記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

『ウルフズ・コール』@<アントナン・ボードリー >監督

スレッド
『ウルフズ・コール』@<アント...
正体不明のソナー音に翻弄される原子力潜水艦に迫る危機を描いたフランス発の潜水艦アクション 『ウルフズ・コール』 が、2020年9月25日より全国で公開されます。

並み外れた聴覚をもつ「シャンテレッド」は、フランス海軍原子力潜水艦チタン号に特別分析官として乗艦していました。わずかに聞こえる音を頼りに敵の動向を探るのが彼の重要な役割でしたが、シリアでの潜航任務中、怪しげな音に気づいたものの識別に失敗し、その判断ミスから危機を招いてしまいます。「黄金の耳」とまで言われる「シャンテレッド」の耳を惑わせたのは、まるでオオカミの歌(呼び声)のような正体不明のソナー音でした。再びその音が聞こえてきたとき、「シャンテレッド」は大きな決断を迫られます。

主演は『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』「2019年・監督:ユーゴ・ジェラン)の<フランソワ・シビル>。共演に『最強のふたり』「2011年・監督: オリヴィエ・ナカシュ、 エリック・トレダノ)の<オマール・シー>、『負け犬の美学』「2018年・監督: サミュエル・ジュイ)の<マチュー・カソビッツ>、『永遠のジャンゴ』「2017年・監督: エチエンヌ・コマール)の、レダ・カティブ>らフランスの実力派が揃います。
監督は<アントナン・ボードリー>が、長編初監督を務めています。
#ブログ #映画 #フランス

ワオ!と言っているユーザー

『イサドラの子どもたち』@<ダミアン・マニベル>監督

スレッド
『イサドラの子どもたち』@<ダ...
モダンダンスの始祖として知られるの伝説的ダンサー、<イサドラ・ダンカン>が亡き子どもたちに捧げたソロダンス「母」をモチーフに、現代に生きる4人の女性の喪失と再生を描いたフランス・韓国合作 『イサドラの子どもたち』 が、2020年9月26日より全国で公開されます。

『若き詩人』(2014年) ・ 『泳ぎすぎた夜』(2017年)で注目を集めたフランスの<ダミアン・マニベル>(39)が監督・脚本を手がけ、2019年・第72回ロカルノ国際映画祭で最優秀監督賞を受賞した作品です。

「イサドラ」の自伝を読んでいる振付師「アガト」は、図書室で見つけた舞踊譜と作曲家「スクリャービン」の音楽を手がかりに「母」の踊りと向き合います。「母」の公演を控える若きダンサーの「マノン」は、振付師「マリカ」と対話を重ねながら新たなダンスを模索していきます。「母」を観劇した「エルザ」はゆっくりとした足取りで帰路につき、自身の過去と重ね合わせながら今夜の記憶を反芻するのでした。

<アガト・ボニゼール>、<マノン・カルパンティエ>、<マリカ・リッジ>、<エルザ・ウォリアストン>らが出演しています。
#ブログ #映画 #フランス #韓国

ワオ!と言っているユーザー

『女王トミュリス 史上最強の戦士』@<アカン・サタイェフ >監督

スレッド
『女王トミュリス 史上最強の戦...
紀元前550年頃に実在した中央アジアの遊牧民マッサゲタイ族の女王<トミュリス>を主人公に、アケメネス朝ペルシアの「キュロス」大王を破ったという伝説の戦いを描いた、カザフスタン製作の歴史アクション映画『(原題)Tomiris』が、邦題『女王トミュリス 史上最強の戦士』として、2020年9月25日より全国で公開されます。

紀元前550年頃の中央アジアの草原、ステップ地帯。マッサゲタイ族の長である父と家族を殺され、すべてを奪われた少女「トミュリス」は、孤独に耐えながらも鍛錬を重ね、成長します。バラバラになった臣下を再び集め、新しい仲間を得た「トミュリス」は父の復讐を果たし、マッサゲタイ国も大きくなっていきます。

しかし、世界の半分を征服する大帝国アケネメス朝ペルシアの「キュロス」大王の手が隣国にまで迫り、「トミュリス」にも服従を要求してきます。そんな「キュロス」大王の脅しにも屈しない「トミュリス」は、圧倒的な兵力差のペルシア軍を相手に民族の誇りをかけて戦いを挑みます

<アルミラ・ターシン>、<アディル・アフメトフ>、<エルケブラン・ダイロフ>、<ハッサン・マスード>、<アイザン・ライグ>らが出演、監督は、<アカン・サタイェフ>が務めています。
#ブログ #映画 #カザフスタン

ワオ!と言っているユーザー

台風12号発生@気象庁

スレッド
台風12号発生@気象庁
気象庁は21日、同日正午の観測で、日本の南の熱帯低気圧が台風12号(ドルフィン)に変わったと発表しています。今後、日本に接近し、24日には温帯低気圧に変わる見通しですが、秋雨前線を押し上げて九州から東日本の太平洋側を中心に大雨になる恐れがあります。

気象庁によりますと、台風12号は日本の南をゆっくりと北北東に進んでいます。中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで中心の南東側240キロ以内と北西側110キロ以内は風速15メートル以上の強風域となっています。

今後の進路によっては今週、日本に接近する可能性もあります。また、台風が低気圧に変わったとしても、再び発達し、より広い範囲で影響が出ることもありますので、最新の台風の情報に注意してください。
#ブログ #気象 #台風

ワオ!と言っているユーザー

<ボーア>大活躍@<阪神タイガース>(216)

スレッド
<ボーア>大活躍@<阪神タイガ...
21日14:00、甲子園球場で開催されました対DeNA16回戦は、 19日からの観客数緩和方針 を反映して未発売でした一、三塁側アルプス席にファンが戻り、5000人の枠を超え11384人の観客数で試合が行われました。

阪神が3位・DeNAに「5-3」で競り勝ち、連敗を2で止めています。負ければ3位に転落していた一戦で、<ボーア>が六回に同点本塁打、八回に決勝打と大活躍でした。試合後のヒーローインタビュでは、「日本語でファンに一言」と振られ、「今日はいいお天気ですね」と笑いを取っていました。

試合は初回、2死から<糸井>、<サンズ>の連打で先制。2点をリードされた五回には、<糸井>が左前にしぶとく落とす適時打で1点を返しました。さらに1点差で迎えた六回には<ボーア>が、<京山>から14号の同点本塁打をバックスクリーンに打ち込みました。 今季から新設された「ユニ・チャーム バックスクリーンホームラン賞」の適用で、<サンズ>の2本に次ぎ1本目の100万円を獲得しています。

「3-3」の同点で迎えた八回、先頭の<大山>が左前打で出塁。パスボールで二塁に進むと、<ボーア>が<国吉>から二塁<柴田>の左を抜く適時打で、二走<大山>が一気に生還。決勝のホームを踏んでいます。さらに1死三塁のチャンスを作り、<木浪>の中犠飛でリードを2点に広げました。

先発の <岩田稔>は5回降板、<エドワーズ>、<岩貞祐太>とつなぎ八回に登板した<岩崎優>が、3勝目(2敗)となり、九回を打者3人12球2三振と押えた<スアレス>に16セーブ目がついています。
#ブログ #プロ野球

ワオ!と言っているユーザー

<岩田稔>5回降板@<阪神タイガース>(215)

スレッド
<岩田稔>5回降板@<阪神タイ...
21日14:00、阪神甲子園球場で行われました対DeNA16回戦において、昨日1軍に選手登録された<岩田稔>(36)が、昨年8月4日広島戦以来、414日ぶりに先発としてマウンドに上がりました。

初回、先頭の<梶谷>にいきなり右前打され、その後もコントロールが定まらず2四球などで1死満塁のピンチ。しかし迎えた<宮崎>を併殺打に打ち取り、これで落ち着きました。<サンズ>の左前適時打で<糸井>がホームを踏み先制点をもらった2回以降は2イニング連続で3者凡退に斬るなど、テンポの良い投球をみせました。

しかし4回、先頭の<オースティン>に7号ソロ本塁打を浴び同点とされると、5回には投手の<京山>に四球を与えるなどして1死二、三塁のピンチ。迎えた<梶谷>に中前適時打を打たれ、続く<ソト>には犠飛でさらに2点を失っています。

5回を投げ終わり、その裏の5回無死一塁で、代打に<荒木>を送られ降板。今季初先発初勝利はならず、2番手<エドワーズ>に引き継ぎ降板しています。打者22人に85球7安打5三振1四球2失点(自責点2)の投球内容でした。
#ブログ #プロ野球

ワオ!と言っているユーザー

『おらおらでひとりいぐも』特別招待作品@第33回東京国際映画祭

スレッド
『おらおらでひとりいぐも』特別...
<田中裕子>(65)が主演を務める  『おらおらでひとりいぐも』 は、2020年11月6日に全国で公開されます。

このたび、10月31日から11月9日にかけて開催されます第33回東京国際映画祭に、本作が特別招待作品として正式出品されることが発表されています。上映スケジュールなどの詳細は映画祭公式サイトで順次発表されます。

<若竹千佐子>(66)の第158回 芥川賞受賞作『おらおらでひとりいぐも』を<沖田修一>(43)が実写化した本作は、夫に先立たれた主人公「桃子さん」がパワフルに日々を生きるさまを描きます。

<田中裕子>が75歳の「桃子さん」、<蒼井優>(35)が20歳から34歳までの「桃子さん」を演じ、<東出昌大>(32)が夫「周造」に扮しています。そのほか<濱田岳>、<青木崇高>、<宮藤官九郎>が「桃子さん」の心の声である「寂しさ1」、「寂しさ2」、「寂しさ3」役で出演しています。
#ブログ #映画

ワオ!と言っているユーザー

<ダルビッシュ有>(16)3敗目@ツインズ戦

スレッド
<ダルビッシュ有>(16)3敗...
20日(日本時間21日)、カブスの<ダルビッシュ有>投手は本拠地リグリー・フィールドのツインズ戦で先発登板しました。7回途中で降板し、リーグ単独トップの8勝目とはならず、サイ・ヤング賞争いへ手痛い1敗となっています。

初回、<ケプラー>の右前打、<ドナルドソン>の四球で無死一、二塁とすると、<ロサリオ>の一塁<リゾ>を強襲する右前適時打で先取点を献上しています。1死後、<ウェイド>の中前打で1死満塁の大ピンチを招いきましたが、<ポランコ>、<ガーバー>を2者連続で空振り三振。30球を費やし、1失点に踏みとどまりました。

二回は先頭<ケイブ>の左越え三塁打を許すと、1死後の<ケプラー>のニゴロの間に失点。3、4回は3者凡退。5、6回と走者を背負ったものの、後続を断ち切りました。七回、無死二塁から<ケプラー>に右越え2ランを被弾したところで、2番手<テペラ>にマウンドを引き継いでいます。

6回0/3で99球を投げ、9奪三振1四球、9安打4失点(自責点4)。今季ワースト失点で、クオリティスタート(6回以上で自責点3以下)は9試合連続でストップしています。

3登板続けて勝ち星は付かず、7勝は<パドレス<デイビーズ>、ブレーブス<フリード>に並んでリーグトップタイのまま。防御率「2.22」はリーグ7位となっています。88奪三振はパドレス<ラメット>と1差のリーグ2位タイとなりました。今季は残り1試合登板が見込まれています。
#ブログ #MLB

ワオ!と言っているユーザー

お茶菓子(388)播州栗パイ夢まろ@大福屋嘉祥福楽

スレッド
お茶菓子(388)播州栗パイ夢...
本日お茶菓子としていただいたのは、「大福屋嘉祥福楽」(兵庫県西脇市上野字芝添336-1)の代表菓子 「ふとん太鼓」 に続き、「播州栗パイ夢まろ」です。

渋皮栗と黄身餡をバターたっぷりの生地で包み込んで焼かれています。パイ生地に開けられた穴から<栗>の渋皮が見えていました。

秋の味覚として<栗>が、口どけよく楽しめた一品でした。

お店のある西脇市あたりでも、<栗>といえば「丹波栗」が有名なのにと感じましたが、やはり地産地消を大事に考えれば、「播州栗」となるんでしょうねぇ。
#ブログ #洋菓子

ワオ!と言っているユーザー

『きみの瞳が問いかけている』@<三木孝浩>監督

スレッド
『きみの瞳が問いかけている』@...
<吉高由里子>(32)と<横浜流星>(24)がダブル主演を務めた純愛映画 『きみの瞳(め)が問いかけている』 が、2020年10月23日より全国で公開されます。

<チャールズ・チャップリン>の名作『街の灯』(1931年)にインスパイアされて製作された韓国映画 『ただ君だけ』 (2011年・監督: ソン・イルゴン)を、 『僕等がいた(前篇・後篇)』 (2012年) ・ 『アオハライド』(2014年) ・ 『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』 (2016年)・ 実写版『思い、思われ、ふり、ふられ』 (2020年)など数々の青春ラブストーリーを手がけてきた<三木孝浩>が監督を務めリメイクしています。

不慮の事故で視力と家族を失った「明香里」は、小さな楽しみを糧に毎日を明るく生きていました。ある日、「明香里」は管理人の男性と間違えて「塁」という青年に話しかけてしまいます。彼はかつてキックボクサーとして将来を有望視されていましたが、ある事件をきっかけに心を閉ざし、現在は日雇いのアルバイトで食いつなぐ日々を送っていました。その後も時々やって来ては屈託なく話しかけてくる「明香里」に、「塁」は次第に心を開いていきます。やがて「塁」は自分犯した自動車事故がが「明香里」の失明した事件と接点があったことを知り、彼女の目の手術代を稼ぐため、不法な賭博試合のリングに立つことを決意します。
#ブログ #映画

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ