叛逆のろれつ_2「船船境航」!?!

捕まえた(画像1)
タイワンリス!!(画像2)
・・・!!(画像3)
カラスは、結構頭がいい!(画像4)
修験者のようだ!!!(画像5)


表題の「船船境航」は昨年の創作四字熟語、優秀10編の一つ(戦々兢々)。

このところ、尖閣諸島周辺により緊張が深まっている。
自然界の摂理・・弱肉強食的!?!・・・で凄まじい勢いで挑発してくる。

動物の世界では当たり前に繰りひろげられてるが、そこには、「掟」が存在しよう。
食物連鎖・食物循環、その中にあって最も凄惨・卑劣なことをしているのが人間か!?!
己の欲求のため・・美食のために、生活が為の物欲、而して名誉欲なる精神的欲求も。
鳥や小動物の捕食を垣間見ると、微笑ましく見える(画像1・2)こともある。
ところが、見た目に凄絶感あると・・何となく悪者的になってしまう(画像3・4)。
湘南界隈(神奈川県)でリス害、鳶・カラス害といわれるが起因の基は人間が作った。
鳶は、人のお弁当をもおそうようになった(画像3)。それも餌を与えたことにある。
カラスは、仲間意識があるようだ。集団で行動する!!(画像4)

「共存共栄」どうしたら良いのだろうか???動物との関係は、修復できようが・・・。
人間同士のイザコザは、大変だ。
過去に捕われていると前に進めない。こじつけ応酬になってしまう。

日・韓・中国と並べてみると、レベル・見解・感覚の違いではないと思える。
法あっての政治だが韓国の法体系は、日本の旧大日本帝国憲法・法令を参考にしている。
それ故、日本を意識してより反日を出す。それは、日本を超えた、否、侵略された
負のみを全面に出して国民を煽っているに過ぎない。今の韓国、日本も主権在民だが、
権力構造・経済社会構造に、かなりの違いがある。
韓国は、どちらかと言えば保守的!!財閥中心経済。
憲法にしても改正に改正を重ね1987年の第9次憲法改正で独自憲法になった感がある。
「侵略」を全面に出すのは、韓国の法体系を作ったのが日本人だったからだろうか!?!

中国は、内乱の繰り返しで現国家体制になった経緯からして、侵略という概念が希薄??
そして法体系にしても旧ロシアに習い大陸法的である。
更には、制定成文法的要件定義に欠けて、末端行政は慣習法的な法規約が多い。
立法は、国家主権、基本的法律の定義に欠けてる。すべては、時の全国人民代表大会が制定。
個々の法律は全国人民代表常務委員会が制定している。

一寸拾っただけでも我が国との違いが見えてくる。
昨今の領土問題、環境汚染問題。どちらもレベル違いではなく、ラベル自体が異なっている。
此の点を我々庶民も認識しないと、単に相手を罵倒するだけだ。
中国・韓国、2つの国のエリート達が西欧の大学等、文化機関で沢山研鑽されている。
今や、武力的対応で強国になれるものではないことをわかっているだろうに。
中国・韓国ともに、内政にある庶民の不満の矛先を変えるために日本を利用してるに過ぎない。
日本も緻密に分析・対応できる研究機関、シンクタンクが必要だ。
「2番ではいけないのですか??」等と、、、。
無粋・無意味、無効力な「仕分け」等していた付けが回ってきた!!
文化的交流、個々人では互いを認め合っている所もあるのに、、、!
対・・「国」なる大きな大きな問題になると、理不尽な態度を平然と執る。
中国の東南アジア諸国に対した処方。韓国が、ベトナムに対した所業。
日本も過去の反省の上に立って、沈着冷静な施策を講じて欲しい。
隣接諸国に対してしっかり自己防衛できる体制を早急に構築すべきだ。
同時に内政・・・東北震災の復旧、対処が遅い。何とかならないものか???

過疎被災地を訪ねる度に・・・ため息が出る。そんな折、MSNニュースで凄い写真を見た。
ロシア・クラスノヤルスクで水浴びする幼稚園児ら。氷点下約23度ですよ!(ロイター=共同)
画像は、ニュース添付画像をお借りした(。

意思あらば・・・なせる!!  国政を司る政官のみなさんに期待したい。
 


#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

暖かな春。

【 万 葉 歌 】
梅の花
今盛りなり 百鳥の
声の恋しき 春来るらし
( 作 者 : 小 令 史 田 氏 肥 人 )

拙宅周辺でも梅の花がどこぞかしこに・・・。
あでやかな深紅の紅梅よりも、
薄桃色の紅梅の方が軽やかで新しい春を迎える雰囲気と・・・
久し振りに・・・散策に足を延ばした。
丹沢山地の裾野に名刹・霊山寺がある。
「吾妻鏡」に、奈良期・霊亀2(716)年2月行基の開創による、
十二坊の子院を有した大寺院・日向山霊山(りょうせん)寺。
元正天皇の時代には勅願寺として栄えた格式の高い寺院だが。。。
明治初期の廃仏毀釈で衰退し、宝城坊と薬師堂のみが残った。
日本三大薬師の一つで平安から鎌倉期の仏像が二十数体もある。
鎌倉期には将軍頼朝・室政子も詣ている。
僕は、青年時代に登山の帰りに幾度となく訪れたことがあった。
そのころは、鄙びた佇まいだったが、、、!!
久し振りに訪れたそこは、観光地さながらの賑いを見せていた。
薬師堂前に立派になった梅の木が1樹あった。
その姿は、なんとなく!!春・・・を思わせる風情だった。


#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

自転車目線!!

普段、歩いて散歩しようなどと思わない道。
そんな道でもサイクリングロードから
帰宅への近道と思って^^
方向を定めてあてずっぽ的に通った道。
時として思わぬ光景に出合うことがある。
幹線道路から1本脇に沿う道を走っていた。
幹線道路からでも見えるところに華の群生地があった。
自転車に乗っていたから出会えた光景。
その場所だけが、スポット的に幻想的に見えた。
#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

心に染みる赤色!!

日本は、広い!!
北の方から「紅葉」は、徐々に南下する。
鎌倉をはじめとする湘南の海岸線は温暖な地。
先週、紅葉・黄葉が盛りだった。
名所と言われる地は、訪問客でいっぱい。
今年は、どこにも出向かなかった。
生活環境でも紅葉は、見られるから。。。
庭の「灯台躑躅 (どうだんつつじ)」の葉が、
真っ赤に染まった。
春に可愛い壷形の花をたくさん見せてくれていた。
春・晩秋(初冬!?)と2度も感慨を持たせてくれる。
独りだけの紅葉見物で満足している。

#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

蝦蛄葉サボテン (しゃこばサボテン)。

先々週末、紅葉・黄葉を見たくて丹沢まで自転車散歩をしたのだが、
人・車の多さに圧倒されてノンビリ見る気にならなかった。
先週末は、身辺の里山に行こうとしたのだが、
雑用で自宅に居た。
ベランダに蝦蛄葉サボテン (しゃこばサボテン)が、
今年も咲き始めた。
天の恵み(雨)・(陽)だけで何も手を加えない。
強いものだ。園芸種だから・・・!?!だろうか。
「デンマークカクタス、パールクィーン」
少し垂れる性質があり、花も下向きに咲く。
ランにも負けない豪華さがある。
#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

自転車ツーリング!!

丹沢山地は、かつては登山者の聖域だった。
それが林道の整備・舗装により山の奥深くまでも
自転車・自動車までもがはいれるようになった。
自動車が林道(街道の如くに)を通過することで
環境の変化にどれだけ影響を及ぼしているかは??
でも山の樹木の立ち枯れが進行している現実をみると
山間部の林道は、自動車・オートバイの通行規制を
検討するべきではないかと、今日実感した。

今、自転車がブームで、ヒルクライムが盛んなようだ。
かつての林道状態では、MTB的自転車でないと
林道は走れなかった。
林道が舗装されたことでロードレーサーでも走れるようになった。
どれ程のものか??と今日走ってみた。
狭い登り道を登・降の車がすれ違い、
そのわきを自転車が走っていた。
まるで市街地の様相を呈していた。
曲がりくねった視界が悪いが所では、
自転車がかなりのスピードで行く!?!
このままでは、危険と感じた。
のんびりと紅葉・黄葉を見てる余裕などなかった。
写真を撮る間もなかった(精神的に)。
5〜60km程の走行距離でしかないのに・・・!
帰宅してひどく疲れた。
今の若者・おじさん・おばさん達の走行は凄い!!
無鉄砲と僕には見えるが、当人達は、平然と走っている??
僕の感覚が、現代的でないのか!?!

#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

花も環境に準じるのか!?!

ゲリラ豪雨が荒れ狂った昨今だが、昨日も豪雨に見舞われた。

ブログルで七変化が紹介されており・・・

身近な七変化を探してみた。

花から・・実までが一同に見えた!?!

これも環境の変化ゆえか!?!

#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

生活環境の変化。

時折、走っている境川CRにある神奈川県立境川遊水地公園内の情報センターに設置されている自転車を休ませるバイクスタンド。
10年前には、考えられなかったものである。
遊水地としての立派な施設、
周辺には、野球グランド等がある。
この夏にゲリラ豪雨と称される災害があったが、
この遊水地のお陰で下流の生活環境に被害はなかった。対して、少し上流の場所では、床上浸水したところもあった。
徐々にではあるだだろうが流域は改善整備行われると思う。

生活環境の改善、レジャー環境の整備などなど、
生活環境は、良くなっている。
だが、車社会・緑の減少等で自然環境は悪化をたどっている。
人間にとっての生活環境と対峙してる自然環境、
どちらもより良い方向に進んで欲しいものだ。
それにしても、スポーツバイク用と銘打った看板を見ると、
役所もエコを意識し始めているのかもしれない。


#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

わが頭髪もかくありたい!?!

最近・・・白髪混じりから全くの白髪頭になり

髪の毛も薄くなった。

僕が子供の頃、我が年齢の男性を見れば「老人」!?!

といった「感」があったように思う。

今の自分を思うと、老人とは・・言いたくない^^。

食生活等々で、心身共に元気いっぱい。

高齢化社会・・団塊世代・・を思うと、

定年を見直すことも必要ではないだろうか。

未だ解決のメドさえ見えてこない??

年金問題。

官・企のなれあい関係が露呈してる「汚染米問題」

企業トップの責任・罰則が甘い法規制。

真摯なる反省など見られない。

さらには、国民感覚不在の政界。

団塊世代は、ジィーット見ているだけでよいのか??

とは言っても何もできず、もどかしい。

台風が去って・・散歩に出かけた。

植物界は、偽りがない!!

里山に見る「シラヒゲソウ(白髭草)」。

美しい。

わが身もそうありたい。


#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

国籍法!?!


2008・06・04日記より^−^)。

花は、今を生きる。

外来種であろうが無かろうが!!

輝く花、清楚に咲く花。

垣根の下にひっそりと咲く花を見た。

2008・06・04

憲法違反とする重大判決が下された。

子供の嬉しそうな涙。

はにかみながらも、流す涙に・・・

「法」を学ぶ者にとって

久しぶりに感慨深い裁判を聞いた。

「やっと日本人になれました−。

日本人父とフィリピン人母との間に生まれて日本で育ち、

日本語を話しながら、日本国籍がなかった子供たちに

最高裁は4日、日本国籍を認めた。

原告の子供らは東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、
学校でのいじめや将来の不安など、
これまでのつらい思いを吹き飛ばすかのように喜びを爆発させた。
母親たちも目を潤ませ、夢がかなった感謝の言葉を繰り返した。」

(産経新聞より)

仔細は、別として・・・

最高裁大法廷が下した、現国籍法に違憲部分がある・・・。

「法の下に平等」精神を垣間見る、思いだった。

#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

×
  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ