記事検索

フリースペース

主治医の言葉、アンケートまもなく締め切りです

スレッド
 医者と患者の関係は、病気の治...  医者と患者の関係は、病気の治り方にも大きく関係すると言われている
7月に発行予定の夏号は、
春号「主治医の言葉で…」の後編。

引き続き「ゾッとする先生、ホッとする先生」を
テーマに取材中です。

病院で交わした先生との会話で、
心に残るエピソード募集の締め切り(5/31)が
近づいてまいりました。

「あっそういえば、こんなことがあったな」と思いついた方、
ぜひぜひ投稿して下さい。

先生の言葉で、
「病気の不安が吹っ飛んだ」「励まされた」
または
「こんなことを言われて、傷ついた」

など、良い・悪い どちらのお話でもOKです。

宛先は、こちら まで。

お住まいの県名・性別・どんな病気で診察を受けた時か
をお書き添え頂けると助かります(^^)

# ゆうこ新聞 

ワオ!と言っているユーザー

ゆうこ新聞・27号(春の号)出ました~

スレッド
ゆうこ新聞・27号(春の号)出...
今号のテーマは…“ホッとする先生、ゾッとする先生”
「主治医の言葉」を27~28号にわたり、特集。

アンケートや取材にご協力下さった方々、
本当にありがとうございました。
※引き続き取材中です!

せっせと発送作業中です。
来週になっても届かない方…お手数ですがご連絡下さい。
(手作業でやっているので、ちょいちょいミスが…ごめんなさい)

#ゆうこ新聞

ワオ!と言っているユーザー

アンケートにご協力下さい「主治医との関係」

スレッド
医師との関係は、病気そのものに... 医師との関係は、病気そのものに影響することも・・・

時代遅れのステキな紙新聞がまたまたアンケート調査を
しております。3/5(日)まで受け付けておりますので
もしよろしければ、ご協力下さい。

あて先はこちらです→yuko-news@hotmail.co.jp
  
テーマは「主治医との関係と言葉」
質問は3つ、答えられる部分だけでもOKです。

Q1・今の主治医と良い関係が築けていますか?
   (YES or Noでお答え下さい)

Q2・今までにかかった主治医の言葉で
   傷ついたことはありますか?
   YES の場合、お差支えなければエピソードを
   教えて下さい。

Q3・今までにかかった主治医の言葉で、
   嬉しかったり、励まされ元気をもらった
   エピソードがあれば教えて下さい。 

ワオ!と言っているユーザー

ゆうこ新聞・26号(冬の号)出ました~

スレッド
こじらせると困るものは、なーん... こじらせると困るものは、なーんだ?

約一週間ほど、遅れてしまいましたが「冬の号」リリースしました。

テーマは「風邪」と「障害者差別解消法」

…どこに関係がっ?!…と思われるとかもしれませんが( ;∀;)
良かったら読んで下さい。

差別解消法に関しては「難病を持つ当事者の視点」で…

当事者である弁護士、当事者である「会」のメンバーの
心意気に感謝とエールを。

ワオ!と言っているユーザー

冬の号…

スレッド

毎度遅れてすみません!( ̄▽ ̄;)

今週中には発行出来ると思います~。

ワオ!と言っているユーザー

2016年もご愛読ありがとうございました

スレッド
2016年もご愛読ありがとうご...

今年もいろいろなピンチがある中で、
なんとか各季節に新聞を出すことが
出来ました。

様々な形で助けて下さったすべての方に
心から御礼申し上げます。

アンケートに参加して下さった方、
プレゼントもなにもなく、ごめんなさい。
いつかきっと「関わって良かったかも」と
思えるような新聞にします。

取材のメモや、原稿の下書きの際に
大活躍してくれた鉛筆にも感謝・・・( ̄ー ̄)

2017年も、小さなお楽しみをお届けします!

良い年をお迎えください。

ワオ!と言っているユーザー

役に立つかもしれないお知らせ【SLE講演会】

スレッド
役に立つかもしれないお知らせ【... 役に立つかもしれないお知らせ【...
自治体が開催してくれる医療講演会には
次の3つのメリットがあります。

1・無料!

2・SLEのことで、主治医以外の話を聞くことが出来る

3・同じ病気のお友達が出来る(かもしれない)

ということで、今回は

平成29年2月8日(水)横浜市保土ヶ谷区で行われる
SLE(全身性エリテマトーデス)医療講演会のお知らせを。

詳細は写真をごらん下さい(*^^)

ワオ!と言っているユーザー

役に立つかもしれないお知らせ【横浜市×膠原病】

スレッド
横浜市内に住む、膠原病患者さんとそのご家族が
参加出来る交流会です。

今回は、私たちが受けられる福祉サービスを
教えていただける時間と、患者同士が情報交換出来る
フリートークタイムがあります。

(ご希望があれば)ゆうこ新聞ももらえます( ̄▽ ̄;)
都筑区役所さんには、
創刊号~最新号(25号)までそろっています。カンシャカンシャ

詳細は、次の通りです。

【都筑・11/14】膠原病交流会
[内容] 座談会・福祉サービスについて
    情報交換、区職員から難病・福祉サービスについてのお話し
[日時] 11月14日(月)14:00~16:00 ※要事前予約
[定員] 20名 参加無料 受付中 
[場所] 都筑区役所 1階 機能訓練室 (横浜市都筑区茅ケ崎中央32-1)
      (市営地下鉄センター南駅下車徒歩6分)
[対象] 都筑区および近隣区等の横浜市内在住の膠原病患者さんとご家族 
[地図] 
http://www.city.yokohama.lg.jp/tsuzuki/kyoutsu/kyoutsu/1chyousya.html
[申込方法] 電話またはFAXでお申し込みください。
[問合せ・申込先] 都筑福祉保健センター高齢・障害支援課 障害支援担当
         TEL:045-948-2316 FAX:045-948-2490(平日9:00~17:00)

ワオ!と言っているユーザー

お待たせしました!ゆうこ新聞・秋の号

スレッド
遅くなってすみません~(-_-... 遅くなってすみません~(-_-;)
ファッション雑誌などは、12月号が出ている今日この頃…。

ゆうこ新聞・25号目となる秋の号をやっと発行致しました。
予定より2週間も遅れてしまいました、ゴメンナサイ( ;∀;)
今号制作に関わって下さった方々、申し訳ありません。

タイトルは「ネガティブを笑うな」
いろいろな解釈をしていただけたら嬉しいです。

そして今号のメイン記事は、
あの「絶望読書」の著者、頭木弘樹さんのお話。
痛みを知る人の傷に、優しく染みこんでゆくでしょう。

“読書の秋”にもピッタりです(^^)

ワオ!と言っているユーザー

秋の号発行、遅延のお知らせ

スレッド

いつもゆうこ新聞を読んで下さってありがとうございます。
こちら神奈川県は突然、寒くなってきました。
「うちも!」という地域の方々、体調には気を付けてお過ごしください。

さて・・・

諸事情により、10月中旬発行予定「秋の号」の制作が
遅れております。

10月第4週中には出せたらいいなぁ~と思っていますので
ちょっと待っててくださいね(*^^)

尚、きちんと事前に入稿してくれていた、
4コマ漫画の琴子さん、イラストのなこぅさん

「食べる」のアイデアをくれたゆりこさん、

秋の号の素晴らしい主役である作家の頭木弘樹さん、

そして、新聞を楽しみにして下さっている皆様(←いるといいな)

遅れてしまい申しわけありません( ;∀;)

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/16 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10
  12. 11
  13. >
  14. >>