記事検索

カキランの花

スレッド
カキランの花 カキランの花 カキランの花 カキランの花 カキランの花
湿地に生える高さ30〜70cmの多年草。
葉は互生し長さ7〜12cm、幅2〜4cmの狭卵形で、脈上に著しい縦じわがあり、
基部は短い鞘状になって茎を抱く。
花は茎の上部に10個ほどつく。
萼片は長さ1.2〜1.5cmの長卵形で先は尖り、緑褐色を帯びる。
唇弁は内側に紅紫色の斑紋があり、関節によって2つに分かれる。
唇弁の側裂片は耳上に張り出す。北海道〜九州に分布。花期は6〜8月。
2鉢の花から撮影しました。
花が小さくて苦労して撮影しました。
#カキラン #ブログ #花 #趣味

ワオ!と言っているユーザー

ウチョウランの花

スレッド
ウチョウランの花 ウチョウランの花 ウチョウランの花 ウチョウランの花 ウチョウランの花
鉢植えで管理しているウチョウランの綺麗な花が咲きましたので紹介します
ウチョウランは、日本各地の山地の崖や岩の多い急斜面に広く見られた、
球根性の多年草です茎はまっすぐ、あるいは斜めに立ち上がり
2~5枚の細い葉をつけます地下に細いひも状の根を3~5本と、
太くて短い球根を2~3個もちます
#ウチョウラン #ブログ #花 #趣味

ワオ!と言っているユーザー

アリサエマカンディディッツシムムの花

スレッド
アリサエマカンディディッツシム... アリサエマカンディディッツシム... アリサエマカンディディッツシム... アリサエマカンディディッツシム... アリサエマカンディディッツシム...
花径5~6cm、淡桃色に白いすじの入る仏炎苞が特徴 インドやヒマラヤ原産で、日本では冬季、水分を切って凍らない所で管理する 夏は半日陰で管理する アリサエマカンディディッツシムムはサトイモ科の植物です 来年も花を見たいからよく観察しながら管理したいと思います 寒さに弱い植物だから要注意しないと冬が越せないかもね。夏の暑さも我が家の環境で枯れない事が確認出来て嬉しいです。
#アリサエマカンディディッツシムム #ブログ #花 #趣味

ワオ!と言っているユーザー

オキナグサの実生

スレッド
オキナグサの実生の写真 オキナグサの実生の写真 オキナグサの花の写真です オキナグサの花の写真です オキナグサ蕾花の写真です オキナグサ蕾花の写真です

オキナグサ実生の撮影日:2022/06/02
オキナグサの花の撮影日:2022/05/19
オキナグサを観察していて見つけました。
葉や花茎など全体的に白い長い毛に覆われて自然の
厳しさから守られているのが理解できます。
珍しいから報告します。
#オキナグサの実生 #ブログ #花 #趣味

ワオ!と言っているユーザー

河原ナデシコ

スレッド
河原ナデシコ 河原ナデシコ 河原ナデシコ 河原ナデシコ 河原ナデシコ 河原ナデシコ
現在我が庭に咲いている河原ナデシコの花です。
カワラナデシコはナデシコ科ナデシコ属の植物の一種で、耐寒性のある常緑多年草です。
ナデシコの品種はヨーロッパの南部や北アフリカなどを中心に温帯の気候エリアに
約250種類ほどあるといわれています。
ナデシコ科の仲間として有名な花には、カーネーションやカスミソウ、
セキチクなどがあり、分布する地域によってその色や花弁などの特徴が異なっています。
#ブログ #河原ナデシコ #花 #趣味

ワオ!と言っているユーザー

オキナグサ

スレッド
オキナグサ オキナグサ オキナグサ オキナグサ オキナグサ
根出葉は2回羽状複葉で、長い柄をもち束生する。
小葉はさらに深裂する。
茎につく葉は3枚が輪生し、無柄で基部が合着し、線状の裂片に分裂する。
葉や花茎など全体的に白い長い毛におおわれる。
花茎の高さは、花期の頃10cmくらい、花後の種子が付いた白い綿毛が
つく頃は30-40cmになる。
花期は4-5月で、暗赤紫色の花を花茎の先端に1個つける。
花はかわいいが、毒性がある為に根っこは漢方薬に使われています。
#オキナグサ #ブログ #花 #趣味

ワオ!と言っているユーザー

春エビネ蘭開花

スレッド
8種類の栽培している切り花です 8種類の栽培している切り花です タカネエビネ タカネエビネ ビーナス(サツマ系) ビーナス(サツマ系) 天空海(てんくうかい)サツマ系 天空海(てんくうかい)サツマ系 寿峰(じゅほう)サツマ系 寿峰(じゅほう)サツマ系 寿美(すみ)サツマ系 寿美(すみ)サツマ系 流星晃(りゅうせいこう)サツマ... 流星晃(りゅうせいこう)サツマ系 神紫光(しんしこう)サツマ系 神紫光(しんしこう)サツマ系 豊満(ほうまん)サツマ系 豊満(ほうまん)サツマ系
鉢植えで8種類の蘭を栽培していますが、何とか納得のいく
形で咲いてくれました紹介します。
今年は珍しく全ての鉢で咲いてくれました。
1.タカネエビネ
2.寿美(すみ)サツマ系
3.寿峰(じゅほう)サツマ系
4.ビーナス(サツマ系)
5.流星晃(りゅうせいこう)サツマ系
6.豊満(ほうまん)サツマ系
7.神紫光(しんしこう)サツマ系
8.天空海(てんくうかい)サツマ系
#ブログ #春エビネ #花 #趣味

ワオ!と言っているユーザー

ベティーメイヤー

スレッド
ベティーメイヤー ベティーメイヤー ベティーメイヤー
白花の大輪種。他にも色があるようです。
日本に自生するアツモリソウのようなふくよかな花形の大輪品種。
強健なパービフローラムを交配したことで格段に育てやすくなっている。
比較的大型になる品種で株姿もよい。ラン科植物。
#ブログ #ベティーメイヤー #花 #趣味

ワオ!と言っているユーザー

ユキモチソウ

スレッド
ユキモチソウ ユキモチソウ ユキモチソウ ユキモチソウ
科名:サトイモ科
自生地:北半球の温帯、熱帯
開花期:4月
草丈:30~70cm
冬季の状態:落葉
耐寒性:強
耐暑性:やや弱い
夏場の暑さに注意しないといけない植物のようです
ユキモチソウ鉢植えの花が咲きましたので紹介します
花だしから花が終わるまでは半日陰で管理しました
夏の暑い日が続くと地上部を枯らし休眠するので
日陰に移動して水やりを控えて管理しようと思っています
来年も花が咲いてくれるように観察しながら研究しています
#ブログ #ユキモチソウ #花 #趣味

ワオ!と言っているユーザー

台湾クマガイソウ

スレッド
台湾クマガイソウ 台湾クマガイソウ 台湾クマガイソウ 台湾クマガイソウ
熊谷草の花が咲いてくれましたので紹介します。
当地のような温暖な所で咲かせるのは環境が合わないと花は見ることができません。
クマガイソウが自生している場所は薄暗い森林や竹林なので、直射日光は
好まないので、午前中に少し日が差し、午後からは日陰となるような
明るい半日陰で育てるのが適しています。
直射日光に当たると葉焼けを起こしてしまうので、日なたに置く際には、春や秋なら50%、
夏なら80%くらい、ネットなどで遮光しています。
また、クマガイソウは夏の暑さも苦手です。
夏はできるだけ涼しく、風が直接あたらないような場所に置きます。
寒さには比較的強いですが、冬は霜や凍結に気を付けるようにしまします。
#ブログ #台湾クマガイソウ #花 #趣味

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ