記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

神戸ご当地(973)「パ酒ポート 灘五郷2018-2019」

スレッド
神戸ご当地(973)「パ酒ポー...
「灘五郷」を巡るスタンプラリー「パ酒ポート 灘五郷2018-2019」(540円・税込)
が、10月1日(月)から発売されます。

「パ酒ポート」は、「地酒」☓「地域の食」☓「ツーリズム」をコラボレートさせた大人のためのスタンプラリーです。地酒を軸に、人々の交流を生み出し、地域の活性化を図ることを目的としていて、2012年に北海道でスタートし、滋賀県や新潟県でも展開していますが、兵庫県では初の実施になります。

「パ酒ポート 灘五郷2018ー2019」を参画酒蔵(18蔵)で提示すると、商品の割引やオリジナルグッズのプレゼントなど、特典を受けることができ、スタンプを18個全部集めると全酒蔵制覇の認定証がもらえます。また、スタンプの数に応じて抽選でプレゼントも。

室町時代から続く灘の酒の歴史や風土、パ酒ポート参画酒蔵会社21社の酒造りのこだわりを解説していて、地酒の本としても楽しめるとのこと。

また、訪日外国人向けに、英語版の「PASHUPORT NADAGOGO 2018-2019」も同時に発売します。英語版は各施設で特典が受けられるクーポンブックとして販売されるそうです。

掲載施設
【西郷】昔の酒蔵 沢の鶴資料館
【御影郷】白鶴酒造資料館、菊正宗酒造記念館、剣菱酒造、神戸酒心館、泉酒造、大黒正宗・直売所、こうべ甲南武庫の郷
【魚崎郷】太田酒造・千代田蔵、松竹梅・白壁蔵、浜福鶴・吟醸工房、櫻正宗記念館・櫻宴
【西宮郷】日本盛・酒蔵通り煉瓦館、國産酒造、白鷹・禄水苑、白鹿クラシックス、大澤本家酒造、北山酒造、清酒・德若
【今津郷:大関・甘辛の関寿庵、今津酒造
他(アンテナショップ):灘の酒蔵通り(北野工房のまち内)

発売期間・・・2018年10月1日(月)~2019年1月31日(木)

有効期間・・・2018年10月1日(月)~2019年2月28日(木)

#ブログ #日本酒 #スタンプラリー

ワオ!と言っているユーザー

春日部駅の発車メロディー「オラはにんきもの」に変更

スレッド
< 春日部駅ホームでの装飾イメ... < 春日部駅ホームでの装飾イメージ(画像:東武鉄道) >

東武鉄道と春日部市(埼玉県)は、春日部駅の発車メロディーを、10月1日からテレビアニメ「クレヨンしんちゃん」の代表曲「オラはにんきもの」に変更すると発表されています。

春日部市は同作品の舞台であり、今回「しんちゃんの住む街」をPRするため、東武鉄道と春日部市が連携して、「春日部市の日」である10月1日(月)から発車メロディーを変更するというものです。

1番線ホームは同日午前11時12分の特急「けごん18号」発車時から使用。2~5番線ホームはその後順次変更されます。メロディーは「オラはにんきもの」をアレンジしたもので、ホームごとに異なります。1番線では使用開始にあわせて、春日部市の<石川良三>市長らが出席する記念イベントが開かれる予定です。

なお、発車メロディーの変更にあわせて、駅東口の駅名看板やホームで『しんちゃん』のキャラクター装飾も予定されています。
#ブログ #鉄道 #イベント

ワオ!と言っているユーザー

「西日本JRバス発足30周年記念トミカ」

スレッド
「西日本JRバス発足30周年記...
西日本ジェイアールバスが「西日本JRバス発足30周年記念トミカ」を2018年10月1日(月)に発売します。

価格は(900円・税込)です。同社ウェブサイトや大阪駅JR高速バスターミナル窓口で発売。

また、9月30日(日)に岡崎公園(京都市左京区)で開催される「第18回スルッとKANSAIバスまつり」で先行販売される予定です。
#ブログ #バス

ワオ!と言っているユーザー

「そごう神戸店」が「神戸阪急」に改称

スレッド
「そごう神戸店」が「神戸阪急」...
2018年9月27日、兵庫県神戸市の「そごう神戸店」と大阪府高槻市の「西武高槻店」が、それぞれ「神戸阪急」「高槻阪急」に改称されると、エイチ・ツー・オー リテイリングが明らかにしています。改称は2019年10月1日から行われます。

「そごう神戸店」と「西武高槻店」は、もともと株式会社そごう・西武の運営でしたが、そごう・西武を傘下に持つセブン&アイホールディングスが、同様に阪急阪神百貨店を展開するエイチ・ツー・オー リテイリングと資本業務提携を始めたのに伴い、同社子会社の「H2Oアセットマネジメント」が運営を担っていました。

「そごう神戸店」は1933年の開業以来、神戸市内の一等地、阪神神戸三宮駅の真上で営業してきました。すでに事実上阪急阪神百貨店の傘下になっている同店ですが、これまでは地域の愛着を考慮して、屋号は変えずにいました。しかし同じ三宮に立地する大丸神戸店との競合などもあり、関西で根強く支持されている阪急への改称でブランド力強化を狙う。長年親しまれた「そごう」の屋号がなくなり、阪神電鉄の神戸三宮駅に神戸阪急が立地するという構図になります。

また、「神戸阪急」は過去に2度存在していました。まずは1936年に現・阪急神戸三宮駅の開業に合わせて同駅ビルで開業した阪急百貨店の支店です。1992年に神戸ハーバーランドに阪急百貨店の新店舗が開業するとそちらが神戸阪急となり、神戸三宮駅の店舗は「三宮阪急」と改称されました。ハーバーランドの店舗が2代目神戸阪急といえます。

初代神戸阪急だった三宮阪急は駅ビルのモダンなスタイルが三宮のランドーマークとして知られた存在でしたが、1995年の阪神・淡路大震災で建物が被災して閉鎖・解体され、またハーバーランドの2代目神戸阪急も業績不振から2012年3月11日に 閉店 となっています。三宮には24年ぶりに「阪急」の屋号を持つデパートができることになります。そごう、阪急ともに神戸で歴史あるデパートだけに、複雑な思いを抱く人が多いもではないでしょうか。
#ブログ #百貨店

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ