記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

2019年のベスト映画@世界中の批評家304名

スレッド
2019年のベスト映画@世界中...
世界中の批評家304名が選んだ2019年のベスト映画、ベストパフォーマンスが『IndieWire』にて発表されています。

作品部門の第1位は 『パラサイト 半地下の家族』 でした。監督の<ポン・ジュノ>(50)は監督部門の第1位に選ばれており、彼が手がけたシナリオも脚本部門の第1位を獲得しています。同作は非英語圏映画の第1位にも選出されています。さらに主演男優部門の第9位に<ソン・ガンホ>がランクインしており、助演女優賞部門に<パク・ソダム>、<チョ・ヨジョン>、<イ・ジョンウン>が入っています。

<マーティン・スコセッシ>(77)が監督を務め、<ロバート・デ・ニーロ>、<アル・パチーノ>、<ジョー・ペシ>が共演した 『アイリッシュマン』 は作品部門の第2位に。監督部門では第2位、脚本部門では第4位に選ばれ、主演男優部門、助演男優部門にも<ロバート・デ・ニーロ>、<アル・パチーノ>、<ジョー・ペシ>がランクインしています。

<ノア・バームバック>(50)がメガホンを取り、<スカーレット・ヨハンソン>と<アダム・ドライバー>が共演した 『マリッジ・ストーリー』 は作品部門の第3位に、<レオナルド・ディカプリオ>、<ブラッド・ピット>らが出演した 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 が第4位に続いています。

<ホアキン・フェニックス>(50)が主演し<トッド・フィリップス>(48)が監督を務めた 『ジョーカー』 は作品部門第9位。<シアーシャ・ローナン>、<エマ・ワトソン>、<エリザ・スカンレン>、<フローレンス・ピュー>、<ティモシー・シャラメ>らが出演し<グレタ・ガーウィグ>(36)が監督した 『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』 が第10位に入っています。
#ブログ #映画 #映画賞

ワオ!と言っているユーザー

『自叙伝 ジェームズ・T・カーク』

スレッド
『自叙伝 ジェームズ・T・カー...
『スタートレック』シリーズに登場するキャラクターの波乱の人生が明かされる『自叙伝 ジェームズ・T・カーク』(原タイトル:THE AUTOBIOGRAPHY OF JAMES ティー.KIRK ・竹書房・3300円)が、本日12月19日に刊行されています。

同シリーズにおいて「伝説の男」と称される「ジェームズ・T・カーク艦長。本書では著者である「カーク」の初の自叙伝として、タルサス四号星で過ごした少年時代、宇宙艦隊アカデミー時代や異例の昇進、U.S.S.エンタープライズ指揮官として宇宙の危機を救った輝かしい経歴などが、彼の言葉でつづられています。

「カーク」とともに数々の冒険を経験し、よき仲間であり親友であった医学博士「レナード・H・マッコイ」による序文、「ミスター・スポック」によるあとがきも掲載。さらにU.S.S.エンタープライズ前船長との初会合の様子など、人生における決定的瞬間を切り取った写真や、息子「デビッド」に宛てた手紙の下書きなど貴重な資料が収録されています。
#ブログ #映画 #てれびドラマ #単行本

ワオ!と言っているユーザー

『山の焚火』デジタルリマスター版でリバイバル上映

スレッド
『山の焚火』デジタルリマスター...
スイスの映画監督<フレディ・M・ムーラー>作『山の焚火』(日本1986年8月2日公開)が、2020年2月22よりデジタルリマスター版でリバイバル上映されます。

<ダニエル・シュミット>や<アラン・タネール。らと並び、ヌーヴォー・シネマ・スイスの旗手の1人として知られる<ムーラー>。1985年にロカルノ国際映画祭でグランプリの金豹賞に輝いた『山の焚火』では、人々から隔絶された土地でほぼ自給自足の生活を送る4人の家族を描いています。

家族の愛情を一身に受けて育ったろうあ者の弟は、あることで父の怒りを買い家を飛び出します。身を隠した山小屋へ食料を届けにきた姉とたき火を囲み、楽しい時間を過ごす弟でしたが、やがて姉の妊娠が発覚し物語が展開していきます。キャストには<トーマス・ノック>、<ヨハンナ・リーア>、<ロルフ・イリック>、<ドロテア・モリッシ>、<イェルク・オーダーマット>、<ティッリ・ブライデンバッハ>らが名を連ねています。

なお、現在79歳の<ムーラ>は映画界への貢献が認められ、8月に開催されたロカルノ国際映画祭で「キャリア豹賞」を受賞しています。

『山の焚火』(デジタル・リマスター版)」は東京・ユーロスペースほか全国で順次ロードショー。ドキュメンタリー『われら山人たち』(1974年)・『緑の山』(1990年)もあわせて公開となります。
#ブログ #映画 #デジタルリマスター版

ワオ!と言っているユーザー

国家資格を349人が不正取得@大和ハウス工業

スレッド
大和ハウス工業は18日、社員349人が必要な実務経験年数を満たしていないにもかかわらず国家資格の技術検定試験を受け、施工管理技士の資格を不正に取得していたと発表されています。実務経験の証明書をチェックする会社側の態勢が不十分だったのが原因。国土交通省へ報告した。社長ら役員11人の来年1~3月の月額報酬を10%減額するとか。

国交省は18日、物件の所有者に対し丁寧に説明するよう大和ハウスに指示した。また第三者の有識者を交えて原因を究明するとともに再発防止策を検討し、改めて報告するよう求め、国土交通省は349人に対し合格を取り消したうえで、3年間は受験を禁じる措置を出しました。

349人のうち6人が現場技術者として太陽光発電所の建設現場など16か所で工事の責任者を務めていたということです。

この問題は「大和ハウス工業」だけにとどまらないと思っています。そもそも実務経験なしで合格できるような試験内容も問題ですし、製図試験がある建築士の試験に受からない建設会社勤めの救済策的な「一級施工管理技士」資格を、入札の技術者ポイントや公共工事の現場管理の責任者として登録でき、「一級建築士」と同等とするところに問題の要因があると思います。

経歴証明をチェックする大和ハウスの体制に不備があったというよりは、会社自体主導での資格取得命令とみるのが、建設業界の常識ではないでしょうか。

ワオ!と言っているユーザー

<ジャッキー・チェン>主演『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』

スレッド
<ジャッキー・チェン>主演『ナ...
日本の文化人にも影響を与えたといわれる、中国・清代の怪異短編集『聊斎志異』の作者<蒲松齢(ホ・ショウレイ>をモデルにした文豪妖怪ハンターの主人公を、<ジャッキー・チェン(成龍)>(65)が演じた主演作『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』の本編映像の一部が公開されています。

本作で<ジャッキー>が演じたのは、「陰陽の筆」を手に魔法拳を駆使して邪悪な妖怪たちと戦う「プウ・スンリン」。映像には、「プウ」と彼のアシスタントであるカラフルな妖怪たちの修行シーンが切り取られています。<ジャッキー>が歌う劇中歌『Demon Cute』を聴くことができます。

<ヴァッシュ・ヤン(厳嘉)>が監督を務めた『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』は、2020年1月17日(金)より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー公開されます。
#ブログ #映画

ワオ!と言っているユーザー

デイケアのお昼ご飯(415)

スレッド
デイケアのお昼ご飯(415)
日の出時刻は<7:01>の朝6時の気温は6.0℃、最高気温は10,5℃の神戸のお天気でした。

本日のお昼ご飯は、「鮭のムニエル」+「五目豆」+「白菜と人参の胡麻和え」+「味噌汁(大根・人参)」でした。

「鮭のムニエル」としましたが、メニューでは「南蛮サーモン」となっていました。「南蛮漬け風」かなともおもっていましたが、<鮭>を唐揚げにしているわけでもなく、ネギや唐辛子の入った甘酢を絡めたあじでもなく、マヨネーズのタルタルがかけられているだけでした。
#ブログ #グルメ #デイケア

ワオ!と言っているユーザー

「UCCミルクコーヒー」配色デザインが「色彩のみからなる商標」として登録

スレッド
「UCCミルクコーヒー」配色デ...
UCC上島珈琲(本社:兵庫県神戸市)の缶コーヒー「UCCミルクコーヒー」に使われている「茶色、白、赤」の3色の組み合わせによるデザインが、特許庁の「色彩のみからなる商標」として登録されました。登録日は11月29日。昭和44年の発売以来、一貫して使われた色彩がブランドとして認められています。

登録内容は、同商品のデザインに使われる「茶色、白、赤」を上から25%、30%、45%の比率で配した色彩の組み合わせについて、特許庁から「UCCミルクコーヒーを想起させる高い識別性を有するとされた」(UCC)。登録は食品業界として初めてで、国内では8件目といいます。

色彩のみからなる商標は、特許庁が企業の多様なブランド戦略を支援するために平成27年から出願を受け付け、これまでトンボ鉛筆の消しゴム「MONO」に使われた青、白、黒の組み合わせやセブンイレブンの店舗看板に配された白とオレンジ、緑、赤の色彩も登録されています。

UCCミルクコーヒーは世界初の缶コーヒーとして発売され、翌年開催の大阪万博を機にヒット商品となりました。「三色缶」の愛称で幅広い世代から親しまれ、3色のうち茶色は焙(ばい)煎(せん)したコーヒー豆、白はコーヒーの花、赤は熟したコーヒーの実を表現しています。

発売から50年目 となる今年、10代目となるリニューアル商品を発売したほか、「缶コーヒーの最長寿ブランド」として ギネス世界記録 を更新しています。
#ブログ #企業 #商標登録

ワオ!と言っているユーザー

映画雑誌『映画秘宝』休刊

スレッド
映画雑誌『映画秘宝』休刊
出版社の「宝島社」(東京都千代田区)は18日、子会社の「洋泉社」を来年2月1日に吸収合併すると明らかにしています。「宝島社」が全ての権利義務を継承し、「洋泉社」は解散することになります。「洋泉社」が発行する映画雑誌『映画秘宝』(1995年創刊)は休刊する予定とのことです。

「洋泉社」は、1985年1月16日に設立。雑誌のほか、新書やムックなど年間約170点を刊行しています。

「宝島社」は『映画秘宝』について「宝島社で継続発行する予定はないが、休刊時期は未定」としています。「洋泉社MOOK」「新書y」「歴史新書y」といった「洋泉社」のレーベルも合併後に発行する予定はないそうです。従業員については、宝島社が継続して雇用されるようです。

合併の理由について、「宝島社」は「機能・人材を集中し、両社が一体となることで、柔軟かつ機動的な出版活動を進めるため」とコメントしています。
#ブログ #企業 #出版社

ワオ!と言っているユーザー

0.28ミリの油性ボールペン「JETSTREAM EDGE」@三菱鉛筆

スレッド
軸色はブラック、シャンパンゴー... 軸色はブラック、シャンパンゴールド、ネイビー、ホワイトレッド、オレンジ(限定)。
三菱鉛筆は、油性ボールペン「ジェットストリーム」シリーズから、「JETSTREAM EDGE」(1000円・税別)を、2019年12月20日に発売します。

油性ボールペンカテゴリーで初めて、世界最小だという0.28ミリのボール径を採用。一般的に、ボール径が小さくなるほどボールペンの開発は難しくなるとされていますが、細字の油性ボールペンへの需要が高まっていることから、技術の限界に挑戦したといいます。

同社の同じボール径のゲルインクボールペンより描線幅が細い。また、低粘度油性インクの「ジェットストリームインク」を使用しているため、速乾性に優れ、濃くはっきりとした描線をなめらかに筆記できます。さらに、ペン先にかけてスリムに絞った新開発の形状「ポイントチップ」により、細かい筆記作業中でも、筆記面がクリアに見えるとか。

本体軸には、機能性とデザイン性を兼備した設計を採用。ワイヤークリップのワイヤーの細さと、六角軸で生じる放射状の直線で、ボール径0.28ミリの描線が持つ、細く鋭いイメージをスタイリッシュに表現しています。また、細かい筆記中でも安定しやすいようペン先側に重心を寄せていることを、後端に向かって細くなる外観で表しています。グリップ部には細いライン加工を施すことで、滑りにくいつくりとしています。
#ブログ #文具用品 #油性ボールペン

ワオ!と言っているユーザー

「うどんチケット」@はなまるうどん

スレッド
「うどんチケット」@はなまるう...
はなまるうどんは「うどんチケット」を、12月20日から、一部店舗で数量限定販売します。価格は1000円です。

好きなうどん1杯ごとに1枚で300円値引きになるチケットが、5枚セットになったもの。全国のはなまるうどん店舗(一部店舗のぞく)で使用可能。合計で1500円の値引きが受けられるため、1000円で購入し、すべて使用すれば、500円おトクになります。2018年12月に販売され、好評だったとのことです。

使用できる期間は、12月20日から2020年2月25日まで。販売する店舗は、公式サイトのうどんチケット販売店舗一覧を参照してください。

なお、購入後の返金・換金は受け付けていないほか、有効期限の過ぎたチケットは無効となります。
#ブログ #グルメ #うどん #チケット

ワオ!と言っているユーザー

アニメ『キングダム』第3シリーズティザービジュアル公開

スレッド
アニメ『キングダム』第3シリー...
NHK総合で来年4月放送予定のテレビアニメ『キングダム』第3シリーズのティザービジュアルが公開されています。あわせてメインスタッフも発表され、監督を『家庭教師ヒットマンREBORN!』で知られる<今泉賢一>、キャラクターデザインを『ベルセルク』の<阿部恒>、シリーズ構成を『ゴールデンカムイ』の<高木登>が担当します。

『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中の<原泰久>(44)による原作漫画『キングダム』は、コミックス既刊(11月19日56巻目発行)累計4700万部を突破し、2019年4月には初の 実写映画化、大ヒットを記録しました。春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す少年「信」と、後の始皇帝となる若き王「エイ政」の活躍を描いた中華戦国大河ロマンで、TVアニメ第1シリーズはNHK BSプレミアムにて2012年6月から2013年2月に、第2シリーズは2013年6月から2014年3月まで放送されました。

第3シリーズは原作<原泰久>の監修の元、スタッフを新たに放送決定。今シリーズでは、『キングダム』史上最大規模の戦いといわれる合従軍編に突入し、秦国の王都である咸陽(かんよう)へ迫りくる合従軍の猛威に対し、秦国が立ち向かっていく壮絶なものに。信、エイ政らをはじめとし、名だたる武将らの戦いで物語が彩られます。

公開されたティザービジュアルでは、第3シーズンで描かれる合従軍編の舞台となる函谷関(かんこくかん)を背に、信が敵軍へ立ち向かうワンシーンが描かれています。力強い眼差しで剣を振り上げ、続々と敵兵を吹き飛ばしているさまは、「信」の強い意志とこれから訪れる壮絶な戦いを予感させます。

キャストはこれまでに引き続き「信」を<森田成一>(47)、「エイ政」を<福山潤>(41)、「河了貂(かりょう・てん)」を<釘宮理恵>(40)が演じます。アニメーション制作はスタジオ サインポストが担当します。.
#ブログ #漫画 #アニメ

ワオ!と言っているユーザー

「ショーケン 別れのあとに天使の言葉を」@立東舎

スレッド
「ショーケン 別れのあとに天使...
<萩原健一>のインタビュー集「ショーケン 別れのあとに天使の言葉を」(2000円・税別:立東舎)が、本日12月19日に発売されます。

「ショーケン」の愛称で親しまれ、3月26日に68歳で死去した<萩原健一>。本書には、雑誌『キネマ旬報』や『STUDIO VOICE』でのインタビューがまとめられており、<神代辰巳>、<鈴木清順>、<中島貞夫>、<黒澤明>といった映画監督たちとの仕事を<萩原>が語っています。

また、ドラマ 『傷だらけの天使』 に参加した<深作欣二>監督、<工藤栄一>監督、<岸田今日子>、<大野克夫>、<井上堯之>らのドラマを共に作り上げた盟友たちの証言も収められています。
#ブログ #芸能 #単行本

ワオ!と言っているユーザー

「メタライド アム」発売@アシックス

スレッド
ランニングシューズ「メタライド... ランニングシューズ「メタライド アム」(画像:アシックス)
大手総合スポーツ用品メーカー「アシックス」(本社神戸市中央区)は、2020年東京五輪・パラリンピックを前に、メインスタジアムとなる国立競技場を手がけた建築家の<隈研吾>と企画したランニングシューズ「メタライド アム」を世界2020足限定として発売します。自然と調和した建築を得意とする<隈研吾>のアイデアを盛り込んでいます。

今年2月に発売した高価格ランニングシューズ「メタライド」を基本にデザインされています。甲の部分は、日本の伝統的な竹細工の技法「やたら編み」から着想を得て、テープ状の素材を交互に重ね合わせられています。

船首のように反り上がった特徴的な靴底には、木材由来の新素材「セルロースナノファイバー」を使用。無着色で木材本来の茶色を引き出し、暖かみのある風合いに仕上げられています。

国立競技場のこけら落とし 前日の12月20日から、「アシックス大阪心斎橋」「アシックス大阪LINKS UMEDA」やオンラインストアで販売されています。3万6千円(税別)。サイズは23~31センチで男女兼用です。
#ブログ #ランニングシューズ

ワオ!と言っているユーザー

<井山裕太天元>5連覇を達成@第45期天元戦

スレッド
<井山裕太天元>5連覇を達成@...
囲碁の第45期天元戦5番勝負の第5局は18日、徳島市の「徳島グランヴィリオホテル」で打たれ、<井山裕太天元>(30)が234手で挑戦者の<許家元八段>(21)に白番中押し勝ちし、3勝2敗で5連覇を達成、名誉天元の資格を得ています。「名誉天元」の資格獲得は、<林海峰名誉天元>(77)に次いで2人目です。

年初に5冠を保持していた<井山天元>は、「十段」を<村川大介十段>(29)に、「王座」を<芝野虎丸名人>(20)に奪われましたが、通算8期目の天元で「棋聖」・「本因坊」とともに3冠を堅持し、第一人者の貫禄をみせました。通算タイトルは57期となります。

<井山天元>の名誉称号は「本因坊」、「碁聖」、「棋聖」に続いて四つ目で歴代最多となりました。七大タイトルでは、<小林光一名誉碁聖>(67)が「棋聖」、「名人」、「碁聖」と三つの名誉称号を持っており、<井山天元>と並んでいました。名誉称号は連続5期か通算10期で資格を得ることが出来ます。
#ブログ #囲碁

ワオ!と言っているユーザー

国産ロケット「H3」保護カバー「フェアリング」分離試験成功

スレッド
実験で2方向に開く、H3ロケッ... 実験で2方向に開く、H3ロケットのフェアリング
開発が進む次世代国産ロケット「H3」の先頭部に取り付ける保護カバー「フェアリング」の製造元の川崎重工は17日、播磨工場(兵庫県播磨町)で分離試験を行い、成功しています。

「フェアリング」は先頭部に載せる人工衛星などを、打ち上げ時の風圧や熱から守ります。複数枚のパネルを300本以上のボルトで固定して作られており、宇宙到達後は火薬でボルトを壊し、ロケットから分離します。

分離試験では、工場内で火薬に点火。「バン」という轟音ごうおんが響いてボルトが外れ、縦に真っ二つに割れたフェアリングが数秒間で倒れて分離しています。

「H3」の「フェアリング」は厚さ約4センチ・メートルの炭素複合材でできており、直径約5メートル、高さ約16メートルのなめらかなコーン形。「フェアリング」内部の広さは国内では最大で、欧米の大型ロケットと同程度といい、ロケットは2020年度に1号機の打ち上げを目指しています。
#ブログ #ロケット #フェアリング

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ