記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

「ニホンライチョウ」@環境省信越自然環境事務所(長野市)

スレッド
南アルプス北部の放鳥地点から約... 南アルプス北部の放鳥地点から約22キロ離れた場所で撮影された雌の「ニホンライチョウ」(画像:環境省提供)
南アルプス北部で2017年にふ化直後にケージで保護し放した「ニホンライチョウ」が、放鳥地点から約22キロ離れた場所で今年8月に見つかったことが10日、環境省信越自然環境事務所(長野市)が発表しています。

事務所によりますと、2015年から実施した同様の保護活動の中で、これだけの長距離移動の確認は初めてとのことです。

別の個体で2018年に約11キロの移動を確認していますが、今回は大きく上回っています。一般的な移動距離は数キロ程度といいます。

「ニホンライチョウ」は国の特別天然記念物で絶滅危惧種。事務所は「遠くに飛んでいけば、そこでの繁殖が期待できる」としています。
#ブログ #鳥類 #キジ科

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
* は必須項目です。必ずご記入ください
  • なし
  • 中央
チェックされている場合は表示されます。
画像認証