記事検索

宅配弁当(34)@宅配クック1・2・3須磨垂水店

スレッド
宅配弁当(34)@宅配クック1...
今朝の『讀賣新聞』、阪神、広島の記事に比べて、「G13失点13連敗」と大きな見出し記事になっていました。

本日のお弁当のおかずは、「さわら西京焼き・蓮根の紫芋酢」+「豆腐の中華あん」+「ザーサイと蒸し鶏の塩だれ和え」+「ずいきの煮物」+「わさび菜のお浸し」でした。

これといって特徴のある素材や味付けの惣菜はありませんでしたが、それなりにいただきました。

#グルメ #弁当

ワオ!と言っているユーザー

気になる「焼そばモッチッチ」@エースコック

スレッド
気になる「焼そばモッチッチ」@...
エースコックは6月19日(月)から、新しいカップ焼きそば「焼そばモッチッチ」(180円:税別)を全国発売します。

「焼そばモッチッチ」は、手づくりの焼そばのおいしさをカップ焼そばで気軽に楽しめる、焼そば好きのための全く新しいカップ焼そばだとか。

手づくりの焼そばのようなモチモチの食感の「真空仕立て麺」と、だしの風味を利かせた食欲をそそるソース、鰹節と紅生姜が香るふりかけで、インスタントとは思えない品質のカップ焼そばになっているようです。

インスタント麺の「焼きそば」といえば、四角い弁当箱型か、丸型の容器が多い中、割とすっきりとした持ちやすそうなカップのデザインと「真空仕立て麺」がどのような味わいなのか、気になる一品です。
#グルメ #インスタント麺

ワオ!と言っているユーザー

神戸ご当地(599)「ヴィッセル神戸 神戸開港150年記念ユニフォーム」

スレッド
神戸ご当地(599)「ヴィッセ...
このたび、ヴィッセル神戸は7・8 月に開催される「明治安田生命J1リーグ」のホームゲーム4 試合において、ホームタウンの神戸市が2017 年1月1日に神戸開港150 年を迎えたことを記念した「神戸開港150 年記念ユニフォーム」を着用して試合を行います。

また、この記念ユニフォーム(35000円:税込)は、6 月10 日(土)11:00 よりヴィッセル神戸オフィシャルグッズショップハーバーランド店にて予約販売の受付を開始します。

フィールドプレーヤーは「神戸市民の花」あじさいをモチーフにしたピンクと紫を基調としたデザインです。あじさいは六甲山系に幅広く自生しており、美しく繊細な淡紫色と迫力ある花のボリュームで親しまれています。また、襟、袖、脇部分には1993年より神戸市と姉妹都市提携を結ぶバルセロナ市の温暖な気候、地中海をイメージしたカラー(青色)を採り入れています。
キーパーユニフォームには日本三大夜景として知られる六甲山から神戸港を眺めた街並をモチーフとした黒とシルバーのデザインです。
#ブログ #サッカー

ワオ!と言っているユーザー

デイケアの昼ご飯(87)

スレッド
デイケアの昼ご飯(87)
昨日のセ・パリーグの交流戦、阪神はオリックスに負けましたが、巨人も西武に負け、球団史上初の12連敗目を期しています。『日本経済新聞』の朝刊にも12連敗の見出しが大きく出ていて、驚きました。

本日のお昼ご飯は、「ビビンバ」+「温泉卵」+「キャベツの酢の物」+「わかめの中華スープ」+「果物(黄桃)」でした。

以前までの 「ビビンバ」 は、ご飯茶碗でのご飯でしたので、本来の「ビビンバ」のように具材や温泉卵をかき混ぜて食べることはできませんでしたが、今回は、丼にご飯が盛られていましたので、よくかき混ぜて、おいしくいただきました。
#グルメ #デイケア

ワオ!と言っているユーザー

神戸ご当地(598)「生田の森ホタル鑑賞の夕べ」

スレッド
神戸ご当地(598)「生田の森...
今年も、生田神社 の生田の森にて平成二十九年ホタル鑑賞の夕べが、6月9日(19:30~20:30 開門は19:00~)にて開催されます。

『いのち』の尊さ、美しさ、儚さを教えてくれるホタルの光。放流と自然繁殖したホタルたちが都会に佇む生田森を舞台にして、2010(平成22)年から行われていますが、今年も美しく舞い踊ります。

生田の森は、同神社境内北側に広がる源平ゆかりの史跡です。平安時代の『枕草子』に「森は大あらきの森、信太の森、生田の森」と記されるなど様々な書物にも登場する歴史的に由緒のある森として親しまれています。

放流と自然繁殖したゲンジホタルが舞う幻想的な光景が目の前に広がり、都会の喧騒の中にいながら自然の神秘にふれることができる、希少な場所になっています。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

きになる「至極の大桶シリーズ: 夏うな重」@かっぱ寿司

スレッド
きになる「至極の大桶シリーズ:...
かっぱ寿司は、国産ブランド「鹿児島県産大うなぎ」を使った「至極の大桶シリーズ 夏うな重」(税込:1万円)の予約受付を、2017年6月17日(土)からスタートさせ、7月13日(木)より販売開始いたします。

昨年、瞬く間に完売した「至極の大桶SUSHI CAKE」に続く、至極の大桶シリーズ第2弾です。

鹿児島県はうなぎの名産地として知られ、国内の水揚げ量第1位を誇っている。中でも今回は、平成の名水百選に選ばれた普現堂湧水源付近に位置する、広大な養殖池で育てられたうなぎのみを使っている。

こだわりの製法で作り上げられた「うな重」は、大うなぎをおろしたそのままの姿で、贅沢に3尾。25センチの重箱からはみ出す姿は圧巻の迫力があります。

特製ダレ、山椒、しゃもじ付きで1万円。約8人前の分量ですので、みんなで分ければそんなに高いうな重ではなさそうです。オリジナルの風呂敷に包まれ、各店舗先着10名には金粉を散らせてくれます。

<鰻>好きとしては、食べ応えがありそうな「うな重」で、気になる一品です。
#グルメ

ワオ!と言っているユーザー

気になる「ベルギービアゼリー」@ヴィタメール

スレッド
気になる「ベルギービアゼリー」...
関東・関西の百貨店を中心に21店舗を展開する、ベルギー王室御用達の老舗チョコレートブランド「ヴィタメール」。6月1日(木)から6月30日(金)まで、「ベルギービアゼリー」(411円)を販売しています。

この商品は、ベルギーのブリュッセルの東にあるヒューガルデン村を発祥とするホワイトビール “ヒューガルデン・ホワイト” を使用。苦味は少なく、コリアンダーやオレンジピールによるほんのりスパイシーで爽やかな飲み口が特徴で、その爽やかさを活かして大人が楽しめるビアゼリーに仕上げています。

アルコールは効いていますが、ジンジャエールで割っているため、カクテルでいえば「シャンディガフ」ですが、食べやすい味を実現しているとか。

ビール党として「シャンディガフ」の味わいが、どのような口あたりのゼリーになるのか気になる一品です。
#グルメ #ビール

ワオ!と言っているユーザー

宅配弁当(33)宅配クック1・2・3須磨垂水店

スレッド
宅配弁当(33)宅配クック1・...
こうべは、朝から雨模様です。昨日九州地方では梅雨入り宣言が出ていましたが、近畿地方も一日遅れで、梅雨入りです。

本日のお弁当のおかずは、「アブラカレイオリーブ焼」+「野菜と牛肉のオイスター炒め」+「マカロニサラダ」+「白菜漬け」+「小松菜の酢味噌和え」でした。

あっさりとした、「アブラカレイオリーブ焼」と少し濃い目の味付けの「野菜と牛肉のオイスター炒め」を交互にいただきながらおいしく食べ終えました。

#グルメ #弁当

ワオ!と言っているユーザー

神戸ご当地(597)「Japan Brickfest 2017 -Kobe Fan Weekend」

スレッド
神戸ご当地(597)「Japa...
6月10日(土)と11日日)に神戸市東灘区六甲アイランドのカナディアン・アカデミィにて、レゴ®ブロック作品の展示を中心としたイベント『Japan Brickfest 2017 -Kobe Fan Weekend=(ジャパンブリックフェスト)』が開催されます。

同イベントは毎年多くの人で賑わう日本最大規模のレゴ®ブロック展示イベントで、国内・海外から200人以上のレゴ®ファンビルダー(製作者)たちが一堂に集う展示会です。

会場には人の身長をゆうに超える巨大な作品やモーターで動く細工のしてあるもの、お馴染みのキャラクターや動物を模したものなど、ビルダーたちが作成したハイクオリティなレゴ®作品の数々を間近で観ることができます。

また、ブロックを組み立てて遊ぶことができるプレイエリアや、オリジナルグッズ、ビルダーオリジナルキットなどが販売されるフリーマーケットも実施。さらに、小人チケット購入の人のうち各日先着1000人にはスタンプラリーの台紙が配布され、スタンプラリーが完成した参加者には抽選でプレゼントも進呈される。屋台の飲食コーナーや音楽ライブなどが行われるステージイベントも予定されており、子どもから大人まで幅広く楽しむことができる。

同イベントを含むKLUG(関西レゴ® ユーザーグループ)のレゴ®作品展示会はチャリティーを目的としており、入場料等で得られた収入の一部は養護施設などへの寄付金として使用されなす。
#ブログ #イベント

ワオ!と言っているユーザー

今年の読書(30)『ケモノの城』誉田哲也(双葉文庫)

スレッド
今年の読書(30)『ケモノの城...
著者の作品は、『ジウ』シリーズ (Ⅰ)(Ⅱ)(Ⅲ) をはじめ、テレビドラマ化や映画化された 『ストロベリーナイト』 に始まる<姫川玲子>シリーズが好きでした。

また、農業の世界で頑張る女性を描いた 『幸せの条件』 も異色な作品で楽しめました。

今回の本書は、いやはやなんともグロテクスな描写の連続で、衝撃的な内容でした。

自ら警察に身柄保護を求めてきた17歳の少女は、全身に暴行の跡がありました。彼女の証言により監禁されていたマンションの部屋には<アツコ>と名乗る女がおり、部屋からは多数の血液反応が発見されます。

<アツコ>は取り調べに対して、すべて<梅木ヨシオ>なる男の犯行だと言い続けますが、男の正体がつかめません。

人間は監禁状態になると「学習性無力感」という無気力な感情に陥り、無抵抗にならざるを得ないようですが、それにしても衝撃的な殺人事件を扱った作品です。怖いもの見たさの人にお勧めします。
#読書 #文庫本

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 9/1244 ページ
  1. <<
  2. <
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. >
  15. >>