記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

企画展示【没後10年 小松益喜と歩く神戸風景】@神戸ゆかりの美術館

スレッド
企画展示【没後10年 小松益喜...
                  < 神戸地方裁判所 1986年 >

今週末の22日(土)から12月28日(金)<水曜日は休館日>まで、「神戸ゆかりの美術館」にて【没後10年 小松益喜と歩く神戸風景】の企画展示が開催されます。

小松益喜は高知県出身の画家ですが、東京美術学校を卒業後高知に戻り、再度上京する際に立ち寄った神戸の街並みに魅了され、北野町の異人館街を中心に制作活動の拠点として活躍した画家です。

今回没後10年に当たり、異人館や戦前の旧居留地風景などを合わせて約80点が展示されます。

写真の<神戸地方裁判所>は、現在は外壁だけが保存され、<ドイツ・ルネッサンス様式>の面影をかろうじて残しています。
この絵が描かれた頃、わたしはこの近くの事務所に勤めていました。お昼ご飯などに出向くとき、ベレー帽をかぶった小松益喜(当時82歳)さんが、横断歩道の手前で小さな椅子に座り描かれていた姿を懐かしく思い出します

今また、仕事の関係で神戸地方裁判所に出向きますが、縁がある建物なのかもしれません。
#芸術 #アート #伝統 #文化

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
birdy
birdyさんからコメント
投稿日 2012-09-18 07:51

こういう絵をみると、ホッとしますね。

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2012-09-18 17:06

特に神戸っ子には、今はなくなってしまった建物や風景の作品が多いので、懐かしさ100倍です。

ワオ!と言っているユーザー

Toshiaki Nomura
Toshiaki Nomuraさんからコメント
投稿日 2012-09-19 09:15

絵を書いてるところに遭遇するとは貴重ですね。

神戸の昔を知る貴重な作品ですね…。

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2012-09-19 18:30

日曜画家と間違われて、話しかけられている方もおられましたが、当時はもう十分に高名な画家さんでしたが、気さくな感じで受け応えされていました。 (苦笑)

ワオ!と言っているユーザー

エメラルド
エメラルドさんからコメント
投稿日 2012-09-22 08:13

趣のある絵ですね~!作者をご存じだと余計に身近に感じる作品でしょうね。

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2012-09-22 18:18

お昼休みや用事で出かけた際に見ていましたので、制作過程が分かっています。
当時はまだまだ神戸は趣きのある景色や建物が多くありましたが、阪神淡路大震災で、すっかりと街並みが変わってしまったのが、残念です。

ワオ!と言っているユーザー