記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

ブログスレッド

  • 「そだねー」@「2018 ユーキャン新語・流行語大賞」

「そだねー」@「2018 ユーキャン新語・流行語大賞」

スレッド
「そだねー」@「2018 ユー...
その年話題となった新語・流行語を決定する年末恒例の 「2018 ユーキャン新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識選) が3日に発表され、平昌五輪の女子カーリングで銅メダルを獲得した日本女子チームの掛け声「そだねー」が年間大賞に決定しています。

そのほか、トップ10には「eスポーツ」・「(大迫)半端ないって」・「おっさんずラブ」・「ご飯論法」・「災害級の暑さ」・「スーパーボランティア」・「奈良判定」・「ボーッと生きてんじゃねえよ!」・「♯MeToo」が選ばれています。

年間大賞の「そだねー」は、日本女子「ロコ・ソラーレ北見」のメンバーが試合中に交わした言葉で、北海道独特のイントネーションで注目を集めました。カーリングは「氷上のチェス」とも呼ばれ、高度な戦略が必要。そのため、どこのストーンをどうショットするかなどを、試合中にチームで会議を行い、その戦術の工程もテレビで中継されました。
その試合中、LS北見の<本橋麻里>選手、<鈴木夕湖>選手、<吉田夕梨花>選手、<吉田知那美>選手、<藤澤五月>選手らは「こっちいってみよっか?」「そだねー」「ナイスー!」など北海道特有のイントネーションによる穏やかな口調で作戦会議を行い、見事に銅メダルを獲得しました。

選考委員の言語学者<金田一秀穂>氏は「『そだねー』がイチオシである。何より、作られた言葉ではなく、自然に生まれた言葉であるので、ワザとらしさがない。当たり前の心がこもっている。北海道アクセントの温かみがある。地についている。スポーツ選手のことばなのに、気合や根性とは遠く、誠実でありながら、あくまでもほんのりとやさしく穏やかである。今の日本が必要としている清潔感に満ちている」と述べています。
#ブログ #流行語

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ