記事検索
ハッシュタグ「#展覧会」の検索結果161件

「シダネルとマルタン」展 in SOMPO美術館

スレッド
リーフレット(アンリ・マルタン... リーフレット(アンリ・マルタン「腰掛ける少女」1904年以前) アンリ・マルタン「二番草」19... アンリ・マルタン「二番草」1910年 アンリ・ル・シダネル「ジョルブ... アンリ・ル・シダネル「ジョルブロワ、テラスの食卓」1930年 美術館外観 美術館外観
 うちの奥さんと、SOMPO美術館に「シダネルとマルタン 最後の印象派、二大巨匠」展を見てきた。シダネルやマルタンは良く知らなかったが、いくつか見たことがある絵もあり、結構よかった。印象派の絵はやはり色がとても綺麗で、見ていて楽しい。
 ところで、SOMPO美術館が損保ジャパン本社ビルの中ではなく、その前に建った新しい建物になっていたのには驚いた。儲かっているのかな..
#展覧会

ワオ!と言っているユーザー

絵のある陶磁器 仁清・乾山・永楽と東洋陶磁

スレッド
絵のある陶磁器 仁清・乾山・永...
 久しぶりに三井記念美術館へ「絵のある陶磁器 仁清・乾山・永楽と東洋陶磁」展を見に行きました。実は昨年の9月から改修のため休館していたので、リニューアルオープンの第1弾です。私はお茶はやりませんが、仁清や乾山の釉下彩陶器をじっくり見ることができました。最後の方に出てきた中国陶磁器も良かったですね。やはり、三井はすごいな....とても、勉強になりました。
#展覧会 #陶磁器

ワオ!と言っているユーザー

近代の日本画展 in 五島美術館

スレッド
リーフレット リーフレット 富士山は見えなかった.. 富士山は見えなかった.. 庭園内の六地蔵 庭園内の六地蔵
 昨日、天気がよかったので、久し振りに、うちの奥さんと五島美術館へ行ってきた。まあ、半分は、天気が良いので、博物館の庭園を散歩するのが目的であったが、なかなか良かった。横山大観の作品がたくさんあり(39点中16点)、富士山の絵を描いた「霊峰四題」の春夏秋冬がすべて展示されていた。4枚並べると結構迫力があり圧倒された。あと、小茂田青樹の「梅さける村 」が良かったなあ..
 まあ、硯とかは、あまり興味はなかったが、メインで展示されていた「端渓緑石蘭亭硯」の側面4面に渡って彫られた浮彫は見入ってしまった。
 展示を見た後、庭園を散策して、二子玉川で買い物をして帰った。
しかし、暑かった!
#展覧会

ワオ!と言っているユーザー

リサーキュレーション

スレッド
リサーキュレーション
 3月の中頃に国際フォーラムで行われたアートフェア2022に展示されていた四代目田辺竹雲斎の「RECIRCULATION」です。この前の日曜美術館で取り上げられており、アップをすっかり忘れていました。同じような作品を去年もアップしました。https://jp.bloguru.com/kai/399442/art-fair-tokyo-2021
とにかく大きい迫力のある竹細工の作品です。
#展覧会

ワオ!と言っているユーザー

SHIBUYAで仏教美術 in 松濤美術館

スレッド
リーフレット リーフレット 絵巻「泣不動縁起」上巻、前庭で... 絵巻「泣不動縁起」上巻、前庭で祈祷を行う安倍晴明(15世紀、室町時代) 妖怪たちのアップ、可愛いですね... 妖怪たちのアップ、可愛いですね!
 先日、うちの奥さんと一緒に渋谷の松濤美術館へ「SHIBUYAで仏教美術」展を見に行きました。毎秋に「正倉院展」が開催される奈良国立博物館の所蔵するコレクション展です。東京で所蔵コレクションを紹介する展覧会は初めてだそうです。
 結婚当初、夫婦でNHK教養講座において学んだ密教の胎蔵界曼荼羅や金剛界曼荼羅など、久し振りに見て懐かしいものもありましたが、一番気に入ったのは室町時代に描かれた絵巻「泣不動縁起」に出てくる妖怪たちで、とても可愛く良かったです。
#展覧会

ワオ!と言っているユーザー

ミロ展 ー日本を夢みて

スレッド
リーフレット リーフレット 《絵画(カタツムリ、女、花、星... 《絵画(カタツムリ、女、花、星)》
56年ぶりの来日だそうである..
《ゴシック聖堂でオルガン演奏を... 《ゴシック聖堂でオルガン演奏を聞いている踊り子》
この絵柄の手ぬぐいを買ってしまった..
 先日、Bunkamura ザ・ミュージアムへうちの奥さんと「ミロ展 ー日本を夢みて」展を見てきた。ミロの絵は、バルセロナのミロ美術館へも行ったし、日本の美術館も結構持っているので、何回か見ているはずである。まあ、こうやって日本の美術館でまとめてみるのは初めてかな。
 ミロは2度来日しているようで、2回目の1970年の大阪万国博覧会では陶板壁画を制作している。昔から日本の文化が大好きだったようで、所蔵していた日本の民芸品のコレクションなども展覧会では展示されている。
 ミロはシュールレアリストであるから、描いている画は???というような感じでタイトルを見ないと良くわからないが、色彩がカラフルでかつ漫画チックで見ていて楽しいところが良い。結局、売店で、うちの奥さんと一緒に、手ぬぐいを2本買ってしまった。
#展覧会

ワオ!と言っているユーザー

開館40周年記念展~冬編~「ジャパンブルー 藍のある暮らし」展 in 静岡市立芹沢銈介美術館

スレッド
開館40周年記念展~冬編~「ジ...
 静岡市立芹沢銈介美術館で行われている開館40周年記念展~冬編~「ジャパンブルー 藍のある暮らし」展です。美術館へ訪れたときに行われていた展覧会ですが、その後、浜松や多治見への訪問報告で忙しく、アップすることをすっかり忘れていました。
 企画展冬編は芹沢の収集がテーマで、芹沢が集めた被衣、夜着、火消衣装、刺子の労働着、風呂敷や油単、暖簾、馬飾りなどの「日本の藍染」の名品が展示されています。見ていると、日本人の生活の中にあった名品には斬新なデザインがたくさんあり、驚かされます。とても良い展覧会です。なお、芹沢の代表作品も60点ほど展示されています。
 会期もあと2週間ちょっととなってしまいましたが、お近くの方で興味のある方は是非行ってください。お勧めです!
#展覧会

ワオ!と言っているユーザー

昭和レトロモダン-洋食器とデザイン画- in 愛知県陶磁美術館

スレッド
昭和レトロモダン-洋食器とデザ...
 愛知県陶磁美術館へ「昭和レトロモダン-洋食器とデザイン画-」を見にいきました。多治見から愛陶まで車で30分ということで、高木さんが見に行こうと誘ってくれました。実は高木さんもこの展覧会にいくつか出展しているようです。
 この展覧会は、愛知の三郷陶器や鳴海製陶、そして、岐阜のヤマカ製陶所(のちの大和陶器)をメインに紹介しており、特に三郷陶器は戦後から昭和40年代に手掛けた洋食器のデザイン画が一緒に展示されています。展示品の中には、今、私の家でも使っている鳴海のカップ&ソーサも展示されていました。
 担当の学芸員によれば、若い人が結構たくさん見に来てくれるようです。帰りの車の中で、高木さんと、もう今は昭和レトロの時代で、我々の明治、大正の陶磁器をコレクションするのは時代遅れなのかなと話していました。
#展覧会 #旅行

ワオ!と言っているユーザー

多治見西浦記念館

スレッド
昨年、10月に瓦がふき替えられ... 昨年、10月に瓦がふき替えられて新しくなりました。
http://tajiminishiura.jp/
向かって右側の蔵、企画展示室 ... 向かって右側の蔵、企画展示室
床のフローリングもすべて高木さん一人で貼ったようです。
中央の蔵、 歴代の西浦圓治に関... 中央の蔵、
歴代の西浦圓治に関する資料が展示されている常設展示室
向かって左側の蔵、 蔵の奥にあ... 向かって左側の蔵、
蔵の奥にある昭和の居間を再現した場所、
これらもすべて高木さんが製作したようです。
 昼食後、多治見西浦記念館へ連れて行ってもらった。ここは、西浦家が持っていた蔵を譲り受け、高木さんが中心となって記念館にしたところであり、現在、NPO法人 多治見西浦伝承会が運営している。昨年、ブログにアップしたNHK岐阜の番組で紹介されたのがここである。蔵は3つに分かれていて、向かって右側の蔵が企画展示室、中央の蔵が歴代の西浦圓治に関する資料が展示されている常設展示室、そして、左側の蔵が西浦家が所蔵していた明治から昭和にかけての生活用品が展示されている。奥に昭和の居間が再現されており、子供たちが遊べるようになっている。この3つの蔵のフローリングや塗り壁などの内装すべて高木さんが一人でリノベーションして、かつ、展示も行ったらしい。呆れるほど、すごいというほか、言葉が出なかった。モノ作りをする人は何でもできるんですね。
#展覧会 #旅行 #陶磁器

ワオ!と言っているユーザー

「渋沢栄一とワグネル・旭焼」展

スレッド
リーフレット リーフレット 実は、あまり予算がなく、 これ... 実は、あまり予算がなく、
これらの展示はすべて高木さんが行ったようです。
すごいパワー..
加藤家に伝わる旭焼 加藤家に伝わる旭焼
 実は多治見西浦記念館を訪れるために先日作品をアップした平正窯の高木典利さんと連絡を取り、多治見駅で待ち合わせをしました。そして、まず、オリベストリートの陶都創造館3階にある博物館「多治見商人物語」で行われている「渋沢栄一とワグネル・旭焼」展を見に行きました。この展覧会は高木さんが企画したようです。
 渋沢栄一、ワグネルそして旭焼と多治見はあまり結びつきませんが、実は多治見出身の加藤助三郎は、東京陶器問屋組合頭取を勤めていた時に旭焼を販売していて、そのため加藤家には旭焼が伝えられており、今回その作品が展示されています。そして、旭焼はワグネルが研究して創った釉下彩陶器で、その旭焼は渋沢栄一が浅野総一郎らと組合組織をつくり支援してできた製造場だったそうです。さらに、旭焼は陶器ですが釉下彩であり、西浦焼とつながるのです。
 少し強引な気もしますが、これで展覧会をやってしまうところがすごい!
渋沢史料館の学芸員をよんで記念講演会も行われたようです..
#展覧会 #陶磁器

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/17 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>