English日本語

ハッシュタグ検索

"#rcbg"の検索結果
  • パーンと動物のフィギャリン その2

    投稿日 2019-08-14 21:20
    カイの家 by hiro
     実は右側のパーンと蜥蜴は7~8年前に行われた最初のマイコレクション展に出展されたものである。もちろん、図録にも掲載されている。しかし、HPを確認したら、なんとアップしていなかった。おそらく当時、搬出直前に購入して出展が決まり、HPにアップする時間がなかったのだろう。当初、あまり注目されていなかった...
  • パーンと動物のフィギャリン

    投稿日 2019-08-12 15:42
    カイの家 by hiro
     ロイヤルコペンハーゲンのパーンと動物のフィギャリンである。パーン(Pān:英語はPan)とはギリシャ神話の牧神のことであり、ヤギの角と足を持った音楽好きな牧人と家畜の神だそうだ。RCの英語のコレクター本ではFaunと書いてあるが、どうやら、ローマ神話におけるファウヌス(Faunus)と同一視される...
  • 女性と睡蓮のトレイ

    投稿日 2019-08-05 00:00
    カイの家 by hiro
     ロイヤルコペンハーゲンの「女性と睡蓮のトレイ」である。オリジナル作家はクリスチャン・トムセンで、1899年に制作された。型番は8番だが、人気があったのか、1930年頃2468番として再生産されている。何個か日本に入ってきているが、やっと手に入れたという感じかな.....http://home.h0...
  • 仲良し犬

    投稿日 2019-07-31 23:04
    カイの家 by hiro
     ロイヤルコペンハーゲンの2匹のポインター・パピーである。作家はエリック・ニールセンで、時代は1923年から1928年に作られたものである。グレイは持っているが、現在、ヤマザキマザック美術館へ出張しており、リーフレットやポスターを飾っている。 確かグレイを購入したときには、このブログで、いろいろと薀...
  • マイコレクション・カレンダー 7月

    投稿日 2019-07-02 00:09
    カイの家 by hiro
     コレクション・カレンダーの7月分です。ビングオーグレンダールのカワウソです。湿気でカレンダーも少し波打っています。やれやれ..
  • デンマーク・デザイン展 in 三重

    投稿日 2019-06-20 23:45
    カイの家 by hiro
     三重県立美術館で行われるデンマーク・デザイン展のリーフレットが送られてきました。
  • 白鳥

    投稿日 2019-06-06 23:59
    カイの家 by hiro
     ビングオーグレンダールの白鳥のフィギャリンである。時代は1915-48年、長さは16㎝。最近のものは時々見るが、この時代のものはなかなか見つからない。羽根のつくりがなかなか細かくできている。どうも,鳥が多いな..
  • 釉下彩鶴文大皿

    投稿日 2018-08-16 09:32
    カイの家 by hiro
     ロイヤル・コペンハーゲンの釉下彩鶴文大皿である。ひと月前位に購入したのだが、やっとアップできた。作家はカール・フレデリック・リースベア、制作年は1909年1月、ワーク番号10269、直径約30cmの飾皿である。デンマークに棲む鶴が水辺で休んでいる田園風景かな。絵付け絵具で、この空気感を出すのが難し...
  • ツバメ文フラワーポット

    投稿日 2018-07-07 23:59
    カイの家 by hiro
     ロイヤルコペンハーゲンのツバメ文フラワーポットです。アンドレアス・ペダーソンが1905年に制作したものです。このボールは、1905年から1913年の間に製作されました。ロイヤルコペンハーゲンらしい逸品です。ツバメの色がなかなかきれいです。
  • エジプト女性文トレイ

    投稿日 2018-06-29 00:00
    カイの家 by hiro
     ロイヤル コペンハーゲンのエジプト女性のトレイである。作家は不明だが、制作年代は1910年のカタログには載っているので、それ以前である。このトレイが製作されたのは、ペインター番号から1911から1922年の間である。最近、女性のトレイが続くな..  ふと思ったのだが、女性ではないかもしれない......
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

ページ 1/4