記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon
  • ハッシュタグ「#読書」の検索結果1505件

今年の読書(31)『朝が来る』辻村深月(文春文庫)

スレッド
今年の読書(31)『朝が来る』...
気になる文庫本の新刊も見当たらず、昨年2020年10月23日より公開されました<河瀬直美>が監督を務めた映画『朝が来る』の原作を読みました。著者の作品としては、第32回吉川英治文学新人賞受賞作の『ツナグ』以来になります。

映画『朝が来る』は、第92回米アカデミー賞国際長篇映画部門の日本代表作品であり、<河瀬直美>監督は第44回日本アカデミー賞の優秀監督賞を受賞しています。

同じ建設会社に務める「清和」と「伊都子」は遅い結婚ということもあり、子供の出産に積極的ではありませんでした。40歳を目前に不妊の原因を調べますと、「清和」は無精子症という病気であることが分かります。何回かの不妊治療を行いますが改善が見られず、子供を持つことを諦めたときに、テレビで「浅見」が主催する『ベビーバトン』という特別養子縁組のテレビ番組を見たことにより夫婦で興味を持ち、説明会に出向きます。

中学生の「片倉ひかり」は、当時付き合っていた「巧」と性行為をしたのち、望まない妊娠をしてしまいます。その後、「ひかり」の父母が紹介してくれた『ベビーバトン』と呼ばれる特別養子縁組団体によってひかりの授かった子供は「清和」と「伊都子」夫婦に引き取られ「朝斗」と名付けられ、平穏な生活を過ごしていました。

それから6年後のある日、「伊都子」は「片倉ひかり」と名乗る女から「子供を返してください。厭ならお金をください」との電話を 受け取るのでした。

実写化された映画を観ていませんので、原作に忠実な構成なのかどうか分かりませんが、読んでいて原作の「片倉ひかり」の過去から現在までの描写は必然性がよく理解できませんでした。中学生で妊娠する過程、その後の人生の苦労など不要に思える描写に疑問を感じながら、読み終えました。なお。この文庫本の解説文は、<河瀬直美>が執筆しています。
#ブログ #文庫本 #読書

ワオ!と言っているユーザー

今年の読書(30)『刑事の遺品』三羽省吾(小学館文庫)

スレッド
今年の読書(30)『刑事の遺品...
著者<三羽省吾>の作品としては、『公園で逢いましょう』で感動し、『路地裏ビルヂング』を面白く読み、連名による短篇集『警官の目』の収録作品『シェパード』以来になります本書は2018年2月に『刑事の血筋』のタイトルで刊行されていますが、2021年3月10日に『刑事の遺品』と改題され文庫本として発行されています。

瀬戸内海を見下ろす人口30万人の小都市にある津之神西署の巡査部長「高岡守」は、現場に出向き港湾部で引き揚げられた刺創のある水死体をは、自らが一カ月前に取り調べたばかりの薬物の売人と思しき男「木村正」でした。すぐさま県警に捜査本部が立ち上がり、「高岡守」をはじめとした所轄の刑事たちが聞き込みを始めたものの、不可解なことに被害者の名前以外の情報が何一つ得られません。一体、この男は誰なんだと捜査が暗礁に乗り上げる中、警察庁から県警に異例とも言える人事で「守」の兄でキャリアの「剣」が着任してきます。

「高岡剣」は警察庁の指示で、まったく完璧すぎる不自然な県警の金の流れを暴くために送り込まれた一方で、その警察庁にも明かさず、汚名を着せられたまま殉職した父の最後の事件を探ろうとしていました。

情熱と刑事の誇りを胸に目の前の事件の真実を追う所轄の弟「守」と、決して冷静な姿勢を崩すことなく二十一年前の父の事件の真相に迫ってゆくキャリアの兄「剣」。時を隔てた二つの事件が次第に交錯し始めた時、反目しながらそれぞれの捜査を進めていた兄弟を導いたのは、父が遺した捜査メモのノートでした。

警官の父を持つ著者の環境が警察官舎や家庭内の描写に生かされ、「守」の相棒「久隅」刑事、「剣」の部下として付く27歳の「小谷野早苗」警部補の脇役陣のキャラクターも良く、続編を期待したい内容でした。
#ブログ #文庫本 #読書

ワオ!と言っているユーザー

今年の読書(29)『いっちみち』乃南アサ(新潮文庫)

スレッド
今年の読書(29)『いっちみち...
著者<乃南アサ>の作品は、私と誕生月日が同じということで縁を感じ、割と多く登場しているとおもいますが、本書『いっちみち 乃南アサ短編傑作集』は、単行本未収録作品を加えた2021年3月1日発行の文庫オリジナル短編集として、8篇が収められています。

1番に登場して、標題にもなっています『いっちみち』は、大分県の方言で、「行ってみて」と意味合いのようです。
●『いっちみち』・・兄や母親の起こした不祥事で親子4人が、広島に夜逃げ、離婚した母の後を追って四国松山に住み老人施設で働く46歳の「芳恵」は、新型コロナ禍の休職中に30年ぶりに故郷の大分県の臼杵に帰郷、思わぬ人物と遭遇します。
●『ルール』・・溝口家4人家族の、日常生活における潔癖な息苦しさを感じさせる家庭内の決まりごとが綴られていきます。
●『青い手』・・本短篇集で、一番のお気に入りでした。遠回しの意味深な描写で描かれる、線香屋の隠れた秘密、最高のブラックユーモアです。
●『4℃の恋』・・病院勤めの孫の「昌世」とその一家が、死期が迫っている祖父に対する、各自の我儘な行動をかなえるために取った行動とは。
●『夕がすみ』・・両親が亡くなった9歳の「かすみ」を引き取った一家に起こる不慮の事故の原因とは。
●『青い夜の底で』・・アイドル歌手に恋した女性の視点で綴る、変質的な思い入れの結末とは。
●『他人の背広』・・システム開発の仕事で顧客先の作業に出向いた滝口は、残業で待ち合わせ時間に間に合わなくなり、帰社を急ぐあまり、更衣室で間違った背広を着て出てしまいます。待ち合わせはかなわず、背広に入っていた3万円で飲み歩いた帰り酔って喧嘩を起こすのですが、事件は思わぬ方向に向かってしまいます。
●『団欒』・・「浩之」は父親の車でデート中に相手の女性は行為中に突然死んでしまい、その死体を乗せて帰宅した一家のその後が描かれていきます。「団欒」と言う言葉に込められたいびつな家族愛を恐ろしく感じさせてくれました。

全体的に、「にんげん」と言う最大のミステリーを機知に富んだブラックユーモアで綴った短編集でした。
#ブログ #文庫本 #読書

ワオ!と言っているユーザー

今年の読書(28)『ふたりぐらし』桜木柴乃(新潮文庫)

スレッド
今年の読書(28)『ふたりぐら...
好きな作家の一人として著者<桜木柴乃>の作品は、『ワン・モア』 ・ 「風葬」 ・ 『星々たち』 ・ 『砂上』 や 『霧(ウラル)』などの舞台は北海道、特に生まれ育った釧路市近辺が多く、現在は江別市在住の作家です。「新官能派」のキャッチコピーでデビューした性愛文学の代表的作家ですが、人間の本能的な行為としての悲哀という描き方であり、過激さは低く、2020年11月13日には、父親が経営していたラブホテルを舞台とした人間模様を描いた『ホテルローヤル』を原作とする映画『ホテルローヤル』(監督:武正晴)が公開されています。

本書『ふたりぐらし』は、2018年7月新潮社より単行本が刊行され、2021年3月1日に文庫本として発行されている、全10篇の連作短篇集です。

元映写技師の夫「信好」は、看護師の妻「紗弓」と二人暮らし。四十歳になる今も諦めきれない映画脚本家の夢を追い続け、定職はなく、五歳年下の妻の稼ぎで生活しています。多忙な妻に託された家事の一つ、買い出しでは身の丈を気にしながら食材の値段を確かめる。晩酌は身の丈にあった発泡酒。甲斐性のない後ろめたさもあり、痴呆の入り始めた古稀の母親に病院への道すがら鰻丼を奢られたことさえ、妻には秘密にしてしまいます。

一方の「紗弓」は、夫とその夢を大切に思いながらも、この将来の見えない生活で子供を望むこと、義母との埋まらぬ距離、「信好」との結婚にも反対だった実母との長年の確執など、家族の在り方に悩む日々でした。

幸せになるために生涯を誓ったはずなのに、結婚生活とは、夫婦の絆とは、親子とは、一体何なのだろうと考えさせられる日常の生活を、夫と妻の交互の視点で綴られ、映画ファンとしては文中に登場する作品や台詞が懐かしく楽しめました。
#ブログ #単行本 #読書

ワオ!と言っているユーザー

今年の読書(27)『紙鑑定士の事件ファイル』歌田年(宝島社文庫)

スレッド
今年の読書(27)『紙鑑定士の...
本書『紙鑑定士の事件ファイル 模型の家の殺人』は、第18回「このミステリーがすごい大賞」の受賞作品として、2020年1月に刊行され、加筆修正されて2021年2月18日に文庫本として発行されています。

建築の設計を生業としてきましたので、大賞受賞作品と言うよりは、「模型の家」と言う単語に興味を持ち手にしたのですが、あまりの面白さに、一気加勢に366ページ読み終えました。

神保町で紙鑑定事務所を営み、どんな紙でも見分けられる男「渡部圭」の事務所に、ある日「紙鑑定」を「神探偵」と勘違いしたひとりの女性「米良杏璃」が、ピンボケした戦車のプラモデルのディオラマ写真一枚をもって「彼氏の浮気調査をしてほしい」とやってきます。

「渡部」はダメ元でホビー誌の知り合いを頼りに調査を始めますが、伝説のプラモデラー「土生井」と出会ったことで意外な真相が明らかになっていきます。
「土生井」は、ごみ屋敷に認知症の母と住む冴えない中年独身男性ですが、プラ模型のことが絡むと驚くべき洞察力と知識で、名推理を披露していきます。

そして無事に浮気事件を解決したその翌日、「渡部」の事務所に「行方不明になった妹・英玲奈を探してほしい」と言う女性「曲野晴子」が、妹の部屋にあった古い住宅のミニチュアを持って訪ねてきます。
再び「土生井」の模型に対する造詣の深さと推理力の協力を得て、住宅のミニチュア模型を調査していた「渡部」は、その中に恐ろしい大量殺人が示唆されていることを知り、真相を突き止めるため奔走します。

「紙」と「模型」の達人コンビが、知識と推理力を駆使して織りなすミステリーですが、ぐいぐいと引き込まれてゆく構成に圧倒されました。まだ3月ですが、早くも<濱嘉之>の『紅旗の陰謀』と並ぶ、今年のベスト3候補作品だと思います。
#ブログ #文庫本 #読書

ワオ!と言っているユーザー

今年の読書(26)『イエロー・エンペラー』吉川英梨(宝島社文庫)

スレッド
今年の読書(26)『イエロー・...
著者<吉川英梨>の作品として 『十三階の女』 や 『十三階の神』 を読んでいる間に、刑事「原麻希」を主人公とする 『アゲハ 女性秘匿捜査官・原麻希』 に始まるシリーズが11冊刊行され、最新刊【2021年2月18日刊)の本書『警視庁捜査一課八係 警部補・原麻希 イエロー・エンペラー』が12番目を数えていますので、シリーズの人気のほどがうかがえます。

シリーズとして間が飛んでしまいましたので、関連する事件や登場人物の背景が心配でしたが、本書単体でも十分に読み応えがありました。

警視庁捜査一課八係に所属する「原麻希」は、連続殺人事件を首謀したと思われる極右翼組織「大日本皇桜会」の「椿聖一郎」の捜査をすすめていました。そんなある日、自宅で偶然に催眠術の番組の生配信を見ていると殺人現場が放送され、あわてて現場に向かうも単なるショー番組でした。

しかしその裏には「椿」の殺人事件への陰謀の幕開けでした。「椿」事件の捜査と並行して、元恋人の「広田達也」刑事のパニック障害の催眠治療の様子が描かれ、大学の時から26年経つ現在までの「達也」と「麻希」の関係がせつなく描かれています。

パニック障害の本当の原因はなんなのか、「椿」によって引き起こされた事件の真相の究明は、最後まで面白く読め、次回13作目へと期待がかかります。
#ブログ #文庫本 #読書

ワオ!と言っているユーザー

今年の読書(25)『玉村警部補の巡礼』海堂尊(宝島社文庫)

スレッド
今年の読書(25)『玉村警部補...
2014年は、弘法大師が遍路創設1200年の節目に当たる年ということで四国88カ所を舞台とした『玉村警部補の巡礼』は、2018年4月に単行本として刊行され、2020年11月20日に文庫本として発行されています。

四国88カ所は、一度は巡礼として「歩き遍路」で回ってみたいと思いながら、<熊倉伸宏>の 『あそび遍路』 や<宮田珠己>の 『だいたい四国八十八ヶ所』 等で楽しむだけでしたが、遍路の概略の素地があっただけに、本書をより楽しめた気がします。

表題通り、リフレッシュ休暇で八十八カ所を巡ろうとする桜宮署の「玉村誠警部」になぜかデジタル・ハウンドドッグ(電子猟犬)と怖れられる警察庁の「加納警視正」が同行し、遍路先で不可解な事件にあうのですが、解決してゆく4件の事件が納められています。

前作『玉村警部補の災難』を引きずる場面もありますが、その他著作がらみの 「黄金の地球儀」 の登場などサービス描写も見受けられ、<海堂尊>ファンにはたまらない凸凹コンビのエンターティメントな一冊でした。

#ブログ #文庫本 #読書

ワオ!と言っているユーザー

今年の読書(24)『風のかたみ』葉室麟(朝日時代小説文庫)

スレッド
今年の読書(24)『風のかたみ...
時代小説の好まれる作家としては、一般的に史実的にまとめる<司馬遼太郎>を筆頭に江戸時代を舞台に、庶民や下級武士の哀歓を描いた<藤沢周平>や<池波正太郎>が人気どころだと思いますが、私は<葉室麟>も外せない作家です。
(朝日時代小説文庫)としては 『柚子の花咲く』 以来になります『風のかたみ』です。

藩主の世継ぎ問題で、藩主と対峙した豊後安見藩一門衆筆頭の「佐野了禅」は上意討ちされ、二人の息子共々屋敷に火を付けて亡くなります。残された「佐野了禅」の妻「きぬ」をはじめ一族の女たちは、女中を含めて7人、白鷺屋敷と呼ばれる別宅で、藩の沙汰を待っている状況でした。

そんなおり、女医師「桑山伊都子」は、目付方「椎野吉左衛門」より、白鷺屋敷に住み込み、佐野家の女人たちが自害しないように、また、世継ぎが生まれないかの密偵役を務めるように指示されます。

二男の嫁「初」を巡り盗賊が現れたり怪奇な事件が起こる中、目付の「椎名」は女一族の抹殺を計りますが、佐野家の女たちは、武家の女として、したたかな思いを秘めていました。

武士としての生き方、男としての矜持を見事に描く<葉室麟>ですが、その裏を支える、武家の女たちの悲哀を心地よく描き出しています。
#ブログ #文庫本 #読書

ワオ!と言っているユーザー

今年の読書(23)『街と山のあいだ』若菜晃子(中央出版社)

スレッド
今年の読書(23)『街と山のあ...
著者<若菜晃子>が、1968年兵庫県神戸市生まれだということで、手にしてみましたエッセイ集『街と山のあいだ』(2017年9月刊)です。

学習院大学国文学科卒業後、登山の専門出版社「山と渓谷社」に入社、『wandel』編集長、『山と渓谷』副編集長を経て独立、文筆家として活躍する著者が、山にまつわる記憶や体得してきた思想を、情緒豊かに綴っています。

四季にわたる山行記やよく登る山、道具の話など、細やかなエピソードに彩られた59篇が掲載されています。「人生に、山があってよかった」と山が好きな人も山に憧れる人にも、街に埋もれている人にも自然を感じられる一冊でした。

「人生に、山があってよかった。」と言い切る著者には、山ではどんな景色が見えるのか、何度も登りたくなる理由は何なのか。著者の文章の力で、山の魅力に共感することができます。巻末には、本文に出てくる山名一覧(国内)がまとめられています。
#ブログ #単行本 #読書

ワオ!と言っているユーザー

今年の読書(22)『モールハンター』初瀬礼(双葉文庫)

スレッド
今年の読書(22)『モールハン...
本書の正式なタイトルとしては、『警察庁特命捜査官水野乃亜 モールハンター』になります。

新聞広告を見て、女性捜査官「水野乃亜」が主人公だということで手にしてみましたが、すでに第1巻として『警察庁特命捜査官水野乃亜 ホークアイ』(2019年6月)が刊行されているようで、本文中に第1巻の流れをくんだであろう表現の箇所が多く出てきていました。やはり、シリーズ物は最初から続けて読むのがいいようです。

コロナ禍後、外国人労働者の受け入れ拡大に伴い外国人犯罪も増加傾向にあり、上海マフィア「七合会」を中心とし、日本の半グレ集団との抗争が絶えません。

そんな中、国は隠密に通訳を兼ねて外国人警察官の採用を検討、各国の現役警察官を通訳だとして、組織に採用、法案改正の実績を作ろうと、警察庁キャリアの「水野乃亜」に管理官として着任させますが、留置していた事件の関係者が毒殺されるという事件が発生。

警察上層部は、組織内部に「モール=内通者」がいるということで「水野乃亜」に殺人事件捜査と合わせて、「モール」のあぶり出しを任せます。

現場のノンキャリア刑事たちと、通訳という隠れ蓑の刑事たち、キャリアの「水野乃亜」という三すくみの中での捜査が進みます。事件解決後は、やはり「ホークアイ」で取り逃がした「遠藤美沙」の名が登場、第3巻へと続く伏線が感じ取れました。
#ブログ #文庫本 #読書

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ