記事検索

Tai - Diary

https://jp.bloguru.com/tai

入門 Ajax (2005)

スレッド


高橋 登史朗 (著)

Ajaxは、JavaScriptの試験で出題されるほどメジャーな存在です。この本はAjaxのみを切り取って紹介していますが、むしろJavaScript全体を勉強するのが良いと思います。一部Google Mapsの仕組みが解説されていますが、古いバージョンですので、もう使えないと思います。
#book

ワオ!と言っているユーザー

Runaway Slave (1992)

スレッド
Artist: Showbiz & A.G. from D.I.T.C.

Showbiz & A.G.のデビューアルバムになると思います。彼等のCDは買うべきものだ、と思って買いましたが、あまり聴いていませんでした。今になって聴いています。全曲ジャズのサンプリングで、かなり良いです。1995年のセカンドアルバムが一番好きですが、このデビューアルバムもかなり良いです。


#music

ワオ!と言っているユーザー

クリエイター独立マニュアル (2015)

スレッド


グラフィック社編集部 (編集)

私が熟読するにはまだ早いと思いますが、独立の際に必要な情報が一通り掲載されており、使える一冊だと思います。
#book

ワオ!と言っているユーザー

世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた: グローバルエリートは見た!投資銀行、コンサル、資産運用会社、プライベート・エクイティ、MBAで学んだ15の仕事の極意、そしてプライベートの真実 (2013)

スレッド


ムーギー・キム (著)

著者の語り口が面白いのでそちらに目が行きがちですが、要は仕事のノウハウが書かれています。金融業界の話ではありますが、同業界を垣間見る面白さ、また業種が違っても共通する内容が書かれていると思います。

https://en.bloguru.com/tai/349670/77-2016
#book

ワオ!と言っているユーザー

Volver (2006)

スレッド


Director: Pedro Almodóvar

2014年1月に購入し、今観ました。映像が綺麗で面白いのかも知れませんが、序盤から親殺しが起こってしまい、最後まで楽しめませんでした。私としては、今後DVDを購入すべきでない要注意の監督です。
https://en.bloguru.com/tai/287377/bad-education-2004
https://en.bloguru.com/tai/195087/dvd

#movie

ワオ!と言っているユーザー

Prince2 Agile (2015)

スレッド


Stationery Office (Great Britain) (著)

まだ受験するかどうか決めていませんが、定価なら1万円を超す参考書が、中古で5分の1以下で売られていたので、思わず買ってしまいました。本の状態は良くないだろうと思っていたところ、本日早速届き、開けて見てみると、ほとんど新品の状態!良い買い物をしました…というのはまだ早いか。今勉強中の試験の目処が立ったら、次の目標にしたいと思います。
#prince2agile

ワオ!と言っているユーザー

オープンソース徹底活用ZendFrameworkによるWebアプリケーション開発 (2009)

スレッド


掌田 津耶乃 (著)

PHPのフレームワーク、Zend Frameworkの参考書です。サービスを提供するZend Technologies Ltd.の創業はイスラエルで、今はアメリカに本社を置きます。2010年11月に購入したこの本に書かれているZend Frameworkのバージョンはおそらく1で、今はバージョン3が最新です。オープンソースですが、バージョン2から、私から見れば、インストール方法が難解になりました。

Zend Frameworkの利用上の問題点は、その世界的知名度に対し、日本語の書籍が少ないことと、扱える委託会社が日本に無いことです。日本ではコンテンツ管理システムのWordPressが主流であり、委託会社は右も左もWordPressを推奨します。こちらも同様に世界的知名度があることから、利用者の増加によるセキュリティのリスクを抱えるものの、対応出来る委託会社が多く存在すること、また導入の簡便さから、結果としてコスト安になる点は見逃せません。

この参考書は旧バージョンのため、最新バージョンに使えないかも知れませんが、数少ないZend Frameworkの参考書として手元に置いておきます。
#book

ワオ!と言っているユーザー

アフターマン 人類滅亡後の地球を支配する動物世界 (2004)

スレッド


ドゥーガル・ディクソン (著)

先日書いた「フューチャー・イズ・ワイルド」の後作です。てっきりこちらが前作かと思っていました。フューチャー・イズ・ワイルドを購入した半年後、2013年8月に購入しました。こちらは袋から出してもおらず、本棚に飾っていました。

何と言っても豊富なイラストが魅力的で、CGには無い味があります。図鑑として手元に残しておきたい本です。
#book

ワオ!と言っているユーザー

フューチャー・イズ・ワイルド (2004)

スレッド


ドゥーガル・ディクソン、ジョン・アダムス (著)

科学者が数百万年後、数億年後の地球に誕生する生物を予測し、CGで視覚化した絵本です。2013年1月に購入し、一部は読んだのですが、そのまま本棚にしまっていました。一番の目玉は、やはり冒頭で紹介されている、陸に上がった8トンのイカでしょうか。

手元に残しておきたい本かと言われると、現生人類が確認し得ない未来の話ですので、別に良いかな、という感じです。元々動画を見据えたCG作品のようで、YouTubeで閲覧出来るようなので、それを観るのが良いかと思います。
#book

ワオ!と言っているユーザー

仕事の哲学 (ドラッカー名言集) (2003)

スレッド


P・F・ドラッカー (著)

何年も前に、六甲道の古本マーケットで買いました。ドラッカーのコンテンツを目にするのはこれで5点目だと思います。面白かったです。自己啓発書のようでもありますが、このブログで紹介したことのある自己啓発書に比べれば重みがあります。

プロジェクト管理に通ずるものもありますが、PRINCE2のように体系化されたものではなく、あくまで発言集です。第二の人生にも言及しており、そのような狭い内容ではありません。

この本以外でも目にしたことのある「強みに集中し、苦手なことに時間を使わない」とのメッセージが一番記憶に残っています。

https://en.bloguru.com/tai/194993/1995
https://en.bloguru.com/tai/212498/2010
https://en.bloguru.com/tai/242078/2001
https://en.bloguru.com/tai/244727/2011
#book

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ