記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

新種の「クモヒトデ」の化石@御船町恐竜博物館

スレッド
< 「ステゴフィウラ・ミヤザキ... < 「ステゴフィウラ・ミヤザキイ」(画像:御船町恐竜博物館) >
ブログル仲間の<しの>さんや<しゅう>さんの町、御船町の気になる話題です。

御船町恐竜博物館は、熊本県益城町川内田付近で35年ほど前に見つかった「クモヒトデ」の化石が新種と確認されたと発表しています。約9千万年前の白亜紀のものとみられ、「クモヒトデ」のステゴフィウラ属に分類されます。同属の化石では世界最古だといいます。

この化石は1983年ごろ、塾を経営していた<門川勝>さん(熊本市東区)が教え子たちと化石採集をしていて発見したものです。直径約2センチ。2匹をほぼ完全な状態で確認できる状態です。その後同館に寄贈され、東京在住の元高校教諭で約40年間「クモヒトデ」を研究している<石田吉明>さんらが新種と気づき、10月にスイスの古生物学専門雑誌で発表しています。

新種は盤に小さな突起があることや、腕にあるとげが長いことが特徴。浅い海域にいたとみられ、現在は水深100メートル前後の海底に生息する「クモヒトデ」の生息環境の変化を知る上で意義深い発見だとか。

共同研究者が<宮崎駿>監督への敬意から「ステゴフィウラ・ミヤザキイ」と命名しています。化石は同館で展示されています。
#ブログ #化石

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
この投稿へのコメントはできません。