記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

『波紋』<警視庁失踪課・高城賢吾>堂場瞬一(中公文庫)

スレッド
『波紋』<警視庁失踪課・高城賢...
第一作目の『蝕罪』 をスタートに<警視庁失踪課・高城賢吾>シリーズも、前作 『裂壊』 に次いで、本書で六作目になりました。

ある事件で出世の道を閉ざされた三方面分室室長<阿比留真弓>は、庁内営業の意欲もなくなり、失踪課の重鎮<法月大智>警部補の警務課への移動を止めることもできず、失踪課全体に元気がなくなりました。

そんな状況をぼやく<高城>に、<法月>は5年前に多重衝突事故に遭いながら、事故現場から失踪した<野崎健生>の捜査を託します。

「マッドサイエンティスト」の異名を持つ<野崎健生>はロボット工学の第一人者で、本家一族が経営する<ビートテク>という会社で歩行アシストシステムを開発していました。
その会社が主催するホテルの展示会場で爆発があり、脅迫文が発見され、その脅迫状には5年前に行方不明になった<野崎健生>の署名がありました。

本書では、<法月>の後任として交通課から<田口英樹>が挨拶に出向いてきますが、定年前でやる気の伺えない人物です。次作からの登場が楽しみですが、またまた失踪課内で頭を悩ませる<高城>が楽しめそうです。
#読書 #本 #詩 #エッセイ #コラム

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ