記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

ご冥福を祈ります<アンナ・カリーナ>さん

スレッド
ご冥福を祈ります<アンナ・カリ...
フランスメディアの報道によりますと、<アンナ・カリーナ>がフランス現地時間12月14日にがんのために亡くなられています。79歳でした。

1940年9月22日生まれ、デンマーク・コペンハーゲン出身、18歳で仏パリに移ってからモデルとしてキャリアを活動させました。その後、映画監督の<ジャン=リュック・ゴダール>と出会い、1961年に結婚。1960年代にはヌーベルヴァーグのミューズとして活躍し、<ゴダール>の監督作『小さな兵隊』・『女と男のいる舗道』・『はなればなれに』・『アルファヴィル』・『気狂いピエロ』・『メイド・イン・USA』などに出演しました。1961年の『女は女である』で、ベルリン国際映画祭の女優賞を獲得。1964年には<ゴダール>と共同で製作会社アヌーシュカ・フィルムを設立しています。<ゴダール>とは1965年に離婚し、その後4度の結婚歴があります。

そのほか<アニエス・ヴァルダ>の『5時から7時までのクレオ』、<ロジェ・ヴァディム>の『輪舞』、<ジャック・リヴェット>の『修道女』・『パリでかくれんぼ』、<ルキノ・ヴィスコンティ>の『異邦人』、<ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー>の『シナのルーレット』などに出演。1967年には、<セルジュ・ゲンズブール>が<カリーナ>の主演ミュージカル『アンナ』のために書き下ろした楽曲『太陽の真下で』で歌手としても成功を収めています。

2018年には、コンサート「FESTIVAL TANDEM MUSIC & FOOD」のために19年ぶりに来日。2019年9月には『アンナ』(1966年・監督:ピエール・コラルニック )がデジタルリマスター版となって21年ぶりに劇場公開されています。

『アンナ』は抜群のポップ感覚で送る、1960年代のフランスを舞台にしたミュージカル・コメディです。広告会社の社長「セルジュ」は、ある日一枚の広告写真に写る「アンナ」という美女に一目惚れします。「アンナ」の捜索に奔走する「セルジュ」ですが、実は彼女は最近自分の会社に入ったメガネの女の子だったのです。主演 あんな<・カリーナ>を取り巻くのは、<ジャン=クロード・ブリアリ>、<セルジュ・ゲンズブール>、<マリアンヌ・フェイスフル>。随所に散りばめられた60年代カルチャーもみどころの映画です。

デジタルリマスター版『アンナ』は現在、兵庫県神戸市の「神戸アートビレッジセンター」(神戸市兵庫区新開地5丁目3ー14)にて12月20日(木)まで上映中です。
#ブログ #訃報 #映画

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ