English日本語

ハッシュタグ検索

"#rcbg"の検索結果
  • 座る裸婦像

    投稿日 2019-12-05 00:00
    カイの家 by hiro
     ビング&グレンダールの「座る裸婦像」である。何の用途で作ったかわかりません。「横たわる裸婦像」の方はメモ用ホルダーだそうです。1900年前後に作られたこの手の女性像はいくつかあります(ダールヤンセンがいくつか作っています。)が、これは、だれが作ったかはわかりません。 http://home.h00...
  • 徳川義親コレクション

    投稿日 2019-12-01 01:15
    カイの家 by hiro
     昨日、NHKの「チコちゃんに叱られる!」で、北海道土産の「木彫りの熊」が取り上げられていた。それによると、「木彫りの熊」のオリジナルは、尾張徳川19代当主義親氏が大正10年から11年の1年間、ヨーロッパ周遊旅行へ行っているときに、スイスのベルンで購入してきたものだそうだ。そのものが現存しており、番...
  • クリームシチューとロイヤル コペンハーゲン

    投稿日 2019-11-09 00:00
    カイの家 by hiro
     寒くなってきたので、久しぶりに18世紀のロイヤル コペンハーゲンの深皿を使って、うちの奥さんがクリームシチューを作りました。美味しかったです!  さて、明日はいよいよ三渓園でのガムラン演奏本番、朝早いので早く寝ます。...
  • マイコレクション・カレンダー 11月

    投稿日 2019-11-06 00:00
    カイの家 by hiro
     マイコレクション・カレンダー11月分です。この鴨のフィギャリンは、確かアルゼンチンから購入したものです。当時、ちゃんと届くかどうか心配でした。
  • 釉下彩乗馬風景文花瓶

    投稿日 2019-11-05 00:05
    カイの家 by hiro
     ロイヤルコペンハーゲンの釉下彩乗馬風景文花瓶である。作家はリカード・ブカで、1928年8月30日に制作したユニカである。 http://home.h00.itscom.net/shiokawa/RC_R_Bocher.html  リカード・ブガの陶磁器作品は持っていなかったが、リトグラフをひとつ持...
  • ゲンゲのフィギャリン

    投稿日 2019-10-23 00:46
    カイの家 by hiro
     ロイヤル・コペンハーゲンのゲンゲのフィギャリンである。カール・フレデリクス・リースベアが1888年と1889年に制作した6種類の魚のフィギャリンのうちのひとつである。この6種類の魚のフィギャリンは、世界で初めて多色の釉下彩で制作された高下度磁器のフィギャリンである。  写真後部のゲンゲは、「アール...
  • 結晶釉花瓶

    投稿日 2019-10-07 00:00
    カイの家 by hiro
     1895年にロイヤルコペンハーゲンからビング&グレンダールへ移ったアウグスト・ハリンが制作したピンク色のクリスタル・グレイズ花瓶です。ハリンは、ロイヤル コペンハーゲンでは、クリスタル・グレイズを作っていませんので、ビング&グレンダールに移ってから、研究したのかもしれません。ピンク色のクリスタルグ...
  • 釉下彩浮彫花草文花瓶

    投稿日 2019-09-30 00:00
    カイの家 by hiro
     香蘭社の浮彫花草文花瓶である。高さは17㎝。1920年代の作品と思われる。  実はB&Gのエフィーやファニーガルデの作品によく似ていると思い購入した。  この時期の香蘭社は、ロイヤルコペンハーゲンの釉下彩ではなく、ビング&グレンダールのそれを参考にしていたような気がする。以前、展覧会にも出したカモ...
  • パーンと動物のフィギャリン その2

    投稿日 2019-08-14 21:20
    カイの家 by hiro
     実は右側のパーンと蜥蜴は7~8年前に行われた最初のマイコレクション展に出展されたものである。もちろん、図録にも掲載されている。しかし、HPを確認したら、なんとアップしていなかった。おそらく当時、搬出直前に購入して出展が決まり、HPにアップする時間がなかったのだろう。当初、あまり注目されていなかった...
  • パーンと動物のフィギャリン

    投稿日 2019-08-12 15:42
    カイの家 by hiro
     ロイヤルコペンハーゲンのパーンと動物のフィギャリンである。パーン(Pān:英語はPan)とはギリシャ神話の牧神のことであり、ヤギの角と足を持った音楽好きな牧人と家畜の神だそうだ。RCの英語のコレクター本ではFaunと書いてあるが、どうやら、ローマ神話におけるファウヌス(Faunus)と同一視される...
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

ページ 1/5