記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

本塁打王争い@セ・リーグ

スレッド
広島・鈴木誠也    ヤクルト... 広島・鈴木誠也    ヤクルト・村上宗隆    巨人・岡本和真
セ・リーグのレギュラーシーズンが、今夜の「ヤクルトー広島」25回戦(18:00~・神宮)で終了します、投打各部門の個人タイトルも確定することになります。

本塁打部門では現在39本でトップに並ぶ<村上宗隆>(21・ヤクルト)と<岡本和真>(25・巨人)を<鈴木誠也>(27・広島)が1本差で追う展開となっています。3人が同本数で本塁打王ということになれば、実に1リーグ時代の1943年に<岩本章>、<加藤正二>、<古川清蔵>(3人ともに名古屋)が4本で分け合って以来78年ぶりの記録となります。

<鈴木誠也>が1日の試合で不発に終わり、<村上宗隆>、<岡本和真>の2人が分け合った場合、セ・リーグで2人の本塁打王が誕生するのは2004年に<ローズ>(巨人)と<ウッズ>(横浜)が45本で並んで以来17年ぶり。日本人同士となれば1984年に<掛布雅之>(阪神)と<宇野勝>(中日)が37本で分け合って以来37年ぶりとなります。

また、<村上宗隆>には史上最年少での40号到達という期待もかかっています。さらに現在112打点でトップの<岡本和真>を1差で追っており、本塁打と打点の2冠獲得となればセ・リーグでは1962年の<王貞治>が高卒4年目で38本塁打、85打点で記録したのに並ぶ記録となります。

阪神とヤクルトの優勝争いも、消化試合もなく最後まで目が離せませんでしたが、個人タイトルも最後まで気が抜けないようです。
#セリーグ #ブログ #プロ野球 #本塁打

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ