記事検索

詩は元気です ☆ 齋藤純二

https://jp.bloguru.com/shoboter99

フリースペース

⚪︎リンクㅤネット詩誌『MY DEAR』
http://www.poem-mydear.com/

⚪︎MY DEAR 詩の仲間たちツイッター
https://mobile.twitter.com/mydear2000s

“ # ” のついたタイトルはツイッター詩(140文字以内)

#水詩

スレッド
透明人間は見えないが
僕は光の屈折で見えてしまう
全身が水で出来ている水太郎です

おしっこをしても臭くないし
頭の中もご自由に見てください
って、感じになっています

ただ困ることがあります
喉が渇いたからキスをするふりして
僕を吸わないでください
君が僕でいっぱいになりますから

#詩

ワオ!と言っているユーザー

発した言葉

スレッド
彼にとって
それは暴力に近い
衝撃だったかもしれない

たぶん
私を酷いヤツだと
思った事だろう

でも
喧嘩してでも
言わなくてはいけない
時と場合がある

わかり合おう
なんて思わない

それぞれの
生き方があるのだから

自分を正当化などしない
彼にとって
悪になろうとも
そんなことはどうでもいい

言わずにいるのは
簡単だが
言わなくてはいけない
彼と私がいる

#詩

ワオ!と言っているユーザー

#プロレス詩

スレッド
兄には勝てない
体力の差は大きかった

弟の僕は
4の字固めでギブアップ
カウントがスリー入って負け

カンカンカーン

ある日
悔しくて兄のことを抓った
反則技とわかっている
でも勝ちたくて

それが乳首にヒットしてしまい
痛いと兄が涙を流した

僕はブッチャーになってしまった

#詩

ワオ!と言っているユーザー

詩活動

スレッド
そろそろ詩に関わる活動のキャパを越えそうなのかな〜

とりあえずあと三年間はこのペースで行こうじゃないか。まあ、同人誌とかもやってみたいし、手作り詩集もやってみたいし、小説も書いてみたいし、なんて思っているけど、詩人会の理事会、詩の掲示板での活動やツイッターの企画詩などをもっと充実させていこう。これらが私を成長させ、微力ながらでも詩の世界のためになると思い継続だ。

昨日は詩人会の総会。規約改正、決算報告、予算案と議決することが多く、たくさんのご意見をいただき詩人会の未来のためによい総会になったのでは。初めて総会に参加された方が「たいへん熱のある総会で、座っているだけで疲れましたよ」と、笑っておっしゃっていた。さすが今回は、ちょっと盛り上がっていたよなあ。去年は数字を読み上げるだけで終わっていたが、新しいことをやるのはやはりたいへんだ。しかし、懇親会でのビールは最高に美味しかった。今まで詩人会の未来を考え理事一同が会議し活動してきたことが報われた。ふっ。。。

#雑記

ワオ!と言っているユーザー

#福神漬詩

スレッド
僕を見てください
僕を味わってください
どうか僕を感じてください

そうです
カレーライスのはじっこに
赤くアクセントになっている者です

なぜ僕を意識してくれないんだろう
今日が福神漬けの日なのに
#詩

ワオ!と言っているユーザー

#幽霊詩

スレッド
たぶん
僕はまだ生きている

だけど
もしかして
この日常がこの世ではなく
あの世ってこともあるかもしれない

もし僕が幽霊だとしても
魂は何かをさせているのだから
フラフラと流れてゆく

あなたに僕が見えていますか

最近は誰も声をかけてくれない

僕は寂しい

#詩

ワオ!と言っているユーザー

気温四十度オーバー

スレッド
バスから
しかめた顔が連なって降り
太陽は、どうだ参ったか
と、言わんばかりに燃えている

バスに乗り込む俺はひとときの憩い
エアコンの吹き出し口が
神さまに思えてしまうくらい
有難き幸せだ

ああ、このまま涼しさの中で
ずっといたい爽快感
しかしそんな時間は短いもの

液晶画面から気温の数字が飛び出す
なお溶け出して行く気力
降りるバス停が近づいてくる

ああ、暑いをこえた狂った暑さ
しかめた顔から異常な夏が
身体を蒸発させようとしていた

電車のエアコンが効いた
オアシスへの綱渡りをしながら
この夏の行き先は
秋へ繋がっていると思うしかない

#詩

ワオ!と言っているユーザー

#米騒動詩

スレッド
米の不作な年があった
ご飯にありつけない

たまたま米屋の店頭に積んであった
値段が高騰した米を買おうとしたら

あなたうちで買ってなかったでしょ

そう言われて販売拒否された

あの言葉は忘れない

ありつけた輸入米を食べた

パサパサしたご飯を知り
怒りを鎮めようとした

#詩

ワオ!と言っているユーザー

#下駄詩

スレッド
足を鍛えていると言って
鉄下駄を履く友だちがいた

ブランコでの靴飛ばしにも挑戦した
彼からみんなは遠く離れた

そんなに飛ばないよ

そう言った彼の頭に鉄下駄が落ちた

なあ、飛ばないだろ

彼は涙を流しながら無理に微笑む

そして

がらん、ごろん、がらん

と、彼は消えていった

#詩

ワオ!と言っているユーザー

#月面着陸詩

スレッド
一歩踏み込んだ瞬間
僕たちにとって夢がひとつ叶った
でもひとつ夢が消えた

届かぬ夢の物語は想像を消しながら
ゴミをひとつふたつ落とし

雑草が広がるように
人間もエリアを広げようとする
生命力の根源は
絶滅を恐れているのだろうか

一歩踏み込んだ瞬間
次の繰り返しを夢みてしまう

#詩

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ