記事検索

フリースペース

★☆無料クラス体験★☆
申込みはsaturdayschool@bcacademy.comまで

BCA土曜学校のコラムVol.78〜読書のすすめ〜

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.78●

読書のすすめ

 読書は、読解力や想像力を高め思考の幅を広げます。時間にとらわれす、いつでもどこでも自分のペースで楽しめるのも良さの一つです。現実を離れて物語の中に入り、光景などをイメージしながら登場人物と一緒に行動するのは、いい気分転換にもなります。
 BCA土曜学校の皆さんには、ぜひ日本の文学作品にも親しんで欲しいと思っています。

 学校の閉鎖にともないBCA2内の「ともしび文庫」も閉館となり、本の貸し出しができない状況でとても残念ですが、   「インターネットの電子図書館」はいつでも開館していますのでお知らせします。
 
 「青空文庫」https://www.aozora.gr.jp/   
 は、著作権切れおよび著者が公開を望んだ作品が無料で閲覧できるのです。
 
 その中から、中髙の教科書に掲載されている作者を中心に、お薦めの十作品とその書き出しを紹介します。
中高部の皆さん、気になる本があったら読んでみてください。
 自分で読みたいと思った本を読むのが一番ですから、サイトを見てお気に入りの本を見つけてくださいね。

1、芥川龍之介「羅生門」
 ある日の暮方の事である。一人の下人《げにん》が、羅生門《らしょうもん》の下で雨やみを待っていた。
 広い門の下には、この男のほかに誰もいない。
ただ、所々|丹塗《にぬり》の剥《は》げた、大きな円柱《まるばしら》に、蟋蟀《きりぎりす》が一匹とまっている。羅生門が、朱雀大路《すざくおおじ》にある以上は、この男のほかにも、雨やみをする市女笠《いちめがさ》や揉烏帽子《もみえぼし》が、もう二三人はありそうなものである。それが、この男のほかには誰もいない。
 
2、太宰治「人間失格」
 私は、その男の写真を三葉、見たことがある。
 一葉は、その男の、幼年時代、とでも言うべきであろうか、十歳前後かと推定される頃の写真であって、その子供が大勢の女のひとに取りかこまれ、(それは、その子供の姉たち、妹たち、それから、従姉妹《いとこ》たちかと想像される)庭園の池のほとりに、荒い縞の袴《はかま》をはいて立ち、首を三十度ほど左に傾け、醜く笑っている写真である。

3、壺井栄「二十四の瞳」
 十年をひと昔《むかし》というならば、この物語の発端《ほったん》は今からふた昔半もまえのことになる。世の中のできごとはといえば、選挙《せんきょ》の規則《きそく》があらたまって、普通選挙法《ふつうせんきょほう》というのが生まれ、二月にその第一回の選挙がおこなわれた、二か月後のことになる。昭和三年四月四日、農山漁村《のうさんぎょそん》の名が全部あてはまるような、瀬戸内海《せとないかい》べりの一寒村へ、若い女の先生が赴任《ふにん》してきた。

4夏目漱石「坊ちゃん」
 親譲《おやゆず》りの無鉄砲《むてっぽう》で小供の時から損ばかりしている。小学校に居る時分学校の二階から飛び降りて一週間ほど腰《こし》を抜《ぬ》かした事がある。なぜそんな無闇《むやみ》をしたと聞く人があるかも知れぬ。別段深い理由でもない。新築の二階から首を出していたら、同級生の一人が冗談《じょうだん》に、いくら威張《いば》っても、そこから飛び降りる事は出来まい。弱虫やーい。と囃《はや》したからである。小使《こづかい》に負ぶさって帰って来た時、おやじが大きな眼《め》をして二階ぐらいから飛び降りて腰を抜かす奴《やつ》があるかと云《い》ったから、この次は抜かさずに飛んで見せますと答えた。
 
5、原民喜「永遠のみどり」
 梢《こずえ》をふり仰ぐと、嫩葉《わかば》のふくらみに優しいものがチラつくようだった。樹木が、春さきの樹木の姿が、彼をかすかに慰めていた。吉祥寺《きちじょうじ》の下宿へ移ってからは、人は稀《ま》れにしか訪《たず》ねて来なかった。彼は一週間も十日も殆《ほとん》ど人間と会話をする機会がなかった。

6、森鴎外「高瀬舟」
 高瀬舟《たかせぶね》は京都の高瀬川《たかせがわ》を上下《じょうげ》する小舟である。徳川時代に京都の罪人が遠島《えんとう》を申し渡されると、本人の親類が牢屋敷《ろうやしき》へ呼び出されて、そこで暇乞《いとまご》いをすることを許された。それから罪人は高瀬舟に載せられて、大阪《おおさか》へ回されることであった。それを護送するのは、京都|町奉行《まちぶぎょう》の配下にいる同心《どうしん》で、この同心は罪人の親類の中で、おも立った一|人《にん》を大阪まで同船させることを許す慣例であった。

7、吉川英治「三国志」
 後漢《ごかん》の建寧《けんねい》元年のころ。今から約千七百八十年ほど前のことである。一人の旅人があった。
 腰に、一剣を佩《は》いているほか、身なりはいたって見すぼらしいが、眉《まゆ》は秀《ひい》で、唇《くち》は紅《あか》く、とりわけ聡明《そうめい》そうな眸《ひとみ》や、豊《ゆた》かな頬をしていて、つねにどこかに微笑をふくみ、総じて賤《いや》しげな容子《ようす》がなかった。

8、魯迅「阿Q正伝」
 わたしは|阿Q《あキュー》の正伝を作ろうとしたのは一年や二年のことではなかった。けれども作ろうとしながらまた考えなおした。これを見てもわたしは立言の人でないことが分る。従来不朽の筆は不朽の人を伝えるもので、人は文に依って伝えらる。つまり誰某《たれそれ》は誰某に靠《よ》って伝えられるのであるから、次第にハッキリしなくなってくる。そうして阿Qを伝えることになると、思想の上に何か幽霊のようなものがあって結末があやふやになる。

9、中島敦「山月記」
 隴西《ろうさい》の李徴《りちょう》は博学|才穎《さいえい》、天宝の末年、若くして名を虎榜《こぼう》に連ね、ついで江南尉《こうなんい》に補せられたが、性、狷介《けんかい》、自《みずか》ら恃《たの》むところ頗《すこぶ》る厚く、賤吏《せんり》に甘んずるを潔《いさぎよ》しとしなかった。いくばくもなく官を退いた後は、故山《こざん》、※[#「埒のつくり+虎」、第3水準1-91-48]略《かくりゃく》に帰臥《きが》し、人と交《まじわり》を絶って、ひたすら詩作に耽《ふけ》った。

10、江戸川乱歩「怪人二十面相」
 そのころ、東京中の町という町、家という家では、ふたり以上の人が顔をあわせさえすれば、まるでお天気のあいさつでもするように、怪人「二十面相」のうわさをしていました。
「二十面相」というのは、毎日毎日、新聞記事をにぎわしている、ふしぎな盗賊《とうぞく》のあだ名です。その賊は二十のまったくちがった顔を持っているといわれていました。つまり、変装《へんそう》がとびきりじょうずなのです。
#コラム #ブログ

ワオ!と言っているユーザー

3月28日

スレッド
3月28日
春を彩る花には恵みの雨となった今日、2019年度卒園・卒業式・終業式がオンラインで行われました。たくさんの思い出が詰まった1年でしたね。
また、新年度に元気なみなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol.77〜「卒業」〜

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.77●

卒業

 今年度のBCA土曜学校の卒業式、卒園式、終業式は、オンラインでの式となりました。
 3月の授業が行えなくなり、先生達も土曜学校の皆さんと会えず寂しい思いをしています。そんな中、年度の節目となる儀式を大事にし、頑張った皆さん共にこの一年を締めくくりたいという校長先生の強い思いで企画されたのがオンラインの卒業式、卒園式、終業式です。
 いつもとは違う形ですが、皆さんの今までの頑張りを讃え、次のステップでの頑張りを願う気持ちは同じです。そんな思いを共有できる時間になればと思います。

 「卒業」という言葉は、「業」を「卒える(終える)」と書きます。
 意味は、大きく二つです。
 ①学校での学業課程を学び終えること。また、学び終えて学校を去ること。
 〈例〉土曜学校の小学部を卒業する。
 ②ある状態や段階を通過して次の段階に進むこと。
  〈例〉もうゲームは卒業した。

 「卒」という字は、衣の襟を重ねて結び留めた形を表しています。亡くなった方の衣の襟を重ね合わせることで、死者の魂の脱出や邪悪な霊が入り込むのを防いだといわれ、「終わる、つきる、死ぬ、ついに」の意味から、「最後にしめくくる」「終わる」へと変化したのだそうです。
 「業」という字は、楽器を並べてたてかける台の形を表しています。その台から「文字を書いた板」という意味になり、文字板に書かれたことについて知識を得るということから「学ぶ」や「仕事」という意味が派生し、「学び」へとつながったといわれています。
 それで、学校での学びを終了した時には、「終わる」の意味がある「卒」と「学び」の意味がある「業」を合わせて「卒業」です。

 幼稚園の場合は「卒園」と言います。
 「園」という字は、「囗」が形を「袁」が音を表し、「囗」はかこい、「袁」はゆったりと広いという意味を持ちます。そこから、子どもが遊んだりする場所をさす言葉としても用いられるようになりました。

 「卒業式」は、英語では「commencement」「始まり」という意味ですね。
  日本の、「終わり」という意味の儀式と違うところがおもしろいと思います。
 日本とアメリカの言葉を合わせて、「終わりは始まり」とても素敵です。

 BCA土曜学校の皆さん、卒業・卒園・終業おめでとうございます。
 春は新しい一歩を踏み出す季節です。「終わり」は次の「始まり」。
 
 新たな門出を職員一同心からお祝い申し上げます。

#コラム #ブログ

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol.76 〜花〜

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.76●



 ベルビューにもいつの間にか春が訪れ、美しい花が咲きはじめました。
 桜のやさしいピンク、水仙のあたたかい黄色、「花」は見る人の心を和ませてくれます。
 世界中が厳しい状況におかれている今、時節になって咲き出した花たちが、私たちも頑張って花を咲かせるから「人間も頑張って!」と言っているように感じます。
 BCA土曜学校の皆さん、元気に過ごしているでしょうか。

 「花」という文字の上の部分は、木の花や葉が長く垂れさがる様子を表し、下の部分は「化」変化する様子を表していることから、生物としての草木の花として使われるようになりました。
 語源は、美しく目を引くことから物の突き出た先の部分をさす「端(はな)」。開くを意味する「放つ」の「はな」。「葉」に接尾辞の「な」で「はな」。「早生(はやくなる)」の意味で「はな」。「春成(はるなる)」で「はな」などの説があるようです。
 もともとの字は、楡華校長先生の「華」です。美しい、華やか、彩り、装飾、栄える、名声が上がるなどの意味を持ち、「花」に比べると勢いとあでやかさやがある文字です。
 
 「花」は、主に様々な植物の花そのものを表現する言葉と使われていますが、花が開いたように美しく人を引きつける様子や勢いなどが盛んな様子、特にきわだっている様子などにも使われます。
 例えば「花が咲く」は、植物の花が開くという意味と、「土曜学校の話に花が咲く」のように話が盛り上がるという意味や、「彼の人生に花が咲く」のようにきわだつ時期を迎えているという意味があります。

「花」のつく慣用句から
 ○花も恥じらう(はなもはじらう) 美しい花さえ引け目を感じるほどの若い女性の美しさ。
 ○高嶺の花(たかねのはな) 見えてはいるのに手が届かないもの。自分のものにはできないもの。
 ○花を添える(はなをそえる) 美しいものの上にさらに美しさを加えること。
 ○花より団子だんご(はなよりだんご)美しい花をながめるより美味しい団子がいい。風流より実利を選ぶことのたとえ。
 ○番茶も出花(ばんちゃもでばな)器量のよくない娘でも年頃になれば美しくなること。
 ○花開く(はなひらく) ずっと努力してきたことが実ること。
 ○花も実もある(はなもみもある) 姿も中身もともに備わっていて素晴らしいこと。
 ○両手に花(りょうてにはな) 二つのよいものを同時に手に入れること。一人の男性に二人の女性が伴っていること。
 
  慣用句の他、熟語や故事、ことわざなども調べてみると面白いです。
「花」が昔から日常生活の中になじみ、人々がいかに「花」を愛でてきたかが伝わってきます。
 天気のよい日は、外に出てシアトルの春の花を探しに出かけるのもいいですね。
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol.75〜「土曜学校」〜

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.75●

土曜学校

 2年生の「見たこと感じたこと」の授業で詩の学習をしました。
教科書の「ペンペン草」「もやし」「きゅうり」「バスケットゴール」と題した四つの詩を読み、それぞれの言葉から想像を広げたり音読でリズムを感じたりしながら作者の気持ちを考えました。
 その後、土曜学校でみんなと生活した中で、楽しかったことや心に残ったことを一行の詩で表現しました。
 みんなの一行、みんなの気持ちを組み合わせたらこんなに素敵な詩ができました。
 
 
「土曜学校」
    
タイミング すき

国語、国語、なに語?
算数すきじゃない、水がすき
かん字テスト 100てん うれしいな
国語、さんすう たのしいな

音がくのうた 大好き
手話でうたった にじ

お茶の時間、イェイ イェイ
お茶が おいしい せいざもたのしい

休み時間は お友だち
休み時間 たのしいな

土よう学校は きゅうしょく
おいしい きゅうしょく
きゅうしょく いっぱい食べる
きゅうしょくが 大すき

ぱん食いきょうそう 運動会
つな引き 玉入れ 運動会

先生がすき 大すき!
土よう学校 大すき!
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

2月22日

スレッド
2月22日
今年度も茶道の授業を通し、「挨拶」や「感謝の気持ち」、「優しい心」を身に着けました。
クラスのお友達が交代でお茶を点て、日本の伝統作法でおもてなしができるようになりました。

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol74.〜自分だけの座右の銘〜

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol7...
● BCA土曜学校のコラムVol.74●

自分だけの座右の銘

 国語1の「故事成語」の学習では、故事から生まれた言葉が「今に生きる言葉」であり、座右の銘にしたり話や文章に生かしたりされていることを学びました。その後、好きな漢字を組み合わせ、今の自分のそばにおいておきたい二字熟語を作りました。
 一生懸命漢字と向き合ってできた二文字はいずれも、その人らしさが表れたその人にしか作れないとっても素敵な二字熟語になりました。
 今の自分を励ます言葉、自分だけの座右の銘をここに紹介します。

〇生徒1「笑友」しょうゆう
 理由は二つあります。
 一つ目は、友達と一緒にいるといい気分になり、友達といろんな楽しい思い出があるからです。
 二つ目は、いろんな人を笑わせると、僕も周りの人もいい気分になるからです。
 みんなが嬉しいと僕も嬉しいです。

〇生徒2「涼越」りょうえつ
 私がこの言葉を作った理由は二つあります。
 一つ目は、「涼」という文字には涼しさや爽やかさという意味があるからです。何事も深く考えすぎず単純に考え、嫌なこともきれいにさらっと流して終わらせることを目標にしたいからです。
 二つ目は、「越」に込められた意味のように、何事も乗り越えられる人間になりたいと思ったからです。私は一回きりの人生を無駄にしないために、どんな問題があってもあきらめず、前向きに立ち向かうことが大事だと思っています。今回この思いを二文字の言葉にできてとても良かったです。

〇生徒3「夢踊」むーど
 選んだ理由は二つあります。
 一つ目は、私にはダンススタジオのオーナーになるという「夢」があるからです。私はダンスをするのが大好きです。だから一生ダンスを続けたいのです。夢に向かって頑張る気持ちをこめて「夢」を選びました。
 二つ目は、「踊」っているとどんな夢も叶うと思えるからです。私のダンスチームは、何があってもみんなずっと笑っているので元気になれます。先生は「夢があったら何でもできる」と言ってくれます。
 この言葉を作って、私はずっと踊り続け、ずっと夢を忘れないようにいたいと思いました。

〇生徒4「新作」しんさく
 私が考えた「新作」は、何かを作ったり、やり遂げた後に感じるすっきりとした新たな気持ちです。
作った理由は二つあります。
 一つ目は、私はもの作りが好きなので、新しい物を作り終えた時の気持ちを表したいと思ったからです。すっと頭の中にあった考えを実現させると、とてもすっきりした気持ちになり、次にまた何か新しいものを作ろうと思えるのです。
 二つ目は、その気持ちがまた次の新しい物を作り出す力になり、どんどん技術が高まっていけばいいと考えたからです。このように楽しく物を作ることで、みんなが暮らしやすくなり世の中もよくなり人々が幸せになるといいなと思います。
 自分で「新作」という言葉を作って、これはもともとある言葉だと知りました。
 私の作った言葉とは意味が違っていましたが、私の「新作」は私だけの大事な言葉になりました。

〇生徒5「熱勝」ねっしょう
 私は二つの漢字「熱」と「勝」を選びました。
 一つ目の「熱」は、全てのことに熱意をもってやることが大切だと思ったからです。熱意があるとやる気が出て、それがいい結果につながり、さらに楽しみにもつながると思います。
 二つ目「勝」は、昨日の自分に「勝つ」「超える」ことを頭において2020年を過ごそうと思ったからです。
 今回自分の言葉を作ってみて、今年の自分の目標を確認することができました。また、やる気も高まりました。

〇生徒6「夢星」ゆめぼし
 作った理由は二つあります。
 一つ目は、「夢」は持つことで叶えることができるからです。自分がプロのスポーツプレーヤーになりたいという夢を持つから毎日練習してどんどんうまくなれます。夢を持って努力することで、高いチャンスを得ることができます。
 二つ目は、「星」ほど遠い存在でも、いつかは必ず届くと思うからです。なにかを叶えたかったらいつか必ず届くと信じて頑張ればいいと思います。
 どんなに大きな「夢」でもあきらめずに努力することを大事にしていきたいです。

 ここでは、今の自分を励ます言葉、自分だけの座右の銘から六つ紹介しましたが、全ての生徒さんの文章に自分の生活を見つめて作った熱い思いを感じました。
 漢字に込めた皆さん思いしっかり受け止めました。
 
 これからますます漢字に興味を持ってもらえたら嬉しいです。
#コラム #ブログ

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol.73 〜愛〜

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.73●


 今日はバレンタインデー「Saint Valentine's Day」です。
この日の起源については様々な説がありますが、ローマ帝国時代、禁じられていた戦士の結婚を取り持ったために処刑されたキリスト教の聖人バレンタインにちなんで、処刑日の2月14日を「愛の日」としたというのが有力なようです。

 アメリカでは、男性が女性へプレゼントを贈ったり食事に誘ったりする日で、女性が男性にチョコレートを渡し愛の告白をする日本とは全く違います。息子が母親にプレゼントを贈ったりもする素敵な日で、まさに家族や親しい人のための「愛の日」なのです。

 「愛」を辞書でひくと以下の意味が示してあります。
  ・親子・兄弟などがいつくしみ合う気持ち。
  ・特定の人をいとしいと思う心。男女間の愛情。
  ・ある物事を好み、大切に思う気持ち。
  ・幸せを願う深く温かい心。
  ・神が人類をいつくしみ、幸福を与えること。

 漢字の成り立ちは、「旡」「心」「夂」の組み合わせによる会意文字。
 「旡」は人間が後ろを向く姿、「心」は人間の心、「夂」は人の足を示し、人がゆっくり歩きながら後ろを振り返ろうとする気持ちを表したのが「愛」なのだそうです。
後に心を残しながら立ち去ろうとする人の様子というのは、上記の辞書的な意味としっくりと重なります。
相手を思いやり相手の気持ちになって寄り添おうとするのが「愛」ということでしょうか。

 日常生活で使われる「愛」のつく二字熟語を少し紹介します。
  愛着(あいちゃく)   今まで慣れ親しんだものから離れたくないと思う心。
  愛惜(あいせき)  人の死などを心から惜しみ悲しむこと。
  愛嬌(あいきょう)  接する人に好感を与え、思わず話しかけたくなるような物腰。
  愛好(あいこう)   趣味や主義としてその物事に親しむこと。
  自愛(じあい)  自分の体を大事にすること。
  仁愛(じんあい)  相手の気持ちをおしはかる優しい心。
  博愛(はくあい)   広い心で全ての人を平等に愛すること。
  友愛(ゆうあい)  知人に対しては献身的な愛を捧げ、見知らぬ他人に対しても愛を惜しまないこと。
  敬愛(けいあい)  尊敬するとともに親しみの情をもって接すること。
  親愛(しんあい)  親しみを感じている様子。

 この他にも「愛」のつく言葉はたくさんあります。
 それだけ人は「愛」を大事にし、「愛」を求めて生きてきたということでしょうか。

 今日は「愛」を考えたい日です。
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

2月8日

スレッド
2月8日
伝記を読んで、キャッチコピーを作り、その伝記を要約する5年生の宿題です。その人物の人生を知り、何を感じたかを書いています。

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol.72 〜みんなの詩〜

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.72●

みんなの詩

 4年生の国語「野原に集まれ」で、野原の生き物になって詩を書く学習をしました。
野原に生きる動物や虫や植物をいっぱい出して、その中からなりきる生き物を1つに絞り、どんな性格か、どんなことを思っているか、何が見えたり聞こえたりしているかを、その生き物になりきって考えました。
 考えた言葉を短冊状の紙に一行で書いてみんなの分を合わせ、クラスの詩の完成です。
 
 担当の先生が「とても楽しい授業でした!」と笑顔で報告してくださいました。
 みんなで作った素敵な「みんなの詩」をひとつ紹介します。 
  
「太っちょポッキー」      こいぬ ポッキー 作

こいぬポッキーはかわいくて 食べるのが大すき
小さいポッキー かわいいポッキー 大すき

こいぬポッキーは走った
こいぬはしゃぶしゃぶお肉をたべる
こいぬは海でむしゃむしゃかにを食べる
ポッキーいっぱいポッキー食べる
こいぬポッキー宿題も食べちゃった

ポッキーぼんぼん重くなる
こいぬポッキーふとっちゃった
走ってやせてまたふとる ポッキー食べてまたふとる
かわいいポッキー太ったりやせたり
寝る前食べて、起きたら食べて ちょうびっくり
あそびまわってぴょんぴょんと ふとってやせる

こいぬポッキートイレに走る
ちいさいながらもたのしく走る
可愛いこいぬがぴょんぴょん走る
ぼくも走るのが大すき

走れポッキーどこまでも
こいぬポッキー
太っちょポッキー
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/37 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>