記事検索

フリースペース

★☆無料クラス体験★☆
申込みはsaturdayschool@bcacademy.comまで

日本語オンラインサマースクール

スレッド
日本語オンラインサマースクール
日本語オンラインサマースクールの1週目のテーマは「謎を解き明かせ!」国語・算数の教科学習やテーマ学習、プロジェクトを通じて子供たちが学年を超えて、発想豊な意見を出し合うことができました。
日本語サマースクール3,4,5,6週目のお申し込みはこちらから!
https://www.bcasaturdayschool.com/page/summer

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol. 89〜「日常を」〜

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.89●

日常を
  
 5年生のみなさんと「日常を十七音で」という教材で俳句の学習をしました。
 はじめに、例示した作品から情景や心情を想像し、俳句は季語を入れて5・7・5の音数で感動を伝えるものであることを確認。音数の数え方や句作の手順、表現の工夫を学習した後、日常の情景から見つけた言葉を書き出し、その中から選んだ一つの言葉からその時の情景や気持ちを書き込み5・7・5の型に入れました。もう一度練り直して完成です。
 45分という短い時間でしたが、知っている日本語をよりすぐって一生懸命作ってくれました。
 それぞれの日常が見えてくる素敵な作品を、そのまま紹介します。

  ○夏の雨 うさぎがぴょんぴょん 母の声
  ○はちの声 ピーピピピピピ もうダッシュ
  ○魚つり もっとやりたい 夏の海
  ○夏の雲 赤ちゃんねずみが 泣いている
  ○日曜日 ソファーでゆっくり ゲームした
  ○なつのそら ブルーベリーが さいていた
  ○オレンジ オレンジみかん色 夏のかおり
  ○レストラン 焼き肉うまいな 楽しいな
  ○りす親子 母走るけど 赤子跳ね
  ○夏の朝 犬と遊ぶよ 庭の中
  ○あめのひは そとにいけない かなしいな
  ○夏の空 かわいいセーバー 走ってる
  ○空のうえ 外の景色が きれいだな
  ○汗流す バスケットボール 追いかけて
  ○夏になり もう散っている 桜の木
  ○おじいさん 湖の前 きれいだな
  ○むしとりで どこへ行ったか 虫の声
  ○ぶらんこね 楽しそうでしょ 友達と
  ○大好きだ アートクラスの 絵画です
  ○さかなつり さおを入れたら 待つときだ
  ○食べたいよ  おいしいおすし 札幌で
  ○しとしとと 雨が降ってる 梅雨の時期
  ○バナナ 黄色いバナナ 夏のバナナ

 中髙生からの投稿も紹介します。
  ○雨上がり すり足上手 かたつむり
  ○ハイキング 緑の山道 気持ちいい
  ○山うさぎ 庭で跳ねてる 可愛いな
  ○自転車で 怖いジャンプが 楽しいよ
  ○気持ち悪 鬼滅の刃 人食い鬼
  ○外に行こう やっぱり寒いよ ハイキング
  ○炎天下 頭が燃えた バーベキュー
  ○生い茂る 山の緑が 綺麗だな
  ○卓球が 上手くなってく 部活かな
  ○目が痛い オンライン授業 いつ終わる
  ○朝起きて 授業に行って 疲れたな
  ○コロナ菌 学校がない 退屈だ
  ○たいくつで お外に行って やることなし

 俳句は、世界でいちばん短い詩と言われています。
 5・7・5の十七音という限られた音数の中で、言葉を上手に使って自分の感動を伝える伝統的な形式です。
 17音のうしろにあるものも想像できるように作るために言葉を見つめていくことは、言葉を磨き語彙力を高めることにもつながります。 これからも、その時々の自分だけが感じる素直な思いを17音にのせてみましょう。
 みなさんの「日常を」17音に。

 夏休みも是非俳句作りを続けてその時々の感動を記録し、秋に学校が始まったら教えてください。
  
 みなさん、元気に、よい夏休みを過ごしてくださいね。
#コラム #ブログ

ワオ!と言っているユーザー

6月13日

スレッド
6月13日 6月13日
5月から始まったオンライン授業も今日が夏休み前の最後のクラスとなりました。保護者のみなさまには、ご協力・ご支援をいただきありがとうございました。これから長い夏休みに入ります。9月5日からの土曜学校で元気な皆さんに再会できるのを楽しみにしております。

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol. 88〜「感謝」〜

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
※写真は昨年度のものです。

● BCA土曜学校のコラムVol.88●

感謝
  
 6月4日はWPS(中学部)8年年生の卒業式、そして今日はBCA(小学部)5年生のオンライン卒業式が行われました。 
 生徒会で作成した学校生活紹介ビデオ、幼いころの写真と成長した今の姿の紹介、お祝いの演奏、そして、卒業生代表、保護者代表、校長先生はじめ先生方のあいさつ。卒業生の皆さんの次のステージでの活躍を期待するあたたかい思いにあふれた卒業式でした。
 それぞれのあいさつの中に、「感謝」という言葉がたくさん含まれていたことが心に残り、改めて素敵な言葉であることを確認しました。

 「感謝」は、ありがたいと思う気持ちを表すこと。また、ありがたいと感じる気持ちという意味です。
 
 「感」は、「口」と「まさかり」と「心臓」が組み合わさり、口が開けられないほど心を打たれることを表す文字で、ある物事や刺激にふれて心が強く動くことやその思いを意味します。
 「謝」は、「言」と「射」が組み合わさり、口を使って言うことと張りつめた矢を手から放つことを表す文字で、言葉を発することにより緊張をゆるめることから、詫びるやお礼を伝えることを意味します。緊張をゆるめて、心の安定を得ることを象徴しているのだそうです。また、「謝」は「捨(しゃ)」にも通じ、同じ読みを持つ「捨」と同じ意味を持つようになり、捨て去るという意味も表すようになったという説もあります。
 そう考えると、謝ると言う意味の「謝」がなぜ「感謝」に入っているのかが納得できますね。

 これらの語源から、「感謝」という言葉は、人に何かをしてもらったことに対して口が開けられないほど強く心が動き、それを言葉の矢として相手に放つという意味を含んでいることがわかります。
  ありがたいと思う気持ちを表す「感」と、謝ることでこだわりを捨て心が安らぐことを表す「謝」で「感謝」。
 
 学校を巣立つ日に、お互いを思いやり「感謝」というが言葉がどの立場からも語られるWPS、BCAは素晴らしい学校だと思いました。
 卒業生の皆さんの益々の活躍を祈っています。
 幸せな未来が拓けますように。
 ご卒業おめでとうございました。
 
 私の母は、「おかげさまで」という言葉を大事にする人で、私たちは、「ありがとう」と「ごめんなさい」を言える人になりなさいと教えられて育ちました。周りの人に対して「感謝」の思いを持ち、間違ったら素直に謝罪することが何よりも大事。「ありがとう」が言えると幸せな気持ちになり、「ごめんなさい」が言えると気持ちが楽になるよ。
 そんな母の言葉も思い出した卒業式でした。
#コラム #ブログ

ワオ!と言っているユーザー

6月6日

スレッド
BCA日本語オンラインサマース... BCA日本語オンラインサマースクールの申し込みが始まりました。
登録料無料!詳細、お申し込みは、こちらからお願いします。https://www.bcasaturdayschool.com/page/summer
来週6月13日は、夏休み前の最後の授業です。来週も元気な皆さんと一緒に学習できるのを楽しみにしております。



ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol. 87〜「説明文」〜

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.87●

説明文
 

 BCA土曜学校オンライン授業では2年生から6年生まで説明文の学習をしました。
 
 2年生の「たんぽぽのちえ」は、時間を表す言葉を使って、たんぽぽが変化する様子と4つの知恵がわかりやすく説明されています。
 3年生の「こまを楽しむ」は、日本の伝統文化にかかわる題材で、こまを紹介しています。問いと答えを明確に示して、6つのこまについて説明しています。
 4年生の「アップとルーズで伝える」は、写真や図と本文を対応させて読むことによって、対比的な段落構成をつかんでいく説明文です。
 5年生の「言葉の意味が分かること」は、文化や言葉に表れたものの見方の特徴について、「初め」と「終わり」に筆者の考えが示され、「中」で定義や事例が示されています。
 6年生の「時計の時間と心の時間」は、時計が表す時間と体感する時間の違いとその関連について、筆者の主張とそれを支える事例の関係が示されています。
 1年生は、2学期に「くちばし」という初めての説明文で、クイズに答えるように問いと答えを見つけて読む学習をします。

 学年が上がるにつれ,文章量も難しい語句も多くなりますが、小学部の皆さんはよく頑張りました。1年生から学年の発達段階に応じた教材で系統的に学習することで、様々な説明文の型を知り読解力を高めることができますので、これからの学習も大事にしていって欲しいと思います。

  説明文は、筆者の主張を読者に理解してもらうことを目的として書かれた文章です。
 「初め」に、問い・話題提示・筆者の考え。「中」に、答え・例・実験・観察。「終わり」に、まとめ・筆者の考えという三構成が基本です。
 構成に着目して文章全体をとらえ、各段落の大事な部分をつかんでいくと筆者の言いたいことが見えてきます。

 今回の説明文に共通していた読解のポイントを3つ紹介します。

1、接続詞に注目
 例えば、「しかし」「けれども」「でも」などの逆接の接続詞。対立する意見を先に述べて、否定する形で自分の論を述べる書き方が多いです。また、「つまり」「このように」などの要約説明の接続詞の後には、筆者の主張がまとめられていますので注目して下さい。
2、項目立てに注目
 「第一に、第二に」「まず、次に、最後に」など、伝えたいことを分かりやすく整理して書いてある場合は、それぞれ大事な主張をしているところです。中心文に線を引いておくと主張の流れが見えてきます。
3、書き出しと文末に注目
  強く伝えたい部分は「大切なことは」「大事なことは」などで書き始めたり、「○○が重要です。」「○○と考えている。」「○○が必要だ。」などと文末を強く言い切る強調語を使用することが多いので注目してください。

 知識を得る時、何かを追求しようとした時、私たちが読む文章の多くは説明文です。
 新聞や雑誌、家電などの説明書、インターネット上の記事など、皆さんもこれからも多くの説明文にふれていきます。ゲームの攻略本も説明文ですね。
 小学部で読み方を身に付ければ、中髙部でも社会に出てもきっと役に立つはずです。日本の学校の入試には必ず説明文の問題が入っています。
 論理的にまとめられた文章を読むことで思考力も高まりますので、説明文と仲良くなって欲しいです。
#コラム #ブログ

ワオ!と言っているユーザー

5月30日

スレッド
オンライン授業も5週目を迎えま... オンライン授業も5週目を迎えました。
毎週すべての学年の出席率がとても良いのは、お子様が授業に参加するにあ たり、ご家庭内で様々な配慮をしていただいているからだと思います。ご協力を本当にありがとう ございます。
5月30日
サマースクール情報
皆様に安全に受講していただける「ハイブリッド型サマースクール」が7月から始まります。オンラインと対面授業をバランスよく組み込んだ内容になる予定です。
募集締め切りは6月25日まで延長。(BCA/WPS、BCA土曜学校の生徒には割引あり)
来週には、申し込み方法と共に詳細をご連絡できると思いますので、楽しみにしていて下さい。

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol. 86〜「俳句紹介」〜

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.86●

俳句紹介
 

 前回のブログに引き続き、BCA土曜学校中髙部の皆さんの俳句を紹介します。
それぞれの今を五七五で表現した素敵な俳句です。豊かな感性や素直な気持ちが伝わってきて、ほっこりした気持ちにさせられます。
 仲間が詠んだ十七音から、情景や心情を想像して楽しんで下さい。

 ○休校で 時間いっぱい ものづくり
 ○夏近し あたらしいこと 習ってる
 ○桜散る 風に乗ってる 白い雨
 ○泳いでる 風の海の家(や) こいのぼり
 ○桜踊る うかぶは友の 顔ばかり
 ○目がくぼむ オンラインタイム 長すぎだ
 ○コロナ菌 友達会えない 寂しいな
 ○退屈だ いつまで続く 一人遊び
 ○すぐ消える スイーツの山 容疑者多し
 ○はなれても 一緒にゲーム コロナでも
 ○友達と ゲームで遊ぶ あつ森だ
 ○退屈だ コロナウィルス 早くされ
 ○へたくそな バトミントン 楽しいな
 ○アレルギー やっぱり杉の木 コロナじゃない
 ○たいくつね おうちつまんない そといくよ
 ○コロナ菌 どうしてそんなに 強いのか
 ○ワンピース はじめてみたら 900話
 ○恐ろしい コロナウィルス うつりたくない

  俳句は、引き続き募集中です。
 自宅で家族と過ごす今だからこそ、思うことがあるはずです。あなたにしか見えない景色、あなたにしか聞こえない音、あなたにしか感じることができない思いを五七五で表現してみましょう。
  皆さんの日常を教えてください。
#コラム #ブログ

ワオ!と言っているユーザー

5月23日

スレッド
5月23日
中高部のクラスでは日本ならではの表現形式、5・7・5のリズムを使った俳句や川柳を募ったところ、味わい深い作品がたくさん集まりましたので一部ご紹介したいと思います。
今週末は月曜日まで長いお休みですね、ご家族で安全に楽しくお過ごし下さい。

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol. 85〜「川柳と俳句」〜

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.85●

川柳と俳句
 
 コロナウイルスの影響で家庭での学習を余儀なくされている中校部の皆さんに、今の思いを俳句にという課題を出し、オンラインで俳句の川柳と俳句の違いについて学習しました。
 
 五七五の定型詩であることや、俳諧の連歌から生まれたことは同じなのですが、川柳と俳句はどのように違うのかという切り口でミニ授業を進めました。
 
 俳諧連歌は、和歌を五七五と七七の二つに分けて、二人以上で完成させる言葉遊びです。通常は十人くらいで、五七五・七七、五七五・七七と繰り返しながら全体で百句になるまでつくり続けます。江戸時代、松尾芭蕉によって文学的に高められました。
 一句目となる発句は、あいさつ句とも呼ばれ、連歌会が行われる場所や季節感を上手に歌の中に盛り込む必要があります。それを受けて別の人が七七の二句目を続けます。さらに次の人が三句目以降を五七五、七七、五七五、七七とどんどんつなげて行きます。ですから連なる歌「連歌」といいます。

 「お犬様おれの四倍 床屋代」
 「名月をとってくれろと 泣く子かな」」
 
 上は、サラリーマン川柳からの引用です。
飼っているペットの床屋代が自分の4倍だという川柳に思わず笑ってしまいます。犬に「様」をつけているところもおもしろいですね。
 川柳は、このように人間模様や社会風刺を題材にし、自分の気持ちをストレートに表現します。江戸中期の前句付の点者「柄井川柳」の名前をとって川柳と呼ばれるようになりました。川柳は連歌の付け句の規則を、逆に下の句に対して行う前句付けが独立したものなのです。川柳は「吐く」と言います。

 下は、俳句集「おらが春」に収められている小林一茶の俳句です。
おんぶしている子どもが、空に輝く満月を指して「あのお月様を取って」と泣きながらねだっている様子が浮かんできますね。
「名月」という秋を表す季語が入っています。「かな」は感動を表す切れ字です。
 俳句は、俳諧連歌の発句と呼ばれる最初の一句が独立したもので、季語、切れ字などの約束ごとがあって、格調が保てるものになっています。
詠嘆を表現するので、俳句は「詠む」と言います。

 最初に投稿されたのは
「夏近しクローゼットを 片付けた」という句でした。
「夏近し」初夏を感じさせる季語ですね。衣がえの時期に、一生懸命冬物と夏物の入れ替えをしている様子が浮かんできます。どんな表情で片付けていたのでしょうか。夏に向けてどんな思いを持ったのでしょうか。俳句は、読むほうも作者の行動や気持ちを想像して楽しむことができます。
 
 皆さんも、自然や生活に目を向けて五感をとぎすまし、あなたにしか見えない・聞こえない・嗅げない・味わえない・触れられない今を、五七五の十七音で表現してみて下さい。
 今の思いはあなただけのものです。今だからこそ感じることを自分の言葉で残しましょう。
 BCA土曜学校の中髙生の皆さんが詠む俳句、楽しみにしています。
#コラム #ブログ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/38 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>