記事検索

「天と地の接触点」

スレッド
「天と地の接触点」 「天と地の接触点」
ホサナキリスト教会・日曜礼拝のメッセージアウトラインです。




「天と地の接触点」


ルカの福音書 1章26~38節


"さて、その六か月目に、御使いガブリエルが神から遣わされて、ガリラヤのナザレという町の一人の処女のところに来た。
この処女は、ダビデの家系のヨセフという人のいいなずけで、名をマリアといった。
御使いは入って来ると、マリアに言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」
しかし、マリアはこのことばにひどく戸惑って、これはいったい何のあいさつかと考え込んだ。
すると、御使いは彼女に言った。「恐れることはありません、マリア。あなたは神から恵みを受けたのです。
見なさい。あなたは身ごもって、男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。
その子は大いなる者となり、いと高き方の子と呼ばれます。また神である主は、彼にその父ダビデの王位をお与えになります。
彼はとこしえにヤコブの家を治め、その支配に終わりはありません。」
マリアは御使いに言った。「どうしてそのようなことが起こるのでしょう。私は男の人を知りませんのに。」
御使いは彼女に答えた。「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、生まれる子は聖なる者、神の子と呼ばれます。
見なさい。あなたの親類のエリサベツ、あの人もあの年になって男の子を宿しています。不妊と言われていた人なのに、今はもう六か月です。
神にとって不可能なことは何もありません。」
マリアは言った。「ご覧ください。私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおり、この身になりますように。」すると、御使いは彼女から去って行った。"



(序論)


あけましておめでとうございます。
旧年と新年の境である正月を迎えました。
天が地に介入するところ、天と地の接点について思いをめぐらしたいと思います。


ナザレに届けられて


①ナザレはガリラヤにある寒村。誰も注目しないそこの1人の少女のところに突然現れたみ使い。
「おめでとう。恵まれた方」

② これは一方的な神からの介入であった。
「あなたは神から恵みを受けたのです」
地から出て地にに帰る人間。私のような小さなもののところにも神の恵みは届けられた。


(2) 乙女に届けられて


①処女懐妊は人間の頭脳・理性・経験からはありえないこと。
多くの方がこの奇跡を受け入れられないでいる。
「聖霊」の働きが人間の物質世界にも届けられる事が受け入れられないゆえ。

② 精霊と聖霊の違い
精霊〜自然界のあらゆる森羅万象にも神々が宿る。その神々は人間界に関与するが限定的。
聖霊〜三位一体の神ご自身であられ、世界を創り維持し今も導かれている方。よって私たちへの関与は有限ではなくその経験や理性を超えることがある。
「聖霊があなたの上にのぞみ、いと高き方の力があなたを覆います」


⑶ マリヤに届けられて


①聖霊の働きを全人格を通じて受け止めた
「本当に私は主のはしためです。どうぞ、あなたのお言葉通りこの身にになりますように」
親戚のザカリアの不信仰との相違(ルカ1:18-20)

②主の啓示のお言葉に自らを差し出した
「神にとって不可能なこと言葉)は1つもありません」


(結論)


天からの恵みは地に介入して、この私にも届けられている。
聖霊様がこの私の物理的即物的現実的人生にも関与しておられる。
そこは天が地にも介入している接触点となる。
これを体験して、主の御言葉にこの我が身を差し出して行く新年とさせていただこう。
#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

「わたしは背負って救い出そう」

スレッド
古代紀元前3500年前からある... 古代紀元前3500年前からあると言う港町、ヤッホ。
ホサナキリスト教会日曜礼拝のメッセージアウトラインです。



「わたしは背負って救い出そう」


イザヤ書 46章1~4節


"「ベルはひざまずき、ネボはかがむ。彼らの像は獣と家畜に載せられる。あなたがたの荷物は、疲れた動物の重荷となって運ばれる。
彼らはともにかがみ、ひざまずく。重荷を解くこともできず、自分自身も捕らわれの身となって行く。
ヤコブの家よ、わたしに聞け。イスラエルの家のすべての残りの者よ。胎内にいたときから担がれ、生まれる前から運ばれた者よ。
あなたがたが年をとっても、わたしは同じようにする。あなたがたが白髪になっても、わたしは背負う。わたしはそうしてきたのだ。わたしは運ぶ。背負って救い出す。"


(序論)

クリスマスおめでとうございます。
ヨセフの夢の中に現れたみ使いは次のように預言しました。

"「見よ、処女が身ごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」それは、訳すと「神が私たちとともにおられる」という意味である。"
(マタイの福音書 1章23節)

主イエスが地上にお生まれになることで「神がともにおられる」事実は否定出来ない確かさとして我々の目の前に出現しました。

主イエス誕生以前の旧約時代にもイスラエルの歴史の中でその事実を確認することができます。


背負われたイスラエル

①「ベル」「ネボ」(1)とはバビロニアの神神。それらは荷車に乗せて運ばれて行く。
偶像との対比。神はイスラエルを担われ、運び、背負ってこられた。

② 「背負う」とは、一体となること。
 その混乱の歴史の中で滅びることなく神の遺産を守り続けた。
 

(2) いつから背負われたのか


①「生まれる前から」(3)
つまり自覚できる前から。いや存在の始まる前から神の選びが私たちに働いていた。

② 「しらがになっても」(4)
弱さや限界を知った後も。病に倒れ自らを失い罪に汚れた者であったと気づいた時にも。


⑶ どうやって背負われるのか


①自らの背負っている荷物を主イエスの下に降ろせば良い。
自己が我執としているものからの解放される。

②主は私が担い切れなかった荷物ごと背負って下さる方。


(結論)


私たちにできることは、背負っていただいている主の背中で感激する他ない。

"すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。
わたしがあなたがたを休ませてあげます。
わたしは心が柔和でへりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、
わたしから学びなさい。そうすれば、たましいに安らぎを得ます。"
(マタイの福音書 11章28~29節)

・主イエスのところへ行くこと
・主とくびきを共にすること
・主から生き方を学ぶこと
#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

「私の平安を与えます」

スレッド
「私の平安を与えます」
ホサナキリスト教会・日曜礼拝のメッセージアウトラインです。



「私の平安を与えます」

ヨハネの福音書 14章25~31節

"これらのことを、わたしはあなたがたと一緒にいる間に話しました。
しかし、助け主、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、わたしがあなたがたに話したすべてのことを思い起こさせてくださいます。
わたしはあなたがたに平安を残します。わたしの平安を与えます。わたしは、世が与えるのと同じようには与えません。あなたがたは心を騒がせてはなりません。ひるんではなりません。
『わたしは去って行くが、あなたがたのところに戻って来る』とわたしが言ったのを、あなたがたは聞きました。わたしを愛しているなら、わたしが父のもとに行くことを、あなたがたは喜ぶはずです。父はわたしよりも偉大な方だからです。
今わたしは、それが起こる前にあなたがたに話しました。それが起こったとき、あなたがたが信じるためです。
わたしはもう、あなたがたに多くを話しません。この世を支配する者が来るからです。彼はわたしに対して何もすることができません。
それは、わたしが父を愛していて、父が命じられたとおりに行っていることを、世が知るためです。立ちなさい。さあ、ここから行くのです。"


世が与える平安


①「世」(コスモス)とは神なき世界でありその原理でありその惨状。
 
② 世にあって平安を得る方法
 ・パリサイ派〜厳格な宗教実践による民衆からの評価と支持(名誉)
 ・サドカイ派〜祭司階級が神殿で行っている集金ビジネス(金銭)
 ・ヘロデ党〜ローマ総督に寄り添う政治的既得権保持者(地位)
 

(2) イエスの与える平安


①時にイエスの現状は死に至る逮捕直前であり、金銭名誉地位も全て失っている状態。
 しかしイエスには満ち足りた平安があり、焦燥や恐れとは無縁であった。

② 弟子たちに残されるイエスの平安
それはこの時には実現していなかった〜この直後弟子たちは恐れから皆逃げ出してしまう。
 「そのことの起こる前にあなた方に話しました」(29)とある様に、ある歴史的事件直後に実現すること。


⑶ 「助け主」(パラクレートス)が遣わされる故の平安


①「傍ら」「呼ばれたもの」の意味で、同じ側にあってあなたを弁護し慰め執り成し助けるために呼ばれたもの。聖霊の名称。


②イエスの言葉の全てを教え、思い起こさせてくださる方(26)
イエスと共にいるときの弟子たちには理解できないことであった(25)
イエスの言葉は父なる神の言葉でもある(24)
イエスのご自身の運命とその結果を理解させ、私らにも体現してくださる方。
イエスの死•復活•昇天(28)


(結論)


心騒がせ恐れにとらわれやすい世に生きる私たち。
今こそ主イエスが遣わされている聖霊様に満たされ、主イエスの平安をいただこう。
#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

「主の足元に座って」

スレッド
「主の足元に座って」

ホサナキリスト教会・日曜礼拝のメッセージアウトラインです。









「主の足元に座って」


ルカの福音書 10章38~42節


"さて、一行が進んで行くうちに、イエスはある村に入られた。すると、マルタという女の人がイエスを家に迎え入れた。
彼女にはマリアという姉妹がいたが、主の足もとに座って、主のことばに聞き入っていた。
ところが、マルタはいろいろなもてなしのために心が落ち着かず、みもとに来て言った。「主よ。私の姉妹が私だけにもてなしをさせているのを、何ともお思いにならないのですか。私の手伝いをするように、おっしゃってください。」
主は答えられた。「マルタ、マルタ、あなたはいろいろなことを思い煩って、心を乱しています。
しかし、必要なことは一つだけです。マリアはその良いほうを選びました。それが彼女から取り上げられることはありません。」"


千々に乱れる心


①平凡な日常生活に押し寄せる問題の波
 戦争のない平和な世の中であったとしても
 心が騒ぎ、聖書の言葉が響いてこない時

② マルタの例
 一家の長としての責任の重圧〜13人の訪問客のもてなし
 食事と宿泊の手配
 

(2) 主イエスの呼び掛け


①個人的でそのTPOにマッチした呼び掛け〜「マルタ、マルタ」
 聖書で名前が2度繰り返し呼ばれている例〜モーセ、サムエル、シモンなど。

② パニックに陥っているマルタに寄り添ったもの
 単刀直入でありながら彼女を理解し包んだおことば〜彼女自身の本質が呼び覚まされた


⑶ 主の足元にて


①たった1つの必要なこととは何か
 必要な事は多々ある。食事もベッド作りも。しかし本来の自分自身を取り戻す程に大切なことが他にあろうか。

②そこで語られるみことば〜そこで私自身が何者であり、何が期待されているのか、私の行くべき最善の道を語っていただこう。


(結論)


エルサレム郊外ベタニア村の3姉妹の家は、主イエスにとっての憩いの家であった。
心尽しの食事と暖かな寝具で疲れを癒いやされ、さらにみことばに傾聴するマリアに大いに慰められたに違いない。エルサレムで死を遂げられるミッションを理解したのは彼女のみであった(マルコ14:1-9)。主イエスとの人格的な交際とは、仕え仕えられる双方向によるものと言える。
#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

「銀を精錬する主」

スレッド
「銀を精錬する主」


ホサナキリスト教会・日曜礼拝のメッセージアウトラインです。





「銀を精錬する主」


マラキ書 3章1~5節


"「見よ、わたしはわたしの使いを遣わす。彼は、わたしの前に道を備える。あなたがたが尋ね求めている主が、突然、その神殿に来る。あなたがたが望んでいる契約の使者が、見よ、彼が来る。──万軍の主は言われる。」
だれが、この方の来られる日に耐えられよう。だれが、この方の現れるとき立っていられよう。まことに、この方は、精錬する者の火、布をさらす者の灰汁のようだ。
この方は、銀を精錬する者、きよめる者として座に着き、レビの子らをきよめて、金や銀にするように、彼らを純粋にする。彼らは主にとって、義によるささげ物を献げる者となる。
ユダとエルサレムのささげ物は、昔の日々のように、ずっと以前の年々のように主を喜ばせる。
「わたしは、さばきのためにあなたがたのところに近づく。わたしは、ためらわずに証人となって敵対する。呪術を行う者、姦淫をする者、偽って誓う者、不正な賃金で雇い人を虐げてやもめやみなしごを苦しめる者、寄留者を押しのけてわたしを恐れない者に。──万軍の主は言われる──"



試練の受け止め方


①日本にも古来から伝わる道徳律
「願わくは我に七難八苦を与えたまえ」(山中鹿之助)
「艱難 汝を玉にする」

②同様の教えが聖書にも。
"私の兄弟たち。様々な試練にあうときはいつでも、この上もない喜びと思いなさい。
あなたがたが知っているとおり、信仰が試されると忍耐が生まれます。
その忍耐を完全に働かせなさい。そうすれば、あなたがたは何一つ欠けたところのない、
成熟した、完全な者となります。"
ヤコブの手紙 1章2~4節


(2) 試練にある役割


①玉を磨く〜物事に動じない精神昇華 統一。克己による精神修養。
「滅却心頭火自涼」(心頭滅却せば火も自づと涼し)快川紹喜が1582年(天正10年)に恵林寺において焼死した時の辞世。

② 銀を精錬する〜苦しみや悩みの中で自らの内にある高慢や貪欲、自己愛や偶像礼拝の罪を取り除く神の働き。銀鉱石には鉛やマンガンなどの不純物が含有しているが炉の中で精錬され純粋な銀が抽出されると言うもの。


⑶ 試練の側にあって


①精錬工=突然神殿に現れる方=契約の仲介者〜(初臨の主)
    =「この方」(2)3回=精錬しきよめる方〜(再臨の主)

②王座に着座されておられるこの方は、私たちのすぐ側に、内におられる方。
支えて下さるこの方は、脱出の道も備えておられる(Ⅰコリント10:13)


(結論)


私たちが出会うどんな困難も苦しみも、私たち自身を卑しめる事は無い。
その悩みの中で私たちは純化され、より神の栄光を映し出す者される。
今も主の御手の中にあるのだから。

#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

「あなたの手を握って」

スレッド
ホサナキリスト教会・日曜礼拝のメッセージアウトラインです。



「あなたの手を握って」


イザヤ書 42章5~9節


"天を創造し、これを延べ広げ、地とその産物を押し広げ、その上にいる民に息を与え、そこを歩む者たちに霊を授けた神なる主はこう言われる。
「わたし、主は、義をもってあなたを召し、あなたの手を握る。あなたを見守り、あなたを民の契約として、国々の光とする。
こうして、見えない目を開き、囚人を牢獄から、闇の中に住む者たちを獄屋から連れ出す。
わたしは主、これがわたしの名。わたしは、わたしの栄光をほかの者に、わたしの栄誉を、刻んだ像どもに与えはしない。
初めのことは、見よ、すでに起こった。新しいことを、わたしは告げる。それが起こる前にあなたがたに聞かせる。」"



(序論)

親は子が転ばないために手を取りそれを握って共に歩く
両者の手が握られるのは愛と信頼の表れ


手を握る〜今現在の守り


①私たちの歩みを支えてくださる方がおられる

②主イエスは重荷を受け取って共に歩まれる


(2) 召された私たち〜過去から現在に至るベクトル

①「召された」「呼ばれた」〜主イエスが私たちを選び任命された。
「私」という存在が始まる前の大昔から。

② 「義をもって」〜私や相手の義を立てるためではなく神の義がその召しの動力。
パウロ書簡において「義」とは「救い」と同義語。


⑶ 自己完結を打ち破って〜現在から将来へと向かうベクトル

①契約の仲介者〜本章はメシア預言の一部。主イエスにおいて新約が樹立。
よって主イエスにあるものはその主イエスの地位や職権を共有している

②「国々の光」〜命と希望の燭光が暗闇に照らされる


(結論)

子供から手を伸ばしその手を握られることが親にとっては嬉しい。
神が差し伸ばしているその手を私たちも握り返そうでは無いか。
先にそのように歩まれたのが信仰の先達者としての主イエスであった。

ワオ!と言っているユーザー

「あなたの心をわたしに」

スレッド
「あなたの心をわたしに」

ホサナキリスト教会・日曜礼拝のメッセージアウトラインです。




「あなたの心をわたしに」


箴言 23章26節


"わが子よ、あなたの心をわたしにゆだねよ。
あなたの目が、わたしの道を喜ぶようにせよ。"


心とは尊いもの


①私たちの所有する中で最も尊いもの。「魂」と聖書で言及されているもの。
心で喜び、心で愛を受け取り、他者の善意を知る。

②心を通じて私たちは人との関係を結ぶことができる。


(2) 心とは壊れやすいもの


①簡単にダメージを受けやすく、修復にも長い月日がかかる。
(例)戦地で悲惨な光景を見た兵士よる心的後遺症

② 自己の心の扱い方を知らない
自己を受けられずに苦しむ〜他者を傷つけた自己が許せない、
他者に傷つけられたことが許せないで煩悶。


⑶ 心とは捧げられるもの


①体を造られた創造者は、心をも造られた方。
私のことを私たち以上に知っておられる方。


②愛と喜びだけでなく、
苦しく悲しんでる心も、汚れた卑しい心も神は受け取ってくださる。

(主イエスの地上生涯に見られるその根拠)
・家畜小屋に降誕された主イエス
・ツアラットの患部に手を触れて癒された主
・最も卑しめられ尊厳が奪われた十字架での刑死


(結論)

自分自身のものだと思っていたこの心でさえも、
創造された本来の所有者にお返しすることができますように。
神のものは神がお守りになり、支えられるから。
j
#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

今晩はどうかなぁ

スレッド
今晩はどうかなぁ 今晩はどうかなぁ 今晩はどうかなぁ 今晩はどうかなぁ


オークランド最終日。
昨夜未明、後部座席の窓ガラスを割られたが再度今夜も同じところに路上駐車せし。
この辺には路上駐車以外に駐車できる場所がない。
祈るほかなし。

Last day in Oakland.
My backseat window was broken last night before dawn, and I had to park on the same spot again tonight.
There is no other place to park around here except on the street.
All I can do is only praying.
#社会

ワオ!と言っているユーザー

「人の価値はどこに見出せるか」

スレッド
「人の価値はどこに見出せるか」

ホサナキリスト教会・日曜礼拝のメッセージアウトラインです。



「人の価値はどこに見出せるか」


エペソ人への手紙 2章18~22節


"このキリストを通して、私たち二つのものが、
一つの御霊によって御父に近づくことができるのです。
こういうわけで、あなたがたは、もはや他国人でも寄留者でもなく、
聖徒たちと同じ国の民であり、神の家族なのです。
使徒たちや預言者たちという土台の上に建てられていて、
キリスト・イエスご自身がその要の石です。
このキリストにあって、建物の全体が組み合わされて成長し、
主にある聖なる宮となります。
あなたがたも、このキリストにあって、
ともに築き上げられ、御霊によって神の御住まいとなるのです。"


人は自分自身の価値を追求する存在


①そのために著名人と知り合いであることや家族の成功を誇りとする私たち
だが、他者との比較によって得られるもの、いつか過ぎ去って行くものに真の価値はない。

②実存的な価値はどこにあるか〜「父のみもとに近づくこと」(18)
そこには絶対的で色あせない価値を私に見いだして評価された方がおられる


(2) 神の家族とされた私たち


①血縁関係者とされた
主イエスの血によって罪を洗い清められた者たちは、
イエスの血の流れる家族に加えられた(13)

② 一つの建物の中に生きるものとされた
礎石ーキリスト・イエス(信仰の創始者であり完成者)v
土台ー使徒と預言者(聖書)
建材ー私たち一人ひとり


⑶聖徒と同じ国民とされた私たち


①同じ原理原則で生きるものとされた
族長たちやモーセ、ダニエルたちらそれぞれ異なる生涯も、一つのテーマに収斂出来る。
「なぜ俺の人生にこんなことが起こるのか」ではなく、
「人生からお前はこれからどうするんだ」と問われ、これに応答した生涯であった。

②自分を待ってくれている存在があるこを知った
逆境や試練に会うときに私たちは人生から試されている。
絶望から免れ未来を期待できるのは、ゴールを知っている走者だけでである


(結論)


この絶対の価値を私自らが獲得するのでなく、「与える」と約束された方がおられる。
その価値を与えられた今、私の人生と賜物とを用いてどのように応答したら良いだろうか。
#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

歯の治療と財布の痛み

スレッド
歯の治療と財布の痛み



今日は家族の皆がお世話になっているかかりつけの歯科医院へ。

コロナ禍のため日本帰国時に治療と言う裏技が使えずに、高額医療を覚悟し、腹をくくりながらの登院。

ここはルーマニア移民のご夫妻が経営している歯科医院で、そこに初めて伺ったのが20年近くも前のこと。その時は小さな診療所でご夫妻だけが働いておられた。連続した4本の歯を一挙にインプラント処理してもらった際には最も初期の患者であることからプロモーション期間ゆえに半額でしていただいた。

丁寧な接客と確かな技術で今やこの診療所はベルビュー市でいくつもの賞を得るほどに信頼を得て大きく成長した。

何回か引っ越しを重ねて今や大きな建物の中に複数のドクターを配置して予約は2カ月先までいっぱいとのこと。

その待合室はもはや高級ホテルのロビーみたい。

本日していただいた処置は歯根を抜く手術。

先ず、3本ほどの試験管に私の血液を採取してそれを遠心分離器で個体部分と血漿に分ける。それを歯根の抜けた穴に移植することによって細胞増殖を促し、術後の速やかな回復につなげるのだそうです。

この6年ほどの間に採用された最新技術だそうです。

明細書を見るとこの措置費用だけで900ドル(10万円弱)。

ひえー

歯の痛みよりむしろ財布の痛みの方が大きかった。

これまで原始的な方法で何回も歯根を抜かれて来た。
それでも生き延びてきたのだからそうしてもらっても良かったんすよ〜。

あー痛っ。

それでも彼らの熱意ある姿勢と家族同士のお付き合いから生まれる親切心に感謝しています。娘は今日、ドクターの奥様であるアナさんに素敵な写真アルバムを贈りました。
アナさんはいつも患者それぞれに1輪の花をプレゼントしてくださるのですが、今回は娘に花束を贈ってくれました。




Today, I went to my dentist's office, where everyone in my family is taken care of.

Because of the corona pandemic, I couldn't use the backdoor method of getting treatment when I returned to Japan, so I went to the dentist's office prepared, decided to pay a lot of money.

The clinic was run by a Romanian immigrant couple, and I had first visited there almost 20 years ago. At that time, it was a small clinic with only the couple working. When I had four consecutive teeth implanted at once, I was offered half the price due to the promotion period since I was the earliest patient.

This clinic has grown so much that it has won several awards in Bellevue for its attentive service and skill.

The clinic has moved several times and now has several doctors in a large building, and appointments are booked up to two months in advance.

The waiting room is like the lobby of a luxury hotel.

The procedure today was to extract the roots of my teeth.

First, they took my blood in about three test tubes and used a centrifuge to separate the blood into individual parts and plasma. By transplanting the plasma into the hole where the tooth root was removed, they can promote cell proliferation, leading to a quick recovery after the surgery.

This is the latest technology that has been adopted in the last six years or so.

Looking at the bill, the cost of this procedure alone was $900 (a little less than 100,000 yen).

Wow!

The pain in my wallet was greater than the pain in my teeth.

I've had the roots of my teeth pulled out many times in primitive ways.
But I've survived that, so it was okay to have it done that way.

Ouch.


Still, I am grateful for their enthusiastic attitude and the kindness that comes from the family's association with each other. My daughter gave Anna, the doctor's wife, a beautiful photo album today.
Anna always gives a flower to each patient, and this time she gave a bouquet to my daughter.
#社会

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/240 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>