるとどうも5D4の白いエッジの幅が広くどう見ても不自然。

この違いが何かと現像のパラメータを色々変化させたらシャープネスのかけ方にあることが分かった。

Canon純正の現像ソフトである「Digital Photo Professional(DPP)」には以前のバージョン3(DPP3)と後継のバージョン4(DPP4)がありますが過渡期はDPP3が新しい機種のrawファイルに対応せず、またDPP4は古い機種のrawファイルには対応しないということで新旧のカメラを持っているとDPP3とDPP4を使い分けるという必要がありましたが現在ではDPP4がかなり古いモデルのrawファイルまで対応するようになってので私が持っているカメラに限ってはDPP4だけで対応できるようになり満足している。

ところがDPP3のシャープネスがDPP4ではアンシャープマスクとなりシャープネスの強さ、細かさ、しきい値という設定が細かくできるようになった。

アンシャープマスクで使うパラメータの意味は次の通り。
「強さ」は、白黒のエッジの付き方の強さで数値を大きくするとエッジがより強く付く。
「細かさ」は、白黒のエッジの太さで数値を大きくするとエッジが太くなる。
「しきい値」は、色と色がどのくらい違うとエッジを付けるかで数値を上げると微妙な色の違いの部分にエッジが付かなくなり、逆に数値を下げると微妙な色の違い部分にもエッジが付くようになる。

このシャープネス設定のカメラ側のパラメータ自体が「細かさ」、「しきい値」とも10段階でデフォルト値は4の設定だったためシャープネスが効き過ぎた感じとなっていた。

そこで画像のエッジの白いエッジが目立たないようにボディー側の「細かさ」は、1に「しきい値」は、10に設定変更した。

この状態で撮った写真のrawファイルを現像しても白エッジが変に目立つことがない自然な画像となった。

メーカーが白エッジが目立つパラメータ値にしているのは訳があるらしい。最終的にプリントすることが前提であれば、このくらい太いほうが仕上がりが良いということらしい。
しかし、はたしてそうなんでしょうか?また改めてアンシャープネスの掛け方によるプリント結果の違いについて考察したいと思います。
  
#備忘録

ワオ!と言っているユーザー

36th Anniversary(Nov. 3rd 2018)

スレッド
【撮影データ】 RICOH G... 【撮影データ】
RICOH GR + GR LENSE f=18.3mm 1:28
2018/11/03 20:13:11
SS1/40 F2.8 ISO1600
露出補正 0
焦点距離 18.3mm(35mm換算28mm)
  
一昨日は36回目の記念日でした。
そこで今年の夏にアメリカへ行った時、馴染みのホストファミリーから頂いたワインを開けたました。
このホストファミリーとの付き合いはもう18年くらいになりますが彼らが家に来る時も私たちが行って帰る時も何本かのワインを土産にくれます。
ワインといえば一般的にはヨーロッパ、特にフランスが思い浮かびますが私はカリフォルニアワインも大好きです。
高くて美味しいのは当たり前だと思いますが安くて美味しいワインを探すことも楽しみにしています。

で、アメリカはカリフォルニアだけでなく五大湖の周辺でも小さなワイナリーが沢山あることをホストの奥さんから聞きました。そして、お気に入りを見つけたので是非飲んで欲しいと言われて行った時に飲ましてくれましたがそれはチェリーが主原料でシナモンがかすかに加えてあって初めてのテイストでした。
ワインというよりそれはリキュールだと思うのですがBBQをしながら美味しく頂きました。土産にもそれは頂きました。

一昨日開けたのはカリフォルニアワインでした。ラベルにも書いてありましたがGRAYSON CELLARSというファミリーで経営しているワイナリーでぶどう種はメルロー。
今までとちょっと違った味でスッキリした中にもビターな味わいがある大人好みというか苦くても美味しいビールのような感じで気に入りました。
  

ワオ!と言っているユーザー

出石城跡

スレッド
【撮影データ】 Canon E... 【撮影データ】
Canon EOS M5+EF-M22mm f/2 STM
2018/10/24 13:01:19
SS1/320 F2.8 ISO100
露出補正 0
焦点距離 22.0mm(35mm換算35mm)
【撮影データ】 Canon E... 【撮影データ】
Canon EOS M5+EF-M22mm f/2 STM
2018/10/24 13:08:30
SS1/400 F2.8 ISO100
露出補正 0
焦点距離 22.0mm(35mm換算35mm)
 
出石そばを食べた後は出石城跡を散策しました。
もう二の丸のモミジは先端から紅葉が進み秋の風情を感じました。

出石城は山麓にありそこから出石の町が見渡せました。
以前、街中散策はしているので今回は眺めるのみ。
平日で観光客も程々だったのでゆったりできました。

次にまた来るのは何時になるかな?
  

ワオ!と言っているユーザー

出石そば

スレッド
中心街から少し離れた「沢庵」と... 中心街から少し離れた「沢庵」というお店で出石そばを頂きました。

【撮影データ】
Canon EOS M5+EF-M22mm f/2 STM
2018/10/24 11:29:37
SS1/1600 F2.8 ISO100
露出補正 +2/3
焦点距離 22.0mm(35mm換算35mm)
ついつい食べるのが忙しく基本5... ついつい食べるのが忙しく基本5皿の最後の一皿を撮影。
一皿の量は知れているので物足りないと思いますが時間が経つとこれだけで結構満足感を味わいました。

【撮影データ】
Canon EOS M5+EF-M22mm f/2 STM
2018/10/24 11:48:18
SS1/60 F2.8 ISO640
露出補正 0
焦点距離 22.0mm(35mm換算35mm)
出石といえば『辰鼓楼(しんころ... 出石といえば『辰鼓楼(しんころう)』ですね。
北海道の時計台と同じ頃とか・・・明治4年(1871)に出来たそうです。

【撮影データ】
Canon EOS M5+EF-M22mm f/2 STM
2018/10/24 12:24:03
SS1/2000 F2.8 ISO100
露出補正 +2/3
焦点距離 22.0mm(35mm換算35mm)
 
香住ガニを堪能した後は出石そばです。
出石そばはもう10年ぶりくらいになるかな。皿そばですが以前は競うように平らげていましたが今回は無理せずに頂きました。

基本は5皿ですが追加は3皿で合計8皿頂きました。以前なら倍以上食べてたかなぁ・・・
出石そばは強く打ってあるのか食べても歯ごたえがありました。連続して食べると勢いで20皿くらい食べてしまいそうですが基本の5皿を食して追加を待つ間に結構それだけでお腹が膨れました。

久しぶりに出石そばを食べられて大いに満足でした。
  

ワオ!と言っているユーザー

ニュー・レンズ(Lensbaby Composer Pro II with Sweet 35 Optic)

スレッド
フォーカスエリアがレンズ中心で... フォーカスエリアがレンズ中心でも周辺のボケや流れは凄いです。

【撮影データ】
Sony ILCE-7M2+Lensbaby Composer Pro II with Sweet 35 Optic
2018/10/28 12:35:30
SS1/200 F?.? ISO100
露出補正 0
焦点距離 35mm
右上にフォーカス面を持って行き... 右上にフォーカス面を持って行きました。
左下方向へ楕円形にボケが広がり流れます。

【撮影データ】
Sony ILCE-7M2+Lensbaby Composer Pro II with Sweet 35 Optic
2018/10/28 12:35:48
SS1/200 F?.? ISO100
露出補正 0
焦点距離 35mm
チルトさせるとどこがフォーカス... チルトさせるとどこがフォーカスエリアか見極めないとピントが合いません。

【撮影データ】
Sony ILCE-7M2+Lensbaby Composer Pro II with Sweet 35 Optic
2018/10/28 12:44:29
SS1/1250 F?.? ISO100
露出補正 0
焦点距離 35mm
ジオラマ風に風景を撮ってみまし... ジオラマ風に風景を撮ってみました。
もう少し高い位置から俯瞰して撮るとよりジオラマ風になると思います。

【撮影データ】
Sony ILCE-7M2+Lensbaby Composer Pro II with Sweet 35 Optic
2018/10/28 12:57:20
SS1/500 F?.? ISO100
露出補正 0
焦点距離 35mm
 
前からお遊びで変わりだね写真が撮れるLensbaby社の Composer Pro IIが欲しいなと思っていました。
シフトレンズの一種ですが全方向にチルトでき自由な位置にフォーカスエリアを持って行けるので周辺を極端に流せるのです。
ジオラマ風写真が撮りやすいレンズです。
ピントエリアが円から楕円形に傾きにより変化できボケと流れが普通のレンズとかなり違うのでこういうレンズで撮った写真を見慣れてない人にはすごく面白いと思ってもらえるんじゃないかと思います。

他にもLensbaby社は安価で個性的なレンズを出しているので使い分けるのも良いかなと思っています。

今回買ったComposer Pro IIは、レンズ焦点距離が35mm、50mm、80mmと3種類ありますが広いエリアが撮れAPS-C機で使っても50mm位の標準レンズとして使える35mmにしました。
今回買ったレンズは焦点距離が3種類ですがレンズユニット部だけ交換できる仕様なのでSweet 50 Optic、Sweet 80 Opticを買い足しユニット交換すると50mmとしても80mmとしても使えるようになるので使いこなせれば他の焦点距離のユニットも買い足そうと思っています。

少し使ってみましたがフォーカス位置が中心でも周辺はかなり流れて独特の雰囲気の写真が撮れます。
ただ、このレンズは光学特性などを追求した物では無いのでピント精度や解像感は二の次で雰囲気を楽しむレンズです。
この特性をどう被写体に生かして映える写真を撮るか。これから試行錯誤です。
  

ワオ!と言っているユーザー

『紅ズワイガニ』=『香住ガニ』

スレッド
途中に寄った天の橋立。 あいに... 途中に寄った天の橋立。
あいにくの小雨でした。

【撮影データ】
Canon EOS M5+EF-M22mm f/2 STM
2018/10/23 13:52:13
SS1/2500 F2.0 ISO100
露出補正 0
焦点距離 22.0mm(35mm換算35mm)
今年初めてのカニ鍋。 みんな静... 今年初めてのカニ鍋。
みんな静かになりました。

【撮影データ】
Canon EOS M5+EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM
2018/10/23 18:31:15
SS1/60 F4.5 ISO1600
露出補正 0
焦点距離 14mm(35mm換算22mm)
アルコール度低めの地酒。 飲み... アルコール度低めの地酒。
飲み口すっきりでついつい注文・・・

【撮影データ】
Canon EOS M5+EF-M32mm f/1.4 STM
2018/10/23 18:59:56
SS1/60 F1.4 ISO250
露出補正 0
焦点距離 32mm(35mm換算51mm)
部屋飲みでまた冷酒。 宿主から... 部屋飲みでまた冷酒。
宿主からも了解を頂いているので気兼ねなく味わえました。
この後にまだ隣のスナックに行った強者も・・・

【撮影データ】
Canon EOS M5+EF-M32mm f/1.4 STM
2018/10/23 21:26:25
SS1/60 F1.4 ISO800
露出補正 0
焦点距離 32mm(35mm換算51mm)
  
早くもカニを味わってきました。
食したカニは、『香住ガニ』こと『紅ズワイガニ』。漁は9月1日から解禁のようでズワイガニ(松葉ガニ)より2ヶ月以上早くシーズンが始まるんですね。

行った場所は本場香住の温泉のある民宿ひろやでした。平日で客は我々5人のグループのみ。貸しきり状態でした。

松葉ガニより身の引き締まりは無いといわれる紅ズワイガニですが刺身以外の料理は一通り頂きました。
お酒も美味しくつい飲み過ぎてしまいました。
  

ワオ!と言っているユーザー

曼珠沙華(まんじゅしゃげ)_2018(2)

スレッド
【撮影データ】 Sony IL... 【撮影データ】
Sony ILCE-7M2+MC TELE ROKKOR 135mm f:2.8
2018/09/24 12:33:28
SS1/1600 F2.8 ISO100
露出補正 0
焦点距離 135mm
  
既に今年の彼岸花シーズンは終ってしまいましたが台風など天候不順で結局撮影に出かけられたのは一度だけで寂しい年でした。

近くでまとまって彼岸花が咲く場所は限られており観光化された場所でもないので彼岸花以外の周辺や背景で撮影に良い場所がありません。

撮りたいイメージは沢山彼岸花があって回りに雑草など余計なものがなく彼岸花自体も咲きたての色も形も綺麗な花ですが、そういう状態の彼岸花が無いかと探しながら撮影ポイントを探しました。

大胆に前と後ろを赤く一色の柔らかくぼかして形の良い綺麗な彼岸花が浮き出すように撮ってみました。
   

ワオ!と言っているユーザー

ニュー・レンズ(Canon EOS EF-M32mm f/1.4 STM)

スレッド
【撮影データ】 Canon E... 【撮影データ】
Canon EOS M5+EF-M32mm f/1.4 STM
2018/10/19 17:04:22
SS1/60 F2.8 ISO640
露出補正 -2/3
焦点距離 32mm(35mm換算51mm)
久し振りにレンズを購入しました。
Canon EOS-M マウント用単焦点レンズのEF-M32mm f/1.4 STMです。
EOS-MマウントはセンサーサイズAPS-Cのミラーレス機でCanonとしては比較的新しいマウントで軽量コンパクトが売りの機材です。

巷ではフルサイズミラーレス機が今後の主流と先行するSONYに続きNikon、Canonが新シリーズを投入してきました。

何れは消え行くマウントなのかも知れませんが私は旅行用持ち歩きカメラとして大変このシリーズは重宝しているので使い勝手の良い明るい標準単焦点レンズが発売されたので早速入手した次第です。

まだテスト撮りしかしていませんが開放F値が明るいので暗所でもAFが速く写りも良いので今後持ち歩く1本となりました。

写真は、杜鵑草(ほととぎす)。
  

ワオ!と言っているユーザー

秋の夕焼け

スレッド
【撮影データ】 Sony 0I... 【撮影データ】
Sony 0ILCE-7M2+MC11+EF75-300mm f/4-5.6
2018/10/07 17:14:03
SS1/5000 F11.0 ISO500
露出補正 -0.7
焦点距離 260mm
  
最近の天候が不順で気持ちの良い日は数えるほど。
例年になく台風の接近も多く被害も出ました。
暑い夏もようやく終わりやっと気温も下がったかと思いましたが昨日の日中は夏ほど暑く半そでで過ごす始末。

そんな中、久し振りに良い夕焼けになるかなと近くの撮影ポイントまで出かけましたが厚い雲が山に迫って日没直前の丸い太陽は撮れませんでした。

少し望遠で太陽を引きつけ大きくなるように撮ってみました。
  

ワオ!と言っているユーザー

自家製

スレッド
【撮影データ】 Canon E... 【撮影データ】
Canon EOS 7D Mark II+SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sports
2018/09/18 16:24:45
SS1/1000 F7.1 ISO500
露出補正 -2/3
焦点距離 600.0mm(35mm換算960mm)
  
我が家は辛いもの好き。
胡椒やカラシにわさびや生姜などの消費量は大変多いです。
で、唐辛子類は七味ではなく一味ですが最近この唐辛子は我が家で栽培したものを乾燥させて高速粉砕機で粉にして終わり。

無くなれば何時でも加工ができるので唐辛子は毎年栽培しています。赤く熟したら収穫して十分乾燥させて冷蔵庫で保存しておくだけ。
  

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/485 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>