水前寺菜のゼリー

0 tweet
 金時草(キンジソウ)や「式部草(しきぶそう)」と呼ばれているものは標準和名では「水前寺菜(スイゼンジナ)」といい、東南アジアが原産とされるキク科の多年草です。熊本県の水前寺地区(現在の熊本市中央区水前寺町)で湧き水を利用して栽培されたことから水前寺菜と呼ばれるようになったそうです。

この葉っぱのエキスを使ってゼリーです。

ワオ!と言っているユーザー

×
  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ

こんな色になるんですか!
緑だと思っていました
投稿日 2019-10-02 08:22

ワオ!と言っているユーザー


紫色になります。
今回は少し薄かったです。
投稿日 2019-10-02 13:48

ワオ!と言っているユーザー