《 “緑かれた殺風景な公園!?!”❖ 20-09❖》

広場の桜ソメイヨシノ!?!)の後ろで見下ろすように植栽されてる”夢待桜”
芽は、見えたが!!
“ブルーフォーユー(Blue For You)”綺麗な色だったが、
画像の花色はいまいち正確ではない。

《花暦・_・樹(2)⇔“公園に植栽(地植え)された桜・薔薇!!”》
“季節は、着実に変移しているのが分かる。植物は正直だ。”
と、先日、ブログルで記した。今年は、どれほどの花々と会えるか?
都市公園と言えようか、藤沢の長久保公園は、好きな場所だ。
そこに関心を持って眺めている若樹がある。
1月に開花するとある「夢待桜」、淡紅色の綺麗な花のようだ。
訪れたのが少し早かった様だ。タイミングが悪く花は拝んでいない。
伊豆大島の桜・椿研究家、故尾川武雄氏が平成22年に作出した桜。
オオシマザクラとカンザクラを掛けあわせた種である由。
”夢待桜”は、ちょうどお正月ころに満開になるおめでたい桜(大島では)。
しかし、所変わると、開花は、ずれる!!は、当たり前か。。。
公園の数カ所に植栽されていたはずだが、富士山を遠望出来る高台のは??
場所が悪いのか、成長していなかった。斜面途中のは立派に成長してた。
今年は、雑用が多く訪ねられない。来年に期待。まさしく”夢待桜”。

帰り際、管理事務所前の花壇に四季咲きの薔薇が瀟洒に咲いていた。
“ブルーフォーユー(Blue For You)”フロリバンダ系四季咲きで中輪。
別名は《Honky Tonk Blues》《Pacific Dream》《Pejambluペジャムブリュー》
2006年 作出者 Peter J. James 作 出国 イギリス
品種親 Natural Beauty x 実生。

薔薇を見ながら思った、花名をはっきりと特定するのは難しい、と。
特に葉より花が先に咲く種類の樹々を特定すること。
遠目には、混同しやすい花が多い。しっかりと観察しなければ。。。?
しょっちゅう間違っている花名。爺だから、とうそぶいている日々。
其れは別として、薔薇や桜など良く良く観ないと特定できない。
花を見ながら、脳内活性化をはかる事になりそうだ。

「2020/01/11・藤沢長久保公園」




#植物 #ブログ

ワオ!と言っているユーザー

《 “紫陽花成長記録(1)!?!”❖ 20-08❖》

観察枝・・・No,1
観察枝・・・No,2
観察枝・・・No,3
観察枝・・・No,4
観察枝・・・No,5
観察枝・・・No,6

《襍・_・囈⇔“#ブログルお題2020”》
ブログル主催者の内倉さんのブログに、
『ブログルにお題を出してみることに・・・「2020年からはじめるもの」』
以前、ブログル内で、「お題」があって遊んだのを思い出した。早速飛びつく^^)。
今回は「ブログルお題2020」と年単位!?!と長いスパン\(^o^)/:。
遊び心に思いをして考えてみた。
数年前から、自生(野生)の紫陽花を追いかけている。
昨年、頂いた紫陽花(剪定枝)を地植えさせ観察はじめた。
この記録を今後、定期的にブログに記してみる。
#ブログルお題2020


#ブログルお題2020 #ブログ

ワオ!と言っているユーザー

《 “新たな発見!?!”❖ 20-07❖》

藤沢本町にある白旗神社。
白旗神社の手水舎は、亀さんが出迎えてくださる^^)。
干支の大きな絵馬看板!?!も迎えてくれていた。
義経と弁慶の銅像。
立派な銅像。そしてわかりやすい解説文。

《 “令和庚子弐詣!!⇔”朴訥・/・視感》
愈々、オリンピックの年になってしまった。来訪を予告するメールも来る。
前回のオリンピック、高校から課外授業?で国立に陸上競技をみにいった。
ヨット競技も見に行った。下級生の兄が選手・・・皆で応援に行った。
今回もヨット競技は、江ノ島が会場。江島神社とチュリップでも見に行くか!!
って出掛けたのだが、途中 “源 義経”所縁の藤沢・白旗神社に立ち寄った。
久し振りに詣でたのだが、昨年、新たな銅像が完成していた事は知らなかった。
新たな発見であった。近くの常光寺には、義経の塚があったが、今は??
そちらも近々、訪ねてみよう、って・・・江ノ島は、又の機会にした。

「2020/01/11藤沢・白旗神社」

#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

《 “2年振りのお菓子!?!”❖ 20-06❖》

ガレット・デ・ロア・・包装もシンプル^^)。
フェーヴがどこに隠れているか??楽しみの瞬間。
僕の滞在した町では、ハイリゲ・ドライケーニゲと呼んでいたが。
これは、ドライケーニヒスクーヘンとラベル記録があった(^з^)。
レープクーヘン(Lebkuchen)。とっても美味である。
今年のフェーヴ。直径1センチ程の大きさ。
誰のものになったか??大人でもドキドキしながら食べた^^)。

《襍・_・囈⇔“エピファニー(Epiphanie)のお菓子”》
子供の頃、X'masからお正月は、“最良”の季節だった。
大学生に成ると暮れから正月は、雪山の中で過ごす様に。
その山岳資料探しに神田古書店巡りを楽しんだのを思い出す。
その折々、良くカフェによったものだ(甘党なんで^^)。
神田神保町の白水堂、小川町のS・ワイル等(当時の所在地)。
神田周辺には、憧れの楽器屋さんとか靴屋さんもあったりして。

ノンポリで山行三昧の僕自身、天罰か??足指を失くす所だった。
無謀とは思わなかったが、装備に対する甘さが原因と反省もした。
70年安保闘争で大学は封鎖され、それを良いことに遠征で事故??
その年末、僕の将来の方向を西欧に向けさせる示唆に富む話を聞く。
治療帰り、親のお供で野田岩次郎(ホテルマン)さんとお会いした。
西欧文化に造詣深い野田さん、欧米文化を朗々と語ってお示しくださる。
アメリカ文化を少しかじった程度の僕には、驚き以上の事であった。
その折、フランス人お菓子職人が開いた小さなお店を紹介くださった。
そのケーキ屋さん、六本木に開店したばかりの「A.ルコント」。
仏菓子職人のアンドレ・ルコント(André Lecomte)さんが開いた店。
大学~病院の往復(歩いて)途中にあって休憩にちょうど良かった。
パンも焼いておられた。中でもクロワッサンは、表現できぬ程の美味さ。
登山用小ザックを背負い、クレッターシューズ(登攀用靴)姿の男が、
2階のサロン・ド・テでお茶してた。場所柄、ちょっと不似合い。
当時の六本木、雑な学生が通るに憚る超モダンな場所だった。
親の使いでX'masケーキを受け取りに伺った時、2階でお茶してると、
変わった風体の僕に興味を持たれたか、ムッシュが声を掛けてくれた。
“日本ではX'masケーキからおせち料理、そんな流れ、面白いね”、と。
仏ではX'masは神聖な儀式、静かに過ごす。お菓子は食べるけどね!!
バタークリームのブッシュドノエルね!!おいしいよ^^)、と。
それ仕様のケーキは、小川町のS・ワイルで知っていたが。。。
以来、ルコントさんには、フランス文化を色々と教えて頂けた。
自転車で訪れた時、Paris Brest(パリブレスト)と云うケーキを知る。
ツール・ド・フランスに関心を持ったのもケーキのお陰である^^)。
友達の誕生日ケーキを取りに行った時、ガレット・デ・ロアも知った。
“1月6日においで!!”とルコントさん。。。!
ガレット・デ・ロアのことは、以前、ブログに記した のでここでは省略。
当時、フェーヴを入れたガレット・デ・ロア、作っている職人は少なかっただろう。
面白い・・・運気を試せるなんて、と友達に自慢気に話した記憶がある。
その後、学業研鑽で滞在していた南ドイツでも公現祭に食するお菓子を沢山みた。
Heilige Drei Königskuchen(ハイリゲ・ドライケーニヒスクーヘン)と言うお菓子。
お菓子と言うよりパンといったほうが適切か!!ミルクパンみたいな感じだ。
それでも王冠は、ついてくる^^)。クーヘンとは、ケーキのこと。
そして飲み物は、日本で言うウィンナーコーヒーを頂く。
アイシュペンナー(Einspänner)と呼ぶオーストリア発祥のコーヒーの淹れ方。
深煎り豆で中挽でドリップ、あらかじめザラメ糖を入れたグラスにコーヒーを注ぐ。
泡立てたクリームをたっぷりと浮かべて飲むのである!
はじめにふんわりとしたクリーム、次にほろ苦いコーヒー&クリームのハーモニー、
最後に沈んだザラメ糖とコーヒーを飲む。1杯のコーヒーで3通りを味わえる。
深々と雪降る室内でお菓子を楽しむ、そんな空間が新鮮だった(南独でのこと)。
ドイツ語圏で公現節に食べるケーキにフルーツケーキの様なケーニヒスクーヘンがある。
形は長方形から円形、リング形、クグロフ形と様々で個々人の好みで選んでいた。
スイスのドイツ語圏では、ブリオッシュに近い丸い発酵生地を組み合わせて花形にした
ドライ・ケーニヒスクーヘンを食する。バウムクーヘンもクリスマス菓子の一つだ。
シュトレンもクリスマス菓子だが、ドイツ家庭で好まれるXmas菓子がもう1つある。
レープクーヘン(Lebkuchen)と呼ばれ、牛乳や卵、バター等、油を使わずに焼くお菓子。
ハチミツを使い、ナッツやスパイスをたくさん入れて作る。
アニス、フェンネル、ショウガ、カルダモン、コリアンダー、メース、ナツメグ、
丁子、ピメント、シナモン等と多くのスパイスを巧くまぜて焼くお菓子。
スパイスやハチミツを使った簡単なお菓子は古くよりあったらしい。
中世ヨーロッパでは修道院で作られるようになった、と記録にある。
水分を殆ど含まず、ハチミツやスパイスのおかげで長持ちのするお菓子。
食べ物の少ない冬や食糧難の時には、修道院で配られてもいたらしい。
レープクーヘンには貴重なスパイスが多数使われため、専門の職人もいた。
レープクーヘンは、日本人には馴染みがないが、面白い食感。
寒い冬、暖かいコーヒーや紅茶によく合うお菓子だ。
*      *       *       *       *
本題が後になったが、3年前にアンドレ・ルコントさんのお弟子さんを知った。
今、住まい居る隣市にそのお菓子屋さんは、ある。
店名を知って、嬉しくなった。(comme en province)コム・アン・プロヴァンス。
プロヴァンスって、“田舎”を意味する。HPを観て納得。
早速、訪ねてみると、本物の仏菓子で且つ良心的なお店だった。
一昨年末は、雑務に紛し注文に失し、食べれなかった。
昨年末、しっかりと注文出来、1月10日にとりに行った。
公現祭は、1月6日だがエピファニーのパーティーは、1月中ならOK。
知人の誕生日に、と10日にした。今年のフェーブは、アントレメット。
⇩     ⇩     ⇩
アントレメットとは、古式フランス料理のフルコースの中で料理間で
提供される小さな料理を指した。現代では、一般的にデザートを指す。
中世後期から近世初期にかけて、王侯貴族や上流階級の食事でよく見られた。
精巧かつ形式ある娯楽料理として提供されたものである。

今年は、オリンピックイヤーだ。色々と感慨がある。
上記のアンドレ・ルコントさんは、東京オリンピックの前年1963年に来日。
ホテルオークラのシェフ・パティシエとして仏菓子の指導をされた方。
而してオリンピックでも腕を振るわれた最高の菓子職人。

「2020/01/10・コム・アン・プロヴァンス」

#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

《 “殺風景な里山にも!?!”❖ 20-05❖》

ユキヤナギ(雪柳) バラ科(Rosaceae)
学名:Spiraea thunbergii Siebold ex Blume
別名: コゴメヤナギ(小米柳)、コゴメバナ(小米花)、コゴメザクラ(小米桜)
「紅花ユキヤナギ」
園芸種だが、趣がある。ひと目に触れない所で咲き始めた。
勝手口脇だが、先日夕暮れに陽光を浴びて花見する野良猫を発見。
カメラをとりに離れた隙にどこぞへ消えていた^^)。



《花暦・_・樹⇔“初春の雪あられ!!”》
季節は、着実に変移しているのが分かる。植物は正直だ。
ユキヤナギ(雪柳)、枝を被う沢山の小さな白花が魅せる。
名前からして冬の花に思えるが、春の訪れを告げる花だ。
だが、昨今は真冬に花を付け始めるようだ(温暖化か!?!)。
ユキヤナギは、落葉性低木で川沿いの岩の割れ目等に自生し、
樹高2m程。根元から枝を伸ばし、先尖る鋸歯縁ある小葉。
開花期を迎えると細い枝いっぱいに沢山の白い花を咲かせる。
その姿が、柳の枝に積もった雪の様に見え、名付けられた。
小さく可憐な白い花にちなんで「愛らしさ」という花言葉もある。
そして色々園芸種が誕生している。その中で。。。!!
フジノピンクと呼ばれる種がある。花弁の外側が薄っすらピンク色。
蕾は濃いピンク色だが、花が開くと徐々に内側が白へと変化していく。
「紅花ユキヤナギ」「フジノピンキー」等の名称で売られている。
散歩の途中で観たユキヤナギの枝にポツポツと顔をみせる花々。
斥候の如く咲き始めたユキヤナギの花、小さいが楚々としていた。
里山の目の届かない場所のユキヤナギの花、植栽されたものだろうか?
多分、自然植生では無い。が、土地潜在能力に合わせたものか。。。!
「2020/01/08・泉の森、自宅裏」



#ブログ #植物

ワオ!と言っているユーザー

《 “殺風景な里山でも!?!”❖ 20-04❖》

ロウバイ(蝋梅) ロウバイ科(Calycanthaceae)
学名:Chimonanthus praecox (L.) Link
別名: カラウメ(唐梅)



しろはら、だろうと思うが定かではない。

《花暦樹・_・鳥⇔“七草の頃”》
里山の中が、震撼としている。初参りに出掛けた時に感じた事。
そんな里山でも目立つ光景は、鳥観察する人々(鳥撮影の人々)。
そんなポイントを避け落葉で陽溜りになっている所をさがしていると、
ロウバイ(観賞用に植栽??)の黄色花が目に入った。
葉より先に黄色い花を開花させ近づくと甘い香りが漂い優しい。
一般的に臘梅といえばソシンロウバイを指しているように感じる。
ロウバイには、鮮やかな黄色い大輪花の満月臘梅(まんげつロウバイ)」、
花の内側中心が赤い「和臘梅(わロウバイ)」、
色が薄めの「素心臘梅(そしんロウバイ)」の3種類がある。
花弁は、透明感があるが蝋質、それゆえの花名か。新春にふさわしい。
そんな樹の足元の落ち葉の絨毯の中にゴソゴソ動いているのが見えた。
近寄ってみると小鳥が飛び立ち、かなり先の枯れ草地に降りた。
人間を恐れているのではなく、かくれんぼをしてるようだった。
鳥に疎い、帰宅して調べてみるとシロハラ(Turdus pallidus)のようだ。
見かけた時、枯れ葉下のミミズでも捕食していたのか??

今年は、散歩・サイクリングをしっかりして鍛えよう。
「2020/01/05・泉の森」

#ブログ #植物 #鳥

ワオ!と言っているユーザー

《 “令和時代のデジカメスタイル!?!”私心・_・襍囈20-03》

上面から
SIGMAfp本体とレンズ45mm ストボロの組み合わせ
望遠とLCDファインダ-の組み合わせ
モジュール式GFXがイベントで紹介されてた由
好みのフォルム。

《襍・_・囈⇔“好みのデジカメ”》
去年、僕にとっては驚きと今後を思うことが出来た1年間だった。
趣味の寫眞、それに必要でより意識を高める機材の出現!?!
デジカメ本体そしてアクセサリーの数々、デジカメ第2世代に突入。
しかし、銀塩フィルム時代から使い続けている三脚、唯一無二の存在。
斬新で颯爽と登場したSIGMA、初の35mm判フルサイズ機のSIGMA-fp。
フルサイズ機でありながら実にコンパクト。而して仕様が面白い。
四角い外観、触った感じはしっくりとくる(仲間のを触っただけだが)。
SIGMAfp本体とレンズ45mm F2.8の組み合わせは、DP Merrillの様だ。
スナップや風景をスチール・ムービー撮影と瞬時に切り替えられる。
カラーモードでオレンジやシアンを強調するティール&オレンジを搭載。
そしてfpは、ライカLマウントを採用し、使用レンズの選択肢が広がった。
SIGMA fpは、フルサイズ機で機動力あり、高画質、ムービー向きか。
個人的には、Stillモード(静止画)に特化したデジカメが欲しい!!
而してFoveonセンサー搭載機の出現を切に希望したいのだが^^)。

そしてセンサーがより大きい(中判)デジカメ・フジGFXも市販された。
更には、モジュール式GFXがイベントで展示されたと紹介されていた。
静物やスタジオ、用途に応じて組み合わせる、合理的且つシンプルだ。
グリップユニット・ファインダーユニットとか楽しみである。

今ひとつ嬉しいデジカメが登場した。フジフイルムX-Pro3。
フラットボディ“レンジファインダースタイル"クラシック的でいい^^)。
光学・電子の切り替えも可能なハイブリッドビューファインダーを装備。
X-T3等と同じX-Trans CMOS 4(裏面照射型26MP CMOSセンサー)と
クアッドコアのX-Processor 4が採用されている。
外観等、時代に逆行的に見えるが、自己主張、こだわりが好きだ。
特にボディのトップカバーと底面カバーがチタン合金である。
更には、チタン合金外装の弱点、耐摩耗性をカバーする表面処理。
「デュラテクト」と呼ばれる表面硬化技術で処理されている。
DRシルバーと呼ばれ表層に硬化層を作るMRK処理がほどこされ、
塗装ではなく、チタンそのものの色あいを出している。
今のデジカメ、撮影後に現像もでき確認も出来る。
だが、裏面液晶モニター部が閉じられている。これもいい。
“想像しながら撮る"そんな感覚が蘇る。楽しみなデジカメである。

SIGMAFoveonセンサーフルサイズデジカメの発表、楽しみである。





#ブログ #寫眞機材

ワオ!と言っているユーザー

《 “令和 庚子 初詣”朴訥・/・視感20-02》

近寄らないで、って睨まれた^^)。
手洗いお清めの仕方が説明書きサれていた。

《私心・_・襍囈⇔2020年“元日”》
例年、元日に処理していた雑事が今年はない。
久し振りに元日散歩・初詣が出来た。
泉の森・ふれあいの森を初元日散歩!?!
泉の森、植物は眠っていたが「鳥撮」人が多い。
三脚を立てての待機姿は、形容しがたい。
泉の森・ふれあいの森に挟まれ東名高速が走り、
脇の自動車修理工場に猫楽園(野良?)がある。
ひなたぼっこしている猫ちゃんに挨拶をする。
そこから200m程の山上に鎮座する熊野社。
鳥居に着いてみると行列??一寸驚いた。
階段を上がり社前でお囃子に合わせての獅子舞!!
思いがけない歓迎に驚いた!!
元日のお参りは、清々しかった。

「令和弐年太簇 ふれあいの森」
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

《 “令和 庚子!”朴訥・/・視感20-01》

土鈴といえども洒脱だ。

《私心・_・襍囈⇔2020年“元日”》
明けましておめでとうございます。

今年は、ねずみ年。十干十二支で云えば、庚子(かのえね)。
子年は、十二支の一番始めの年。新しい運気の始まりと言えるか。
植物が、成長に向かって種子が膨らみ始める時期である。
この先に向かう、未来への大いなる可能性を感じさせてくれよう。
己にとっても偶然かもしれないが、心の方向性を思う年と感じる。
我が家に居る「子の土鈴」かわいい音色と同時にかわいい風貌。
※追記※
「子(ね)」を仏教の世界での守護神は、千手観音と言われている。
正しくは、千手千眼観世音菩薩(せんじゅせんげんかんぜおんぼさつ)。
千の手と千の眼は、慈悲の広大さと、救う手段の豊富さを表します。
冠についている顔は11面または27面。顔が幾つもあるのは、
救う相手により一番効果的な接し方をすることを表す。
千手と云われるが、代表的に42本の手を持つものが多い。
仏様の手を数えるときは、本ではなく臂(ひ)という。
顔が3つで手が6本のときは三面六臂と云われる。
言葉を突き詰めると楽しい。ここでは、仔細は略す。
「令和弐年太簇」
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

“令和元年大晦日”《襍観・/・凡声19-27》

12月18日、熱海梅園で観た。
フィルムシミュレーション「ACROS」というモノクロ描写。
暗室・現像、焼付!! 懐かしいが、新感覚でもある。



《時節・_・襍囈⇔令和元年・・〆》
気候は、、、気温の変動は少しずつずれ始めている。
12月半ばに早くも「素心蝋梅」の花を見た。
今日“大晦日”の最高気温が我が地では18℃位になった。
色々な感慨あった一年間。まもなく令和元年が終わる。
来る年は、どんな年になるのだろう。楽しみだ。

ブログルのみなさん良い年をお迎えください。

#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

×
  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ