記事検索

なでしこへの特訓

スレッド
なでしこへの特訓 なでしこへの特訓 なでしこへの特訓 なでしこへの特訓 なでしこへの特訓 なでしこへの特訓


今日も娘は、撫子道への稽古に励みました。
2曲目となる題目「藤の花」が今回から始まりました。

それに先立って彼女はその歌詞の全ての読み書きを習得してあります。
さらにその歌詞の意味とメロディーに合わせて歌うこともできて、ここまでの予習に師匠も驚かれたようです。

娘がここまで特訓に励んでいるときに、
父親の私はこれを眺めているだけで良いのか。

そんなことを考えながら湖畔に立った時、、、
その時、娘は諸般の用事のためそこにはいなかったのです。

危ない危ない。

例の笛を吹かれて魔術に掛けられることから免れました。
昨日からの晴天ゆえ今朝の気温は摂氏0度を下回るほどとなり、
辺り一面に霜が降りているほどだったのです。

寒中水泳の代わりに湖上をカヤックでのんびりと遊覧。
遠くにはレーニア山を見据え、湖面にキラキラと輝く日の光の反射を身に受けながら新鮮な空気をいっぱい吸い込むと、生きている実感が蘇ってくるようでした。



Today, my daughter continued to practice for Nadeshiko.
The second piece, entitled "Wisteria Flower", started this time.

She has already learned to read and write all the lyrics.
She could even sing along with the meaning and melody of the lyrics, which surprised her teacher.

I was looking at this while she was working so hard.
I wondered if I, as a father, should just sit here and watch?

As I stood by the lake, thinking about this...
At that time, my daughter was not there due to some business.

Watch out, it was a dangerous...

The flute was not blown and I was spared from being bewitched.
The weather had been fine since yesterday, and the temperature this morning was below zero degrees Celsius.
There was even frost on the ground.

Instead of swimming in the cold, we took a leisurely kayak ride on the lake.
With Mt. Rainier in the distance and the reflection of the glittering sunlight on the surface of the lake, I breathed in the fresh air and felt alive again.

#家族 #日常

ワオ!と言っているユーザー

今日のシアトルは快晴

スレッド
今日のシアトルは快晴 今日のシアトルは快晴 今日のシアトルは快晴 今日のシアトルは快晴 今日のシアトルは快晴 今日のシアトルは快晴 今日のシアトルは快晴



今日のシアトル地方は朝から快晴です。
こういうときには家でじっとしてるわけにはいきません。
何か用事を見つけて外歩きに出かけました。
この様な晴れの日は1週間に1日あるかないかです。
太陽光線は今や貴重な人間性維持のための資源です。

十分に太陽光線を浴びることから脳内からセロトニンと言うホルモンが分泌されるのだそうです。やがてそのセロトニンが脳内の松果体でメラトニンに変化すると、そのメラトニンによって睡眠への導入がなされるのだそうです。

布団を日干しにしたときに太陽の暖かさを感じるような快適さで今日は眠りにつけるでしょうか。


It's a beautiful sunny morning in the Seattle area today.
At times like this, I can't just sit at home.
I found something to do and went out for a walk.
We don't get more than one sunny day like this a week.
Sunlight is now a precious resource for maintaining humanity.

It is said that when we are exposed to enough sunlight, our brains secrete a hormone called serotonin. When the serotonin is converted to melatonin in the pineal gland in the brain, the melatonin will induce sleep.

Am I able to go to sleep today with the comfort of feeling the warmth of the sun when you dry your futon in the sun?

#日常 #家族

ワオ!と言っているユーザー

恐れることはない

スレッド
恐れることはない 恐れることはない 恐れることはない 恐れることはない 恐れることはない



今朝のシアトル地方は一段と寒さがつのり、外は厚い靄に包まれました。
日本列島では半日前にやはり寒波に覆われていたこととつながってるのかなぁ、などとその関連性に思いを寄せました。

太陽が上がるにつれ晴間が広がり、夕刻にはきれいな夕焼け空を眺めることができました。

「アメリカは今大変でしょう。大丈夫?そちらは平和ですか」
先ほど日本に住むある牧師から電話でこんなことを聞かれました。

明日1月20日がバイデン新大統領の就任式であることを日本の報道機関がかなり取り上げているようです。

「少しも大変さなんて感じてません。大騒ぎしてるのはテレビだけではないんですか。いつもと変わらない平和な日常ですよ」なんて事を答えておきました。

何を騒いだり不安に思ったりすることがあるでしょうか?

特に日本人のみなさん、私たちはこんなことよりももっと不確かで急激な変化にも対応してきた歴史があることを思い出そうではありませんか。

唐突な事例を持ち出すようですが、1582年、本能寺の変による織田信長の横死です。あの段階で一体誰が信長のいない世を考えられたでしょうか。その直後、豊臣秀吉による中国大返しの離れ業があって、光秀の天下は13日間しか続かなかったわけです。

一寸先は闇。
翌日にはどのような世界となってるかも、自らの命そのものさえもわからないあの不確かな戦国時代を駆け抜けてきた歴史を抱いているのが私たち日本人です。

大河ドラマ「麒麟が来る」は、その最終回まであと数回を残すまでとなりました。最終回があの本能寺の変の場面なのだそうです。
それに向けて信長と光秀の関係が徐々に亀裂が入り、断絶していく物語の展開に見ごたえがあります。直近のドラマでは松永久秀が残した茶器の平蜘蛛をめぐる両者の価値観の違いを描くとは、これまでにはない画期的な脚本でした。

時代考証を担当している静岡大学教授の小和田さんが良い。
彼によれば日本史最大の謎とされる本能寺の変を、光秀による「信長暴走阻止説」にあるとしていて、脚本家は今のところ忠実にそのストーリーを紡ぎ出しています。

大河ドラマから米国の現実に話を戻せば、

明日には今や予定された就任式があり、その後の政権移行があり、どんな暴動が起こったとしてもこれを抑える警察力があり、たとい外国が攻めてきたとしてもはね返すだけの強力な軍事力のある国にいて何を恐れることがありましょう。

聖書には、「恐れるな」と言う言葉が356回出てくるそうです。
聞いた話でして、自ら数えた事はありません。
それによるとまるで1年365日、毎日神が私たちに「恐れるな」と語っておられるようだと言うことです。

恐れなくて良い確かな理由と、恐れるなというのが神の命令であることだけは確かなことです。


十字架にかけられる前夜の最後の晩餐の席上で、主イエスが弟子たちにに言われた言葉があります。


"わたしはあなたがたに平安を残します。
わたしの平安を与えます。
わたしは、世が与えるのと同じようには与えません。
あなたがたは心を騒がせてはなりません。
ひるんではなりません。"
ヨハネの福音書 14章27節

当時の弟子たちには、警察力などの物理的な力があって安全が確保されていたのではありません。
主イエスがやがて与えてくださるスピリットが、恐れを乗り越えさせて下さるのです。







It was even colder in the Seattle area this morning, and a thick haze enveloped us outside.
I wondered if it was related to the cold wave that covered the Japanese archipelago half a day ago.

As the sun rose, the sky became clearer, and in the evening we could see a beautiful sunset.


“Are you okay? Is there peace there?”

A pastor who lives in Japan just called me and asked me this question.

The Japanese press seems to be covering the inauguration of the new President Biden tomorrow, January 20th.

“I don't feel it's a big deal at all. Isn't it just the TV that is making a big deal out of it? “ I answered, "I don't feel any difficulty at all.”

What is there to fuss about or worry about?

Let's remember, especially Japanese people, that we have a history of coping with more uncertain and sudden changes than this.

At the risk of bringing up an abrupt example, in 1582, Oda Nobunaga was killed in the Honnoji Incident. At that stage, who could have imagined a world without Nobunaga? Immediately after that, Toyotomi Hideyoshi carried out the Great Return of Chuugoku and Mitsuhide's reign lasted only 13 days.

The future was dark then.
We Japanese have a history of running through the uncertain Warring States Period, not knowing what the world would be like or your life would be the next day.

We are now only a few episodes away from the final episode of the historical drama "Kirin ga Kuru". The final episode is said to be the scene of the Honnoji Incident.
Toward that point, the relationship between Nobunaga and Mitsuhide is gradually cracking and breaking down, and it is a story worth watching.
The most recent drama depicted the difference in values between the two over a tea instrument the Hiragumo, left by Hisahide Matsunaga, which was a groundbreaking script never told before.

Mr. Owada, a professor at Shizuoka University who is in charge of historical research, is good.
According to him, the Honnoji Incident, which is regarded as the greatest mystery in Japanese history, lies in the "theory of stopping Nobunaga from running amok" by Mitsuhide, and the scriptwriter has so far faithfully spun out the story.

Let’s Moving from the historical drama back to reality in the United States.

What is there to fear in a country that now has a scheduled inauguration tomorrow, a transition of power after that, a police force capable of containing any riots, and a military strong enough to repel any foreign invasion?

The Bible says, "Do not be afraid" is mentioned 356 times.
I've never counted it myself, but I've heard it.
It seems as if God is saying to us, "Don't be afraid" every day, 365 days a year.

The only thing we know for sure is that there is a good reason not to be afraid and that it is God's command not to be afraid.


At the Last Supper, the night before His crucifixion, the Lord Jesus said to His disciples.


"I leave you peace.
I give you my peace.
I do not give in the same way that the world gives.
Do not let your hearts be troubled.
Do not be dismayed."
John 14:27

The disciples at that time did not have a police force or any other physical force to keep them safe.
The Spirit that the Lord Jesus would eventually give them would help them overcome their fears.

#メッセージ #日常

ワオ!と言っているユーザー

成人式おめでとうございます

スレッド
成人式おめでとうございます 成人式おめでとうございます 成人式おめでとうございます 成人式おめでとうございます 成人式おめでとうございます 成人式おめでとうございます 成人式おめでとうございます




成人式おめでとうございます。

昨日はズームを通じて数百人の新成人たちと共にお祝いし、
一夜明けた今日は、数人の家族で再びお祝いしました。

暖かい陽光の降り注ぐ中、水面に反射する光を受けて、
優しい風と緑の植物に囲まれながらゆっくり、それにまったりとした時間が流れて行きます。

幾多の試練をくぐり抜けて、神様がこんなにも綺麗でそして優しいお姉さんに育てあげてくださったことに感謝し尽くせることはありません。

本日届いたばかりの彼女の着ている紫色の浴衣は、次回の日本舞踊で「藤の花」を新しく稽古するときにぴったりのものとなるはずです。

踊りの稽古に先立って、その日本語歌詞の読み書き練習をしました。
ここに出てくる「踊りのお姉様」って明美自身のことだねぇ、なんて笑いながら。


「藤の花 藤の花
紫提灯 藤の花
静かに揺れてる藤の花
踊りの上手なおねえさま
踊ってくださる藤娘
わたしは わたしは
藤を見て思い出す」


Congratulations on your coming-of-age ceremony!

Yesterday, we celebrated with hundreds of new adults via zoom.
Today, after a long night, we celebrated again with a few family members.

As the sun shone warmly, the light reflected off the water, and we were surrounded by a gentle breeze and green plants, time passed slowly and peacefully.

I can't thank God enough for raising her to be so beautiful and kind after going through so many trials and tribulations.

The purple yukata she is wearing, which just arrived today, will be perfect for her next Japanese dance rehearsal of "Wisteria Flower".

Prior to the dance practice, we practiced reading and writing the Japanese lyrics of the song.
We laughed about how the "dancing sister" in the song refers to Akemi herself.


"Wisteria flower, wisteria flower
Purple lanterns, wisteria flowers
Wisteria flowers swaying quietly
A lady who dances well
The wisteria girl who dances for me
When I see the wisteria, I remember.”


#家族

ワオ!と言っているユーザー

成人式

スレッド

本日は成人式がありまして、娘もその式に参列できました。
はいシアトルにも総領事館や日系コミュニティーからの全面バックアップを受けた成人式が行われます。昨年がその第一回目。

パンデミック最中の今年は一堂に集まることができませんでしたので、ズームでの参加となりました。

それでも娘は浴衣に着替えての参加です。
米国シアトルからの参加はもちろん、カリフォルニアやニューヨーク長崎や横浜など日本各地からシアトル滞在経験のある新成人が参加。

ローリー・マツカワさんや友人の隻眼パイロット前田シンジさんからも先輩からの熱きエールが送られて娘も感激です。

来年こそ一堂に会した新成人たちの振袖姿・袴姿を見てみたいものです。


There was a coming-of-age ceremony today, and my daughter was able to attend it.
Yes, Seattle has a coming-of-age ceremony that is fully supported by the Consulate General and the Japanese American community.
Last year was the first one.

This year, during the pandemic, we were not able to get together, so we had to zoom in.

Even so, my daughter changed into a yukata to participate.
There were new adults from Seattle, USA, as well as from California, New York, Nagasaki, Yokohama, and other parts of Japan who had lived in Seattle.

Laurie Matsukawa and my friend Shinji Maeda, a pilot with single eye, gave us enthusiastic encouragement as their seniors, and my daughter was thrilled.

Next year, I would like to see all the new adults together in kimono and hakama.

#コミュニティ

ワオ!と言っているユーザー

「私はなおも神をほめたたえる」

スレッド
「私はなおも神をほめたたえる」

ホサナキリスト教会・日曜礼拝のメッセージアウトラインです。




「私はなおも神をほめたたえる」


詩篇42:1-11


(1)たましいの絶望


①自問「なぜあなたは私をお忘れになったのですか」(9)

②他問「お前の神はどこにいるのか」(3,10)


(2)「なおも」食い下がって(42:5,11,43:5)


①過去の神体験を思い出して(4)

②想像を絶し忍耐を超える試練に翻弄(7)


⑶いのちであられる神ご自身


①自己の内にはいのちがない(1)
コロサイ3:3-4

②私のできる事はただ1つ〜神を待ち望む


(結論)


誰もいない、誰も分かってもらえないと言う孤独の中で、
八方塞がりの時に唯一、空だけは開いている。
神を待ち望もう。

"あなたがたが経験した試練はみな、人の知らないものではありません。神は真実な方です。あなたがたを耐えられない試練にあわせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えていてくださいます。"
コリント人への手紙 第一 10章13節
#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

久方ぶりの日光浴

スレッド
久方ぶりの日光浴 久方ぶりの日光浴 久方ぶりの日光浴 久方ぶりの日光浴 久方ぶりの日光浴 久方ぶりの日光浴



数週間ぶりに太陽の光を見ました。
ようやくシアトル上空にも青空が広がり、大げさに言えば太陽が存在していたのを視覚的に確認できたのです。

夕方を待たずに高台へ上り、いつもの角度から山の稜線を眺めました。
オリンピック山脈の山頂の雪化粧は、山々の半分近くまでその裾野をおろしていました。

日光に我が身を照らすのがこれほど爽快なことかと感動ものです。



その山を眺めた直前の午前中、定例シアトル地区日本人日系人牧師会にズーム参加。
この牧師会は3ヶ月毎に開かれていて、言わば同業者たちと顔を合わせての情報や祈りの交換ができた久方ぶりの貴重な時でした。

昨今の大統領選挙に絡む政治的分断が教会内にも大きく影響していること。

教会リーダーとして各個人が政治的スタンスとどのような距離を置いて、教会内でどのような言動がふさわしいのか。

パンデミックの中でのオンラインを用いての集会のあり方と課題。

各教団教派の伝統や各教会の運営手法に見られる型枠。
それらは決して退けるものではなく尊いものではあるが、普遍的なものでもないとの認識。結局牧師とはその型枠の中に自らを律したり、群の信者を閉じ込めようとする組織運営者に過ぎなかったのではないかとの反省。
そのような意味の「牧師」は新約聖書には登場していないとの発見。

ある牧師からそのような真摯なお話が聞けて、神聖な光に心探られ温められたような時間となりました。

そして夕刻に再びその高台に上がってみると、やはり美しい夕焼け空が広がっていました。



For the first time in weeks, I saw the light of the sun.
Finally, there was blue sky over Seattle, and I could visually confirm that the sun was there, to put it boldly saying.

Without waiting for evening, I climbed up to the high ground and looked at the mountain ridges from my usual angle.
The snow-covered peaks of the Olympic Mountains were almost halfway down the range.

I was impressed by how refreshing it was to see myself in the sunlight.



In the morning just before the viewing mountains, I zoomed to a regular meeting of Japanese pastors in the Seattle area.
It was the first time in a long time that I was able to meet with my peers and exchange information and prayers.

The political divide related to the recent presidential election is having a great impact on the church.

As a church leader, what kind of distance should each individual keep from political stances, and what kind of words and actions are appropriate in the church?

How to conduct online meetings in the midst of a pandemic.

The traditions of each denomination and the patterns found in the operational methods of each church.
The recognition that these are not universal, though they are precious and not to be dismissed. In the end, the pastor was just an administrator who tried to discipline himself or confine his flock of believers within the framework.
Discovered that "pastor" in that sense does not appear in the New Testament.

Hearing such a sincere talk from a pastor was like being searched and warmed by the divine light.

In the evening, I went up to the hill again and found a beautiful sunset sky.



#教会

ワオ!と言っているユーザー

上下院合同議会が明けて

スレッド
上下院合同議会が明けて 上下院合同議会が明けて 上下院合同議会が明けて 上下院合同議会が明けて 上下院合同議会が明けて 上下院合同議会が明けて




世紀の上下院合同議会の1月6日が明けて今日。

人生には思わぬことが起こるものですね。

最後の頼みの綱だったペンス副大統領。
どうしてしまったんですか?

選挙自体が混乱して決着の着かない場合、各州議会による決議、それに副大統領の決意、といった幾重もの安全弁が組み込まれている合衆国憲法。
こんな時に貴方に任されている伝家の宝刀を抜いて欲しかったですよ、ペンスさん。

In God we trust.
(神にわれらは信頼を置く)

私たちはコインに刻印されているこの一文を、
今一度思い出さねばならないでしょう。

私たちは結局、大統領にも副大統領にも憲法にも選挙にも政治にも最終的な信頼を置くことができないのです。

"人間に頼るな。鼻で息をする者に。そんな者に、何の値打ちがあるか。"
(イザヤ書 2章22節)と、聖書は教えてくれています。


究極的な意味で信頼できる方とは、私たちを造られた方しかありません。

今日1日は、創造主の懐に抱かれるような大自然の中で、昨日までの緊張を癒していただきました。

湖の上で朝日と戯れました。
カヌーの先のほうに見える秀麗な山は、富士山のような孤峰でレニア山です。

高台から遠くを見渡し、夕日を眺めました。
「あなたの口を大きく開けよ。わたしがそれを満たそう」との詩編にある神様の言葉を思い出して息子とともにそのようにしてみました。




January 6, the joint session of the House and Senate of this century, dawned today.

Unexpected things happen in life, don't they?

Vice President Pence was the last man who supposed to be standing.
What happened to him?

The U.S. Constitution has a number of safety valves built into it, such as resolutions by the state legislatures, and the Vice President's decision, in case the election itself is confusing and inconclusive.
At a time like this, I wish you would have pulled out your trusty sword, Mr. Pence.


“In God we trust.”


We need to be reminded once again of this sentence, engraved on the coin.

We cannot, in the end, put our final trust in the President, the Vice President, the Constitution, our elections, or our politics.

"Do not rely on man. On him who breathes through his nose. What is the value of such a man?"
(Isaiah 2:22), the Bible tells us this way.

The only One we can trust in the ultimate sense is the One who created us.

Today, we spent the day in the great outdoors, embraced by the bosom of our Creator, healing the tensions of yesterday.

We played with the morning sun on the lake.
The beautiful mountain at the end of the canoe is Mount Rainier, a solitary peak like Mt.Fuji.

We looked out into the distance from a hill and watched the sunset this evening.

I remembered God's words in the Psalms, "Open your mouth wide and I will fill it," and I did just that with my son.

#日常 #家族

ワオ!と言っているユーザー

シアトルの笛吹く乙女

スレッド
シアトルの笛吹く乙女 シアトルの笛吹く乙女 シアトルの笛吹く乙女 シアトルの笛吹く乙女 シアトルの笛吹く乙女

かつて13世紀にドイツのハーメルンと言う街に笛吹男がやってきたそうです。この男が笛を吹くと街中の子供たちがその笛の音につられて男の後について行き、街から忽然と姿を消したそうです。

シアトルにも笛を吹く乙女がいまして、同様の魔女の力を持っているようです。

彼女が笛を吹き続けると、抵抗することもできずに体が動き出し、踊りだし、気づいてみたら冷たい湖に飛び込んでしまいました。笑。

でもこちらの魔女さんは優しい女性でして、そのあとおいしい夕食でもてなしてくれました。

この乙女の笛を聴いたら、皆さん気をつけてください。




It is said that in the 13th century, a flute player came to the city of Hameln in Germany. When he played his flute, children all over the city followed him, and all children disappeared from the city.

In Seattle, there is also a maiden who plays the flute, and she seems to have the same witch power.

When she kept blowing her flute, I couldn't resist and my body started to move and dance, and I found myself jumping into a cold lake. lol.

But the witch here was a kind lady and treated us to a delicious dinner afterwards.

If you hear this maiden's flute, please be careful.

ワオ!と言っているユーザー

「見よ。新しいことをする」

スレッド
「見よ。新しいことをする」





ホサナキリスト教会・日曜礼拝のメッセージアウトラインです。




「見よ。わたしは新しいことをする」


"あなたがたを贖う、イスラエルの聖なる方、主はこう言われる。「あなたがたのために、わたしはバビロンに使いを送り、彼らをことごとく逃亡者として下らせる。カルデア人を彼らの喜びの船で。
わたしは主、あなたがたの聖なる者、イスラエルの創造者、あなたがたの王である。」
海の中に道を、激しく流れる水の中に通り道を設け、
戦車と馬、強力な軍勢を引き出した主はこう言われる。「彼らはみな倒れて起き上がれず、灯芯のように消え失せる。
先のことに心を留めるな。昔のことに目を留めるな。
見よ、わたしは新しいことを行う。今、それが芽生えている。あなたがたは、それを知らないのか。必ず、わたしは荒野に道を、荒れ地に川を設ける。
野の獣、ジャッカルや、だちょうも、わたしをあがめる。わたしが荒野に水を、荒れ地に川を流れさせ、わたしの民、わたしの選んだ者に飲ませるからだ。
わたしのためにわたしが形造ったこの民は、わたしの栄誉を宣べ伝える。"
イザヤ書 43章14~21節


(1)新しいこととは何か


①「先の事ども」「昔の事ども」(18)
民族誕生の出来事であり、誇りとするもの〜出エジプト

②「新しいこと」〜バビロンからの解放
クロスによるバビロン攻略(16)
メシア王国による自然界の回復とその贖い(20)


(2)新しいことをするのは誰か(15)


①聖なるもの
絶対者、卓越した超越者、イザヤ書のキーワード

②創造者
イスラエルの誕生といのち、その歴史、族長たちの生涯

③王
世界の真の統治者
歴史の表舞台に登場する覇権国家、アッシリアバビロンペルシャギリシャローマの背後にいる統治者


⑶新しいことが起きるのはいつか




①「今、もうそれが起ころうとしている」(19)
私たちが所有・管理できる時はたった今だけである
預言のスパン〜3段階

②「あなた方は、それを知らないのか(19)
預言の言葉に応答できるのは今だけである
携挙はimminent


(結論)


現在の米国政界の混乱は歴史的ターニングポイントである
新しい何かが始まろうとしている
人間がどのような変革を成し遂げたとしても、神なさる新しいことには及ばない
主は私の人生に、そして私の関わっている世界に新たな創造をなされるお方だ
#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/229 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>