記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

「東名あおり運転」裁判員裁判@横浜地裁

スレッド
「東名あおり運転」裁判員裁判@...
神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、あおり運転で停車させられた車がトラックに追突され、萩山嘉久さん(当時45歳)と妻友香さん(同39歳)が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)の裁判員裁判が3日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)で行われました。初公判で弁護側は、危険運転致死傷罪について「停車後の事故に適用できない」と述べ、無罪を主張しています

検察側は冒頭陳述で「執拗、危険で悪質な犯行態様」と指摘した上で「高速道で被害者の車を停車させれば、人が死亡することは想定される」と述べ、被告の運転行為と事故の因果関係を強調。妨害目的で他車の前に進入・接近した被告の運転は危険運転致死傷罪に当たると主張した。

弁護側は「事実関係はおおむね争わない」とする一方、事故は被告が被害者の車を停車させた後に起きたことと強調して「運転中の行為を処罰する危険運転致死傷罪は適用できない」と述べた。検察側は公判前整理手続きでの地裁の見解も踏まえ、予備的訴因に監禁致死傷罪を追加した。これに対し弁護側は、被告が現場に停車させた時間は約2分と短く拘束度合いも薄いとして、監禁致死傷罪についても争う。

起訴状などによると、石橋被告は昨年6月5日夜、東名高速下り線パーキングエリアで嘉久さんに駐車方法を注意されて立腹し、一家4人が乗った車を乗用車で追跡。進路に割り込んで減速するなどのあおり運転で行く手を塞ぎ、中央分離帯そばの追い越し車線に停止させ、後続のトラックによる追突事故を引き起こし、嘉久さん夫婦を死亡させ、同乗の娘2人に軽傷を負わせたとされています。

裁判は証人尋問や被告人質問などを経て、14日に判決が言い渡される予定。運転中の行為のみを対象とした「危険運転致死傷罪」ですが、裁判員の判断が気になるところです。
#ブログ #裁判

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
この投稿へのコメントはできません。