記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

「小説 映画ドラえもん のび太の宝島」

スレッド
「小説 映画ドラえもん のび太...
「映画ドラえもん」シリーズ38作目『映画ドラえもん のび太の宝島』(3月3日公開)が、劇場上映に先駆け、小学館文庫から「小説 映画ドラえもん のび太の宝島」として2月6日に発売されます。

同映画の脚本は、『君の名は。』や『怒り』などの多くのヒット作品のプロデューサーであり、『世界から猫が消えたなら』『億男』などのベストセラー作家でもある<川村元気>氏。脚本家としてはこの『のび太の宝島』がデビュー作となります。

川村氏のオリジナル脚本のノベライズを担当したのは、<涌井学>氏。<川村>氏とは、『世界から猫が消えたなら』が映画化された際、主人公の飼い猫の視点で描いたスピンオフ『世界からボクが消えたなら』でもタッグを組んでいます。

ドラえもん史上最大の冒険である本作でも、みずみずしい筆致でドラえもんやのび太たちの活躍を、情感豊かに描き出しているとか。
#ブログ #映画 #本

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
この投稿へのコメントはできません。
birdy
birdyさんからコメント
投稿日 2018-02-05 20:12

息子たちが子供のころ、よく映画に連れていきました
ちょっと大きくなったら、入り口まで送っていって、終わった頃に迎えに行きましたが…(*´Д`)
ナンバの東映だったかな?
映画の間、私は高島屋でショッピング!
懐かしいです

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2018-02-05 22:11

長く人気のある映画だけに、それぞれの家庭で思い出があることでしょうねぇ。

ワオ!と言っているユーザー