記事検索

朝日を浴びてセロトニンを

スレッド
朝日を浴びてセロトニンを 朝日を浴びてセロトニンを 朝日を浴びてセロトニンを



本日の夕日は、雲を掻き分けるかのように、わずかの間隙をつくようにして太陽が顔を出してくれました。
それによって夕焼けの美しさが格段に大きく異なって来ます。

コロナに負けない免疫力を維持するために最も大切なのが睡眠だと思います。量質ともに。
私は8時間の睡眠時間の確保を心がけています。
しかし今朝はだいぶ寝過ごしてしまいました。
休日の月曜と言う油断もあったはずです。

朝、目覚めの時に起き上がる気力やその日に立ち向かう勇気を得るには、セロトニンと言うホルモンが脳内に抽出されなくてはならないとされます。そしてこのセロトニンは朝日を浴びることによって与えられるもののようです。そこで最も良いのが朝散歩であると教えられました。太陽光線を浴びて軽い運動することによって爽やかな目覚めが与えられるのです。

そんなことを多くの精神科医が指摘していますが、なかなか散歩に到るまでがきつい。
「太陽光線さえ浴びれば何とかなる」これを合言葉に明日の朝はベッドから這いずり出ようと気合を入れます。


Today's sunset, the sun came out of a small gap as if it was cutting through the clouds.
The beauty of the sunset will be much different because of it.

I think the most important thing to maintain our immunity against the corona is sleep. Both in terms of quantity and quality.
I try to get eight hours of sleep.
But I slept through a lot this morning.
I must have been careless because it's a holiday Monday for me.

In order to get the energy to get up in the morning when I wake up and the courage to face the day, I have to get the serotonin. It is said that hormones must be extracted into the brain. And this serotonin seems to be given by exposure to the morning sun. So I was told that the best thing to do is to take a walk in the morning. Exposure your body to the sun's rays and light exercise can help you wake up refreshed.



Many psychiatrists have pointed out such a thing, but it's tough even to get to the walk for me.

With this as my motto, "As long as I can get some sunshine, I can handle it," I'm going to crawl out of bed tomorrow morning released CHI in my soul.

#日常

ワオ!と言っているユーザー

日本最大の秘境を歩いてから2年後

スレッド
日本最大の秘境を歩いてから2年... 日本最大の秘境を歩いてから2年... 日本最大の秘境を歩いてから2年... 日本最大の秘境を歩いてから2年...




自宅からわずか10分足らずのところに広大な公園の入り口があります。その公園は森に包まれていて、約1マイル山道を進むと滝に至ります。歩きながら息子とは、2年前の本日にあったことなどを話していました。

2年前、私と2人の子供は三重県にある深い渓谷を走破していました。そこは登山家の深田久弥が日本3大秘境・渓谷の1つに選んだ場所であり、その道は険しく深い谷底まで直角に切り立った崖を歩く難所が至るところにありました。転落死亡事故が毎年のように発生している警告版があちこちに立っていました。子供らにはスマホを触らずに足元に注意して歩くようにと何度となく警告しました。
ところが当時友人らとInstagramの見栄えを競っていた娘は聞く耳を持たず、常に歩きながらスマホで珍しい風景の写真を撮っては編集に没頭するのです。そしてついに彼女は足をつまずかせた衝撃でスマホを谷底に落としてしまったのでした。その後1時間ほどかけて私は崖の岩肌にしがみつくようにして探したのですが、見つかりません。急流の谷底まで降りて行きましたが、やはり見つからないのです。
携帯電話よりも命の方がよっぽど大切であると判断して、とにかく3人が無事に帰還することだけを願いながらその場からUターンしたのでした。
彼女にとって命の次に大事なのがスマホでした。日本にいながらも常に友人とのコミニケーションのやりとりがエッセンシャルなようです。
私は早朝、1人で熊野古道を散策してから皆で大阪行きの特急に乗りました。予定を変更して大阪のApple店に寄っては彼女のためのiPhoneを探したのが、2年前の今日のことでした。

2年前のその時、私は彼女を大いに責めたのでした。
あれほどの警告を無視した不従順故の事故であり、その損失は自業自得だと、ストレートに伝えたのを覚えています。

2年が経った今、全体像の輪郭が浮かび上がってきました。直接の原因は彼女の不注意には違いありませんが、そのように彼女を不従順に至らせた責任は親の私にあったのです。
17歳の子が反抗的であると言うのは親との関係性が生み出した結果であり、その関係性を作り出している責任は親である私にあったと最近気づくようになったのです。
そのことは私自身当時は思いも至りませんでしたが、2年と言う時間を経て、より客観的に親子関係を俯瞰できるようになってから、そのように思いが及ぶのです。
彼女自身もこの2年間で幾多の試練を乗り越えて来ました。私どもの関係はかなり修繕されてきたように感じています。

これも全ては、主の恵みによるものです。

本日の夕日は、日輪がオリンピック山脈に沈むあたりに雲は何もなく、くっきりとそのオリンピック山脈がシルエットに浮かび上がっていました。今日ほど鮮やかにオリンピック山脈が見た事はありません。太陽が向こうの反対側からオリンピック山脈を照らしているからです。



"わがたましいよ主をほめたたえよ。主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな。
主はあなたのすべての咎を赦しあなたのすべての病を癒やし
あなたのいのちを穴から贖われる。主はあなたに恵みとあわれみの冠をかぶらせ
あなたの一生を良いもので満ち足らせる。あなたの若さは鷲のように新しくなる。"
詩篇 103篇2~5節


Less than 10 minutes from my home is the entrance to a vast wood park. The park is made of a forest and about a mile of mountain road leads to a waterfall. As we walked, my son and I were talking about what happened two years ago today.

Two years ago, my two children and I were walking through a deep canyon in Mie Prefecture. The path was steep and deep and had been chosen by the mountaineer Kyuuya Fukada as one of the three most unexplored places in Japan. There were difficult places to walk on the cliffs that were cut at right angles to the bottom of the valley, everywhere. There were warning signs standing everywhere, with fatal falls occurring every year. I warned my kids many times to watch their step and not touch their phones.

But my daughter, who was competing with her friends for the best look on Instagram at the time, wouldn't listen. She took pictures of unusual scenery with her phone and immersed herself in editing. Finally, she tripped over her foot and dropped it down the valley floor. I spent the next an hour or so clinging to the rock face of the cliff, but I couldn't find it. . We went down to the bottom of the ravine, but we couldn't find the phone.
We decided that our lives were more important than our cell phones, so I just wanted to make sure the three of us returned safely. We made a U-turn from the spot and head to trail head.
Next to her life, her phone was the most important thing to her. Even though she is in Japan, constant communication with her friends seems to be an essential part of her life.

I walked the Kumano Kodo by myself early in the morning and then we all got on the express train to Osaka. We changed our plans and stopped at the Apple store in Osaka to look for an iPhone for her. This was two years ago today.

Two years ago at that time, I blamed her greatly.
I told her straight away that it was an accident of disobedience and disregard for all those warnings, and that her loss was self-inflicted. I remember that I pointed on her this way.

Now, two years later, the contours of the whole picture are beginning to emerge. The direct cause must have been her carelessness, but the responsibility for causing her to disobey in that way was on me as parent.
17 year old being rebellious is a result of the relationship I have with her. And that relationship was created mostly by parents. I recently came to realize that I, as a parent, was responsible for creating the problem.

At the time, I didn't realize that, but after two years, I have come to realize that way. It's only when you can get a bird's eye view of the relationship after things has passed away.

She herself has gone through many trials and challenges in the past two years. I feel that our relationship has been mended considerably.



This is all by the grace of the Lord.

Today's sunset was clear, with no clouds whatsoever around the sun wheel setting over the Olympic Mountains, and its The Olympic Mountains stood in silhouette. I've never seen the Olympic Mountains as vividly as I did today, because the sun was shining on them from the other side directly without any hinderance.


"My soul, praise the Lord! Do not forget anything that the Lord has done for you well.

He has forgiven you all your iniquities and healed you of all your diseases.

He will redeem your life from the pit. He will put a crown of grace and mercy on you

He will fill your lifetime with good things. Your youth will be renewed like an eagle."

Psalm 103:2-5.
#家族 #メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

コロナ禍で多くの収入

スレッド
コロナ禍で多くの収入
  


息子と最寄りの寿司レストランに行ってきました。
シアトル近辺のレストランでは現在50%ほどの顧客許容数を店内に迎えての営業が認められています。
そこのレストランでも予約制で、しかも入店時にはマスク着用が義務付けられていて、検温もされます。

昵懇としているウェイトレスさんによると、過去数ヶ月間はテイクアウトオーダーで営業自体は続けていたものの、週に数日間の短縮勤務だったそうです。それでも休業補償が与えられるので以前よりも収入多く、労働時間が少なくなったとのこと。

米国の失業者手当は通常の給与額からの査定額以外に、コロナによる特別休業給付金として週に600ドルが与えられています。週に1日でも働けない時があればこの600ドルは保障されていますので、以前よりも多くの合算給与をいただいている方がかなりいらっしゃるのです。

これまでにお会いしてきた日本人の方は例外なくその場合、「申し訳ない」と言っては罪悪感を押し殺すような照れ笑いをされるのです。
私はその度に伝えてきたことがあります。
「申し訳なく感じることなんてありません。経済が停滞しているのですから与えられたものを有意義に活用されて、その分の収入を支出に回せば国全体の経済への潤いに貢献できるのですから」と言ってきました。

たとい全米同労者に週600ドルを輪転機で刷ったしてもインフレになることはあり得ません。インフレとは需要供給のバランスの中で通過供給過剰になったときに起こる現象です。米ドルは世界基軸通貨であり、このドルを使用している国は米国だけでは無いのです。ほぼ世界中の国がドルに対する需要がある現実において、その程度で供給過剰にはなり得ないのです。

本日シアトルの空は完全に厚い雲に覆われて夕焼けを望むことができませんでした。しかし海を隔ててカナダとの国境に数百メートルと言うホテルに滞在している娘からは、真っ赤な夕焼けの空が同時刻にレポートされてきました。

コロナ禍よって経済も社会活動も閉ざされている側面は確かにあります。と同時に、見方を変えるだけでその閉塞感も崩れてゆくのです。

My son and I went to the nearest sushi restaurant.
Restaurants in greater Seattle area are now allowed to welcome about 50% of the customers allowed in the shop. And they have a reservation system.
They require you to wear a mask when you enter the restaurant, and you have to take a temperature test.



According to my familiar waitress, for the past few months, the business itself has been a take-out order only. She continued to work, but she was working a few shortened days a week. She is still earning more money and worked fewer hours than before because she was given leave compensation from US government.

Unemployment benefits in the U.S., in addition to the amount assessed from their regular paycheck, are paid as a special leave of absence benefit due to corona for a week. You have been given $600. If you can't work even one day a week, this $600 is still guaranteed, so the total could be more than before. There are quite many people who receive combined salaries more in this way.

Without exception, the Japanese people I've met so far have said, "I'm sorry" in that case, and they feel guilty about it. They give me an embarrassed smile that pushes me away.

I've told them every time, "You don't have to feel sorry.
You have nothing to feel sorry for. It's a sluggish economy and I hope you make good use of what you've been given and use the income to pay for your expenses. I've said, "If you turn it around, you'll contribute to the economy of the whole country.

If our government prints $600 a week on a rotary press for all American workers, there will be no inflation. Inflation is a phenomenon that occurs when there is a passing oversupply in the balance of supply and demand. The U.S. dollar is the world's reserve currency and the United States is not the only country to use it. In the reality that almost the entire world has a demand for the US dollar, that degree of oversupply will not be enough.

Today, the sky in Seattle was completely covered with thick clouds that prevented us from seeing the sunset. But my daughter, who is staying at a hotel a few hundred meters across the ocean on the Canadian border, told me that the sunset was bright red. Her sunset sky was reported by sending a video at the same time.



It is true that the economy and social activities have been closed off by the corona disaster. At the same time, however, the sense of stagnation is breaking down if we change our perspective.

ワオ!と言っているユーザー

甘エビ、初経験です

スレッド
甘エビ、初経験です 甘エビ、初経験です 甘エビ、初経験です 甘エビ、初経験です 甘エビ、初経験です
本日ある方のご家族が大量に釣った甘エビのおすそ分けをいただきました。シアトル近郊の海でこれだけ立派なものが釣れるのですね。話には聞いていましたが、初めて目にして経験出来た産地産消の恵み。

2つのお皿にはそれぞれ同数の甘エビが載せられています。
一つは見ての通りの尾頭付き。もう一つはすべての殼を剥いで身だけとなったもの。こんなにも小さくなっちゃうんですね。
能登半島の金沢近郊で甘エビを賞味したのが私と甘エビとの最初の出会いでしたが、こちら米国でも遭遇できたことに感動です。

今日の夕焼けでも、初めての感動がありました。オリンピック山脈に夕日が沈んだ後に見出した、別の種類の夕焼けです。山脈向こう側ではまだ水平線上に太陽が顔を出しているはずです。そしてその後徐々に水没して行くのですが、その時に放つ赤い光線は左右広く水平線上に伸びて、真っ赤なゾーンを作っていたのです。いつもは山脈に太陽が沈むと即退散していたのですが、今回は息子に引きずられて延長戦をそうやって楽しむことができて、新たな発見につながりました。

ひとりでできること、ひとりで気がつくこと、ひとりだけで理解できることなんて笑っちゃうくらいに限られた小さな範囲に過ぎません。他者からの新たな見方や協力が得られると、新たな発見につながるものです。

"良識のない者には愚かさが喜び。英知のある者はまっすぐ歩む。
よく相談しなければ、計画は倒れる。多くの助言者によって、それは成功する。"
箴言 15章21~22節

One person's family shared a large amount of sweet shrimp that they caught today. I've heard about it, but it was the first time for me to eat it here. It’s also said that I did experience of local production and consumption.

Each of the two plates has the same number of sweet shrimp on it.
One comes with the tail and head, as you can see. The other one is all shelled off and only the body is left. They become so small.
My first encounter with sweet shrimp was when I tasted them in Noto peninsula near Kanazawa. So I'm thrilled to have encountered it here in US.

Today's sunset was also the first time I've been impressed with a different way.
It's a different kind of sunset that I found after the sun had set over the Olympic Mountains. On the other side of the mountains, the sun should still be on the horizon. And then the sun would be gradually submerging into the ocean and the red rays of light would stretch out wide on both sides of the horizon, and that were creating a bright red zone. Normally I would have left immediately when the sun set over the mountain range, but this time my son dragged me to overtime, so I enjoyed seeing it, and it led to new discoveries.

It's funny what you can do alone, what you can realize alone, what you can understand alone,
It's only a small scope, limited to about recognizing the whole world. The New perspectives and cooperation from others can lead you to new discoveries.

"Folly brings joy to one who has no sense,
but whoever has understanding keeps a straight course.
Plans fail for lack of counsel,
but with many advisers they succeed."
Proverbs 15:21-22
#日常 #メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

「悪人にも善人にも」

スレッド
「悪人にも善人にも」 「悪人にも善人にも」 「悪人にも善人にも」 「悪人にも善人にも」



数日前に取り付けた懸垂バーに子供たちが初挑戦。
特に娘の努力たるや見上げたものです。
本気で忍者のような敏捷性と筋力とを身に付けようとしています。この夏の目標を5回と設定しました。現在は2回が限度。

そしてその直後に見上げた夕日はここ最近ないほどに見ごたえのあるものでした。
彼女の努力に応えて創造主が綺麗な夕日をギフトしてくれたのかなあと。そんなことをかつて考えていた自分がいた事に気づきました。
しかしそうではありません。

聖書の世界に触れれば触れるほど、神は私たちに公平な方であることがわかってきたのです。私たちの能力や努力や成功のいかんによって素敵なものを出し惜しみされる方では無いのです。
その証拠にほら、子供たちの努力にカメラを向ける事しかしなかった怠惰な私にも、このような素敵な夕日を同様に堪能することを許してくださっているのです。

"『あなたの隣人を愛し、あなたの敵を憎め』と言われていたのを、あなたがたは聞いています。
しかし、わたしはあなたがたに言います。自分の敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。
天におられるあなたがたの父の子どもになるためです。父はご自分の太陽を悪人にも善人にも昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからです。"
マタイの福音書 5章43~45節


The kids made their first attempt at the pull up bars that were installed a few days ago.
I especially looked up at my daughter's efforts.
They are seriously trying to develop the agility and strength of a ninja. She have set a goal of 5 times for this summer. Currently, she is limited to two.


And the sunset I looked up at shortly afterwards was the most spectacular I've seen in recent memory.
I wondered if the Creator had given us a beautiful sunset in response to her efforts. I realized that I had once wondered that way before.

But it's not so.



The more I was exposed to the world of the Bible, the more I realized that God is fair to us. He is not one who is willing to give away nice things based on our abilities, efforts and successes.

The proof of this, you see, is that I've been lazy enough to only point the camera at my children's efforts. Yet, He has allowed me to enjoy a beautiful sunset as well.


“You have heard that it was said, ‘Love your neighbor and hate your enemy.’ But I tell you, love your enemies and pray for those who persecute you, that you may be children of your Father in heaven. He causes his sun to rise on the evil and the good, and sends rain on the righteous and the unrighteous.
Matthew 5:43-45

#メッセージ #家族

ワオ!と言っているユーザー

美容師の賜物発見

スレッド
美容師の賜物発見 美容師の賜物発見 美容師の賜物発見 美容師の賜物発見





今日の夕日は赤く染まらずに半焼けといったところでしょうか。

いつもの美容店に散髪に行くと今日もまだコロナのおかげで休業していました。
そこで真っ赤なドレスを着たお姉さまに散髪を頼むことになりました。真っ赤なシザーパットからカットの用途に合わせてハサミを選んでくれます。最初に取り出したのが金色にコーティングされたシーザー。

彼女はどのような髪型に仕上げるかをまずデザインし、それをゴールにハサミを髪に入れているときに無常の平安を感じるのだそうです。これは美容師の賜物ですね。ちなみに私にはそのようなArtの心がけは全く無く、Dougだけにしか興味ありません。


Today's sunset didn't turn red, it was half-baked.

I went to my usual hair salon for a haircut and it was still closed today, thanks to the corona.

So I had to ask my daughter in a bright red dress for a haircut. She chose a pair of scissors from a bright red scissor pad for the purpose of the cut. The first thing she takes out was a gold-coated scissor.

She designs what kind of haircut she wants to achieve first, and then she puts the scissors in my hair. She said she feels the peace of impermanence during haircut. This shows a gift of a hairdresser.

By the way, I don't have such a mind for Art, I am only interested in Tools and it’s usages

#家族

ワオ!と言っているユーザー

コロナ後のキャリア形成

スレッド
コロナ後のキャリア形成 コロナ後のキャリア形成 コロナ後のキャリア形成 コロナ後のキャリア形成


ひさかたぶりに見た真っ赤な夕焼け。
コロナによるステイホームオーダーが日本でも米国でも徐々に解除されて行き、元の生活に段階的にシフトする中にあります。確かコロナ騒ぎの初期にもこのような真っ赤な夕日を見ては、いつか収縮する時が来るのかなあ、なんて絶望的に夕焼けを見上げたことがありました。

世界3大投資家の1人と言われているジム・ロジャーズさん。この方は大変な勉強家で近未来の世界のあり方を歴史の教訓から予測することにたけていると定評があります。あのリーマンショックも予測できたとか。

彼に言わせると、コロナ後の世界はアメリカが没落し中国の世界覇権が始まり、さらに日本に未来はなく日本人は日本列島から逃げ出すべきであると言っています。この点は私の願望とも推測とも全く別方向です。

しかし彼の書かれたこの本には我が子にも知っておいてもらいたいキャリア形成の大切な原則があります。
今後の世界においては自分の得意分野を磨き、他者のできないこと集中しては専門性を伸ばして差異化を図ること。彼らにはこの点をぜひとも学んでもらいたいです。

「危機の時代」〜 伝説の投資家が語る経済とマネーの未来
以下はこの著書の抜粋です。

 それではロジャーズ氏は、成功するキャリアの選び方についてどのように考えているのか。日本の多くの学生は就職人気ランキングに関心を持っている。その上位には、給料が高く、安定しているように見える大企業が並んでいる場合が多い。そのような仕事選びをロジャーズ氏はどう受け止めているのか。

 「あなたが仕事を探しているなら、最も多く給料を払ってくれる会社ではなく、自分にとって最適な仕事ができる会社を探した方がいい。お金は後からついてくるものだ。あなたに適した仕事を任せてくれる会社にいるならば、安い給料でキャリアを始めても問題ではない。あなたが優れているなら、上司や同僚がそれに気付き、きっと引き上げてくれるだろう。良い企業はみな、優秀な人材を欲しがっている」

自分の能力を磨き、ほかの人にない専門性を身に付けるべきだ
 「あなたがお金を見つけるのではなく、お金の方があなたを見つけてくれるだろう。物事が本当に得意な人は少ない。自分の能力を磨き、ほかの人にないような専門性を身に付けようと努力した方がいい。投資家でもスポーツ選手でも、どんな職業でもそれは同じだ」
 自分が本当に得意なことを見つけて、それを徹底的に磨くことが差異化と価値の向上につながり、結果的にお金持ちになる可能性を高めるとロジャーズ氏は考えている。

It's the first red sunset I've seen in a while.

The stay-home order by the corona is gradually being lifted in both Japan and the US.
We are in the midst of a target shift. As I recall, even in the early days of the corona fiasco, seeing a bright red sunset like this one, I wondered if the time will come to settle down this fiasco, looking up at the sunset in despair.

Well, Mr. Jim Rogers is considered one of the three greatest investors in the world. He is a great scholar, and is said to be an expert at predicting the future of the world based on the lessons of history. It has a well-established reputation. He could even predict the Lehman shock.

He said that the post-Corona world would be starting the fall of the US and the beginning of China's global hegemony. He also says there is no future in Japan and the Japanese should flee the Japanese Islands. This is a completely different direction from my wish and speculation.

However, there are some important principles in this book that I want my children to know about career development.

In the world to come, you have to hone your strengths and focus on what others can't do and develop your expertise To make a difference from others. I want to urge them to learn this point.

The Age of Crisis - The Future of the Economy and

Money from a Legendary Investor
The following is an excerpt from this book.

So what does Rogers think about how to choose a successful career? Many students in Japan are interested in job popularity rankings. At the top of the list are often large companies that appear to be well-paying and stable. How does Mr. Rogers perceive such job choices?
 'If you're looking for a job, it's not the company that pays the most for you. You should look for a company that can offer the most fitting job for you. The money will follow. It doesn't matter if you start your career with a low salary if you're with a company that will entrust you with the right job. If you're good, your boss and colleagues will notice and will probably pull you up. All good companies want good people.

You should hone your skills and develop an expertise that others don't have.
'You won't find the money; the money will find you. Few people are really good at things. You should strive to hone your skills and develop an expertise that others don't have. Whether you're an investor, an athlete, or any profession, it's the same.
 Rogers believes that finding what you're really good at and honing it thoroughly will help you differentiate and increase your value, and ultimately increase your chances of becoming rich.
#コミュニティ

ワオ!と言っているユーザー

Happy Father’s Day

スレッド
Happy Father’s ... Happy Father’s ... Happy Father’s ... Happy Father’s ...



Happy Father’s Day!

世界中のお父様に特別な祝福がありますように。
そしてその全てのお父さんを造られた天の父なる神に栄光が帰されますように。
あなたたち2人の父であることがとても誇りであり、毎日喜びを与えてくれてうれしいです。この二日間のキャンプの中で私たちは共に父なる神の被造者であることを自然界の中で学びました。

Happy Father's Day!

Special blessings to all the fathers of the world.
And may the glory return to God the Heavenly Father who made all those fathers.

I am so proud to be a father to both of you and I am glad that you give me joy every day. During this two-day camp, we learned that we are both God the Father's creations in the natural world.
#アウトドア

ワオ!と言っているユーザー

「言葉を話したロバ」

スレッド
「言葉を話したロバ」

ホサナキリスト教会・日曜礼拝のメッセージアウトラインです。




「言葉を話したロバ」


民数記 22章21~35節


"バラムは朝起きて、自分のろばに鞍をつけ、モアブの長たちと一緒に行った。
しかし、彼が行こうとすると、神の怒りが燃え上がり、主の使いが彼に敵対して道に立ちはだかった。バラムはろばに乗っていて、二人の若者がそばにいた。
ろばは、主の使いが抜き身の剣を手に持って、道に立ちはだかっているのを見た。ろばは道からそれて畑に入って行ったので、バラムはろばを打って道に戻そうとした。
すると主の使いは、両側に石垣のある、ぶどう畑の間の狭い道に立った。
ろばは主の使いを見て、石垣にからだを押しつけ、バラムの足を石垣に押しつけたので、バラムはさらにろばを打った。
主の使いはさらに進んで行って、狭くて、右にも左にもよける余地のない場所に立った。
ろばは主の使いを見て、バラムを乗せたまま、うずくまってしまった。バラムは怒りを燃やし、杖でろばを打った。
すると、主がろばの口を開かれたので、ろばはバラムに言った。「私があなたに何をしたというのですか。私を三度も打つとは。」
バラムはろばに言った。「おまえが私をばかにしたからだ。もし私の手に剣があれば、今、おまえを殺してしまうところだ。」
ろばはバラムに言った。「私は、あなたが今日この日までずっと乗ってこられた、あなたのろばではありませんか。私がかつて、あなたにこのようなことをしたことがあったでしょうか。」バラムは答えた。「いや、なかった。」
そのとき、主はバラムの目の覆いを除かれた。すると彼は、主の使いが道に立ちはだかり、抜き身の剣を手に持っているのを見た。彼はひざまずき、伏し拝んだ。
主の使いは彼に言った。「何のために、あなたは自分のろばを三度も打ったのか。わたしが敵対者として出て来ていたのだ。あなたがわたしの道を踏み外していたからだ。
ろばはわたしを見て、三度もわたしから身を避けた。もし、ろばがわたしから身を避けていなかったなら、わたしは今すでに、あなたを殺して、ろばを生かしていたことだろう。」
バラムは主の使いに言った。「私は罪を犯していました。あなたが私をとどめようと道に立ちはだかっておられたのを、私は知りませんでした。今、もし、あなたのお気に召さなければ、私は引き返します。」
主の使いはバラムに言った。「その人たちと一緒に行け。しかし、わたしがあなたに告げることばだけを告げよ。」そこでバラムはバラクの長たちと一緒に行った。"


ロバの奇跡


①3回、意にそわないロバを打ち付けたバラム
ロバには「主の使いが抜き身の剣を手に持っている」のが見えていた。

②「主がロバの口を開かれた」ので抗議してバラムとの会話が始まった。


(2) 神の摂理


①バラムの目の覆いが取り除かれた。
事の真相を理解し、ロバが身を交わさなければ命がなかったことを告げられた。

②主の使いとは受肉前のキリストである。
バラムにとって行く手を阻む敵対者であったが、実のところ罪から救う救助者となっている。あらゆる道において神の摂理の御手を認めよう。


⑶許容される神


①バラムの悔い改めは表面的であり徹底したものではない(34)。もし本気なら条件をつけずに引き返したはず。

②「その人たちと一緒に行け」〜神の消極的で許容的な御心の表れ。私たちが頑なで強い自我があるなら、神がそれを許されるが喜ばれているわけではない。


(結論)


"彼らは正しい道を捨てて、さまよっています。ベオルの子バラムの道に従ったのです。バラムは不義の報酬を愛しましたが、
自分の不法な行いをとがめられました。口のきけないろばが人間の声で話して、この預言者の正気を失ったふるまいをやめさせたのです。"
ペテロの手紙 第二 2章15~16節

バラムの下心には、「不義の報酬を愛する」と言うものがあった。明確な神の御心が示されているのに、不純な動機でこれを曲解するなら悲劇的な結末につながる。
#メッセージ

ワオ!と言っているユーザー

親切とは強制されるべきものでなし

スレッド
親切とは強制されるべきものでな... 親切とは強制されるべきものでな... 親切とは強制されるべきものでな...


"しかし、あなたの同意なしには何も行いたくありませんでした。それは、あなたの親切が強いられたものではなく、自発的なものとなるためです。"
ピレモンへの手紙 1章14節

パウロがその弟子ピレモンに書いた手紙です。
2人の関係からすれば、パウロはピレモンに命じることができたのです。
しかし彼は命じる代わりに彼の同意を求めています。
オネシモと言う人物を扱う際に「こうしたらどうでしょうか」と提案しているに過ぎないのです。
なぜなら親切行為は命じられたするものではなく、自発的なものでなくてはならないというのが理由です。
なぜなら義務とか命令によって行うなら、すでにそれは愛によるものではないから。
「親切」とは、自発的になされる時に名付けられてそこに価値が生まれる。

本日もあるホテルのロビーの一角をお借りして勝手にオフィス代わりにさせてもらいました。
どうしてもiPadにWi-Fiをつなげる必要があり、暗証コードをフロントに聞きに行きました。
「お客様の部屋ナンバーとラストネームを入れてください」とフロント係の案内でした。
正直に宿泊者ではないことを告げると、他の方法でログインできる秘密を教えてくださいました。

「ありがとうございます。
本当に助かります。家にこもってばかりいたのでは気が変になりそうですので、ここに来ているんです。」
そう告げて、Wi-Fiを利用させてもらいました。
「もちろんいいんですよ、お客様」と気さくな笑顔を振りまくアフリカ系アメリカ人の女性。

しばらく経って喉が渇いたので水ボトルを買ってフロントに持ち出したとき、その彼女の隣には別のチーフらしきフロント係がいました。
するとそのアフリカ系アメリカ人の女性は私に「これをお部屋のルームチャージにしますか」と聞いてきたんです。もう1人のフロント係の手前、私を宿泊者に見立ててくれているんですね。
私もその芝居に付き合わなくてはならないので、「いいえ、ここに現金がありますから、これをお受け取りください」と言って5ドル札を差し出した次第です。

親切にされるってとっても気持ち良いものです。

今日の夕日の空はそんなにも赤く染まってない平凡な空模様でしたが、とびきり綺麗に見えたのはそんなことがあったからだと思います。



"But I did not want to do anything without your consent, so that any favor you do would not seem forced but would be voluntary.
Philemon, 1:14.

Paul wrote this letter to his disciple Philemon.
Given their relationship, Paul could have commanded Philemon to do it.
But instead of ordering him, he asks for his consent.
He could have merely told that in dealing with a man named Onesimo, "Here's what you should do! .

The reason is that acts of kindness are not commanded, but must be voluntary.
Because if it is done by duty or command, it is not already by love.

Kindness is named and valued when it is done voluntarily.

Today, I borrowed a corner of a hotel lobby and took the advantage of using it as my office.
Soon I needed to connect my iPad to the Wi-Fi, so I went to the front desk and asked for the code to connect to the internet.

"Please enter your room number and last name," the front desk clerk instructed.
I honestly told her that I wasn't a guest and she gave me a secret that allowed me to log in another way. .



“Thank you.
It's really helpful. I'm afraid I'd go crazy if I stayed indoors all the time, so I'm here.”
I told her this way and l could use the Wi-Fi.

That African-American woman with a friendly smile on her face said, "Of course you can, sir.”

After a while, I was thirsty, so I bought a bottle of water and brought it out to the front desk, and next to her was There was a front desk attendant who looked like another chief of staff.
Then the African-American woman asked me if I wanted to make this the room charge. Before the other front desk attendant, she was looking at me as a guest.

I had to go along with the play, so I said, "No, here's some cash for you. I said, "Please accept this," and offered her a $5 bill.
It's very nice feeling to be treated kindly.

The sunset sky today was not so reddish, but it looked so beautiful! Is this because of that kind encounter I have faced today?


#コミュニティ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 9/225 ページ
  1. <<
  2. <
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. >
  15. >>