記事検索

詩は元気です ☆ 齋藤純二

https://jp.bloguru.com/shoboter99

フリースペース

⚪︎リンクㅤネット詩誌『MY DEAR』
http://www.poem-mydear.com/

⚪︎MY DEAR 詩の仲間たちツイッター
https://mobile.twitter.com/mydear2000s

“ # ” のついたタイトルはツイッター詩(140文字以内)

背後占い『字念屋』「鷲」

スレッド
事前にインターネットでのご依頼を
ありがとうございました
真田康生さん、二十歳、学生さん
リモートによる占いになってしまいますが
背後に浮かぶ中核文字を読みとっていきます

それにしても
真田さんの背景画像が南国の海で開放感がありますね
バーチャルと分かっていてもいいものですね

はい
ではカメラから少し離れてください
モニター越しの占いは慣れていませんので
普段より中核文字を読み取るのに時間がかかりますが
しっかりと占っていきますのでお許しください
それでは目を閉じてリラックスしてください

・・・・・・はい
ありがとうございました
目をお開けください
真田さんの中核文字が見えましたよ
「鷲」です
その中核文字の他には念字がなく
雲ひとつない空で
とても優雅に広く高く飛んでいるようです
そんな自由を感じられる中核文字
真田さんの鷲は翼である部分が非常に大きく立派です
そして、普段は自由に気持ちよく飛んでいますが
ここぞという時には急降下して
獲物を見事に獲える才能があります
鋭い目、鋭い爪、鋭い嘴で
ダイナミックに仕事を熟すタイプ
逞しい力を十分に発揮できます

そうでしたかその反面
ひととのコミュケーションが苦手なのですね
たしかに群れをつくり何かを獲得する
その辺は苦手分野かもしれません
しかし、鷲は意外と大きな耳穴を持ち聴力も優れています
真田さんはひとの話の真意を聞き取れます
またしっかり話を聞く姿勢に
ひとから信頼も得ることができるでしょう
発せられる言葉からの思いを汲み取り
アドバイスのできる中核文字をお持ちですから
お得意のフィールドでじっくりと話を聞いてください
そんなところから始めてみたらいいでしょう

はい
鷲の中核文字をお持ちの方は
自分より大きな相手だろうと向かって行く
そんな強さがありますから
真田さんの将来はとても楽しみですね
大きなことを成し遂げることのできる「鷲」です

いえいえ
私は見えている念字について説明しているだけです
このような占いしかできませんよ

こちらこそリモートによる背後占いで
ご不自由をお掛けしました

そうですね
新型コロナが落ち着いた頃にこちらへご来店ください
楽しみにお待ちしていますね
この度は字念屋リモートへありがとうございました

#詩 #字念屋

ワオ!と言っているユーザー

朝の心象

スレッド
電車に乗り込み寒さは凌げた
すぐにホームボタンで指紋認証
部屋が片付かないように
デバイス上の書類項目も
煩雑に散らばって

ふと見る車窓からの薄暗い空
雲もまだ眠っている
寝ているものを眺めては
揺られ向かう先へを繰り返す
弱気な心

車内には
自分自身を見つめる人びと
一人一人がひとりに包まれる
細胞壁の中で
心模様はまだ薄い色で塗る
早朝のスケッチ

第三波と混み出してくる車内
身体を硬直させ力ませて
今日という一日に
小さな願いを込めながら

新宿駅で乗客が降りると
ラインがひとつ届く
年老いた母の「元気ですよ」を
知らせるいつもの挨拶

 おはようございます
 コロナには気をつけてくださいね
 健康が一番ですから

薄赤く染められた雲が動き始め
溶け始める壁を感じ
「俺も元気だよ」を
伝える挨拶に少し照れながら

#詩

ワオ!と言っているユーザー

電子書籍Kindle 言葉採集 齋藤純二 

スレッド

ワオ!と言っているユーザー

秋のコンバート

スレッド
アナログの枯れ散る寂しさを
美しさとして綴れたのなら
辛い思いはすべて
うわの空に消えるだろう

貧弱な言葉が
デバイスの中でグルグルと
迷いながら今を探して
同じ回路ばかり走り
摩耗して疲れた心は
青を失い茶に穴があく

それでもまだ見えている
惜しみなくの光に憧れ
キーボードを叩く無音に
焦りは眠り
世界が変わり始める

馬鹿のひとつ覚え

その天性ってのを信じてみたい
土になるその時まで

アナログの枯れ散る寂しさを
美しさとして綴れたのなら
辛い思いはすべて
うわの空に消えるだろう

#詩

ワオ!と言っているユーザー

渾身

スレッド
詩集へ私を叩きつけ
砕け刺さってやる

もう風に空に光に頼らず
ひとつのモノになって

言葉で無いくらい
意味など無いくらい
人間で無いくらい
生きた証も無いくらい

バラバラになってしまう
惜しみは微塵もない
覚悟は既に出来ている

私が今
詩集に落下している

#詩

ワオ!と言っているユーザー

ぼくとかれはさん

スレッド
いたい いたい

ぼくがあるくと
かれはさんはいう

ごめんね ごめんね

ぼくがとまっていうと
かれはさんは
おこってしゃべらない

かれはさんを
ふまないように

よいしょ よいしょ

じゃんぷしてあるくと
かれはさんは
さらさらとんで
ぼくのくつを
すりすりしたんだ
#詩

ワオ!と言っているユーザー

侘助

スレッド
マスク着用はもちろん
ヒートテックを身につけ
時にコルセットを巻いては
今年の冬に負けぬよう
守備は年々と硬くなってゆく

寒空にいた少年の日
半ズボンで過ごした強さは
内側から萎んでしまい
自分の弱音に咽せる

それでも
受け入れるしかないものを
悲しんでどうするという
私がいる

課せられた今年の冬を
俯かずに進んで行こう
もしその道で躓いたのなら
やっちまったと
笑えるエモーションで

ほのかな香りの先に
白の微笑みが咲き
半ズボンの頃の
私の声が聞こえてきた

#詩

ワオ!と言っているユーザー

メトロノーム

スレッド
俺のテンポはズッコケている
それは個性だから
いいんじゃないかと思っていた

でも
最近はそれが気になって仕方がない
テンポがあってない気持ち悪さを覚える

遡って思い返せば
今まで俺の人生にとって
噛み合わなかった学校や社会

歯車を合わせて生きていくことを
心のどこかで
拒絶していたのかもしれない
独りよがりを自由だと思っていた

ひとに気を遣わせた厄介に気づき
歩幅を合わせ耳を傾ける

息を深く吸いこみ
ゆっくりと吐き出しのなら
コンッ コンッ コンッ コンッ
この先を刻んで行こう
これが俺のレットイッツビーだ

#詩

ワオ!と言っているユーザー

赤い僕

スレッド
赤いよ赤いよ
夕波を聴く僕がいるよ

君を待つ
寄せてはかえす波時計
きっと僕の顔は
恥ずかしいくらい赤くなり

ひとりよりふたり
不思議と強くなくちゃ
そんなふうに思えるんだ

そして
君を大好きだ
と叫びたくなるんだ
待ち遠しい物語は
どんどん
僕よがりなってしまう

君が現れたら
ちょっと遅くねえ
そういって
照れ笑いをして

だからさ
いろいろ考えちゃうんだよ
まだ君が来ないのに
もう君でいっぱいの僕なのさ

#詩

ワオ!と言っているユーザー

雪消(ゆきげ)

スレッド
欅の白い花
たらたら解ける面影に
あなたのここはどこのあそこ
形が消えれば消えるほど
わたしのここはどこのあそこ

滴の落ちゆく
冬の解ける音を誰が聴く
ふたりの景色を
くるりと包み地に向かう

廻り廻る長さ
わたしは天寿のどこにいる
ふたりの景色を
春へ流してここを聴く

#詩

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ