記事検索

手を差し伸べてくれたイザベル

スレッド
右端がイザベル。真ん中は、こち... 右端がイザベル。真ん中は、こちらも本当に親切にしてくれたクラスメートのイシドロ。


渡米直後、元夫と住んだ家は、1階のベランダが水辺につながっていて、カヌーなどで出かけられる美しいヴィラでした。色とりどりの花が咲き乱れる庭園内にはアヒルが歩き回り、ちょっとした楽園のような雰囲気です。日本のビジネスを閉め、先に渡米していた夫だけを頼りにやって来た私は、そこで新生活の一歩を踏み出したのでした。

屋外に出ると、時折、よく日に焼けた、麦わら帽子と汚れたシャツ姿のメキシコ人風の人々が庭園の手入れや工事作業をしている姿を見かけました。白人の夫は、彼らを少し警戒しているようでした。右も左も分からない私にとっても、なんだかとても遠い存在のような気がして、「Hi」と声をかけることができなかったのを覚えています。

結局、そのわずか1年後には、この楽園生活は終わりを告げます。離婚することになったのです。

アメリカでの生活の仕方も分からない、家もなければ収入もない、家族もいない私でしたが、ルームメイト募集の告知を見付けてどうにか住まいを確保。しかし生きるためにはとにかく働かなければなりません。ネックは英語です。仕事探しをするかたわら、連日通ったのは、アメリカ政府が移民のために提供している無料の語学学校でした。

そこで私は思い切り「外国人」でした!なにせ60人以上はぎっしり詰まった教室の生徒はほぼメキシコ人だったのです。

夕方6時から始まるクラスはとても賑やか。昼間、近隣のイチゴ畑などで働いたメキシコ人の男女が、真っ黒に日焼けした顔で眠気と戦いながら、かつ大笑いしながら、元気いっぱいに英語を学んでいます。ページをめくる、土の詰まった真っ黒な爪を見ると、皆、えらいなあ、本当にえらいなあと心から思ったものです――「私もまだまだがんばれるぞ」。

異邦人の私は、皆からとてもかわいがられました。でも賑やかなクラスが終わった後の真っ暗な帰り道はいつも際立って孤独でした。クラスにいる時間が好きでした…終わるとまたひとりぼっちになってしまいます。クラス以外でまで私を誘って遊ぼうという人はいませんでしたし、私も自分から誘う勇気はありませんでした。

しかし数カ月ほど通ったある日、隣に座ったメキシコ人女性が唐突に質問してきました。「Do you like dance?」。「Yes, I do!」と答えただけで終わった会話でしたが、授業が終わった後、彼女は出口で私を待っていました。「Follow me(ついて来て)」。

連れて行かれた先はダンスフロアのあるバーでした!以来、そのメキシコ人女性・イザベルと私は、教室を一緒に出て必ず一緒にどこかに行きました。言葉はあまり伝わらない二人でしたが、ある時はお祭り、ある時はイザベルの親戚のパーティー、そしてある時はイザベルの家でゴロゴロ…。

学校がない日も、貧乏な私が「今日は夕食は我慢するか…」と思っていると、イザベルから電話が来ます。「うちにおいで」。行くと、彼女の食卓にはいつも5~6人のメキシコ人がいました。イザベルの娘や、居候している家の大家さんやその子どもです。「1人増えても3人増えても一緒だよ」。大きな食卓について、メキシコ人の皆と一緒にメキシコの家庭料理を食べていると、ひとりぼっちの寂しさが吹き飛んで、目にじわりと水分がたまってきます。

とはいえイザベルも決してお金があるわけではありませんでした。夫は長らく刑務所に入ったまま。ベビーシッターのバイトをしながら一人娘を必死に育ててきました。週末も彼女は休みません。知り合いの家を何軒も掃除して、わずか40ドルのお金を得るためにそれぞれ4時間ずつ働きます。

ある日、掃除帰りの彼女が私に20ドルを投げてよこしました。「な、なに?」と聞くと、「今日は40ドルだったから」。私の苦境を知っているイザベルが、自分の4時間の対価の半分を私にくれようというのです。自分の生活も大変なのに、休みの日に働いたお金を私に…。

あれから自らの会社をアメリカで立ち上げ、日本時代の生活レベルを奇跡的に取り戻した私は、あの苦しい時代のイザベルの優しさと、アメリカ生活の出発点をいつも忘れてはならないと強く思うのです。

優しさをありがとう、イザベル。今日、Facebookで上の写真が「過去の思い出」として出てきたので、あなたを思い出しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#アメリカ生活 #メキシコ

ワオ!と言っているユーザー

アメリカ:あおり運転と銃社会

スレッド
アメリカ:あおり運転と銃社会
日本では危険なあおり運転の問題が取りざたされていますが、アメリカでももちろんあおり運転はあります。

★あおり運転:road rage 
※直訳すると「路上の憤怒」、あおること+それ以上の過激な行動を指す

★前の車のすぐ後ろに付けて走ること:tailgating

私もアメリカでroad rageに遭遇したことがあります。ある時、大きな道に入ろうとした時、ちょうどその車線にすごい勢いで、かつウィンカーなしで車線変更してきた車と接近してしまい、クラクションを激しく鳴らされた後、追いかけまわされました(私も気を付けます!)。乗っていたのは、イタリアンマフィア風の年配のおじさん。横にぴったりくっつけてきて、さらにクラクションをさらにバンバン鳴らしながら、怒鳴ってきます。「すみません!」と叫んでも、もう憤怒が収まらない、許さない!という形相で、なかなか去ってくれず、手足がガタガタ震えるほど怖かったです。

本来、道路の車線数がとにかく多いアメリカでは、あおり運転が発生しにくい状況ではあると思うんですがね(NYなどの大都会を除く)。大抵その車線以外に選択肢があと2~5本ぐらいありますから、怒るする前にさっさと違う車線に行けば良いのです。しかもアメリカは銃社会です。アブナイ人をあおってしまったら、命を落としかねません。

しかし恐ろしいのは、むしろそういう「銃を携えたアブナイ人」に「あおられて」しまうことです。『The New York Times』※によると、2014~2016年の3年間に発生した「銃器類の絡んだあおり運転事件」数は、少なくとも1,319件。そのうち、354人が負傷し、136人が殺害されたと報告しています。

https://www.nytimes.com/2017/04/25/us/road-rage-guns.html

この『The New York Times』の記事で興味深かったのは、文中に引用されている、ハーバード・インジュアリー・コントロール・リサーチ・センターのデヴィッド・ヘメンウェイ博士が発表した2002年論文の一文です――「車内に銃を載せているアリゾナ州のドライバーは、傲慢で攻撃的になりやすい」。そもそも人は車に乗っている時は心理的に強くなったような感覚を持つそうですが、そこに銃が加わることで、さらに俺様度が加速するのでしょうか。

アメリカでは、アブナイ人に絡まれた時は、文句を言ったり戦ったりせずに逃げるのが一番賢い策です。路上で逃げるのは本当に難しいことですけどね…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
https://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#アメリカのあおり運転 #あおり運転 #アメリカ

ワオ!と言っているユーザー

カジノディーラーさんのお話

スレッド
カジノディーラーさんのお話
さすがラスベガス、ご近所にカジノのディーラーさんが3人も住んでいます。そのうちの一人、台湾人のKさん(女性)が先週、うちにランチに来てくれました。

カジノのディーラーさんと話す機会なんてこれまでの人生で全くなかったので、私は興味津々。あまりにも質問し過ぎて「本でも書きたいのか?」と言われてしまいましたが、快く答えてくれました。

以下、私の質問とその答えです。

-ディーラーになるのは難しいでしょう?
簡単、誰にでもなれるわ(何度聞いてもこの回答、謙遜ですね)。

-ディーラーになって良かったことは?
何もない。退屈。同僚も誰も楽しんでいる人はいないと思う。他にやれることがないからしぶしぶやっているだけ(そ、そんな身も蓋もない…)。

-でもカッコいい男子が来たらやっぱり上がる?
上がらない。誰でも一緒(ちなみ彼女は既婚で、旦那さんもディーラー)。退屈で仕方がない。

-ディーラーさんに話しかけてもいいの?
別に構わないわ。話しかけてきたら私もフレンドリーに話すし、話しかけなくてもいい。

-お客さんと仲良くなることは?
あるわよ。毎日のように来ている人も多いしね、顔見知りになるの。勤務が終わって翌日出勤したら、昨日いた人がまだギャンブルしていることもよくある。だから「まだやってるの?そろそろお金を稼ぎに帰りなさい」って言うの。

-ディーラーの仕事の嫌なところは?
セカンドハンドスモーク。顔に煙を吹きかけてくる人もいて本当に嫌。他のディーラーはナイスだから、顔に吹きかけられても我慢しているけど、私はあからさまに手であおぐの。

あと、叫ぶ人。叫んでいいけど、私の耳元で叫ぶのやめて。鼓膜が破れそうになる。

-確かに大金が当たったら叫ぶよね
そうとも言えないわ。大金を当てた人は静かに集中している場合もある。逆に叫ぶ人は5ドル当たっても叫びまわる。本当、やめてほしいの。

-これまで担当したお客さんの中で最高、いくら当たった人がいる?
100万ドル(約1100万円)、中国人女性だった。でもこの話には続きがあるの。うちのカジノではカードゲームで勝ったら、手数料を5%ホテル側に払わないといけないのね。この時は5000ドル(約55万円)支払う必要があったんだけど、彼女は賞金を準備している間もギャンブルをし続けた。そして100万ドルの準備ができた時には、100万ドルすってしまっていたの。結局彼女の手元に残ったのは、5000ドルの支払いだけだったってわけ(え!!)。

-ディーラーをやっていると、究極の状況を見てしまうことが多そうね
そう。日常ではありえないような悲喜こもごもの場面を見てしまうわ。特にね、とてもロークラスなものを見てしまうのよ。

どの職業も、いろいろあるものです…!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#猪股るー #ラスベガス #カジノ #ディーラー

ワオ!と言っているユーザー

日米離婚比較★どっちがいい?

スレッド
日米離婚比較 日米離婚比較
日米といっても、アメリカは州によって法律が違うので、私が知っているカリフォルニア州と日本の離婚の違いについて少し書いてみましょう。

例えばあなたが妻で、夫が若い女性と不倫した挙句に自分を捨てると言い出したとき、日本では「有責配偶者」である夫をある意味懲らしめることができます。

よくある懲らしめ方のひとつが「離婚しないこと」です。今すぐにでも離婚して若い女性との新生活を始めたい夫に、これは効きます。この状況から離婚するには、夫はまず別居する必要があります。5~8年ほどの別居期間を経て、かつ生活費や養育費を滞りなく払っているという「誠意の歴史」を積み立てれば、裁判所はまあ離婚を認めてくれます。

もう一つの懲らしめ方は、もう離婚はOKして、慰謝料を払わせることです。

一方、カリフォルニア州が採用しているのは、無過失離婚(No Fault Divorce)です。カリフォルニア州では夫が若い女性と浮気しようが、ギャンブルやドラッグにはまって婚姻破綻の原因を作ろうが、理由は問わず、どちらかが「離婚したい」と思えば責任追及なしで離婚できます。つまり、離婚しないことによる懲らしめはもちろん、慰謝料の請求すらできません。

※法律改正や状況によって変わる可能性があるので、詳しくは必ず弁護士に確認してください。

初めてカリフォルニア州の法律を聞いたとき、そしてそれに則って浮気夫との離婚を経験したとき(2008年)、「なんて殺生な」と思いました。

でも今ではカリフォルニア州の法律にすっぱりばっさり終わらせてもらって、時間の無駄にならずに良かったなあと思っています。5~8年かけて懲らしめられるとなったら、自分の人生の大切な5~8年間を投じて…という気持ちになっていたかもしれません。そういう選択を本当に自分がしたのかどうかは分かりませんが、この選択肢が目の前にぶら下げられなくて本当に良かったと思います。

理不尽であれなんであれ、すっぱりばっさりサヨウナラ。大切な人生をアホ男のために一秒も無駄にせず、自分の幸せめがけて一直線に進む、というのが、今思えば一番の‟懲らしめ”なんだと心から思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#猪股るー #アメリカ #離婚

ワオ!と言っているユーザー

体より先に悲鳴を上げるのは、脳である

スレッド
体より先に悲鳴を上げるのは、脳...
著作権などの事情でリンクは載せられないのですが、最近、「フリーダイビング」に関する記事に携わる機会がありました(M.Tさんとのタッグ。おかげで素敵に仕上がりました)。

フリーダイビングとは、タンクなどの呼吸補助器材をつけずに潜るダイビングですが、顔を水に付けることもできない怖がりの私には、一生無理なスポーツです。しかし、納品が終わってからも、何度も思い返してしまうくだりがこの記事の中にありました。

フリーダイビングには8種類の競技があり、その中でも「コンスタント・ウエイト」という競技は、ガイドロープに沿って海底深く潜行していくものです(上写真参照)。現在の世界記録はダニエル・コーヴァルの102メートル。100メートルというのは実際に陸上を走ってみたりすると分かるのですが、かなーり遠いですよね。フリーダイビングの場合は、行ってまた戻って来るまで息を止めなければなりません(私には無理です!)。

しかしこの記事では「体より先に悲鳴を上げるのは、脳である」と説明しています。

というのも、肺に蓄えられているのは「人間の体が必要とする酸素の1/3だけ」。残り2/3の酸素は血管などその他の器官に蓄えられているため、実は体内には十分な酸素があるのに、呼吸ができない恐怖に「脳」が先にギブアップしてしまうのだそうです。

長く息を止めるため、フリーダイバーは潜る直前に「ブリーズアップ」という呼吸法を何度も行います。これはゆっくりと息を吸い、それ以上時間をかけてゆっくりと吐く、ヨガのような呼吸法です。これにより、体内のいたるところに酸素がいきわたり、蓄えられます。

ヨガでは「ゆっくり吸って~、ゆっくり吐いて~」と言われますが、この呼吸法に実際に科学的な根拠があるとは知りませんでした。これを日常的に行い、いつでも全身パンパンに酸素をいきわたらせることができたら、どれほど体に良いでしょうか。

この仕事に携わってから1カ月以上経つのに、「体より先に脳がギブアップする」くだりをちょくちょく思い出します。これは弱い私に届けられた啓示なのでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#猪股るー #フリーダイビング #ブリーズアップ

ワオ!と言っているユーザー

義娘の子育て★体罰再考【アメリカ】

スレッド
義娘の子育て★体罰再考【アメリ...
私の時代の日本は、体罰は当たり前でした。

家庭でも何かしたら、説明なくほっぺたバシーン!頭ゴツーン!

中学校ではソフトボール部に所属していましたが、バント練習でボールが1メートル以上転がったら、先生からげんこつをいただいていました。帰り道、皆で頭を触り合ったら見事に凸凹で、頭の形が変わってしまっていたのを覚えています。

そんな私ですから、物心つかない幼い子には体罰も良し、体で覚えさせるのことも良いんじゃないか?と思っていました。

でも今年春、うちに泊まりに来た義娘家族を見て、その考えは完全に変わりました。

義娘の2歳の息子(私の義孫)は元気いっぱい。私たちが贈った子ども用トンカチやシャベルをいつも握りしめています。ある日、義娘が「出かけますよ、靴を履きなさい。トンカチを渡してちょうだい」と言うと、孫ちんが「やだやだ!トンカチ持っていたいの!!!」と駄々をこねて泣き始めました。

ここでうちの親だったら、「うるさい!」とトンカチをぶん取った上に、なんならげんこつも落としていたでしょう。

でも義娘は違いました。「今は靴を履いて外に行くのよ。靴を履くには両手がいるでしょう?その間、マミーが持っているだけ。その後、また持ってもいいのよ」と、まるで大人に説明するように説明します。それでも孫ちんは、「ヤダヤダー!!!えーん!」。

ここでうちの親だったら、もう一発頭にゴッツーン!もしくは「じゃあ一人で家にいなさい」――バタン!トラウマ級の「ううぇーーーん!」でしょう。

それでも義娘は、しゃがんで孫ちんの顔を見ながら優しい声で説明し続けました。するとついに孫ちんが納得しました。「おっけ…」。義娘は大いに褒めました。「本当に●●君は偉いわ!さあ出かけましょう」(そして約束通り、車の中でトンカチを渡していました)。

興味深く観察していると、義娘の態度は「いつも」穏やかでした。怒ること、声を荒げること、ましてや叩くこともなく、落ち着いた声で丁寧に説明しています。

その後、今度は義姉たちが義娘の家に泊まったのですが、同じことに驚いていました。「▲▲(義娘の名前)って本当忍耐強い。2歳児だけじゃなく1歳の赤ちゃんにも丁寧に説明してたのよ!私たちなら怒鳴ってるわ!」(もちろん、義姉たちも体罰はしません)。

そしてふと思ったのです。この子たちは「怒る」「キレる」「叩く」という行動パターンに触れずに、それを知らずに育つんだな、と。私なんかだと「うるさい!」&ゴツーン!説明なし!というキレ教育で育てられたので、三つ子の魂百まで…そういう対応が骨身に染みついています。だから今も言葉で丁寧に説明するなんて、そう簡単にはできません。中高年なのにぷっとむくれたりして、本当、かわいくないどころか情けないです。

駄々をこねる子どもと向き合って穏やかに説明…というのはなかなかできないことだと思います。怒って叩いた方が早いんですから…でも、三つ子の魂百までだからこそ、幼児の頃に体罰ではなく穏やかに接することの方が大切なのかもしれません。私もそんな風に育てられたら、きっと過去の恋人たちにもキレたりむくれたりせずに、穏やかな言葉で話して解決できたんじゃないかな…なんて思います。自分が親だったら、きっと難しいことでしょう。でも、子どもの将来を考えたら、その方向に死に物狂いで努力したいと思うのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ロサンゼルスの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#アメリカの子育て #体罰

ワオ!と言っているユーザー

カジノの甘い罠

スレッド
カジノの甘い罠
ご存知、ラスベガスはカジノの街で、世界中から観光客が集まります。そんな中、ホテルのマーケティン部の方に取材すると、「観光客の方も大事です。でも地元の方々の集客にも力を入れています」という声が聞かれました。「観光客の方は多くて数年に1回いらっしゃるだけです。でも地元の方々は毎週でも来てくださいますからね」。

なるほど。どうりでラスベガス在住の義家族が皆カジノにはまっているわけです。何しろその戦略はとにかく大盤振る舞い。カジノを利用すればするほど、さまざまな特典が与えられます。例えは、2週間おきにもらえて2週間ごとに期限が切れる併設レストランでの食事券。素敵なレストランで、完全無料で食事ができます。ただしすぐに期限が切れるので「タダ飯に…」という気分で訪れたら、ちょっとやっていこうか、となるのです。

さらには豪華な贈り物の数々。鍋、ワイン、バッグ、コンサートチケット、豪華な部屋の宿泊券までじゃんじゃんもらえますが、期限付き、かつ受け取り場所はカジノです。年がら年中、贈り物をされるので、とにかくカジノに通うことになります。こうしてカジノにはまっていきます。

さて、義家族の戦績ですが、義姉の一人が先月なんと100万円ものジャックポット!でもその後、「もう冬の誕生日までは行かないわ…」とうつむいていたのを見るに、多分、損失の方が大きいのではと思います。その他の義家族も時折、「もう行かない…」と悲し気に呟いています。

私はカジノのあの豪華な建物を見るだけで、とても太刀打ちできないと思っちゃいます。見るからに儲かっている風なんですもの。

特に、昨今はマシンに自分のメンバーカードを入れてプレイするんですよ。しばらく勝たせてやろう、ここで負かせよう、など、この豪華施設の思いのままに操られているとしか思えません(カードゲームで数を読んで勝つ超天才さんのケースは別として)。

いつかお金持ちになったら、カジノで散財してみようと思います。でもまだ、無理ですね~。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#猪股るー #ラスベガス

ワオ!と言っているユーザー

マイボール作りました【アメリカのボウリング事情】

スレッド
大好きな義姉さんたちとボウリン... 大好きな義姉さんたちとボウリング
6月初めから連日深夜11時まで残業、土曜日も仕事…という過酷な生活をしてきましたが、やっとひと段落つきました!

さて、その唯一の休みである日曜を使って、マイボールを作りました。はい、ボウリングです!

これを言うと、へえ、ボウリングが趣味だったの?と言われるのですが、そうでもなく。マイボールの入ったゴロゴロバッグを引きながら、気取ってスチュワーデス風にボウリング場に現れてみますが、実は私のスコアは80点ぐらいです。へへ。

ここでアメリカのボウリング事情について、大した内容ではないですが、書いてみます。

1)アメリカのボウリング場では、ピザとビールを楽しむ人が多い
投げる合間にピザを食べるんですからね、ボールの穴がべたべたしていることが多々ありますっ(涙)。

2)手にぴったり合うボールを探すのが一苦労
さすが多人種の国。日本だったら皆同じような体型と手の大きさなので、ボールのバラエティーはそこまで必要ないですが、アメリカのボールは穴がバラバラです。自分の手にぴったり合うボールなんて、見つかったためしがありません。

3)マイボールを持っている人が多い
上記の理由から、上手じゃなくてもマイボールを持参する人が多いです。

4)マイボールが手軽に作れる
大き目のボウリング場だったら大抵プロショップが併設されています。そこでささっと、安いのなら85ドル(8500円)で作れちゃいます。

5)マイボールの穴は大抵きつめに作られる
今回、一族郎党でマイボールを作って分かったのは、最初に削ってくれる穴は必ずきつめということです。そりゃそうですよね、最初にどっかんと削ったら後で調節できません。よって全員、再びプロショップを訪れて、さらに削ってもらうことになりました(無料)。

6)スコアの付け方知らないと言った義姉さん
席に座った瞬間、「私、付け方知らないから誰か付けて」。え?何のこと?あああああ!思い出しました!昔は手書きでした!今はコンピューターが自動で計算してくれます(義姉さん、かわいい)。

7)ボールは親指の「腹」で持つ
せっかく85ドル投資したので、プロショップの方にボウリングのコツを聞くと、ボールを親指の「先」で持ってはいけないと言われました。そうではなく穴の入り口あたりを、親指の腹で支えて、爪先はむしろ浮いてないといけないとのこと。これはやったことがありません。意外ですが、素直なニホンジンはそれに従って、癖をつけようとしていますが、今の所、スコアは逆に下がっています…(え?70代?)。

あまり興味のなかったボウリングですが、ボールと靴があったら1ゲームの使用量がわずか2ドル50セントなので、つい通っています。

いつかスコアが上がったら、こちらでご報告しますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#アメリカ #ボウリング

ワオ!と言っているユーザー

太宰治との山崎富栄の遺書

スレッド
太宰治との山崎富栄の遺書
この夜、青空文庫の項目で目にとまったのは、『雨の玉川心中』というタイトルでした。著者名に「太宰治 山崎富栄」という2人の連名。分野は「遺書」です。開いてみるとまぎれもなく短い遺書でした。

『雨の玉川心中』
https://www.aozora.gr.jp/cards/000035/card58054.html

「このあいだ、拝借しました着物、まだ水洗いもしてございませんの。おゆるし下さいまし」(遺書の中に富栄が記した言葉)

山崎富栄は、太宰治とともに玉川上水に入水自殺をした太宰の愛人です(知り合った当時、2人とも既婚。ただし富栄の夫は結婚後すぐに出征し、そのまま戻らなかった)。一説に太宰は独占欲が強くなった富栄に無理やり心中させられた、というものもあります。そして青空文庫には富栄が太宰と出会ってから記した日記『太宰治との愛と死のノート』(以下)もあり、富栄の心境を垣間見ることができます。

『太宰治との愛と死のノート』https://www.aozora.gr.jp/cards/001777/files/56258_61595.html


【露店のうどん屋で太宰に初めて出会った日の日記】
「あのときから続けて勉強し、努力していたら、先生のお話からも、どれほど大切な事柄が学ばれていたかと思うと、悲しい。こうしてお話を伺っていても漠然としか理解できないことは、情けない」

【ある日の日記に記された、罪作りな太宰の言葉、そして返答】
”死ぬ気で! 死ぬ気で恋愛してみないか”
 “死ぬ気で、恋愛? 本当は、こうしているのもいけないの……”
 “有るんだろう? 旦那さん、別れちまえよォ、君は、僕を好きだよ”
 “うん、好き。でも、私が先生の奥さんの立場だったら、悩む。でももし、恋愛するなら、死ぬ気でしたい……”

【死の約7カ月前の日記】
「私の大好きな、よわい、やさしい、さびしい神様。世の中にある生命を、わたしに教えて下さったのは、あなたです。今度もわたしに教えて下さい」

ちなみに2人をよく知る小説家坂口安吾が1948年に発表した随筆『太宰治情死考』には、富栄について以下のように記されています。

『太宰治情死考』 https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/43137_30135.html

「(富栄は)利巧な人ではない。編輯(へんしゅう)者が、みんな呆れかえっていたような頭の悪い女であった。もっとも、頭だけで仕事をしている文士には、頭の悪い女の方が、時には息ぬきになるものである」

「太宰の死は情死であるか。腰をヒモで結びあい、サッちゃんの手が太宰のクビに死後もかたく巻きついていたというから、半七も銭形平次も、これは情死と判定するにきまっている。然し、こんな筋の通らない情死はない。太宰はスタコラサッちゃんに惚れているようには見えなかったし、惚れているよりも、軽蔑しているようにすら、見えた」 ※「スタコラサッちゃん」とは、太宰が富栄に付けたニックネームのひとつ

「当面のスタコラサッちゃんについて、一度も作品を書いていない。作家に作品を書かせないような女は、つまらない女にきまっている。とるにも足らぬ女であったのだろう」

「(富栄の遺書には)尊敬する先生のお伴して死ぬのは光栄である、幸福である、というようなことが書いてある。太宰がメチャメチャに酔って、ふとその気になって、酔わない女が、それを決定的にしたものだろう」

「太宰のような男であったら、本当に女に惚れゝば、死なずに、生きるであろう。元々、本当に女に惚れるなどゝいうことは、芸道の人には、できないものである。芸道とは、そういう鬼だけの棲むところだ。だから、太宰が女と一しょに死んだなら、女に惚れていなかったと思えば、マチガイない」

心中後の玉川上水の土手には、入水を拒みしがみついた手のあとがくっくりと付いていたという証言もあれば、富栄の顔には苦しんだ後があり、太宰の顔は安らかだったことから太宰の方は入水時には既に仮死状態だった(無理心中?)というものあります。

坂口安吾による富栄についての解説は取り付く島もないですが、女性が彼女の日記を見たら、また別の印象を持つ人も多いのではないでしょうか。

「私と一緒なら、お酒も、煙草もやめて、もっと、もっといいものを書くんだがなあ、と仰言った修治さん。誰も僕達がこれほど好き合っているなんて、知らねえだろうなあ、と仰言った修治さん。十年前に逢いたかったなあ、と仰言った修治さん。先輩の方がみえても、別れるのは、やだよ、と仰言ってくださった修治さん。」

妻子がありながら、「死ぬ気で! 死ぬ気で恋愛してみないか」と富栄に言った太宰。そして妻子と富栄がありながら、『斜陽』のモデルとなった太田静子と子どもをもうけた太宰。ありったけの貯金を使い果たし、太宰に尽くし、太宰のみの世界に生きる富栄に太宰が言った言葉は、

「ごめんね、あのね、苦しいんだよ……。恋している女があるんだ。(中略 ※これは太田静子のこと)ファン・レターから、お見合いが始まり、この間手紙がきて、結婚を強いられている由」

「だから言ったじゃないか、お前がいつも、そばから離れずに、付いていてくれなきゃ駄目だって……。僕はどうしてこう女に好かれるのかなあ!丁度いいらしいんだね、僕は。余り固くもないし、場もちは上手だし――」

本妻、そして新しく現れた女、太田静子が富栄の心を不安定にし、「太宰の最後の女」へと急進させたのは想像に難くありません。でも太宰はきっと誰のことも愛していなかったのでしょう、自分自身をのぞいては。そして、一人で死ぬのはこわかった。天才の命、人の夫を奪ったと世間に責められる富栄ですが、彼女のひたむきな恋慕が太宰によって利用された側面も、見落としてはならないと思うのです。



“青空文庫『ある遊郭での出来事』”もぜひお読みください。
https://jp.bloguru.com/RuCommunications/343364/2019-02-22

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アメリカの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#太宰治 #人間失格 #猪股るー

ワオ!と言っているユーザー

青空文庫『ある遊郭での出来事』 

スレッド
青空文庫『ある遊郭での出来事』...
外国暮らしで思うように日本の書籍が手に入らない昨今、ネットで公開されている青空文庫を利用してみることにしました。著作権が消滅した古い作品がほとんどなので、母国語でありながらすらすら読むという感じにはいかないのですが、日本語の変化を見ることもできて、非常に興味深いです。

今週読んだのは、小説家、若杉鳥子(わかすぎとりこ)の短い随筆『ある遊郭での出来事』です。1925(大正14)8月の『婦人公論』に掲載された作品というのですから年季が入っています。ほぼ100年近く前に書かれたんですね。

『ある遊郭での出来事』
https://www.aozora.gr.jp/cards/000331/card2661.html

ある人が「読書は過去に存在した天才との触れ合い」と言っていましたが、実際約100年前に書かれたものが、今、時を超えて私の目の前にあるということは、とても不思議な縁に感じます。

若杉鳥子という小説家は、茨城県で芸妓置屋を営む家の養女として育ちました。ここに書かれていることは、遊郭の全体像ではなくとも現実の断片であると言えるでしょう。

『ある遊郭での出来事』には遊郭で起こった情死や心中事件がいくつか書かれていますが、「情死者の葬式」の項は鮮明に私の心に残りました。作者は墓地での「普通の死を囲繞(いじょう)するものとは全然異なっている」場面について記しています。

★ここから下は原文抜き出しなので、これから全体を読まれたい方はご注意ください★














以下、原文抜き出し――――――――――――――――

 何等の形式の片影も被かぶせられてない血みどろの若い女の屍体が、厳然と置かれてあるではないか……。無宗教の葬式のように、お経を読むでもなく香を焚くでもなく華を手向けるでもない、悼詞で死者の生涯を讃めたたえるような友人も彼女に勿論あろう筈がないのだった。文字どおりただ埋めるだけなのである。墓場に和尚は顔を出しても、法衣一つ身に纏わず、自分も迷惑そうな苦笑さえ浮かべて、『××楼さん――どうもはやお気の毒な事で、とんだ御損害で……』 楼主に対して挨拶をする。坊さんばかりでなく、此処へ集まって来ている誰も彼もが、不思議と彼女を憐れもうとする者は一人もなく、『御災難で、御損害で、御気の毒で』と楼主に対して繰り返してる。
――――――――――――――――――

「そしてまた彼女達は、何と容易に死を選ぶことだろう、刃物で、劇薬で、鉄道線路で……」

遊郭に売られた女性たちの悲惨な境遇と絶望が、場面描写からにじみ出ています。百年前の命…今の命も重さは同じであるはずなのに…。2分ほどで読み終わる短い随筆なので、ご興味がおありの方はぜひ読んでみてください。『ある遊郭での出来事』

《気になった表現》

センジュアル:大正時代の作品には、外来語のカタカナが今よりむしろ頻繁に用いられていたりします。近年復活の兆しがあるこの「センジュアル(センシュアル)」は、1892年の北村透谷作品や同年代の寺田寅彦作品にも使われており、意味は「官能的」「肉感的」。

『ある遊郭~』内では、この他「死面」に「デスマスク」、「衝動」に「ショック」というルビがわざわざふられていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ロサンゼルスの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#ある遊郭での出来事 #若杉鳥子 #青空文庫

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ