記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

今年の読書(165)『怪談』柳広司(講談社文庫)

スレッド
今年の読書(165)『怪談』柳...
『怪談』といえば、神戸にもゆかりのある <小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)> をおもいだします。

本書も本歌取りではありませんが、納められた6篇の物語も、『耳なし芳一』や『雪おんな』・『ろくろ首』などのタイトルが付けられていて、妖怪や怪奇現象を伴う作品で楽しめます。

特に夢と現実の交錯で恐怖を引き出す『むじな』や、その道の「プロ」としての外科医と刑事の尋問の綾が面白い『ろくろ首』、人間の心の弱さを主体に描かれた『鏡と鐘』など、秀逸な味わいで楽しめた一冊でした。
#読書 #本 #詩 #エッセイ #コラム

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
エメラルド
エメラルドさんからコメント
投稿日 2015-12-21 05:19

ユニークなアプローチの怪談のようですね。面白そうです!

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2015-12-21 07:07

味わい深い結末が楽しめて、面白く読み終えれました。
妖怪やあやかし類の物語も、日本的で面白く読める分野だとおもいます。

ワオ!と言っているユーザー

birdy
birdyさんからコメント
投稿日 2015-12-21 07:35

165ですか!
年内、170冊にいきそうですね。

怪談刑事ものですか!
新しい感覚ですね。

ワオ!と言っているユーザー

この投稿へのコメントはできません。
ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2015-12-21 07:47

170冊はチト厳しいかな。(苦笑)
この手のお話しが好きな方には、面白く読めると思いますよ。

ワオ!と言っているユーザー