English日本語

ハッシュタグ検索

"#本"の検索結果
  • 【本】ソロモンの偽証

    投稿日 2018-11-09 15:36
    日常のつぶやき~この庭と草木 by moon
    第一部741頁、第二部715頁、第三部722頁 新潮社 (2012/10/11) 分厚く長い長い文章の本でした。 先週から読んでいましたが、ようやく完読しました。 面白くて止まらなくて・・・ それでも今週は、PET検査・診察・結果説明と毎日のように 総合病院に付き添ったりと多忙でした。 寝るのも惜し...
  • 【本】『英雄の書』上・下

    投稿日 2018-10-26 14:06
    日常のつぶやき~この庭と草木 by moon
    一般書の棚にありましたが、これは児童書のようです。 主人公が小学五年生なので、そう感じました。 『ゲド戦記』の雰囲気もしました。 壮大な物語のはずが尻すぼみでした。 ◇内容紹介◇ 上 「あれ」が獄を破った。戦いが始まる。 邪悪は、何と巧みに人の心に付けいるのだろうか。 「ひとつ踏み誤れば、あなたもに...
  • 銅鼓の資料

    投稿日 2018-10-16 23:18
    カイの家 by hiro
     中国で出版された銅鼓の本と論文集である。本の方が1985年、論文集が1983年に出版されたようだ。たまたま、日本のオークションで別々に出品されていたので、ダメもとで購入した。なんと、青銅の成分分析まで行われている。もちろん、製造方法や描かれている模様の解説など、内容が多岐に渡る。すばらしい本であっ...
  • アンコール・王たちの物語

    投稿日 2018-10-11 00:00
    カイの家 by hiro
     石澤良昭先生の「アンコール・王たちの物語 碑文・発掘成果から読み解く」である。2005年にNHKブックスから出版された。昨日、アマゾンの中古で購入した。なんと、210円であった。送料よりも安い。アンコール・ワットの回廊のレリーフの詳細な製作年代を知りたいと思い購入した。しかし、本当にネットは便利だ...
  • 神々と生きる村 王宮の都市

    投稿日 2018-10-10 23:19
    カイの家 by hiro
     今読んでいる学芸出版社から1993年に出版された「神々と生きる村 王宮の都市」である。「神々と生きる村」はバリ島のことであり、「王宮の都市」はジャワ島の主にジョグジャカルタについて書いてある。実は出版されてすぐに買ったのであるが、まったく「王宮の都市」の方は記憶がない。おそらく、購入した時は前半の...
  • 【本】『希望荘』

    投稿日 2018-10-07 23:14
    日常のつぶやき~この庭と草木 by moon
    そういえば、続きが出ているかもと検索するとありました。 相変わらず、毒々しい内容でした。 それにしても、探偵としての収入では生活できない気がしてなりません。 ◇内容紹介◇ 探偵・杉村三郎シリーズ第4弾。 その部屋には、絶望が住んでいた――。 前作『ペテロの葬列』で、妻の不倫が原因で離婚をし、 義父が...
  • 【本】『いのちの姿』

    投稿日 2018-09-22 09:22
    日常のつぶやき~この庭と草木 by moon
    エッセイは、あまり読まないのですが、 先日読んだ『草花たちの静かな誓い』の後ろに掲載されていた この本の紹介文から、興味を持ち借りて読むことにしました。 ◇内容紹介◇ 「なにがどうなろうと、たいしたことはありゃあせん」 その父の言葉に、いつも励まされて生きてきた。 今まで語られることの無かった異父兄...
  • 【本】草花たちの静かな誓い

    投稿日 2018-09-19 14:19
    日常のつぶやき~この庭と草木 by moon
    図書館で「み」の棚を眺めていると、この本に気付きました。 「ああ、新刊が出ていたのね。それも2016年の12月に」と。 この作者の作品は、テレビドラマ『青が散る』で見知って、 それ以来、初版本を買い求めていました。 終活に入って(まだ人生はこれからなのですが)、 もう本を増やすのは止めようと決意し、...
  • 【本】雲の果

    投稿日 2018-09-17 14:17
    日常のつぶやき~この庭と草木 by moon
    相変わらず、江戸の中で起こる事件は、遠野屋の座敷で起こっている感じがします。 今回は、事件の真相が最後の数ページで完結した感じで、 いつもの面白みに欠けました。 本の装丁も、拘りがなく、前回と同じ雰囲気でした。 ◇内容◇ 遠野屋の番頭、喜之助が病に倒れ、主の清之介が看取った。 彼の遺品から不思議な織...
  • 【本】おまえさん上・下

    投稿日 2018-09-16 10:16
    日常のつぶやき~この庭と草木 by moon
    『日暮らし』の続き。 弓之助とおでこが成長し、初登場の弓之助の兄淳三郎の味わいが加わっていました。 痛快な文章です。 ◇内容◇ 上 痒み止めの新薬「王疹膏」を売り出していた瓶屋の主人、新兵衛が斬り殺された。 本所深川の同心・平四郎は、将来を嘱望される同心の信之輔と調べに乗り出す。 検分にやってきた八...
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

ページ 1/217