記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

今年の読書(49)『焦眉』今野敏(幻冬舎文庫)

スレッド
今年の読書(49)『焦眉』今野...
多くの楽しみなシリーズを持つ<今野敏>ですが、この「警視庁京後半係・樋口顕」もそのひとつです。本書『焦眉』は、2020年4月16日にシリーズ6冊目として単行本が刊行されており、文庫本として2022年7月10日に発売されています。今年3月16日にシリーズ7冊目の『無明』が刊行されていますので、文庫本発売まで、また2年ほど待たなければいけません。

東京都世田谷区の高級マンションの駐車場で投資ファンド会社を経営する<相沢和史>が刺殺され、捜査一課の「樋口顕」班が現場に急行します。

警視庁が所轄の北沢署に特別捜本部を設置すると、東京地検特捜部の検事<灰谷卓也>が、二課の係長と同行して現れます。
<灰谷卓也>は与党の大物議員を破り当選した野党の衆議院議員<秋葉康一>を政治資金規正法違反容疑で内偵中でした。

市民運動家の<秋葉康一>は殺された<相沢和史>と大学時代から親しかったらしく、過去に選挙資金規正法に関わる関係を疑われた経歴があり、殺害現場付近の防犯カメラには<秋葉康一>の秘書<亀田至>が映っており、それらの事実だけを理由に<灰谷卓也>は、<樋口顕>が証拠不充分を主張するも秘書を逮捕してしまいます。

選挙と警察組織、地検と警察との対峙などを縦軸に、自己評価が低く、上司の顔色を窺い、部下を気遣い、一人娘「照美」を気遣う等身大の刑事の生き様を照らし出す「樋口顕」の人間性を横糸として織り込みながら、骨太の警察小説が楽しめました。
#ブログ #文庫本 #読書

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
月森 裕樹子(Yukiko Tsukimori)
月森 裕樹子(Yukiko Tsukimori)さんからコメント
投稿日 2022-08-13 20:57

同感です!
骨太の警察小説ですよね。
そして「人」をよく描かれている点も含めて、私も好きなシリーズです。

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2022-08-13 21:16

月森 裕樹子さん、コメントありがとうございます。
警察小説の先駆者として、今野敏さんのシリーズは楽しめて面白いですね。
新しい分野や作家さんを開拓しようと思いながら、
ついつい好きな作家の作品に手が伸びてしまいます。
また、面白い作品がございましたら、ご紹介ください。

ワオ!と言っているユーザー