記事検索
ハッシュタグ「#花」の検索結果1886件

ファルコン植物記(1959)白色の花【ヒトツバタゴ】

スレッド
ファルコン植物記(1959)白...
【ヒトツバタゴ(一つ葉田子】は、モクセイ科ヒトツバタゴ属の一種で、同じモクセイ科の「トネリコ」(別名「タゴ」)に似ていて、「トネリコ」が複葉であるのに対し、本種は小葉を持たない単葉であるので、「一つ葉タゴ」の和名がつけられています。

別名として、「ナンジャモンジャノ木」と呼ばれていますが、「ナンジャモンジャ」と名付けられている植物には、「クスノキ(樟)」・「ニレ(楡)」・「イヌザクラ(犬桜)」・「ボダイジュ(菩提樹)」などもあり、特定には注意を要します。

花期は5月頃で、新枝の枝先に10センチ程度の円錐形の集散花序を付けます。花冠は、深く4裂しています。

本種は、雄株のみという株はなく、雌株か雄株・雌株の両性株があります。
秋に直径1センチほどの果実を実らせ、黒く熟し、大きな種子を内包しています。
#園芸 #植物 #花

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン植物記(1957)【セリンセ・マヨール】

スレッド
ファルコン植物記(1957)【...
ロウ質の光沢をもつ質感の花を咲かせる【セリンセ・マヨール】は、ムラサキ科セリンセ属の一年草です。

ヨーロッパでは10種ほどあり、そのうちの4種ほどが栽培されていますが、本種はその代表品種で、最近目にする機会が増えました。

筒状部分は長さ3センチ程度、先は開いて5裂に分かれています。基本種の花色は、先端が黄色く、暗紫色の二色ですので、和名は、「黄花瑠璃草」と表記されています。
写真は、全体が暗紫色になる品種<プルプラスケンス>だとおもいます。

別名「ケリンテ」、長日植物で、開花時期は4月~5月になります。
#園芸 #植物 #花

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン植物記(1955)淡桃色の花【アズマシャクナゲ】

スレッド
ファルコン植物記(1955)淡...
本種は、ツツジ科ツツジ属シャクナゲ亜属の樹高1~3メートルの常緑低木です。

葉は革質で形は長楕円形で先端は尖り、基部は楔形で葉柄に流れ、長さ5~15センチ、幅1.5~3.5センチ、歯の表面は無毛、裏面は淡褐色の綿状の毛が密生しています。

花期は5~6月で、枝先に総状花序を出し、数個の5裂した漏斗鐘型の花を咲かせます。

花の色は、紅紫色で、蕾のときは色が濃いが、開花するにつれて色が薄くなります。
#園芸 #植物 #花

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン植物記(1954)淡桃色の花【ヒルガオ】(2)

スレッド
ファルコン植物記(1954)淡...
春に蔓を伸ばし、夏にかけてが 【ヒルガオ】 の開花時期だと思いますが、早くもきれいな花を咲かせているのを見つけました。

【ヒルガオ】は、ヒルガオ科ヒルガオ属の蔓性の多年生植物です。

「アサガオ」 と同様に朝に開花しますが、昼になっても花は開いたままが名の由来です。

花径5~6センチ、花の形は漏斗状、結実することはまれで、地下茎で繁殖していきますので大半は雑草扱いされています。
#園芸 #植物 #花

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン植物記(1953)黄色の花<バラ>(94)【ロサ・フォエティダ】

スレッド
ファルコン植物記(1953)黄...
黄色の<バラ>の元祖ともいうべき、原種の<バラ>【ロサ・フォエティダ】です。

グルジアのカフカース山脈山麓の丘陵地帯を原産地とする、バラ科バラ属の種です。
別名として、「オーストライアン・イエロー」や「オーストラリアン・フライヤー」と呼ばれています。

多くの人々が不快に感じる軽い匂いのあるためにラテン語で「悪臭のある」という意味を持つ「foetidus」という名が付けられています。

原産地以外の広い地域で生育しますが、雨と特に黒星病の害を受けやすい品種です。
#園芸 #植物 #花

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン植物記(1952)濃桃色の花【ハマナス】

スレッド
ファルコン植物記(1952)濃...
東アジアの温帯から冷帯にかけて分布していますバラ科バラ属の【ハマナス(浜茄子)】は、樹高1~1.5mの落葉低木です。

5月~8月に花を咲かせ、8月~10月に結実します。根は染料などに用いられ、花はお茶に、果実は <ローズヒップ> として食用になり、親指ほどの大きさで赤く熟し、弱い甘みと酸味が味わえますが、芳香は乏しいです。

【ハマナス】は、海岸の砂地に多く蠅、果実が「ナシ」の形に似ているので「ハマナシ」と名が付けられ、それが訛って「ハマナス」となっていますので「ナス【茄子)}とは課㎜系が去りません。

江戸時代にオランダ医師<シーボルト>によりヨーロッパに渡り、各種「バラ」と交配させて、多くの園芸品種が生み出されています。
#園芸 #植物 #花

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン植物記(1951)<ボタン>(3)【八千代椿】

スレッド
ファルコン植物記(1951)<...
中国原産の<ボタン>の花は、日本をはじめとしたアジア地域では、古くから「花の王様」よ呼ばれ、別名として、「百花王」や「花王」とも呼ばれています。

ボリュームたっぷりの鮮やかな姿は、美人のたとえにも使われ、一輪あるだけで気品と風格が漂います。

<ボタン>は、9種ほどの原種から様々な園芸品種が生み出されています。

本種は<ボタン>でありながら、<ツバキ>の名が付けられている、愛好家にとっては悩ましい品種名です。
#園芸 #植物 #花

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン植物記(1950)球状の花【オオデマリ】

スレッド
ファルコン植物記(1950)球...
【オオデマリ】は、日本原産種で、英名では「ジャパニーズスノーボール」と呼ばれているスイカズラ科ガマズミ属の植物です。

樹高が2~3メートルになる低木で、5月~6月に直径10センチを超える球状に密集した花を咲かせます。花の咲き始めは黄緑色ですが、開くと白色になります。

花は雄しべと雌しべの退化した「装飾花」で実はできません。
本種は、「ヤマデマリ」の両性花(雄しべと雌しべがあり実をつけることができる花)がすべて「装飾花」に変化した栽培種とされています。

春に小さな花を球状に咲かせる 「コデマリ」 は、バラ科の植物で、名称が似ていますが、本種とは違う植物です。
#園芸 #植物 #花

ワオ!と言っているユーザー

本日は「植物学の日」です

スレッド
本日は「植物学の日」です
4月24日は「植物学の日」。日本の植物学者、牧野富太郎の誕生日(文久2年4月24日)にちなんで制定されています。高知県出身の牧野は、2年で小学校を中退しながら独学で植物学の研究を続け、50歳の時には東京帝国大学理科大学で講師も務め、65歳で理学博士の学位を取得、死後に文化勲章を贈られています。

94年の生涯において、新種や新品種など約2,500種以上の植物を命名、集めた標本は約40万枚、日本植物学の基礎を築いた人物として「日本の植物学の父」と呼ばれています。

和名については、「ワルナスビ」 や 「ノボロギク」 のような、当該植物種の性質を短い言葉で巧く言い表しているものもある一方で、「ハキダメギク」 など発見場所をつけただけの命名もある。「イヌノフグリ」 のように意味を考えると(犬の陰嚢の意ゆえ)、少々破廉恥なものもあるが、この植物の場合、もとは和歌山県における同種の方言から命名されています。

植物好きとして、<ファルコン植物記>をアップしてきていますが、観察もままならず現在 (1949)「コバノミツバツツジ」  を数えています。

神戸にはかって、 「牧野富太郎植物研究所」 がありましたが、存続しておれば興味ある資料で楽しめたことだと思います。
#ブログ #植物 #花

ワオ!と言っているユーザー

神戸ご当地(562)「インフィオラータ2017」@穴門筋

スレッド
< 元町あなもん会場 神戸な1... < 元町あなもん会場 神戸な150年 >
「インフィオラータ」 とは、イタリア語で「花を敷きつめる」という意味で、道路や広場に花びらなどにより絵模様を描き鑑賞するというイベントで、イタリアのジェンツァーノ市をはじめ、ヨーロッパの各都市で実施されています。

神戸では、阪神・淡路大震災で傷ついた神戸の街を美しく彩りたいという思いで1997年(平成9年)に初めて開催されました。まちをチューリップの花びらで彩る神戸の春の風物詩として定着しており、今年で21回目を迎えます。

今年は市内3会場で37万本のチューリップが使用され、色々な絵柄が開港150年を迎えた神戸港などをテーマに花びらで表現されます。

会場ごとに開催日程が違います。

*元町あなもん会場 テーマ:神戸な150年
開催:4月22日(土)/23日(日) 場所:元町穴門商店街(神戸市中央区元町通1)

*北野坂 テーマ:神戸開港150年
開催:5月3日(水・祝)~5日(金・祝) 場所:北野坂(神戸市中央区山本通)

*北神戸会場 テーマ:深い絆と永遠の愛
開催:5月3日(水・祝)/4日(木・祝) 
場所:北神戸田園スポーツ公園(神戸市北区有野町二郎)
#ブログ #花

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/189 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>