記事検索

気になる「豚と茄子の辛味噌炒め定食」@松屋

スレッド
気になる「豚と茄子の辛味噌炒め...
松屋は2017年10月10日(火)10時より、「豚と茄子の辛味噌炒め定食」(590円)を発売します。

「豚と茄子の辛味噌炒め定食」は、例年秋の定番メニューとして人気のあるニューで、茄子と豚肉を旨辛い味噌ダレで絡め炒めています。

また、化学調味料、人工甘味料、合成着色料、合成保存料を使用しない、身体に優しい内容になっています。

発売を記念して、「豚と茄子の辛味噌炒め定食」をご注文のお客様に限り、発売開始日から1週間ライス大盛が無料になります。
#グルメ #ファーストフード

ワオ!と言っているユーザー

神戸ご当地(763)「WASHU かける WASHU 生田神社 2017 ~和の国の旨し酒に酔う~」

スレッド
神戸ご当地(763)「WASH...
『WASHU かける WASHU 生田神社 2017 ~和の国の旨し酒に酔う~』が生田神社(神戸市中央区)で10月11日(水16:00~20:00)に開催されます。入場チケット制(前売り券3000円・当日券3500円)。
 
有志で集まった神戸市内の8店の酒屋が「神戸の夜を盛り上げよう!」という想いで企画され、今年で3回目。入場には3000円のチケット制で、会場内のすべての酒が飲み放題になる。日本酒をはじめとした焼酎、ワイン、クラフトビールなどの酒は全て日本で造られているものだけに限定され、「WASHU かける WASHU 生田神社 2017 ~和の国の旨し酒に酔う~』通り”WASHU(和酒)”を楽しむことができます。

参加予定の蔵元には、日本酒からは「福寿」「仙介」「奥播磨」など地元兵庫の酒蔵や、山形県から「くどき上手」、青森の「田酒」、高知の「司牡丹」など約25蔵が集合。そのほか、丹波ワインや、山梨の「シャトー・マルス」などの国産ワイナリーから6店、九州・沖縄から「久保」や「黒瀬」「長雲」などの6種の焼酎、静岡「ベアードビール」や、埼玉「コエドビール」などの国産クラフトビールの蔵元も参加しています。

また、飲食ブースには、地元・神戸の飲食店「神戸・近藤亭 きっしゅや」や板宿商店街の「黒田蒲鉾商店」などの”酒のあて”が並び、酒の味を引き立ててくれます。
#ブログ #グルメ #日本酒

ワオ!と言っているユーザー

気になる「黒ビール:栗黒」@宮崎ひでじビール

スレッド
気になる「黒ビール:栗黒」@宮...
宮崎県延岡市のビールメーカー「宮崎ひでじビール」が作った黒ビール「栗黒(くりくろ)」が、英国で開催されたビールの味を競う国際大会「ワールド・ビア・アワード2017」で世界最高賞の一つに輝やきました。国内では2013年以来4年ぶり2種類目の快挙になります。

栗黒は黒くなるまで焦がした大麦を原料にした「スタウト」と呼ばれる濃厚な黒ビールで、副原料に県産の和栗も使っています。コーヒーのように香ばしく、栗の上品な香りとコクがあるのが特徴。アルコール度数はビールとしては高めの9度で、数年にわたって瓶内で熟成すると香りや味わいが高まるといいます。

「ワールド・ビア・アワード」は英国で毎年開催され、今回は世界36か国から1900銘柄が出品されました。製造法や原材料の違いなどによって大きく8部門に分けて審査され、栗黒は「スタウト&ポーター」部門で最高賞の「ワールド・ベスト」に選ばれました。

栗黒は15年2月に米国向けに輸出開始してからこれまでに約2万8000本を出荷されています。高級ビールとして位置づけられており、現地では約9ドル(約1000円)で販売されています。現時点で国内では販売していませんが、早ければ年内にも発売できる見通しのようです。
#ブログ #グルメ #ビール

ワオ!と言っているユーザー

気になる「近鉄特急70周年」

スレッド
気になる「近鉄特急70周年」
大阪と名古屋などを結ぶ近畿日本鉄道の特急列車が8日、登場から70周年を迎え、大阪上本町駅改札外コンコース( 9:20~9:40)、近鉄名古屋駅改札内5番ホーム付近(14:40~15:00)にて記念式典が開催されました。

近鉄によると、1947(昭和22)年10月8日に私鉄では戦後初めて、運賃のほかに特急料金が必要な列車として大阪と名古屋の間で運行を開始。当初は上本町・名古屋間を1日2往復で運転していましたが、今では大阪・名古屋間だけでなく、伊勢志摩、京都、吉野、奈良などを結ぶ快適な特急ネットワークが広がっています。その後も路線を増やし、これまでに累計で約15億人が観光やビジネスなどで利用しています。

近鉄特急は、26年に始めた車内のおしぼりサービスや32年の公衆電話の設置など、当時としては画期的な取り組みを重ね、話題を集めてきました。現在は京都や奈良、伊勢志摩などを含め各方面で運行し、特急の路線距離は計約400キロに及んでいます。
#ブログ #鉄道

ワオ!と言っているユーザー

おむすびセット(鮭・梅)@イオンスタイルumie

スレッド
おむすびセット(鮭・梅)@イオ...
本日のお昼ご飯は神戸ハーバーランドのイオンで購入してきました「おむすびセット」(537円)です。<鮭>と<梅>を具材とした、大きなおにぎりが2個詰められ、おかずが添えられています。

缶ビールと一緒にいただきましたが、おかずもささやかで、楽しみのあるお弁当ではありませんでした。

#グルメ #弁当

ワオ!と言っているユーザー

本日は「角瓶発売80周年」@サントリー

スレッド
本日は「角瓶発売80周年」@サ...
1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、<鳥井信治郎>はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ(後のニッカウヰスキーの創業者となる)<竹鶴政孝>を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、「白札」(その後のサントリーホワイト)を発売しました。

「白札」から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウヰスキー12年」が発売されました。のちに「角瓶」と呼ばれるウイスキーです。<竹鶴>主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、<鳥井>の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されました。

専用ガラス瓶の独特な亀甲模様と角ばった形が特徴で、角型あるいは角ばった瓶であることから「角瓶」「角」と通称され[、のちに正式な製品名として「角瓶」の名が採用されました。21世紀現在の今日でも販売の続く、ジャパニーズウイスキーの長寿製品として、本日発売80周年を迎えています。
#ブログ #ウイスキー #記念日

ワオ!と言っているユーザー

気になる「筋肉を考える日」@森永製菓

スレッド
気になる「筋肉を考える日」@森...
森永製菓株式会社は、これまでスポーツを通して食と健康の在り方を考え、筋肉の重要性について伝え続けてきました。このたび、その一環として「金(筋)曜日が29(肉)日になる日」を筋肉の重要性とそれを支えるタンパク質の摂取を考える「筋肉を考える日」として日本記念日協会に申請し、正式登録されています。

森永製菓が「筋肉を考える日」を制定した目的は、筋肉とタンパク質の関係性を より多くの方に知っていただき、日常的にタンパク質を摂ってもらうためです。

アスリートやスポーツ愛好家のみならず、これからの成長が楽しみな子供から、運動が不足になりがちな働き盛り世代、そして筋肉が衰えがちな高齢者まですべての世代の方々に、森永製菓はこれからも筋肉とタンパク質の重要性について情報提供を考えているようです。

2017年は、12月29日(金)、2018年は6月29日(金)が「金(筋)曜日が29(肉)日になる日」にあたりますが、どのようなキャンペーンが展開されるのか、気になるところです。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

気になる<駅弁>(20)「ありがとう大阪環状線103系弁当」@淡路屋

スレッド
< 「ありがとう大阪環状線10... < 「ありがとう大阪環状線103系弁当」(画像:JR西日本提供) >

JR西日本と、駅弁などを手がける淡路屋(本社:神戸市)は大阪環状線からオレンジ色の 103系が引退  した日の2017年10月3日(火)に合わせ、「ありがとう大阪環状線103系弁当」を発売しています。

1669年(昭和44)年から約48年間大阪環状線を走り続け、3日に引退した103系電車を記念した特製駅弁です。12月31日(日)までの発売で、価格は1100円(税込)です。弁当の中身は、大阪環状線が走るエリアをイメージしています。詳細は、次のとおりです。

●発売場所
アントレマルシェ大阪店、淡路屋売店(新神戸駅、神戸駅、西明石駅)、ほか
●中身
鶴橋焼き肉風牛肉、ボイルキャベツ、糸唐辛子、トンテキ、菜の花ごま油炒め、煮玉子、かやく御飯、青のり、紅しょうが、大阪寿司風ちらし寿司(玉子、えび、がり)、たこ焼き、串カツ、焼きそば、たこウインナー、煮物(いも、たこ、なんきん)、いんげん

お弁当のパッケージには、103系の解説文も書かれているようで、鉄道ファンとしては、気になる<駅弁>です。
#ブログ #グルメ #鉄道 #弁当

ワオ!と言っているユーザー

気になる「 一度は食べたい名店の味 狼煙 行列必至の豚骨魚介ラーメン」

スレッド
気になる「 一度は食べたい名店...
エースコック株式会社は、埼玉の人気有名店の味をカップめんで再現した「一度は食べたい名店の味 狼煙 行列必至の豚骨魚介ラーメン」(205円・税抜)を、2017年10月9日(月)、全国にて新発売します。

カップめん業界において、有名ご当店コラボ商品は普遍的人気で商品数も増え続けています。
しかし、まだまだ足を運び「一度は食べたい」と思う有名店は数多く存在しています。
今回、そんなラーメン党の気持ちを満たすことができるコラボシリーズ「一度は食べたい名店の味」より、連日長蛇の列をつくる埼玉のお店「狼煙(のろし)」の看板メニューがカップ麺化になりました。

鶏や豚と魚介の旨みをガツンと利かせたどろっと濃厚なスープに、太めんが絡んだ後掛けによるたっぷりな魚粉で仕上げた、見た目にも味にもインパクトのある一杯は、まるでお店で食べているかのような臨場感をしっかり味わうことができます。
#グルメ #インスタント麺

ワオ!と言っているユーザー

気になる「食べ鉄の女」@朝日新聞

スレッド
気になる「食べ鉄の女」@朝日新...
少なからず「鉄道」や「駅弁」に興味を持っていますが、たまたま読みました本日の朝日新聞の「be」のページに「食べ鉄の女」と言うコラムを見つけました。

一般的には、鉄道写真などを主体の【撮り鉄】、走行音や車内放送などの音を収録する【録り鉄】、鉄道関連のグッズを集める【収集鉄】、鉄道旅行の【乗り鉄】、などに分類されるようですが、【食べ鉄】とは、駅の構内のお店で食事をするのを目的としているようで、なるほどと納得しました。

本日のコラムは、JR豊橋駅の立ち食いそば店「壺屋」の記事でまとめられ、「ポンポコラーメン」に興味をそそられました。
#ブログ #グルメ #鉄道

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 10/1323 ページ
  1. <<
  2. <
  3. 4
  4. 5
  5. 6
  6. 7
  7. 8
  8. 9
  9. 10
  10. 11
  11. 12
  12. 13
  13. 14
  14. >
  15. >>