記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

絶滅危惧種「オサガメ」高知沖で発見

スレッド
< 「オサガメ」(画像:むろと... < 「オサガメ」(画像:むろと廃校水族館・田中優衣) >
世界的に絶滅が危ぶまれている世界最大のウミガメ「オサガメ」が、高知県黒潮町沖の定置網で見つかっています。調査した「むろと廃校水族館」(室戸市)の学芸員が標識(タグ)を付けて再び太平洋に放しました。生きている「オサガメ」が国内で確認されるのは珍しいとのこと。

6月24日午前7時ごろ、同町鈴の鈴共同大敷組合の組合員が定置網にかかっている「オサガメ」を発見しました。同組合の組合長から「珍しいカメがかかった」と連絡を受けた同水族館学芸員の<田中優衣>さんが確認しています。

「オサガメ」はメスで全長1・27メートル。黒っぽく若い個体とみられています。けがや弱っている様子はなく元気だったとか。<田中>さんはヒレに「日本」を示す「JPN」、識別番号、「ウミガメ協議会」の電話番号など連絡先を刻印したタグを取り付け、その後、漁船で沖合に運び、放流しています。

「オサガメ」はIUCN(国際自然保護連合)の絶滅危惧種に指定されています。成長すると全長約2メートル、体重が1トンになるといいます。主食はクラゲとされ、世界中の海を泳ぐが、詳しい生態は謎だそうです。
#ブログ #絶滅危惧種 #ウミガメ #オサガメ科

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
birdy
birdyさんからコメント
投稿日 2019-06-28 06:49

放流するんですね
水族館で飼育したらいけないんですか?
絶滅危惧種の保護って難しいですね

次はどこで姿を現すのでしょうか?
連絡が来るといいですね

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2019-06-28 07:03

いずれ保護につながっていくだろうという生育環境を知るために、
自然環境での生態の解明が必要なんだと思いますね。

ワオ!と言っているユーザー