記事検索

Tai - Diary

https://jp.bloguru.com/tai

The Bourne Supremacy (2004)

スレッド

Director: Paul Greengrass

インド、ドイツ、ロシアなどと舞台が変わります。ドイツの舞台のひとつはベルリンで、Alexanderplatzの同じ場所を通った事があり、観ていて楽しいです。この映画を観たのは初めてではありませんが、前回ベルリンのそれが気にならなかったということは、旅行した2017年9月以前に観たのだと思います。前作と監督が変わっているのに、俳優が同じためか違和感がありません。最後の十数分までカーチェイスなど目を離せず、前作と同様に面白いです。
#movie

ワオ!と言っているユーザー

オールカラー 個人事業の始め方 (2013)

スレッド

中野 裕哲 (監修)

前半は、何の事業をするかも決まっていない人向けで、これだけなら即処分する本ですが、後半に、届出など各種書類の書き方が豊富に掲載されており、これは役立つと思います。
#book

ワオ!と言っているユーザー

仕事は楽しいかね? (2001)

スレッド

デイル ドーテン (著), 野津 智子 (翻訳)

自己啓発本です。積雪のため、空港での滞在を余儀なくされた主人公が、著名な老人と出会い、人生の教訓を得る話です。ストーリーだけを見れば、以前に読んだ本と同じです。こちらの方が出版年が古いですから、以前読んだ本はそのパクリと分かります。

ベストセラーのようなのですが、ポイントが掴みにくく、良く分かりませんでした。おそらく「何でも試してみる事が重要」と言っているのだと思います。
#book

ワオ!と言っているユーザー

模擬試験 2

スレッド
模擬試験 2
2種類の模擬試験が準備されており、先日のものとは別の種類です。現状、やはり6割程度の正答率です。本試験の合格率は50%なので、現状でも合格するかも知れませんが、高額な試験なので、十分に準備したいところです。取り敢えず、今年中に受験自体は出来そうな印象です。

https://en.bloguru.com/tai/374974/2020-05-31
#msp

ワオ!と言っているユーザー

ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理 (2007)

スレッド

バートン マルキール (著), 井手 正介 (翻訳)

500ページ近くあり、読むのをためらっていましたが、名著だそうで、いざ読んでみると面白いです。要はS&Pなどのインデックスファンドさえ選んでおけば良い、という前書きの一文に尽きます。巷には様々な投資本やブログ情報で溢れかえっていますが、既に1973年の同著で結論が出ていました。

大半は、投資の歴史や多種多様な手法についての説明で、あまり興味を持てませんでしたが、私が未経験のインターネットバブルの時代やエンロン社の事例は興味深かったです。
#book

ワオ!と言っているユーザー

グローバル通貨投資 ―新興国の魅力・リスクと先進国通貨 (2015)

スレッド

棚瀬 順哉 (著)

著者は「市場関係者でも分からない」市場動向の調査が専門です。この本は主に新興国市場について、政治経済を背景に、各国の通貨の動きを説明しています。新興国債券インデックスにはポーランド・ズロチが含まれており、何故なのか疑問に思っていましたが、その理由が分かりました。
#book

ワオ!と言っているユーザー

天性

スレッド
母から「スーパーで、マスクをせずに野菜を物色し、思い切りクシャミをするおじさんがおり、皆が避けていた」と聞きました。先日、私も散髪屋へ行った時に、思い当たる出来事がありました。年齢関係なく、世論など意に介さない方は常に一定数おり、平時は問題なく、有事に悪い方向に働くのだと思います。
#coronavirus

ワオ!と言っているユーザー

モバイル・ユーザビリティ 使いやすいUIデザインの秘訣 (2013)

スレッド

Jakob Nielsen (著), Raluca Budiu (著), ヤコブ・ニールセン (著), ラルーカ・ブディウ (著), グエル (翻訳)

前作よりも出版年は新しいですが、それでも挿絵のiPhoneのスクリーンショットが古く、同業界の変遷の激しさが読み取れます。内容は悪くはないと思いますが、手元に置いておくほどのものか、悩ましいところです。
#book

ワオ!と言っているユーザー

ウェブ・ユーザビリティ―顧客を逃がさないサイトづくりの秘訣 (2000)

スレッド

ヤコブ ニールセン (著), 篠原 稔和 (著), グエル (翻訳)

色々と役立つ事が書かれているとは思うのですが、変遷の激しいWeb業界において、同書の出版年が古い事と、読んでいて面白くなかったです。同種の本の中にも面白いものはあるので、著者の書き方や翻訳者の問題と思います。
#book

ワオ!と言っているユーザー

「相続専門」のプロだけが知っている相続から家族と資産を守る61のポイント (2015)

スレッド

日本相続コンサルティング協会公認相続コンサルティングマスター (著), 杉森 真哉 (監修), 毛利 豪

相続争いは100%起こるものとして書かれた本で、以前に紹介した相続税の本よりもシビアです。内容の難しさ、および具体的な事例の数々に、読んでいて辛いですが、このくらい最悪のパターンを想定した本の方が、現実で役立つかも知れません。
#book

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ