記事検索

翻訳・広告代理店Ru Communications LLC便り

https://jp.bloguru.com/RuCommunications

愛犬の死:サイキックに頼る

スレッド
愛犬の死:サイキックに頼る


アメリカに来て間もない、15年ほど前の話です。友人、そして最初の愛犬・アルジンと一緒にカフェにいたら、友人の知り合いという人が店に入って来ました。友人いわく「彼女は有名なサイキックなのよ」。続けて「動物の心も読めるの」。

当時私は元夫と離婚過程にあり、“2人の愛犬”だったアルジンを悲しませているのではないかと心配していました。それでアルジンの気持ちをそのサイキックさんに聞いてみました。

サイキックさんは静かに目をつぶって、テーブルの足元を嗅ぎまわっているアルジンの心を読み始めます。1分ほど待つと、彼女はゆっくり目を開けました。答えを聞くのはちょっと不安でもあります。「ごめんね、アルジン…心配ばかりかけて」。しかしその答えは――「アルジンはお腹減った、何か食べたいって考えています。それ以外は何も考えていません」――コケっ!

一瞬「なんじゃい笑」と思いましたが、よくよく考えてみると、犬というものは確かにそんなに小難しいことを考えていないのではないかと思えてきました。人間よりももっとシンプルに「お腹空いた」「遊んくれて楽しいな」「一緒にいたい」などの考えの中で生きているのではないかと。もっと神秘的な、“らしい答え”を言おうと思ったら言えたのに、このサイキックさんはそういった事は言わずに、本当の事を答えてくれたような気がします。

去年、愛犬を亡くした友人はサイキックを通じて数カ月に一度は愛犬と話しています。愛犬が話す内容はとてもハイレベルで、「あの時、私が足を怪我したのはあなたに成長の機会を与えたかったからなの」「私は若い自分が好き。年を取りたくなかったから早く死ぬことにしたの」など。料金もかかりかかるようですが、友人はサイキックのサポートなしには、正気を保てていなかったでしょう。

私もバク君と死ぬほど話したい!でも多分、バク君はそういう高尚なことは言えないと思います。あの子はポケッとしてて、それでいてお互いの顔を見たらお互いに心にぴかっと光が灯って…とそういう本能的な感じのつながりでした。

私は私の中に、バク君の声を探すしかありません。



#ペットロス

ワオ!と言っているユーザー

せめてものカスタム人形:愛犬の死

スレッド
せめてものカスタム人形:愛犬の...

「バクを悲しませないように、元気いっぱいに過ごそう」――だなんてまだ、意外なほど思えない私ですが、こういう時は仕事に助けられます。なにせ仕事中だけは、現実を忘れられますから…。

こうして少しずつ意識をそらしているうちに…とここまで書いて、「忘れていくのかな…」―――まるで悲しみが止まることが愛犬を忘れてしまうことにも思えて、心の向き場が分からなくなります。

考えすぎるのはやめましょう!

今はただ、台風とトルネードとハリケーンが一緒に来たような大嵐が過ぎるのを、暗い岩場の中でただ一人、待つだけです。

さて、そんな中、Etsyでオーダーしていたカスタム人形が届きました。作家さんがバク君に似せて作ってくれたのですが、第一印象は「別犬キタ!」。

でも毎日見ていると、ポケッとした表情など、バク君の特徴をよく捉えたなあと感心するようになりました。ボロボロな感じもいいです。

ちなみにちょっと細身過ぎたので(上の写真はまだ細い)、ハム体型だったバクに合わせて、可哀そうでしたが上から押しつぶして(><)少し小太りにしました。

今は、オバ(ー)チャンのくせに恥ずかしながら、この人形に話しかけるのが癒やしです。








#ペットロス #愛犬を亡くす

ワオ!と言っているユーザー

浮上できず…愛犬の死

スレッド
浮上できず…愛犬の死
亡くなったペットや…そして亡くなった父も…どこに行ってしまったのでしょうね。

バク君(2月に亡くなった愛犬)が寂しそうな顔をすれば飛んで行き、外出先でもそわそわしながら過ごした14年間。今度は私がこんなに寂しそうな顔をしているのに、あの子は飛んで来てくれません。

なぜ。

同じようにペットや家族を亡くした友人は霊媒師を頼り、また他の友人は宗教の教えに答えを導き出し、心の回復をはかろうとしています。

私はただ自分の中に答えを見つけようとしていますが、明白な答えを話してくれる誰かがいない分、どうしても時間がかかりそうです。

皆さんはどうやって心を癒やしていますか?


#ペットロス #愛犬を亡くす

ワオ!と言っているユーザー

2つの死:「命の時間」を決める悲しみ

スレッド
2つの死:「命の時間」を決める...


バク君が亡くなって2週間後、夫のいとこ(60代の女性)が危篤状態だと連絡がありました。サンディエゴにかけつけると、自宅のリビングルームにベッドが置かれ、そこに「もって1~2週間」と言われたいとこが横たわっていました。

いとこはもともとあった病気に加え、肺炎を発症したことで呼吸困難となり、人工呼吸器と点滴でかろうじて命をつないでいる状態でした。既に意識不明ながら、寝ている胸は呼吸の度に大きく上がり、手は空をもがき、看護師さんは「溺れて呼吸ができないような、苦しい状態」だと説明します。

世話をしているのはまだ30代前半の娘さん2人でした。目に涙をためながら「お母さん、ゆっくり呼吸をして」と体をさすり続けています。

医師は「いつまで呼吸器をつけておくか。それはご家族の判断で」と言い残して部屋を去りました。呼吸器をつけている限り、1~2週間は生きられる、でもそれは苦しみの時間…。

モルヒネで呼吸困難を抑えながら1秒でも長く、生きている母と過ごしたい姉と、「すぐにでも苦しみから解放してあげたい」と願う妹と、話し合いは平行線のまま1週間が過ぎました。

2人には決して言えないけれど…その葛藤は、つい2週間ほど前に私が1人でしたそれと重なりました。ひどい発作を起こしたバク君を救急病院に連れて行った夜、たとえ後遺症が残ったとしても、生きているバク君とまだまだずっと一緒に…そう願ったけれど、医師からこれ以上の苦しみを与えることは…と言われ。

「これからも発作は起き続けるはずです。そしてそれを止める薬はありません。その苦しみを味わわせるのは医師として…お勧めできません」。

強い薬を2回打っても何時間も発作が止まらず痙攣しているバクが目の前に運ばれてきた時に、その姿があまりにもかわいそうで………こんな苦しみがこれからも続くなら……決めました。

泣かず、笑顔で、頭をなでながら、小さな顔にキスしながら。腕に注射が打たれ、バク君は最後に大きく目を開けて、そのまま閉じることなく亡くなりました。

――犬の話です。母親を亡くそうとしている娘さん2人の前では決して言えない話です。でも大切な家族の「命の時間」を決めよと言われる苦しみは……痛いほど分かります。

サンディエゴを去って4日目の今日――いとこが亡くなったと連絡がありました。結局人工呼吸器を外したのは昨日とのこと。その選択に正解も不正解もありませんよね。



3月 21日「2つの死:天国へ行ってしまったバク君」https://jp.bloguru.com/RuCommunications/434889/2022-03-21
#ペットロス #ホスピス #家族を看取る #愛犬を亡くす

ワオ!と言っているユーザー

2つの死:天国へ行ってしまったバク君

スレッド
2つの死:天国へ行ってしまった...
今年2月まで1年以上にわたり連日残業だった私ですが、まさにその仕事が途切れるのを待つように、2月末日、小さな命が旅立ちました。

私の命ともいえる存在だった老犬、バク君。子どものいない私に、偽物母親の時間を与えてくれたバク君。

さて、雛が死んで空っぽになってしまった巣を眺めて親鳥は何を思いましょう。もともと巣の中には何もなかったのかもしれません。いやそんなことを考えたらバク君の犬生まで否定することになりますね。

元気を出さなきゃと思っても、家はがらんとして静かで、「もういないんだ!」という言葉が頭痛のように頭に響きます。

そういえば昔英語の授業で、クローンをテーマにした会話練習をしたことがありました。「亡くなったペットをクローンで再生させることの是非」。あの時は「クローンは解決法ではない。決して同じ犬だとは言えないから」と意気揚々と言った人間が、今はクローンででも会いたい!と泣きながら訴えます。

少しずつ、少しずつ受け止めていくしかありません。そんな時、もう一つの死がありました。



3/22「2つの死:命の時間を決める悲しみ」https://jp.bloguru.com/RuCommunications/434952/2022-03-22

11/29「怒れる老犬バク君と私」https://jp.bloguru.com/RuCommunications/423475
#ペットロス #犬の死

ワオ!と言っているユーザー

怒れる老犬バク君と私

スレッド
怒れる老犬バク君と私
寝ている時は天使なんですが
全く、ダメ飼い主の私でしたが…

10/6「狂暴化した老犬と暮らす」https://jp.bloguru.com/RuCommunications/417656/2021-10-06
10/19「老犬の世話で自己嫌悪」https://jp.bloguru.com/RuCommunications


上の「自己嫌悪」事件の後、深く深く反省し、バク君に噛まれそうになっても「元気だな~!ずっとその勢いで頼むよ!」と笑い飛ばしています。

ところが(←またかい?)先週は私自身のメンタルが落ちていまして…。精神消耗して、正直、惨めなほど悲しい気持ちで帰って来たある夜、バク君が床にしたおしっこを這いつくばって拭いていると、私のお尻がヨロヨロ立っていたバク君に当たったようで、また「ワンワン!グルルル!」。

ネバ―エンディングに怒り声を上げられて、その時は「私も一生懸命やっているんだよ」と思わず嘆き声になってしまいました。

ベッドに連れて行っても「ワンワン!!」。私もものすごーく怒り返したい気分になったのですが(なぜかそれが正当に思えてならなかった><)、とりあえず今日はこの場から離れ、「明日の朝まだ怒っていたら怒ろう」と決めました。

翌朝、「あれ?昨日の怒りは何だったんだろう」と思うほど、気分は晴れやか。昨日、バク君にとんでもない言葉を投げつける前に、自分をベッドに押し込んで本当に良かった!

今度からネガティブな気持ちが湧いた時は、とりあえずその場を離れる、または寝ることにしましょう。


――――――――――――――――――
猪股るー:広告&翻訳代理店「Ru Communications有限会社」代表。広告代理店のコピーライターを経て、『るるぶ』『三都物語』などの編集者、女性向け情報誌『アヴァンティ』副編集長に。著書に日本植民地時代を生きた台湾のお年寄りを取材した『愛する日本の孫たちへ』(桜の花出版)、韓国で発売された日本語教材『チョロムンイルボノロマルハジャ(今時の日本語で話そう)』(サラミン出版)などがある。現在はアメリカ在住。

************************************
「RuコミュニケーションズLLC」
https://www.rucommunications.com/

私とリチャードさんの対談もぜひお読みください。
https://www.rucommunications.com/interview
************************************
#狂暴化した老犬 #老犬

ワオ!と言っているユーザー

老犬の世話で自己嫌悪

スレッド
老犬の世話で自己嫌悪
目やにを取るのも一苦労。でも楽しくやります!



先日、思い切り手首を噛まれた後、つい首を後ろから掴んで、噛みつこうとする度に床にねじ伏せてしまったのです。

「覚えさせなきゃ」「人を噛んだらダメだと」――その瞬間はそう思ってしまいました…。

「老犬は目や耳が機能しなくなると、噛んだり吠えたりすることで身を守る」「怒ってはいけない」と獣医師さんのウェブサイトで学んだのに…。

「クーン…」――手の下でバク君の泣き声が聞こえました。

翌日、自分のしたことがずっと気になって、今度は人間の認知症について調べてみました。バク君は認知症も発症していると思います(庭で迷って戻って来られなかったりという症状あり。目が見えないからかも?)。

というのも、友人のお母さんが認知症になった時、彼が言っていた言葉を思い出したからです。「時々とてもひどい言葉を言うんだよ、ひどい時は殴りかかってくるんだ、優しかった母がね、別人のように」。

調べてみるとたくさんありました。認知症になった家族が暴力的になったという相談が。それに回答している医師いわく「認知症患者は感情のコントロールが難しくなり、ちょっとしたことが引き金で感情が暴走してしまいます」。

例えばご家族が、前回の失敗から「大丈夫?」と心配顔で何度も聞いたりすることで、相手の感情を感じ取って不安や怒りが爆発する…といった具合です。

それで叱られると、どうしようもない気持ちになって追い詰められてしまうのだそうです。

大切なのは、不安や怒りの表情や態度を私自身が出さないこと。そして何があっても、「大丈夫だよ」という気持ちで対処してあげること。叱るなんてとんでもない…。

まだまだ修行が足りません…でももう絶対に絶対に叱ったり首をつかんだりしません。



10/6「狂暴化した老犬と暮らす」https://jp.bloguru.com/RuCommunications/417656/2021-10-06



――――――――――――――――――
猪股るー:広告&翻訳代理店「Ru Communications有限会社」代表。広告代理店のコピーライターを経て、『るるぶ』『三都物語』などの編集者、女性向け情報誌『アヴァンティ』副編集長に。著書に日本植民地時代を生きた台湾のお年寄りを取材した『愛する日本の孫たちへ』(桜の花出版)、韓国で発売された日本語教材『チョロムンイルボノロマルハジャ(今時の日本語で話そう)』(サラミン出版)などがある。現在はアメリカ在住。

************************************
「RuコミュニケーションズLLC」
https://www.rucommunications.com/

私とリチャードさんの対談もぜひお読みください。
https://www.rucommunications.com/interview
************************************
#老犬が噛む #老犬が狂暴化 #老犬介護

ワオ!と言っているユーザー

豆腐製造機で豆乳

スレッド
↑豆を機械に入れるだけで完成し... ↑豆を機械に入れるだけで完成しました^^ 豆腐製造機で豆乳



義母が小さな豆腐製造機を買ってくれました。

現在80代半ばの義母は今も化粧をするとハッとするほど美しく、若い頃の写真を見ると、まるでモデルのようです。そんな彼女はたった一人でアメリカに渡って来た移民1世。アメリカで子供5人を育て上げ、さらにたくさんの親戚の移民スポンサーとなりました。今、アメリカで、彼女1人を起点とした一族が数百人規模になっています。

とても強く聡明な義母は、常に困っている人を助け(ホームレスを家に住まわせたり、自分の家賃のお金を全て困っている人にあげてしまったり…)、偉ぶることもなく、いつも私の味方になってくれます。

先週、家を訪ねると「This is for you, Ru!」。指差す先にあったのは写真の新品の機械でした。豆腐と言えば日本、あの子が好きに違いないと思ってくれたのでしょう。

とはいえ豆腐作りは敷居が高いので、まずは説明書の一番最初にある基礎的な豆乳を作ってみました――それが簡単過ぎてびっくり。水に浸しておいた大豆と水を機械の中に入れて15分待つだけで、もうホカホカの豆乳が出来上がりました。

味の感想は「豆豆しい」。アメリカのスーパーで売られている豆乳は「無糖」でも変に甘いのに(多分何か入っている)、この自家製豆乳の味はただひたすら「豆!」――おいしい♡

義母に出来上がった写真を送ると「豆腐も簡単だからやってみなさい」。でもちょっと勇気がいりますね。まずは豆乳ばかり作ってみることにします。









――――――――――――――――――
猪股るー:広告&翻訳代理店「Ru Communications有限会社」代表。広告代理店のコピーライターを経て、『るるぶ』『三都物語』などの編集者、女性向け情報誌『アヴァンティ』副編集長に。著書に日本植民地時代を生きた台湾のお年寄りを取材した『愛する日本の孫たちへ』(桜の花出版)、韓国で発売された日本語教材『チョロムンイルボノロマルハジャ(今時の日本語で話そう)』(サラミン出版)などがある。現在はアメリカ在住。

************************************
「RuコミュニケーションズLLC」
https://www.rucommunications.com/

私とリチャードさんの対談もぜひお読みください。
https://www.rucommunications.com/interview
************************************
#アメリカ暮らし #手作り豆乳

ワオ!と言っているユーザー

ラスベガスの天災:水不足か洪水か

スレッド
ラスベガスの洪水被害: htt... ラスベガスの洪水被害: https://www.facebook.com/photo?fbid=4006551869387505&set=pcb.4006555676053791

この砂漠の街で天災と言えば、日照りです。そのため有史以来、常に水不足対策が課題となっています。

ではもう一つの恐れるべき天災は? 実は洪水です。よってラスベガスではかつて、「渇きで死ぬか、溺れて死ぬか」と言われていました。

「砂漠で溺死」とは意外ですが、石のように固い土壌の上に激しい雨が降れば、水はほぼ沁み込むことなく地表に溜まっていきます。実際この乾いた砂漠では、1960年以降、35人もの方が洪水で亡くなっています。

3年前に引っ越してきた頃、町営放送のスピーカーから聞こえてきたのは、洪水になったらどのように避難すべきかという注意喚起でした。その時は「洪水?私の聞き間違いかな」と思ったのですが、家の周囲を歩くにつれ、この街の並々ならぬ対策が見えてきました。

まず家の裏にあるのは、巨大なダム――緊急貯水用で、水は一滴も入っていません。このダムの手前にはこれまた広大な運河(荒川ぐらいの幅)も造られています。そしてこちらも一滴も水は入っていません。

あまりの巨大・広大さに「ここに水が溜まる日なんて来るのかな?」と思うほどですが、実際に起こり得るから造られているのでしょう。



●このサイトからはラスベガス中に張り巡らされた、“水のない貯水池、運河”を見ることができます。
https://gustfront.ccrfcd.org/vsjs/vs.html
※地図上の青線が工事の完了した水路です

●ラスベガスにお住まいでしたら、このサイトから自宅が洪水の高リスクエリアか確認することができます。
https://www.regionalflood.org/programs-services/flood-zone


――――――――――――――――――
猪股るー:広告&翻訳代理店「Ru Communications有限会社」代表。広告代理店のコピーライターを経て、『るるぶ』『三都物語』などの編集者、女性向け情報誌『アヴァンティ』副編集長に。著書に日本植民地時代を生きた台湾のお年寄りを取材した『愛する日本の孫たちへ』(桜の花出版)、韓国で発売された日本語教材『チョロムンイルボノロマルハジャ(今時の日本語で話そう)』(サラミン出版)などがある。現在はアメリカ在住。

************************************
「RuコミュニケーションズLLC」
https://www.rucommunications.com/

私とリチャードさんの対談もぜひお読みください。
https://www.rucommunications.com/interview
************************************
 
#ラスベガス #ラスベガスの洪水

ワオ!と言っているユーザー

狂暴化した老犬と暮らす

スレッド
狂暴化した老犬と暮らす
我が家の毎朝のルーティン。噛みつかれながら(避けられる日と避けられない日あり)、20~30分かけて滑り止め靴下を履かせます。




台所のプラスチックボウルが床に落ちただけで、怖くて膝に飛び乗って来た弱虫バク君…甘えん坊バク君…。

それが視力と聴力を失い始めた今年前半から、別犬のように狂暴になってきています(推定15~18歳)。

病院の検査では異常なしだったので、どこか痛いわけではなさそう。でも特に体に触ると、異常に怒って噛み付いてきます。

大切な家族が別人格(犬格)になるのを見るのは、辛いものですね、、、。

そんな中、獣医師さんの記事をいくつか読んで分かったのは、それが「犬の習性」なのだということ。動物の世界では弱さを見せたらやられてしまう。だから目や耳が聞こえなくなってきた犬は、吠えたり噛み付いたりすることで自分を守ろうとするのだと。

なるほど。あの子は悪魔になったのではないんですね。人間の物差しで見ていたらから悲しかった私。「動物だから当たり前なんだ」。

今はだから、噛まれても、私の心は張り裂けませんよ。

ただ、いてくれるだけでいいのです。




↑と言ったはしから…涙
10/18「老犬の世話で自己嫌悪」https://jp.bloguru.com/RuCommunications


――――――――――――――――――
猪股るー:広告&翻訳代理店「Ru Communications有限会社」代表。広告代理店のコピーライターを経て、『るるぶ』『三都物語』などの編集者、女性向け情報誌『アヴァンティ』副編集長に。著書に日本植民地時代を生きた台湾のお年寄りを取材した『愛する日本の孫たちへ』(桜の花出版)、韓国で発売された日本語教材『チョロムンイルボノロマルハジャ(今時の日本語で話そう)』(サラミン出版)などがある。現在はアメリカ在住。

************************************
「RuコミュニケーションズLLC」
https://www.rucommunications.com/

私とリチャードさんの対談もぜひお読みください。
https://www.rucommunications.com/interview
************************************
 
#老犬 #老犬が噛み付く #老犬が狂暴化

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ