記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon
  • ハッシュタグ「#芸能」の検索結果1696件

<中村アン>『DCU』@TBS系日曜劇場

スレッド
「成合隆子」役の<中村アン> 「成合隆子」役の<中村アン>
本日16日より、TBS系日曜劇場枠にて『DCU』(毎週日曜 21:00)の放送が始まります。

ドラマの舞台となるのは、海上保安庁に新設された水中事件や事故の捜査を行うスペシャリスト集団「DCU(潜水特殊捜査隊)」。彼らの使命は、従来の海上水域だけでなく警察の捜査では困難な「危険極まりない日本全国の河川や湖」など、あらゆる水中に潜り隠された証拠を探し、〈水中未解決事件の解明〉をミッションとしています。「DCU」の隊長「新名正義」を<阿部寛>が演じ、「新名」とバディを組む隊員ダイバー「瀬能陽生(はるき)」を<横浜流星>が演じています。

2022年、海上保安庁に「潜水特殊捜査隊」、通称「DCU(Deep Crime Unit)」が発足しました。「DCU」設立の目的は、島国日本において海や河川で発生する事件の解決や、水際からやってくるテロなどからの防衛です。いわば水際捜査に特化したエキスパート集団です。

隊長となったのは、50歳を迎えた「新名正義」(阿部寛)。メンバーには海保のエリート「西野斗真」(高橋光臣)、女性初の潜水士となった成合隆子(中村アン)らでした。そして過去に水難事件で新名に命を救われた「瀬能陽生」(横浜流星)も加わっています。「DCU」は海上・水中だけではなく陸上の捜査権限も与えられることになるののですが、そのことが警察関係者との間に溝を生んでいました。
#テレビドラマ #ブログ #芸能

ワオ!と言っているユーザー

『愛しい嘘~優しい闇~』@テレビ朝日

スレッド
『愛しい嘘~優しい闇~』@テレ...
女優の<波瑠>が主演、俳優の<林遣都>が共演する、テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』が14日(毎週金曜・23:15)よりスタートします。番組放送に合わせて、原作『愛しい嘘 優しい闇』4巻(BE LOVE KC・講談社)がコラボ表紙で、きょう13日に発売されています。

原作最新巻の4巻には、主人公「今井望緒」役の<波瑠>、初恋の相手「雨宮秀一」役の<林遣都>が表紙を再現したダブルカバーで登場となっています。

2020年4月から講談社の無料マンガアプリ『Palcy(パルシィ)』で連載が始まった<愛本みずほ>の人気女性漫画『愛しい嘘 優しい闇』が原作のドラマです。

上京して漫画家デビューするも鳴かず飛ばずで、今後の人生に迷いを感じている主人公「今井望緒」(波瑠)が、中学の同窓会で初恋の人「雨宮秀一」(林遣都)を含む仲良し6人組と再会。14年ぶりの再会がもたらしたのは、郷愁の念と甘酸っぱい恋の再燃だけではありませんでした。

後日、この中から不審死を遂げる者が続発する事態に。犯人はこの中にいるかもしれない。そんな疑惑の同級生たちを、<溝端淳平>、<本仮屋ユイカ>、<黒川智花>、<新川優愛>が演じています。
#テレビドラマ #ブログ #漫画 #芸能

ワオ!と言っているユーザー

<小栗有以>表紙カバー@『週刊少年サンデー』7号

スレッド
<小栗有以>表紙カバー@『週刊...
女性アイドルグループ「AKB48」の<小栗有以>(20)が、1月12日発売の『週刊少年サンデー』7号(小学館)の表紙&巻頭グラビアに登場しています。

今回は、1月18日に発売されます1st写真集『君と出逢った日から』(2200円・撮影:細居幸次郎・小学館刊)のアザーカットが公開され、初水着カットなどが掲載されています。

<小栗有以>は、2014年の『AKB48 Team 8 全国一斉オーディション』に東京都代表として合格して活動をはじめています。2016年11月16日発売の「AKB48」の46thシングル『ハイテンション』で初めてシングル表題曲の選抜メンバーに入りました。
また、2018年7月放送開始のテレビドラマ『マジムリ学園』では連続ドラマ初主演を務め、10月19日から28日にかけて上演された舞台版『マジムリ学園』では、<岡田奈々>とのダブル主演を務めています。
2019年12月31日の『第70回NHK紅白歌合戦』では、センターポジションを務めました。
#ブログ #芸能 #表紙カバー

ワオ!と言っているユーザー

『嘘喰い ー鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇ー』

スレッド
『嘘喰い ー鞍馬蘭子篇/梶隆臣...
<横浜流星>主演で人気漫画を実写化した2月11日公開の映画『嘘喰い』で、<佐野勇斗>と<白石麻衣>が演じるキャラクターに焦点を当てたオリジナルドラマ『嘘喰い ー鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇ー』(全4話)が、映画公開と同日に映像配信サービス「dTV」で独占配信されることが発表されています。

会員制の闇倶楽部「賭郎(かけろう)」を舞台に、<横浜流星>演じる天才ギャンブラー「斑目貘」が史上最恐のデス・ゲームを繰り広げる映画の中で、「貘」と出会い借金まみれの人生が一変、裏社会でのし上がっていく青年「梶隆臣」(佐野勇斗)とサディスティックな最狂女組長「鞍馬蘭子」(白石麻衣)。ドラマでは、この2人が、親友、クズ親、抗えない過去といった、それぞれ背負うもののために、究極の騙し合いゲームに挑む様を描いています。

<佐野勇斗>が演じる「梶隆臣」は、映画では「貘」の相棒として行動を共にしますが、本作ではギャンブラーとして成長していくきっかけのゲーム「セブンポーカー」に挑む姿を描きます。過去に自分を捨てたクズな母親との対峙、幼馴染との淡いロマンスなど熱演しています。

<白石麻衣>が演じる「鞍馬蘭子」篇では、客から金をむしり取る闇カジノを仕切る女組長の「蘭子」が、大切な親友のために、過去の敵と再び対峙するドラマオリジナルストーリーが展開。手に汗握る頭脳心理バトルをはじめ、「蘭子」の知られざる過去や最狂女組長としての〈ド S〉 全開シーンも見どころとなります。

その他、<森崎ウィン>、<村上弘明>ら映画版キャストに加え、<西村和彦>、<忍成修吾>、<山本千尋>、<工藤美桜>が主要キャストに名を連ねています。

監修を担当したのは、映画で監督を務めた<中田秀夫>です。「梶隆臣篇」は迫稔雄による原作のエピソードをもとに、「鞍馬蘭子篇」はオリジナル脚本でドラマ化されました。
#テレビドラマ #ブログ #映画 #芸能

ワオ!と言っているユーザー

<本郷柚巴>表紙カバー@『週刊ヤングマガジン』6号

スレッド
<本郷柚巴>表紙カバー@『週刊...
大阪・難波を拠点に活動する女性アイドルグループ「NMB48」の<本郷柚巴>(18)が、昨年末前代未聞の『週刊ヤングマガジン』「49号」に続き「50号」と連続表紙カバーの登場でしたが、8日発売の『週刊ヤングマガジン』6号(講談社)の表紙&巻頭グラビアに早くも再登場しています。

2015年にドラフト2期生として「NMB48」に加入した<本郷柚巴>ですが、昨年5月にグラビアデビューを果たして以降、いまや大阪・難波から全国区の人気者になっています。その勢いは年が明けても加速する勢いです。

発売中の『月刊少年チャンピオン』新年2月号(秋田書店)に、同じ「NMB48」の<上西怜>(20)、<安部若菜>(20)と登場しています。日本一のカバーガール目指して、2022年も多くの表紙カバーやグラビアに登場してきそうな予感です。
#ブログ #芸能 #表紙カバー

ワオ!と言っているユーザー

『コンフィデンスマンJP学園 英雄編』@フジテレビ

スレッド
セーラー服姿の生田絵梨花(左)... セーラー服姿の生田絵梨花(左)、長澤まさみ(中央)、織田梨紗(右)
『コンフィデンスマンJP』の特別番組『コンフィデンスマンJP学園 英雄編』が、1月10日(月・祝)からフジテレビで5夜連続放送されることが発表されています。

『コンフィデンスマンJP学園 英雄編』と題した特別番組では、<長澤まさみ>が学級委員長として出演。<東出昌大>、<小日向文世>、<小手伸也>、<織田梨沙>、<赤ペン瀧川>らレギュラーキャストに加え、2022年1月14日公開の映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』から<瀬戸康史>、<生田絵梨花>が生徒になって〈世界の英雄〉について学んでいきます。

男性キャストが日替わりで先生に扮し、<ナポレオン>や<坂本龍馬>、<ジャンヌ・ダルク>といった英雄を紹介していきますが、ある1人の英雄のエピソードには嘘があります。

<放送スケジュール>フジテレビ 2022年1月10日(月・祝)~14日(金)
小手伸也 先生「ナポレオン」11日(月・祝)24:55~25:05
東出昌大 先生「カエサル」11日(火)24:25~24:35
瀬戸康史 先生「織田信長」1月12日(水)24:25~24:35
赤ペン瀧川 先生「坂本龍馬」1月13日(木)24:25~24:35
小日向文世 先生「ジャンヌ・ダルク」1月14日(金)24:25~24:35
#テレビドラマ #ブログ #芸能

ワオ!と言っているユーザー

<満島ひかり>『徹子の部屋』@テレビ朝日系

スレッド
<満島ひかり>『徹子の部屋』@...
女優の<満島ひかり>(36)が、1月7日<13:00~13:30>放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』に出演していました。

7日より公開されています映画『日本語劇場版 サンダーバード55/GOGO』では、「ペネロープ」に声を当てています<満島ひかり>です。

テレビシリーズ『サンダーバード』で<黒柳徹子>さんが演じた「ペネロープ」役を引き継ぐ形となりました。ドラマ『トットてれび』( 2016年 4月30日 から 6月18日・NHK)では「黒柳」役を務めたこともあり、番組内では2人の縁についてトークがすすんでいました。

また、両親に代わって弟たちの面倒を幼い頃から見ていたという<満島ひかり>は、本の読み聞かせも抑揚を付けて工夫していたそうです。今回は、初めて人前で〈演技〉をした幼少期の映像が初公開されていました。
#テレビ番組 #ブログ #声優 #映画 #芸能

ワオ!と言っているユーザー

<黒木華>『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』@フジテレビ系

スレッド
<黒木華>『ゴシップ#彼女が知...
明日1月6日に連続ドラマ『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』が、フジテレビ系にて木曜午後10時よりスタートします。大手出版社「クスノキ出版」が運営するネットニュースサイト『カンフルNEWS』を舞台に、そこで働く者たちの仕事、生き方、恋愛を通して「新時代の人と人とのつながり」を描くオリジナル作品です。

主人公「瀬古凛々子」(黒木華)と、同期入社の「根津道春」(溝端淳平)は、主に著名ライターのコラム連載やエンタメ関係のインタビュー記事を担当しています。PV数の伸びそうな〈煽りタイトル〉を付けるのが得意で、「帰るのがめんどくさいから」とほとんど会社に住んでいます。

「根津道春」は、父親の影響で記者を目指して「クスノキ出版」に入社。もともとは週刊誌「週刊カンフル」の記者をしていましたが、自分が書いたスキャンダル記事がきっかけでトラブルが起こり、それ以来、仕事は給料さえもらえればそこそこでいいという考えになっています。

「クスノキ出版」の経理部に所属する「瀬古凛々子」は、優れた洞察力でちょっとした矛盾や誤りを見抜く能力に長けており、その厳しいチェックぶりから地獄の番犬〈ケルベロス〉と呼ばれています。そんな「凛々子」の能力を認める執行役員の「仁和正樹」(安藤政信)は、会社が運営する『カンフルNEWS』の立て直しを命じます。

『カンフルNEWS』は他社のニュースやブログ記事のコメントをコピペしただけの〈コタツ記事〉ばかりを発信し、PVは月間50万程度、広告もろくにつかないというお荷物部署状態でした。編集部にやってきた「凛々子」は、月間5000万PVという目標を掲げ、そのために「ゴシップで攻める」という戦略を立てます。編集会議では早速、ある会社のパワハラ疑惑が持ち上がります。
#テレビドラマ #ブログ #芸能

ワオ!と言っているユーザー

故<デビッド・ボウイ>の楽曲の権利(約290億円)で売却

スレッド
故<デビッド・ボウイ>の楽曲の...
英国出身の伝説的ロック歌手、故<デビッド・ボウイ>(1947年1月8日 ~2016年1月10日)の楽曲の権利が、米音楽出版大手ワーナー・チャペル・ミュージック(WCM)に売却されています。同社と<デビッド・ボウイ>さんの資産管理団体が、発表しています。売却額は2億5千万ドル(約290億円)以上といいます。

<デビッド・ボウイ>は南ロンドン生まれ、69歳でした2016年、肝臓がんによってニューヨークで亡くなるまで、『スペイス・オディティ』・『ジギー・スターダスト』・『ヒーローズ』といった優れたアルバムを発表し続けた。売却契約は昨年11月リリースの『トイ』の楽曲を含め、400曲以上の作品の権利に及んでいます。

音楽業界では、同様の動きが相次いでいます。2020年12月には、ノーベル文学賞を受賞した<ボブ・ディラン>さんが3億ドル超でユニバーサル・ミュージック・パブリッシング・グループに、2021年12月には、<ブルース・スプリングスティーン>さんが5億ドルでソニー・ミュージック・グループにそれぞれ全楽曲を売却しています。

権利を一括して売却した場合、従来の権利収入に対して支払う所得税よりも低いレートの譲渡所得税が適用され、長期的に見た場合に節税対策になるといいます。
#ブログ #楽曲 #歌手 #芸能

ワオ!と言っているユーザー

<広瀬アリス>『失恋めし』@Amazon Prime Video

スレッド
<広瀬アリス>『失恋めし』@A...
<広瀬アリス>(27)が主演を務めるドラマ『失恋めし』(全10話)が、2022年1月14日に「Amazon Prime Video」で一挙独占配信されます。また、地上波でも7月に「読売テレビ」で放送される予定です。

本作は、<木丸みさき>のコミックエッセイを原案とするドラマです。主人公は、地元紙に『失恋めし』というマンガ連載を持ち、日々連載のネタとなる失恋エピソードを探しているイラストレーターの「キミマルミキ」です。

各話の登場人物が失恋エピソードとともに思い出の食べ物を「ミキ」と味わい、前向きになっていくさまを描いています。

<広瀬アリス>が「キミマルミキ」を演じたほか、<井之脇海>、<村杉蝉之介>、<臼田あさ美>、<安藤ニコ>、<若林拓也>がレギュラーキャストに名を連ねています。

脚本は、NHK連続テレビ小説『てっぱん』(2010年後期)や映画『嘘八百 京都ロワイヤル』などの<今井雅子>が担当、『勝手にふるえてろ』(2017年)や『私をくいとめて』(2020年)で東京国際映画祭観客賞を受賞するなどの<大九明子>が監督を務めています。
#テレビドラマ #ブログ #芸能

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ