記事検索

「深みに漕ぎ出して」

スレッド
「深みに漕ぎ出して」


ホサナキリスト教会・日曜礼拝のメッセージアウトラインです。



「深みに漕ぎ出して」


ルカの福音書 5章1~11節


"さて、群衆が神のことばを聞こうとしてイエスに押し迫って来たとき、イエスはゲネサレ湖の岸辺に立って、
岸辺に小舟が二艘あるのをご覧になった。漁師たちは舟から降りて網を洗っていた。
イエスはそのうちの一つ、シモンの舟に乗り、陸から少し漕ぎ出すようにお頼みになった。そして腰を下ろし、舟から群衆を教え始められた。
話が終わるとシモンに言われた。「深みに漕ぎ出し、網を下ろして魚を捕りなさい。」
すると、シモンが答えた。「先生。私たちは夜通し働きましたが、何一つ捕れませんでした。でも、おことばですので、網を下ろしてみましょう。」
そして、そのとおりにすると、おびただしい数の魚が入り、網が破れそうになった。
そこで別の舟にいた仲間の者たちに、助けに来てくれるよう合図した。彼らがやって来て、魚を二艘の舟いっぱいに引き上げたところ、両方とも沈みそうになった。
これを見たシモン・ペテロは、イエスの足もとにひれ伏して言った。「主よ、私から離れてください。私は罪深い人間ですから。」
彼も、一緒にいた者たちもみな、自分たちが捕った魚のことで驚いたのであった。
シモンの仲間の、ゼベダイの子ヤコブやヨハネも同じであった。イエスはシモンに言われた。「恐れることはない。今から後、あなたは人間を捕るようになるのです。」
彼らは舟を陸に着けると、すべてを捨ててイエスに従った。"





⑴常識の浅瀬から離れて深みへ


① 漁師としての常識。漁は日中に行うもの。

②「でも、おことばですので」
主のお言葉に、自らの経験や常識を飛び越える信頼を置いた。


⑵プライドを捨てて深みへ


①すでに網を洗い帰宅の準備は出来ている段階

② 数ヶ月間、共に旅行した主の御業と人格に触れ信頼の素地を築いていた


⑶未知の世界を拓く深みへ


①新しい自己認識〜「私は罪深い人間ですから」

②新しい使命〜「これから後、あなたは人間をとるようになるのです」そこには、これまでの経験とその人の賜物とを生かした新たな世界が広がる。


(結論)
主の言葉には常にチャレンジが満ちている。
自己が常識としてきたことが覆され、自己と世界とに対する新たな発見があり、新しく拓かれる世界への召がある。
#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

スポーツは世界の共通言語

スレッド
スポーツは世界の共通言語

本日のゲームは4対3で息子のチームの快勝。
ただ接戦の場面が続き、落ち着いて見ている事が出来なかった。

特に後半戦の終了30分前からは相手チームによるかなりフィジカルなチャージがあって防戦一方の我がチーム。

この試合には2枚のイエローカードが出されたほど少々荒れた試合となりました。

それも全力で戦おうとの気負いが、思いがけないファールとなってしまったもので決して悪意ある意図的なものではな、見ていて清々しいゲームでした。

相手チームのファインプレーには惜しみない拍手を送ります。

また今の時代は日本のニュースについても共有されていて、観戦していた米国人から台風被害について尋ねられたり、ワールドカップラグビーで日本がスコットランドに勝利したお祝いなどの言葉もいただきました。
スポーツは国境を越えて人と人との絆を結ぶものですね。
選手ばかりでなく応援に来ている父兄同士もそのようにして関係を作っています。
#スポーツ

ワオ!と言っているユーザー

ふるさと横浜

スレッド
ふるさと横浜 ふるさと横浜 ふるさと横浜 ふるさと横浜


今月オープンしたみなとみらい地区に立つAPA Hotel。

チェックインした時は関西からの帰路に手間取り、0時を超えてしまったが、大浴場が午前2時まで開いていると聞いて助かった思い。

一日中歩き通して凝り固まった足腰に湯船の恩恵は大きい。
内湯が4つ、露天風呂がジェットバスを含めて7つもあり、ガンガンと響く過労からの頭痛も癒される気分。

翌朝6時過ぎに目覚めて部屋からの眺望をパチリ。

この地区は家族連れで帰国した最初の年に滞在した思い出深い場所。
A以来、帰国前の数日間はこの地区で過ごし、ノストラジー気分に浸るのが慣例となってきた。

さらに今回はこのエリアに住む高校時代の友人と食事を共にできたのも格別な時となった。

このモダンで美しいみなとみらい地区は「浜っ子」として育てられた私のふるさと。ここにカジノなんてできて欲しくない。
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

JRパスの効力発揮とNOTおもてなし

スレッド
JRパスの効力発揮とNOTおも... JRパスの効力発揮とNOTおも... JRパスの効力発揮とNOTおも...

今回の来日に合わせて歯の治療を計画した。

1週間あまりの滞在中に4回、歯科医院へ通うことになった。
本日はその3回目の診察。

関西方面にいながらヒョイと診療のために新横浜へ通院。
これを終えると九州へトンボ帰り。

ひかりでの移動はのぞみに何度も追い抜かれ歯痒い思いをする。

さらにさらにストレスを感じるのは、海外居住者向きのWiFiアクセスが
ないことだ。

JR路線はどこも無いので、新橋駅に着くなり連絡のためスタバをたらい回しとなった。
「あっちのスタバならインターネットはありますよ」との店員の言葉に何度も裏切られて来た。

3つ目のスタバでようやく接続出来てメッセージ出来た。

新幹線各駅には自由WiFiがある。
ところが、これがまたストレスと怒りの元凶!

ホームでは弱いシグナルのため最後まで宿の予約が進まず、駅員の言う通りに階下の待合室に進む。そこではシグナルは強くてもアカウント設定のための各ページ更新がお・そ・い。

新幹線がやってきて、やむなく諦める。
宿なしのまま九州へ向かう。

途中駅で7分間ののぞみ通過待ちを利用して階下の待合室へ走る。
最後の予約完了ページが更新せずにグルグル・サインのまま、発車時間1分前まで粘るもののこれも諦めざるを得ない。再び階段を駆け上がる。

後続のひかりは無い最終列車なのだ。
荷物はひかりに置いたまま。
乗り遅れるわけにはいかない。

本日は浜松でワールドカップラグビーの日本戦。
大勢の外国人客が新幹線を利用していた。

私のように悔しい思いをしている者は多いはず。

たとい自国の電話回線アカウントを持ってなくとも自由にWiFi接続出来るインフラは先進国ではもはや、あ・た・り・ま・え。

数年前、エルサレムでは全市がアクセス可能となると聞いていたが、どうなったろうか。

米国では街中のカフェでも公共施設でも、そこら中に誰もが利用できるインターネットアクセスがある。

日本って「お・も・て・な・し」の国なんでしょ?
大手企業の皆さん、目先の利得ばかりではなく観光客の利便性をフツーに考えてくださいな。

あー、新大阪では16分間の乗り換え時間がある。
それで予約が取れなければ、24時直前に九州に到着してからだなぁ〜。
その回線も上手くいかないなら今晩は野宿となりそう。

(数時間後の追記)

新大阪の待合室でもやはりWi-Fiは超遅い。
2分前まで粘るもついに宿泊の予約は完了できなかった。走ってホームに駆け上がるが、なんとそこではなかった。隣のホームまで走ったものの九州行きのさくらは非情にも出発した後だった。
JRのWi-Fiを見限って駅構内にあるマクドナルドの店のWi-Fiを利用し近所のビジネスホテルをゲット。九州行きは明日の早朝となる予定。
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

聖句の書道展へ

スレッド
聖句の書道展へ 聖句の書道展へ 聖句の書道展へ


東海聖句書道展へ。

名古屋市中区区役所内の市民ギャラリーで開催されている展示会へ行って来ました。

掲示されている聖句はどれも有名で諳んじているものばかりですが、それがそれぞれの肉筆で書かれるとたちまちにして個性を放ち、活字とは異なる次元のSpiritを感じる。

毛筆で書かれたみことばは各人に一旦血肉として染み渡り、その筆を運ぶ筋肉運動は、みことばに出会い、対峙し、活かされた結果の精神活動でもあるからではないか。

新幹線時間が気になり朝の静止の時を怠った我が身としては、日頃とは異なる波長のSpiritが届けられたようで感動しました。

展示会は明日の日曜日まで開催しています。

#旅行

ワオ!と言っているユーザー

One for All, All for Japan.

スレッド
One for All, All for Japan. One for All, All for Japan. One for All, All for Japan. One for All, All for Japan.


初日のボランティア参加人数は57名。
二日目の朝は、38名で参加でスタート。

「つながり」では、毎朝8時半から活動開始前の朝礼、
仕事を終えた後の終礼が午後4時半から続けられている。

終礼では自己紹介を兼ねて、活動を通じて感じたことや学んだ点など各自が自由に発言する。
その日は軽く一時間を超えていた。
一人1分話したとしても57分となのだからやむを得ない。

私は溢れ出してくる感動を抑えるのに苦労しながらも3分は話した。

“One for All, All for Japan”

「つながり」のキャッチフレーズを取り上げながら、こんなにも全国各地から寄せ集まった各人多様なボランティアが一つ心となり、一つの手足となって団結して最大の力を発揮する様は米国では見ることが出来ない、日本人ならではの特異な秀逸さだ、そんなような事を感じたままに語った。

数日前の連休のある日のように200名を超える参加者があれば、終礼時間がどれほど長時間となったかは想像出来る。

暑い中、1日の厳しい作業が終わってヘトヘトになった状態で数時間の終礼を立ったまま続けるのに疑問を感じて先に帰る人もいるのだという。

だが、「つながり」代表の勝又氏は終礼を止めようとはせず、毎日続けるとの決意を話してくれた。

一言でも語ることは各人の参加された証となり、誰にも知られず分からないままで帰っていただきたくない故に、全員の前で少なくも出身地と名前を公表して欲しいのだ、と言う。

各人各様の視点で振り返った活動の総括は新しい気づきや発見が生まれ、新たな意義を見出し、それがより深い共感と連帯とを生じさせるだ、と言う。

わずか二日間であったが、すでに連帯間が半端なく育った仲間たちを後にその会場を後にするのには、辛いものがあった。





#ミニストリー

ワオ!と言っているユーザー

千葉県館山市へ災害復興ボランティア

スレッド
千葉県館山市へ災害復興ボランテ... 千葉県館山市へ災害復興ボランテ... 千葉県館山市へ災害復興ボランテ...


アクアラインで東京湾を横断して館山道を南下する。

高速道路網は進んでいて、館山市内の直前まで繋がっているのに驚く。

新横浜からここまではちょうど二時間のドライブ。

途中、自衛隊の災害救援トラックを数台追い越す。

TSUNAGARI の拠点となっているホテルのロビーで受付を済ませると早速、現場に派遣される。車で数分のところには屋根に大きな穴が空き、住民の住めなくなっている家屋がある。全ての家財道具は廃墟となり、それらを搬出して分別、袋詰めする作業。

午後は集積された瓦や廃棄物をトラックに積載する作業。

猛暑の続く中、皆が声を掛け合いながら助け合って仕事を進めていくのに励まされる。
#社会

ワオ!と言っているユーザー

館山市へ

スレッド
館山市へ 館山市へ



「災害復興ボランティアですか?偉いですねぇ」

もしそう感じられる方がいらっしゃったら、それは大きな誤解です。

私のしようとしてることなんて「ボランティア」に入るかどうか疑問です。

宿泊は、支援団体のお世話になり、Wi-Fiネットワークが通じている近代的なホテルを利用。しかもオーシャンビューの立地に立つ。
3食さえ支援団体がお世話してくれている。大浴場もあり洗濯にも困らない。

「スーパーボランティア」と言われているかの78歳になられる方が、小さなバンで駆けつけては宿泊も食事も全て自力で切り盛りしながら、一切を被災地に負担をかけずにしていることこそ本来のあり方でしょう。

明日からの私の一泊二日は、物見遊山ほどにしかならないでしょう。

それでも、人様の協力を仰ぎながら私にできることがあればさせていていただきたく考えて、明日現地に向かいます。

今からでも決して遅くありません。

私も何かお手伝いできれば、と考えていらっしゃる方があれば便乗できますのでお知らせ下さい。

レンタカー事務所の開く朝7時には新横浜のホテルに集まっていただくことになります。

私は木曜日夕刻には横浜に帰りますが、引き続き滞在することも出来ます。

#社会

ワオ!と言っているユーザー

歌舞伎でクールジャパン

スレッド
歌舞伎でクールジャパン 歌舞伎でクールジャパン 歌舞伎でクールジャパン


アリューシャン列島沖合から。

ANAの安全喚起のビデオいい!

歌舞伎役者がクールジャパンを演じてくれて、日本人としての誇りをくすぐってくれる。

日本人に生まれて良かったと、このビデオ見て単純にそう思った。

ラグビーワールドカップでウェルズの選手たちの前でその国家を歌ったとき、「なぜ日本人が我ら国歌を歌うのだ!?」と彼らが驚いたような衝撃と共通する部分があるかもしれない。
#旅行

ワオ!と言っているユーザー

サッカーの試合後に空港まで

スレッド
ここの画像は先週の試合のもので... ここの画像は先週の試合のものです サッカーの試合後に空港まで


本日の息子のサッカーの試合は見応えがあった(らしい)。

彼自身も難しいボールをうまくボレーで捉えてシュートを放つも、その弾丸シュートはゴールポスト前に立つ相手プレーヤーに運悪く弾き返され得点には結びつかなかった(らしい)。

(らしい)と書いたのは、直接の目撃者となれずに観戦していたある父親からの情報によるため。

日本出立の当日、今日の朝はてんてこ舞いだった。

ゲームがあるというので栄養価の高い目玉を息子に用意してから彼を送り出す。少なくとも試合の半分は観戦に行くよ、と言って。

ところが昨日コスコで用意した真新しい着替えやお土産を揃えるのに思わない時間がとられた。
さらにその日のランチの弁当作りもある。

試合会場に駆け付けた時には、すでに全てが終了した後だった。

この日はキャシイが観に来ていないため、私が観ていなかったとは言えない。

車中、後半戦を観戦していたことにして、試合内容をあの父親から聞いた情報から振り返り、接戦ながらも4-3で勝利した健闘を称える。

(主よ、ごめんなさい。
息子をガッカリさせるわけにはいかないのです。)

試合後は、一旦家に戻って一つの車で息子と二人、空港へ。

16歳の息子が高速を運転して空港まで見送り役が出来るだなんて未だに驚き。

#子育て

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/203 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>