記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

今年の読書(14)『オサキと江戸の歌姫』高橋由太(宝島社文庫)

スレッド
今年の読書(14)『オサキと江...
<もののけ本所深川事件帖>とありますように、シリーズ4冊目に当たります。

本所深川にある唐人神社には、<小糸>という娘が祭られていますが、大川が大雨で溢れそうなときに、<小糸>が『十人の仔狐様』という十番ある数え唄を歌うと雨が止むという言い伝えが残っていました。

この数え唄を歌う十人組の「本所深川いろは娘」が江戸の町の人気を集めていましたが、そのうちの一人<小桃>が行方不明になり、大川で死体となって発見されます。
欠員の出来た穴を埋めようと、主人公<周吉>が手代をしています古道具屋の娘<お琴>が、「いろは娘」の元締め<市村>に担ぎ出され、付き人として手代の<周吉>が仕えるなか、次々と「いろは娘」が謎の死を遂げてゆきます。

<オサキ>というのは、手代<周吉>にとりついた妖狐のことですが、タイトルに出てくるほどには存在感がありませんでしたが、前作の三作を読まないといけないのかもしれません。
#読書 #本 #詩 #エッセイ #コラム

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ