記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

公開2週目で興行収入10億円@映画「アクアマン」

スレッド
公開2週目で興行収入10億円@...
映画「アクアマン」(<ワイルド・スピード>監督)が、公開2週目で興行収入10億円を超えています。同作は、海底帝国アトランティスの王女と人間の間に生まれ、地上人として育てられたアーサー・カーリー<ジェイソン・モモア>がアトランティスの地上侵攻の企みを察知し、争いを止める戦いへ身を投じていくというDCコミック(アメリカの漫画出版社)の実写映画化作品です。

同作は、海外69カ国で上映され、世界興行収入は1251億円を突破、ワーナー映画作品全体の世界興収ランキングでも、「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2」(2011年、1486億円)を追い越す勢いです。

日本では、2019年の洋画で最速の10億円超えで、2週連続興行収入1位をキープ、3週目で12億円を突破しています。世界的大ヒットを受け、すでに続編制作も決定され、2022年12月に全米公開予定です。

「アクアマン」は、日本ではあまりメジャーとは言えないDCコミックに登場するヒーローが、なぜヒットしているのでしょうか。

まず、話が非常にシンプルな冒険活劇で分かりやすく、他の作品を見なくても楽しめることが挙げられます。次に、映像の素晴らしさが挙げられます。潜水艦映画などで、海中の戦闘シーンが映ることはありますが、たいてい地味です。同作は、海中でのシーンが多く、水の動きや水の表現が繊細で流麗に演出され、終盤は、海中で大迫力の戦闘シーンが映し出され、同作で使われている映像技術は最新のもので、5年前には撮れなかったシーンも多いそうです。

また、普通のスクリーンではなく 「4DX」 と呼ばれる、上映中に椅子が動いたり、水や煙が出たりして全身で体感できるスクリーンが人気です。海中が舞台のアクション映画で、水しぶきや椅子の揺れで臨場感が増すため、4DXで見る人が多いと想像できます。

アクションシーンに興奮するのはもちろんですが、普遍的な家族の物語などあらゆる人が共感できる要素がテーマに盛り込まれていることも、ヒットの要因のようです。
#ブログ #映画

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
birdy
birdyさんからコメント
投稿日 2019-03-01 08:56

これは見るつもりはなかったんですが…
そんなヒット作なら、考えてみようかしら
( ..)φメモメモ

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2019-03-01 09:10

お近くに「4DX]のえいがかんがあればいいのですが。

ワオ!と言っているユーザー

dote
doteさんからコメント
投稿日 2019-03-02 07:45

今週木曜日に観てきました、この映画がそんなにヒットしているとは思いもしませんでした
ごく普通もヒーローものですよ

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2019-03-02 08:26

コミックファンがでかけているのでしょうか。
うりあげがあるということは、動員数と比例していますからねぇ。

ワオ!と言っているユーザー