記事検索

ファルコン昆虫記(802)薄緑色の翅【ヒロヘリアオイラガ】

スレッド
ファルコン昆虫記(802)薄緑... ファルコン昆虫記(802)薄緑...
はき出し窓のガラスにとまっているチョウ目(鱗翅目)イラガ科の【ヒロヘリアオイラガ(広縁青毒棘蛾)】で、 体長20ミリほどです。

ずんぐりとした形で、丸っこい体形をしています。足には茶色の毛が生えています。
前翅外縁が茶褐色、内側が薄緑色で、背にも薄緑色の毛が生えています。

元々は中国南部・インド・ジャワ島に分布する南方系の種で、1960年代に本州中部以南に分布を広げている外来種になります。

食樹は、サクラ・カシ・ケヤキ・クスノキ・モクレンなどで繁殖しています。

幼虫の体色は全体に薄緑色で、棘も薄緑色しており、刺されると痛みやしびれを伴いますので要注意です。 終齢幼虫は体長25ミリほどで、棘の一部が朱色になっています。
#ブログ #昆虫 #チョウ目

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン植物記(1963)白い花【エーデルワイス】

スレッド
ファルコン植物記(1963)白...
<ロバート・ワイズ>監督・<ジュリー・アンドリュース>主演のミュージカル映画『さうんど・ミュージック』(1965年)でお馴染みの花が【エーデルワイス】です。

ヨーロッパ各国に於いて単に【エーデルワイス】といえば、キク科ウスユキソウ属の【セイヨウウスユキソウ(西洋薄雪草】を指します。

20~30センチほどの花茎を伸ばし花は星のように長く白い花弁を伸ばしているように見えますが、花弁のように見えているのは 「ポインセチア」 や 「オレガノ・ケントビューティー」 などと同じ<苞葉>であり、本当の花はその中心部にある。径5~6ミリの黄色い筒状の花序部分です。

高山地帯の自生地では、7月~9月頃が開花時期ですが、栽培下では、5月~8月と早めの開花です。
#園芸 #植物 #花

ワオ!と言っているユーザー

気になる「すだちおろしうどん」@なか卯

スレッド
気になる「すだちおろしうどん」...
丼ぶりと京風うどんの【なか卯】では、現在発売中の 「冷やし担々うどん」 といった夏の定番の冷やしうどんに加え、 「すだちおろしうどん」 を今年も季節限定で6月21日(水)から販売開始します。

なか卯の「すだちおろしうどん」は、2001年の発売開始以来、今年で17年目となる「なか卯」の人気商品のひとつです。

この商品は、昨年同様、 冷やしうどんに 「なか卯」特製のしょうゆだれをかけ、青ネギとお店でおろしたフレッシュな大根おろしをトッピングし、徳島県産の香り豊かなすだちを添えた商品です。
しょうゆだれの甘みと、大根おろしのほのかな辛味、搾りたてのすだちの酸味が一つになって、さっぱりとした味わいが楽しめます。

夏ならではの爽やかな風味と、つるっとした冷たいうどんの喉ごしが楽しめますので、毎年気になるメニューのひとつです。
#グルメ #うどん

ワオ!と言っているユーザー

気になる<サッポロ 麦とホップ>「時代は、ここから動き始めた 維新三傑缶」

スレッド
気になる<サッポロ 麦とホップ...
サッポロビールは、サッポロ 麦とホップ The gold 「時代は、ここから動き始めた 維新三傑缶」を、2017年7月4日(火)から山口県で数量限定で発売する。

この商品は、山口市の 「明治維新150年記念事業」 とタイアップしたもの。藩主毛利敬親が幕末の有事に備え藩庁を移したことにより多くの志士が集まり、山口市が歴史の転換期の中で「明治維新の策源地」となったことを広める狙いだ。

デザインは、「明治維新150年」の文字とともに、維新に尽力した長州藩出身の木戸孝允を中心とした西郷隆盛、大久保利通(維新の三傑)の肖像に、背景として旧山口藩庁門があしらわれています。

来年にせまった明治維新150年を盛り上げるような限定缶の発売で、歴史マニアにとっては、酒の話題として盛り上がりそうです。
#グルメ #ビール

ワオ!と言っているユーザー

デイケアのお昼ご飯(91)

スレッド
デイケアのお昼ご飯(91)
土曜日・日曜日は、なぜか職員の方々にはお昼ご飯がなく、若いみなさんはコンビニでお弁当やカップ麺とおにぎりとかを持参されています。

本日のお昼ご飯は、「鮭のムニエル」+「ツナとトマトの冷製パスタ」+「パンプキンスープ」+「果物(ミックスフルーツ)」でした。

わしょく・洋食の取り合わせでしたが、おいしくいただきました。
#グルメ #デイケア

ワオ!と言っているユーザー

気になる「豪華寝台特急『瑞風』」運行開始@JR西日本

スレッド
気になる「豪華寝台特急『瑞風』...
本日10:18に大阪駅を出発山陰線を下る JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス 瑞風(みずかぜ)」が運行を開始します。

JR西日本によると、旅行代金は1泊2日のロイヤルツインで1人27万円から。1両1室のスイートは2泊3日で1人120万円で、JR東日本の「トランスイート 四季島」やJR九州の「ななつ星in九州」の3泊4日の最高料金を上回ります。

食堂車では四季折々の素材を使った日本料理やフランス料理が楽しめる。強気の価格設定だが、JR西の来島達夫社長は「西日本ならではの自然や文化を堪能してもらえる列車として、サービスにふさわしい価格を設定した」と自信を見せています。

関西や山陰・山陽地方を1~2泊で巡る全5コースが設定され、乗客は途中の観光名所などにも立ち寄る。中国ジェイアールバスは立ち寄り観光などに使われる乗客専用バス「瑞風バス」も用意し、瑞風と並走しながら運行する。

利用料金の高さが話題になりましたが、23回のコースが設定された6~9月分の申し込みは平均倍率5.5倍、最高は68倍に達しました。現在は12月~来年2月分の予約を受け付けています。
#ブログ #鉄道

ワオ!と言っているユーザー

気になる「西武鉄道の新型特急車両」

スレッド
気になる「西武鉄道の新型特急車...
西武鉄道は6月13日、2018年度末に運行開始予定の新型特急車両の基本デザインを決定したと発表しています。「いままでに見たことのない新しい車両」をテーマに、外装にアルミ素材を、内装に温かみのある配色を採用。同社初となる「女性専用トイレ」も導入されています。

導入両数は、56両(8両×7編成)を予定。運行開始後は、西武鉄道の旗艦車両として活用していく計画です。

新型特急のデザインは建築家の<妹島和世>が監修。コンセプトは、(1)都市や自然の中で柔らかく風景に溶け込む特急、(2)みんながくつろげるリビングのような特急、(3)新しい価値を創造し、ただの移動手段ではなく、目的地となる特急の3点です。

先頭車両には大きな曲面ガラスを採用し、柔らかな印象のデザインに仕上げられています。2両目以降にも丸みを帯びたデザインを導入し、編成全体で緩いカーブを表現している。
車体カラーは、白を基調としつつ、黄緑などの自然な印象を与える配色を採用。「都市や自然の中でやわらかく風景に溶け込むデザインを実現した」とされています。
リビングのような空間を提供するため、やや大きめの車窓を等間隔で配置している。

難波と関空を結ぶ南海電鉄には、「ラピート」という車両が走行していますが、デザインは、やはり建築家の<若林広幸>だけに、西部の車両も建築家が携わっていて、同業としては気になる仕事です。
#ブログ #鉄道

ワオ!と言っているユーザー

がんばれ<小林可夢偉>「第85回ル・マン24時間レース」

スレッド
がんばれ<小林可夢偉>「第85...
先月5月28日、世界三大レースのひとつ「第101回インディアナポリス500マイルレース」で、<伊藤琢磨>が日本人として初優勝を果たしていますが、今回も朗報が届きました。

6月15日(木)、フランス・サルト県で「第85回ル・マン24時間レース」の公式予選2日目が行われ、午後7時から行われた予選第2回目の終盤、RacingTOYOTA GAZOO (以下トヨタ)TS050 HYBRID #7号車を駆る<小林可夢偉>(尼崎市出身)が3分14秒791という従来のコースレコードを約2秒上回る驚異的なタイムでポールポジションを獲得しています。

トヨタにとってル・マン24時間レースでのポールポジションは、1999年の<マーティン・ブランドル>、そして2014年の<中嶋一貴>に続く3回目。2番手<グリッド>には、#8号車が入り最前列を独占です。

<小林>は予選第2回目開始1時間ほどで起きたアクシデントで赤旗中断になっていたセッション再開後、コースがクリアな状況でタイミングよくタイムアタックを開始。1周13.629kmのコースを平均時速251.882kmで駆け抜けた。

なお、ライバルであるポルシェLMPチームは、3位と4位を獲得。そしてル・マン初挑戦となる<国本雄資>が駆るTS050 HYBRID #9号車は5番手につけた。決勝レースである第85回ル・マン24時間レースは、6月17日(土)午後3時(日本時間22時)にスタートが切られます。

昨年、ゴールまで残り3分で優勝を逃したトヨタ。19回目の挑戦でル・マン初制覇、そして日本車&日本人ドライバーという偉業を達成してほしいものです。
#ブログ #レース

ワオ!と言っているユーザー

気になる、「日清 夏のラ王 コク辛」@日清食品

スレッド
気になる、「日清 夏のラ王 コ...
日清食品株式会社 は、「日清 夏のラ王 コク辛」(220円・税別)を、6月19日(月)に全国で新発売します。

1992年9月に発売された「日清ラ王」は、麺、スープ、具材すべてにこだわった“ラーメンの王様”の名にふさわしい商品で、時代の変化に合わせて最新、最高の技術を取り入れ進化を続けています。

今回、1995年から1999年まで夏の限定商品として人気のあった「日清 夏のラ王 コク辛」を、発売25周年を記念して限定復刻発売です。。豚骨みそ味のスープにねりごまのコクと唐辛子の辛みをきかせ、アクセントにXO醤(ジャン)を加えることで、夏にぴったりの食欲をそそる味わいに仕上げています。スープによく絡む中太麺は、生めんのようなコシとつるみ、もっちりとした食感がお楽しみいただけます。

さらに、具材としてはミンチ肉、キャベツ、ニンジンが使用されています。パッケージは、1995年の発売時と同様、白色をベースに唐辛子のイラストをあしらった懐かしいデザインです。

那智場に向けて、辛口の味わいの新製品が多数発売されますので、辛党としては、気になるインスタント麺です。
#グルメ #インスタント麺

ワオ!と言っているユーザー

宅配弁当(37)@宅配クック1・2・3須磨垂水店

スレッド
宅配弁当(37)@宅配クック1...
セパ交流戦、昨夜は阪神タイガースは西部にさよなら勝ちをして交流戦9勝目を挙げ、これで負け越しは亡くなりました。それにしても広島は負けないですねぇ。

本日のお弁当のおかずは、「若鶏の塩焼き」+「高野豆腐と野菜の煮物」+「ニラ玉」+「しそ昆布」+「ほうれん草の胡麻和え」でした。

「高野豆腐と野菜の煮物」は、細く刻まれた<高野豆腐>が使われていて、刻むのが手間だなとおもえましたが、このような形状の既製品があるのかなと考えながら、おいしくいただきました。
#グルメ #弁当

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 4/1244 ページ
  1. <<
  2. <
  3. 1
  4. 2
  5. 3
  6. 4
  7. 5
  8. 6
  9. 7
  10. 8
  11. 9
  12. 10
  13. 11
  14. >
  15. >>