記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

神戸ご当地(1251)開店「SCHOOL BUS COFFEE STOP」

スレッド
神戸ご当地(1251)開店「S...
京都・大阪で人気のアメリカンスタイルの​コーヒースタンド「SCHOOL BUS COFFEE STOP(スクールバスコーヒーストップ)」(神戸市中央区海岸通4-5-16)が、12月26日から29日まではプレオープンしていましたが、1月8日(水)にグランドオープンします。

リノベーション会社が運営する​コーヒースタンドとあって、おしゃれな店内が注目です。アメリカ・ポートランドのコーヒースタンドをイメージし、神戸の新店舗ではモノトーンと木を組み合わせたアメリカンクラシックスタイルの内装となり、3店舗では異なるリノベーション空間で展開されています。

提供されるコーヒーは、焙煎からこだわったオリジナルブレンド。程よいコクと酸味が特徴で、酸味のあるコーヒーが苦手な人にも飲んでもらいやすい味わいになっているといいます。また、日本大会・世界大会を経験したバリスタたちが淹れる、遊び心が詰まった本格ラテをはじめ、様々なドリンクが提供されます。
#ブログ #喫茶店

ワオ!と言っているユーザー

ウインドアンサンブルZERO第2回定期演奏会@神戸文化ホール

スレッド
ウインドアンサンブルZERO第...
2018年2月3日に産声を上げた「ウインドアンサンブルZERO」が、2019年3月9日(土)に新長田勤労シミンセンター「ピフレホール」にて開催された「第1回定期演奏会」に続き、2月1日(土)、「神戸文化ホール」にて、「第2回定期演奏会」を、年齢による入場制限なしとして入場無料で開催されます。

福祉施設の訪問活動も行われているようで、私が出向いておりますデイケアにも、今年訪問演奏が行われたということで、お礼を込めてちょっぴり宣伝です。

指揮はトランペット奏者の<李薫奎>さん、演奏される曲目は、バレエ組曲『くるみ割り人形』/<ピョートル・チャイコフスキー> ・ 吹奏楽のための第一曲/<グスターヴ・ホルスト> ・ リトル・マーメイド・メドレー/(1991年7月21日日本で公開されたディズニー映画『The Little Mermaid』より)・他となっています。
#ブログ #演奏会

ワオ!と言っているユーザー

神戸ご当地(1250)「神戸クラシックコメディ映画祭2020」

スレッド
神戸ご当地(1250)「神戸ク...
<チャップリン>と同年代に活躍したコメディアン<フェアバンクス>や、金田一耕助を演じた時代劇スター<片岡千恵蔵>さんのサイレント映画が、長田の「神戸映画資料館」と塩屋「旧グッゲンハイム邸」にて、サイレント映画が伴奏と活動弁士のセリフで上映される「神戸クラシックコメディ映画祭2020」として、2020年1月11日(土)~1月13日(月・祝)に開催されます。

神戸映画資料館(神戸市長田区腕塚町5-5-1)では(11日・13日)、旧グッゲンハイム邸(兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5)では(12日)の上映になります。

料金
【活弁+演奏付き上映】1,500円 
【演奏付き上映】一般 1,400円/学生1,200円 
【上映のみ】一般1,200円/学生1,000円
※入れ替え制/当日に限り2プログラム目は100円割引/未就学児は無料 事前の申込は不要です。  問い合わせ 神戸映画資料館 078-754-8039

【上映スケジュール】
※2020年1月11日(土)神戸映画資料館(新長田)
13:00 プラネットの宝石たちー神戸映画資料館所蔵コメディ集
14:45 ショートコメディのマエストロ+アフタートーク
17:00 イーリング・コメディ『白いスーツの男』
※2020年1月12日(日)旧グッゲンハイム邸(塩屋)
10:00 こども活弁ワークショップ
13:00 こども活弁ワークショップ発表会(無料)
14:10 激レア!キートン『拳闘屋キートン』(1926年・監督:バスター・キートン)
16:00 よみがえる喜劇人 アリス・ハウエルの世界
※2020年1月13日(月・祝)神戸映画資料館(新長田)
13:00 迎春 ニッポンの喜劇『続清水港』(1940年・監督:マキノ 雅弘)
14:50 100歳映画『奇傑ゾロ』(1921年・監督:フレッド・ニブロ)
17:00 『拳闘屋キートン』(1926年・監督:バスター・キートン)

活動弁士<大森くみこ>さんを講師に招いてちびっこ(+おとな)の活弁ワークショップも開催されます。『カツベン!』 の話題もあるいま、無声映画を見直すのもいいかもしれません。
#ブログ #映画 #サイレント映画

ワオ!と言っているユーザー

『カイジ ファイナルゲーム』@<佐藤東弥>監督

スレッド
『カイジ ファイナルゲーム』@...
<福本伸行>(61)原作の人気漫画『賭博黙示録カイジ』(『週刊ヤングマガジン』(講談社)・1996年~)を<藤原竜也>(37)主演で実写映画化した「カイジ」シリーズの3作目『カイジ ファイナルゲーム』が、2020年1月10日から全国で公開されます。

前作『カイジ2 人生奪回ゲーム』」から9年ぶりの新作となり、原作者の<福本伸行>が考案したオリジナルストーリーで、「バベルの塔」・「最後の審判」・「ドリームジャンプ」・「ゴールドジャンケン」という4つの新しいゲームを描きながら、シリーズのフィナーレを飾ります。

2020年・東京オリンピックの終了を機に、国の景気は急激に失速。金のない弱者は簡単に踏み潰される世の中になっていきました。派遣会社からバカにされ、少ない給料で自堕落な生活を送る「カイジ」は、ある日、帝愛グループ企業の社長に出世した「大槻」と再会。「大槻」から、金を持て余した老人が主催する「バベルの塔」という、一獲千金のチャンスを含んだイベントの存在を知らされます。

<福士蒼汰>(26)、<関水渚>(21)、<新田真剣佑>(23)、<吉田鋼太郎>(60)らがシリーズ初出演し、過去作からは<天海祐希>(52)、<松尾スズキ>(57)、<生瀬勝久>(59)らが再登場。監督は過去2作と同じ<佐藤東弥>(60)が務めています。
#ブログ #映画

ワオ!と言っているユーザー

『レ・ミゼラブル』@<ラジ・リ>監督

スレッド
『レ・ミゼラブル』@<ラジ・リ...
<ビクトル・ユゴー>の小説『レ・ミゼラブル』で知られ、現在は犯罪多発地区の一部となっているパリ郊外のモンフェルメイユを舞台に、現代社会が抱えている闇をリアルに描いた映画『レ・ミゼラブル』が、2020年2月28日から全国で公開されます。

モンフェルメイユ出身で現在もその地に暮らす<ラジ・リ>の初長編監督作品で、2019年・第72回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞しています。パリ郊外に位置するモンフェルメイユの警察署。地方出身の「ステファン」が犯罪防止班に新しく加わることとなりました。知的で自制心のある「ステファン」は、未成年に対して粗暴な言動をとる気性の荒い「クリス」、警官である自分の力を信じて疑わない「グワダ」とともにパトロールを開始します。

そんな中、「ステファン」たちは複数のグループが緊張関係にあることを察知しますが、「イッサ」という名の少年が引き起こした些細な出来事から、事態は取り返しのつかない大きな騒動へと発展していきます。
#ブログ #映画

ワオ!と言っているユーザー

大分豊後どりの鶏めし丼@【ライフ】(須磨鷹取店)

スレッド
大分豊後どりの鶏めし丼@【ライ...
カラー印刷の包装紙に大きく書かれた「大分豊後どりの鶏めし丼」と価格の(358円・税別)に惹かれて手にしました。

包装紙のチラシによりますと、白飯は国産コシヒカリ、有明産の海苔が敷かれ、その上に、自社製だれがかけられた大分産豊後どり竜田揚げが5個、しそ大根の漬物と厚焼き玉子という盛り付けです。

竜田揚げ等のおかずの分量が少し貧弱かなとおもいましたが、価格の(358円)からすると、こんなものかなとおもいながら、(504キロカロリー)おいしくいただきました。
#ブログ #グルメ #弁当

ワオ!と言っているユーザー

お茶菓子(299-2)ブルーベリー@阿波遊山

スレッド
お茶菓子(299-2)ブルーベ...
本日いただいたお茶菓子は、お正月にお年賀としていただいた「茜屋 徳島本店」の 「阿波遊山」 のひとつ「ブルーベリー」です。

北米原産の<ブルーベリー>が、日本に入ってきたのは1951年(昭和26年)。しかも、民間で栽培が始まったのは1976年(昭和51年)頃です。新しく登場した<ブルーベリー>の健康機能性に注目が集まり、作付け面積はますます拡大。ガーデニングブームの追い風もあって今ではすっかり日本でも定着しています。

和製マカロンともいえる丸い形で、<ブルーベリー>の色合いのカステラ生地(浮島生地)に、<ブルーベリー>風味の餡がはさまれています。

しっとりとした柔らかい生地と上品な甘さの餡がよくあ、おいしくいただきました。
#ブログ #和菓子

ワオ!と言っているユーザー

観光ホテル「Umekoji Potel KYOTO」@JR西日本

スレッド
「Umekoji Potel ... 「Umekoji Potel KYOTO」の完成イメージ図(画像:JR西日本ホロニック)
JR西日本(大阪市)とホテル経営のホロニック(神戸市東灘区)などが出資するJR西日本ホロニック(同)は、京都市内で計画している新ブランドの観光ホテル「Potel(ポテル)」を2020年6月2日(火)に開業すると発表しています。

ホテル名は「Umekoji Potel KYOTO」。梅小路公園に面するJR西日本の社宅跡地に、鉄筋コンクリート造り5階建てのホテル本棟と同2階建ての別棟を建てます。延べ床面積は約8700平方メートル。客室は144室。本棟1、2階にレストランやカフェ、別棟1階に銭湯を設け、宿泊者以外も利用できます。

同公園は地域の家族連れが訪れる生活圏内で、近隣には西本願寺や京都水族館などの観光文化拠点が点在しています。立地を生かして地域住民と宿泊客の交流を促す仕掛けを用意し、地域に開かれたホテルを目指すとか。

同ホテル開業準備室の担当者は「共用スペースが多いので、ゆったり過ごしてもらえる」とのこと。宿泊料は、1室3万4600円から(2人利用1泊朝食付き)。同ホテル公式ホームページで宿泊予約を受け付けています。
#ブログ #建築 #ホテル #京都

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ