記事検索

Fukushima Daiichi Requiem

https://jp.bloguru.com/fukushima-requiem

経済的にも原発は無くして行くべきだ

スレッド
原発には採算性が無い。
国策事業として多額の税金がつぎ込まれていたため儲かるように見えるだけである。

原発建設時には、立地自治体に交付金と呼ぶ巨額の税金を流し込んで狂わした。
原発の稼働後には、大手電力に多くの税制上の恩恵を与え続けた。
使用済み核燃料処分は国に丸投げし、解体後の放射性ガレキの処分は考えなかった。
そうして、見かけ上の原発電気料金が安いように思わせた。

だが福島原発事故後、冷静に原発の採算を分析する専門家が出てきた。
今では他の発電方式に比べ、採算性の悪さが明らかになってきている。

そんな中、安全で環境に優しい再エネを採用する動きが始まった。
世界各国の技術開発の成果もあり、再エネの費用が劇的に改善されてきた。
今では再エネの単価が、他電力方式と肩を並べる所まで来ている。

再エネの主力化を考える国が増え、原発割合を増やそうとする国は数か国にまで減った。
だが残念ながら、その少ない原発推進側に日本は入っている。

原発を続けるというのは、経済的な悪化を招くだけではない。
投資して更に技術開発を促すべき再エネに資金が回らなくなる事も意味する。
過去の負の遺物を使い続ける事で、将来の芽をつぶしている事に気づかねばならない。

多額の税金を投じなければ立ち行かない原発を温存する意味は無い。
日本経済の先を考えれば、全ての原発は早く退場してもらった方が良い。

ワオ!と言っているユーザー

環境アセスメントを無視していた原発施設

スレッド
工場などの巨大施設を作る場合、事前にその施設の環境影響を調べる必要がある。
危険な化学物質などを使用する場合でも、施設外に漏れ出たりしないか。
排煙や排水などが必要な場合、その中に溶け込んでいる物質は何で量はどのくらいか。
施設から出る廃棄物は、何がどのくらいの量となるか。
数十年後に施設を解体し更地にした時、土中などに残る残留成分は何か。

この規定をそのまま原発に適用すると、環境負荷が大きすぎて建てられない。
以前は放射能廃棄物の規定も曖昧で、何の制約も無く建てられたが、
今は放射性ガレキが溢れかえっており、放射性物質の規制も強くなっているからだ。
それに稼働中に排水に漏れ出る放射性物質も、今後問題となってくる。
定期検査時に出る使用済み核燃料についても、その処遇が問われる事になる。

また、今まで解体まで及んだ原発が無かったため、閉鎖後の環境負荷が分からなかった。
だが廃炉原発が増えた今、解体時の放射性物質の事を真剣に考える必要が出てきている。

今までの原発は、国の政策という旗を掲げ、環境アセスメントを無視していた。
だが、もし真に環境影響を考えたなら、原発は建ててはならない建造物となる。

ワオ!と言っているユーザー

防災訓練で考えている災害と、原発の過酷事故は全く違う

スレッド
全国各地で行われる防災訓練。
想定される災害は、交通事故、水害、火災、地震などに分けられる。
実際の災害では、災害区域の人々は一旦別地域に避難するが、一か月以内には再建を始める。
そのため避難訓練も一時的に近隣地区へ移動し様子を見るなどが主となる。

だが原発の過酷事故は違う。
原子炉格納容器が破損したとなれば、広大な区域で遠方への避難が必要だ。
それも自分の生命が掛かっているので、一分一秒も無駄にできない。
公共交通機関も、運転手らが避難すれば使う事ができなくなる。

避難できても、災害区域が放射能で汚染されれば避難は超長期となる。
最悪では数万年も立ち入れない地となり、二度と帰ってこれなくなる事も考えられる。

原発稼働の条件としている避難計画が、これらの事を考えて作られているだろうか。
答えはもちろん否だ。

原発事故を、通常の災害想定と同じレベルで考えてはいけない。
最悪の過酷事故が起これば、日本に避難できる場所すら無くなるのだ。
真に国民の生命と財産を考えるなら、原発は全て無くしていかねばならない。

ワオ!と言っているユーザー

原発事故との関係を否定される被曝による健康被害

スレッド
福島第一原発の過酷事故は10年前だった。
だが福島第一原発事故影響は、これからも出続ける。
それが放射能による健康被害だ。

それは福島の地とは限らない。
ホットスポットと呼ばれる高放射線の飛び地は、250km圏内の各地にある。
そこで健康被害が発生しても、被曝した事さえ分からない人達がいる。

実際に被曝した人々への国や東電の対応も冷たい。
福島県や近県では、甲状腺がんなどを発症する人達がいる。
それは検査結果と地域の分布から見て、原発事故の影響だと考えて間違い無い。
だが国も東電も医学者も、飛散した放射線量を少なく見積もり事故影響では無いと言う。
過去に同様の被害の例が無く、影響有無を断定できる訳がないというのにだ。

廃炉や除染に携わった人にも健康被害が発生している。
だが、それを放射線影響だと証明できるすべがない。

これ程の被害を巻き散らす原発を、稼働させ続けて良い訳が無い。
原発は全て廃炉にして行かねばならないと、強く思う。

ワオ!と言っているユーザー

福島第一原発事故の緊迫した状況を忘れてはならない

スレッド
文部科学省の航空機モニタリング... 文部科学省の航空機モニタリング結果
10年前の福島第一原発の過酷事故で、3基の原子炉が同時にメルトダウンに陥った。
事態が悪化した場合、原発から170kmの人々を強制退避させる措置が取られる事になった。
2号機の格納容器内の圧力が異常上昇し、この措置が現実になろうとしていた。

だが2号機のどこかの配管に亀裂が入ったのか、格納容器内の圧力は急速に低下。
原子炉大爆発という究極の事故は回避された。

危機はこれで終わらなかった。
3つの原子炉から外に放出された放射能の塵は高く上空に舞い上り、
風と共に運ばれ、雨と一緒に地上に降り注いだ。
地上の放射能拡散区域は、その後の文科省の調査で250kmを超える事が分かっている。

原発近くの高放射線地域の人々は故郷を奪われ、今も数万の人々が帰れずにいる。
たった一か所の電気を作るだけの施設の事故で、
10年もの歳月を経ても元に戻らぬ現実がある。

私達は、福島第一事故の事を決して忘れてはならない。
他の原発も、常にこの事故と同じになる可能性がある。
電力不足の無い今、全ての原発は廃炉にしていかねばならない。

ワオ!と言っているユーザー

3/1:変わる時

スレッド
2011年3月11日の東日本大震災からもうすぐ10年。
今、世界は大きな変化の中にいると思います。

人の活動が地球温暖化に結び付いている事を、殆んどの人が認識するようになりました。
電力では、石炭や石油を燃やす火力発電を無くし、再エネを拡大させています。
自動車でも、ガソリンを無くし、電気自動車に移行させようとしています。
ほんの数年前には思い描くだけだったものが、今では世界の潮流になっています。

世界が変わり始めたきっかけの一つが、
あの東日本大震災とそれに続く原発事故だったと思います。
人が制御できなくなる巨大な核施設から、自然の力を利用したエネルギーへ。
あの日の世界の人の思いが、今に繋がっているのではないでしょうか。

震災から10年、その思いは現実の変化になって現れてきています。
私達は今、自らも変わる事で、大きく変わる世界をその目にする事になるでしょう。

ワオ!と言っているユーザー

福島第一原発3号機屋上の使用済み核燃料の撤去が完了

スレッド
28日、福島第一原発3号機の屋上にあった使用済み核燃料の撤去が完了した。
2011年の事故当時入っていた566体の核燃料全てを地上に降ろす事ができた。
これで事故のあった4基のうち、3・4号機の2基の使用済み核燃料撤去が完了、
少しだが、危険な状況が改善されたと言える。

だが、まだ1・2号機の屋上にある使用済み核燃料の撤去は手つかずのまま。
次の地震で崩れ落ちる危険もある核燃料の危険は去った訳ではない。

2010年代前半に立てた計画では、4基とも核燃料の撤去が終わっている筈。
計画から大きく遅れている事を忘れてはならない。

ワオ!と言っているユーザー

福島第一原発の汚染処理水は柏崎刈羽原発敷地内へ移送せよ

スレッド
13日夜に福島県沖で発生した震度6弱の地震で、福島第一原発は色々な被害が出た。
敷地内に保管されている汚染処理水を保管している大型タンクにも異常が発生した。
53基もの大型タンクが、定位置からずれたようだ。

ずれは最大19cmあったが、タンク同士をつなぐ配管に亀裂や水漏れは無かったという。
だが東北地方では、まだ東日本大震災の余震が今後も続くとされている。
大型タンク内の汚染処理水はリスク分散化のため、他の場所へ移送すべきと考える。

その輸送先だが、東北以外の原発関連の施設内が良いだろう。
そうなれば、一番の候補地は柏崎刈羽原発構内という事になる。
何しろ原発を稼働させたいと言っている地なのだから、大地震でも耐えられる。
汚染処理水の輸送に関しても、公海に放出しようと考えている水なので問題なかろう。

処理方法が決まらないからと、汚染処理水を福島に長く留め置くべきではない。
期限を決めて、早く他の原発敷地内に移送する事を考える必要がある。

ワオ!と言っているユーザー

瀬戸内海の伊予灘で震度3の地震

スレッド
23日午後4時頃、瀬戸内海の伊予灘付近でマグニチュード4.1、震度3の地震があった。
震源は、伊方原発から30kmも離れていない距離だった。
伊方原発は現在稼働しておらず、問題は無かったようだ。

過去には、伊方原発のほぼ直下でも地震が発生した事がある。
市民の安全の為にも、この原発は、このまま止まり続けてもらいたい。

ワオ!と言っているユーザー

福島第一原発1号機の格納容器に新たな亀裂か

スレッド
13日夜の東北地方で発生した地震後に、
福島第一原発1・3号機で格納容器内の水位がゆるやかに低下しているという。
格納容器には放射能デブリの発熱を抑えるため、常に注水していて問題ないと言うが、
本当に問題無いか、気になるところだ。

また、1号機の内部を不活性ガスである窒素で満たしているが、
その圧力も低下傾向にあるという。
今回の地震で、格納容器壁面に新たな亀裂が入ったのだろうか。

原発事故からもうすぐ10年が経とうとしているが、
今も福島第一原発には莫大な放射性物性が冷却されながら眠っている。
今後も監視を怠らず、廃炉の作業も着実に進めていかねばならない。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ