記事検索

PSPinc 日本語公式ブログ

https://jp.bloguru.com/pspincJP

プライバシーポリシーを公開するということ

スレッド
過去の記事でプライバシーポリシーについて、どのように顧客のデータを扱うかをお話しましたが、プライバシープロテクションは必要です。今回のは、それを文章化する必要がある理由を5つほどご紹介したいと思います。

1) 用紙にプライバシーポリシーを記載しておくことで、顧客データを保護するための手順を提示するのに役立ち、また、後で読み返したり、追加や変更を加える際にも役立ちます。

2) プライバシーポリシーの要点を踏まえた上で、改めて危ういデータの見落としがないか幾つかの一般的なシナリオを通して振り返って確認をすることは、ビジネスを展開していく中で良い練習になります。

3) 紙面でプライベートポリシーが確認された後、社内のチームと共有し、一貫してそれを実行することで初めて指針となり機能します。

4) プライバシーポリシーを公開することは、どのように顧客データを保護するかということを公開するのも同然なので、さらなる顧客の信頼にも繋がります。

5) プライバシーポリシーを公開することで、全世界に向けてデータの保護や共有に人々の関心が高まった際に、いかに信頼できる企業かということを示すことができます。

しかし、顧客側が顧客データを保護するための手順について全て理解しているものだと思い込むことはせずに、あくまで自分のため、スタッフのため、顧客のための知識として、厳格なガイドラインについて理解して、それにいしたがった方がいいという参考程度に書くことを心がけてください。
#JPblog #プライバシーポリシー

ワオ!と言っているユーザー

どうしてオンラインが必要なのか 

スレッド
旅行をしようがしまいが新しいレストラン情報を検索したり、一定の情報を得るためには情報検索をする必要があり、また、オンライン上で新しいビジネスを探すのは時に困難を極めます。しかし、今や誰もが数分で簡単に企業の詳細情報を検索することができ、顧客が検索したい企業の画像、リビューやウェブサイトを検索するだけでも良くも悪くも企業の第一印象が決まってしまうことがあります。つまり、場合によっては、顧客が企業情報の検索をする際に、たったの数回のクリックだけで新規顧客を呼び込むことができるかもしれないということです。また、そのことによって以下のようなビジネスメリットがあげられます。

多数の顧客:
小規模のビジネスがオンラインを利用すべき最大の理由は、誰なのか、また、どこにいるのか探しにくい顧客がオンライン上には確実にいることが確かだからであり、こうしたオンライン上の地道な努力が、より顧客に企業の情報が行き渡るように促してくれます。

多くの人はオンライン検索を利用して、店の営業時間や電話番号を確認したり、オンラインフォームを通して連絡を取り合ったりしており、このことからも、ウェブサイトやYelp、Google Business、ソーシャルメディアなどの複数のチャネル上で正確なビジネス情報を表示していることで、自動的より多くの顧客に認知してもらえるチャンスを増やすことができます。

顧客との関係:

ソーシャルメディアの普及によって、近年、顧客の間ではビジネスオンラインでtwo-way contactを求める傾向があり、顧客との関係を発展させていくことでブランドの正当化にも繋がります。
さらに、画面の向こうには常に話し相手がいることを理解してもらうためにも、可能な限り顧客に対してオンライン上で返事をして、顧客との間にコミュニケーション手段をつくってあげることでお互いリラックスした関係を築いていくことができ、ビジネスを円滑に進めやすくなるといった利点もあります。

マーケティング:

2018年の現在、オンラインマーケティングはビジネスにおいてとても重要で、ソーシャルフォームの設定、ウェブサイト上の内容を定期的に更新することや新規のメールを送ることによって無料でビジネスを宣伝することができます。また、ウェブサイトやフェイスブックなどのツールを自分の企業の顔だと思い、企業の情報を日ごろから公開しておくことで、どのような手段で顧客が企業を探してきたとしても基本的な情報を提供しておくことができます。
#JpBlog #オンラインマーケティング

ワオ!と言っているユーザー

SSLよりも強いプライバシー保護

スレッド
もし、ご自身のウェブサイトにSSL(Secure Socket Layer)の暗号化技術を追加することによってあなたの顧客の細かい情報を守っているとお考えなら考え直してください。SSLは重要ですが、これはただ複数の層になったシステムのうちの1つの層にすぎません。まず、SSLについて 理解しましょう。

ブラウザーのアドレスバーにロックされたキーを見たら、それはSSLがインストールされているということです。SSLというのはあなたの顧客があなたのところで気持ち良くお金を使うことができるようにウエブ閲覧者とあなたの会社のサーバーの間にある顧客情報を暗号化する技術のことです。これによってパスワードやクレジットカード情報をハッカーに盗まれにくくなります。SSLがインストールされたサーバーは、あなたの方で検索するときにコンピューターやその他デバイス上で暗号化された情報のロックを解除するためのキーを送ってきます。

SSLはウェブサイトやオンライン提出フォームだけでなく、e-mailやFTPファイルにも使われています。これらのプログラムのソフトウェアはたいていオンになっているデフォルトSSL設定がついてくるというのは良い特徴ですが、これは必ずしも保証されているわけではありません。SSLは主にセキュリティー面の理由からあなたの会社のオンライン上取引やコミュニケーションの重要な部分であるべきですが、Googleが安全なサイトを優先しているのであなたはSEOランキングの上昇をボーナスとして得るかもしれません。

SSLは完璧な個人情報保護の解決策に聞こえますが、そうでもないのです。

SSLは閲覧者のコンピューター(あるいはその他のデバイス)とあなたの会社のサーバー間の顧客データを暗号化するだけで、あなたの会社のサーバー上にデータを保護するような方法をお持ちでないかぎり、情報は攻撃されやすいままです。繊細なデータがあなたのサーバー上で守られるような厳しい方針が必要です。例えば、ある特定のコンピューターや厳正なモニターからしかデータにアクセスできず、見ることができ情報を扱うことができる人を制限できていることを確認してください。
結局、ハッカーは暗号化技術とともにあなたの顧客データを盗むのに苦労するかもしれませんが、あなたのサーバーにアクセスできる人はだれでも簡単に大事な情報を誤った方法で使えてしまうのです。プライバシー問題として真剣に考え、規制を強めることが必要です。
#Jpblog #SSL

ワオ!と言っているユーザー

スモールビジネス 8つの流行事

スレッド
スモールビジネスオーナーは日常的なマネジメントで忙しくマーケティングの大きなチャンスをのがしがちです。2018年において企業が注目すべきビジネス流行について3分野(テクノロジー、マネジメント、マーケティング)にわけてお話しましょう。

テクノロジー;

1、個人データの安全性
あふれるほどの個人データが存在している今、話題になる重要なトピックです。一見スモールビジネスには問題ないと思われかもしれませんが、もし少しでも何かお客様の個人情報を集めたら、オーナーはを正しく扱う責任があります。ウェブサイトの安全性を確保するため、SSLなどから始めてください。

2、キャッシュレス
ミレニアル世代は現金をほとんど持ち歩きません。オンラインでの支払いの設定は、経費もかからず、ストレートに利益が上回るかもしれません。

3、AIとVR(人工知能とバーチャルリアリティー)
ビジネスには、今がコストをAIやVRに投資するのに良いタイミングかはわかりませんが、しっかり押さえておくべきです。これらは次世代の素晴らしいプラットフォームであり、早い時期にこの流行の波にのることがすべてを変えるかもしれません。

マネジメント;

4、ミレニアル世代
現在3分の1の労働人口をまかなうミレニアル世代がどんどんと管理職レベルの役職につきはじめています。(35歳前後が最年長) ミレニアル世代の労働者においては数えきれないほどの研究がされてきました。彼らはチームワークの価値やコミュニケーションのしやすさなどがある責任のある会社を好みます。間もなく、彼らは今労働人口に突入したばかりのジェネレーションZの労働者を管理するようになるでしょう。

5、在宅勤務
在宅勤務は急速に増えており、2017年において全米で43%の従業員が自宅で仕事をすることもあると言われています。彼らは在宅勤務をすることによって長い通勤時間を労働時間に変え、より生産性を生み出すことができるのです。少なくともたまには従業員が在宅勤務できるようにすることによって従業員の能力をひきつけ保つことになるという事実を企業が認識し始めています。

マーケティング;

6、マイクロインフルエンサー
絞られた購入者層のターゲットにたどりつくためのスモールビネスの新しい規範になりつつあるマイクロインフルエンサーというのは、オンライン上にいる人に影響を与える人のことをいいます。彼らは食べ物や健康的なライフスタイルなどのエキスパートです。ソーシャルメディアで彼らに没頭したファンとともに彼らを見るでしょう。7億人が携帯をスクロールしているので、適切なマイクロインフルエンサーと手を組んであなたのブランドを証明する事はやってみる価値があります。

7、ソーシャルショッピング
ソーシャルショッピングは製品をタグ付けし投稿することができるインスタグラムのようなアプリとともに成長します。FacebookshopとInstagramアカウントをつなげ、あなたの投稿した写真がもっと人目にふれるようにあなたの製品をタグ付けしてください。

8. Live video
ビューワーがオンラインにいる際に、彼らの気を引く Video のコンテンツは素晴らしい方法です。そして、Live をするということを投稿でリマインドするのを忘れないようにしてください。そうすることでビューワーはリアルタイムで参加することができます。
#Jpblog #スモールビジネス

ワオ!と言っているユーザー

最近企業がプライバシー方針を更新する理由

スレッド
最近企業からプライバシーポリシーがアップデートされたというお知らせのメールがよく来ませんか?

これはEU(欧州連合)の「一般データ保護規則(GDPR)」が2018年5月25日に施行されたので企業側はあなたに企業が規則に従っていることを知ってもらいたいからです。

今日私たちの個人情報はインターネット上にあふれかえっており、EU法に基づいたこの新しい規則はこれまでの各国に独自の規制があるといったようなものとは違います。EUは私たちの個人情報を守り処理していくために、全面的に企業が守らなくてはならない基準となるルールをつくりました。これはEU加盟国にある企業だけではなくEC加盟国の国民に製品・サービスを提供する会社も従わなくてはいけません。もしあなたの企業ウェブサイトにプライバシー規則が既にあるのであれば、EU国民のために定義されたGDPRにひっかかっていないか確認した方が良いかもしれませんね。欧州委員会によると、個人情報はそれが個々のプライベート、仕事、社会に関連しているどんな情報でも個人情報であり、それは名前、住所、写真、E-mailアドレス、銀行データ、ソーシャルネットワークサービス、医療情報、コンピューターのIPアドレスの可能性もあります。
もしあなたが経営者なら、あなたの顧客の個人情報を常に守るなどの顧客データの保護が主な目的となるルールになるでしょう。顧客のクレジットカード情報を誰もが出入りできる場所に置かないでください。クレジットカード情報の入った文書は必ずシュレッダーしてください。あなたのプライバシー方針をオンラインのプライバシー声明上で説明してください。あなたがどのように顧客情報を扱うかはあなたがどうゆう経営者であるかに反映されます。
第三者に集められ、保持され、共有されることを許さない限り、新しい規則のもとで、以下の法人格の意図的なものを除きそれが外に流出することはないでしょう。
・欧州連合基本権憲章によって除外された場合(特に子どもの場合)を除く、データコントローラーや第三者の正当な利益
・公共利益や公的権限における案件を行う場合
・データコントローラーの法的義務に応じる場合
・データ主体における契約上の義務を満たすため
・誰がデータコントローラーとの契約に入る過程にいるのかというデータ主体の要求で案件を行う場合
・データ主体や他者の大きな利益を守る場合
これは顧客情報を扱う上であなたのプライバシー方針を定義する、あるいは更新するのにちょうど良いタイミングです。こうすることによってあなたの顧客だけでなくあなたのビジネスも守れるのです。

参考文献: https://en.m.wikipedia.org/wiki/General_Data_Protection_Regulation
#pspinc #プライバシーポリシー

ワオ!と言っているユーザー

成功するオンラインマーケティングのための無料ツール

スレッド
成功するオンラインマーケティングにha、目標設定・戦略実行・データ分析のサイクルが必要な戦略です。自分のマーケティング戦略の効果を知る無料のツールとしてGoogle Analyticsは人気ですが、マーケティング効果を発揮させるちょっとしたおまけが他にもあります。

+Google Alerts(Googleアラート):
カスタマーレビューなど、人々があなたの会社についてオンライン上で書いているものをチェックするのも良い方法ですが、1日中それを検索している時間はないでしょう。 Google Alertsはあなたのブランドやウェブサイト、あなたが探したいもの何でも特定のキーワードとして設定したものを自動的にチェックしてくれます。また情報資源や言語設定など、何を受け取るかカスタマイズすることもできます。

+SEMrush:
SEMrushはあなたのサイト内で人気のキーワードだけでなくあなたのライバルとの比較を含めたあなたのウェブサイトの解析の概要を教えてくれます。有料バージョンはもちろんより多くの情報を得られますが、無料のものでもサーチエンジンのマーケティングを効果測定するのによいスタートになります。

+Cyfeやその他ソーシャルメディアソフトウエアツール:
ソーシャルメディアサイトは今日のオンラインマケティングにおいて一般的になってるので、あなたのソーシャルメディア進出を構築したり、閲覧者がアクセスできるようにしたり、結果を分析するのを助けてくれるような無料のソフトウエアオプションを知っておくのは良いことです。Cyfe, Klear, Klout, and Keyholeは私たちのお気に入りのサービスの1つです。

Cyfeは複数のプラットホームを通した分析ができるダッシュボードを自分でカスタマイズすることができます。あなたのソーシャルメディアアカウント全て、ウェブ解析、Eメール、SEO、PPC広告のキャンペーンを1つのメインダッシュボードに追加することができ、どのくらい視聴やクリックがされているかやコメントなどをチェックすることによるメディア効果をさらに分析することもできます。このサービスはあなたのソーシャルメディアを分析したり、どの部分で助けが必要なのかどこであなたのアカウントが成長するのか見極める上で素晴らしい方法です!

もしソーシャルメディア関連でもっと知りたい方は以下もチェックしてみてください。

*Klear – 企業が彼らのビジネスにおけるニーズに合ったインフルエンサーに出会う助けをします。

*Klout – それぞれのビジネスに基づいて投稿するトピックのおすすめを見つけることができます。

*Keyhole –ハッシュタグ、アカウント、キーワード 、記載を追跡できます。
#Jpblog #オンラインマーケティング

ワオ!と言っているユーザー

ブランドメッセージ

スレッド
もう百科事典や辞書を使ったのは何年前でしょう。若い世代のひとはその存在すら知らないかもしれません。

AlexaやSiriに聞いたり、また特定の情報に関しブログやオンラインフォーラム上で専門的なものを探したりと、すべての情報はオンラインで得ることができるからですね。

YouTubeで何かのインストールの仕方、直し方、習得の仕方のデモンストレーションを探したことはあると思いますが、ご自身のビジネスについて、オンラインで消費者に提供したことはありますか?

その業界に関する一般的な質問に対する答えはただシェアするだけで無料の広告ができる素晴らしい方法です。潜在的な顧客を考えてみてください。彼らがどんな質問をしたいか想像してみてください。そして彼らが答えを探しているところを考え、自分で探してみましょう。どのような答えが出てくるか、それらの答えがどこからでてくるか、だれがそれに答えているかをみるためにその質問をGoogleで検索してください。

このシンプルな方法で、ご自身のビジネスの専門知識をデモンストレーションする良いアイデアが見つかるかもしれません。トリップアドバイザーなど特定の業界のサイトやブログ、ビデオ、QuoraなどのQ&Aサイトからでた答えの集まりが見つかるでしょう。

例えばある人が新しいトイレや現代的なテラスのデザインといったリフォームを企画するためにアドバイスや例を探しているとしましょう。オンライン検索をすると誰もが写真を投稿できるPinterestから美しいイメージの例を見つけるかもしれません。リフォームや改造、造園の仕事にとってこれらのアカウントを作成し、シェアするのはとてもよい機会になるでしょう。

もしご自身の仕事が視覚的に映える結果を生み出す仕事ならば、人気でランクの高いドメインであるPinterestで写真や知識を共有しましょう。たとえ曖昧な画像でもあなたのビジネスインフォメーションをすべての投稿に明確にいれるのを忘れないでください。そうすることで、その未知のプロであることがオンラインで証明できるのです。

これらすべてのマーケティング活動はあなたの時間とエネルギーが必要ですが、予算を使うことなくあなたのブランドとメッセージを生み出すことができるクリエイティブな方法です。
#Jpblog #オンラインマーケティング

ワオ!と言っているユーザー

ビジネスに有効なブログの運営

スレッド
ブログは費用をかけず、オンライン上でビジネスを紹介するには最適のツールです。

毎週ブログを掲載することで、一貫性のある顧客を自分のサイトに呼び込むことができ、さらに、現在までのブログ記事の内容の中には自分のビジネスに適したキーワードが盛り込まれているので、これらの組み合わせから、SEO(検索エンジン最適化)の上昇を促します。

ブログを作成するにあたり、下記をご参照ください。

1. 無料のサービスを利用する

無料ブログサービスを利用するだけでも検索エンジン上でブログを一気に拡散させることができます。また、これらのサービスを利用した方が、自分のウェブサイトのドメインでブログを掲載した場合よりも、比較的に検索エンジンで検出されやすくなる傾向があります。

2. ウェブサイトにカスタムブログを作成する

自分のウェブサイトのドメインでブログを掲載する際、時間とともにブランド名や有力なキーワードがウェブサイトのSEOの上昇を後押ししますが、PHPsやMySQLなどに詳しくない方は立ち上げるまでに時間がかかってしまいます。

3.定期的に継続掲載する

ブログはいつでも始めることができますが、少しおろそかにすると顧客離れや、SEOの低下につながります。最低でも週に一度を目安にして定期的に記事の投稿をすることをお勧めします。

PSPincでは、無料でSEO効果の高いオリジナルブログシステム»Bloguruを開発し、多くのお客様にご利用頂いております。
#JPblog #オンラインマーケティング #ブログ

ワオ!と言っているユーザー

オンラインマーケティングの裏技

スレッド
オンライン上で自分のビジネスをより多くの人に認知してもらうための方法としてソーシャルメディアやリビューサイトだけではないことをご存知ですか。

PSPincが所属しているSeattle Executives Associationsという組織のホームページには、弊社のホームページに飛べるリンクが設定されています。
local business associationなどの組織団体に属している場合は、ビジネスを広めるには絶好の機会なので、今一度、自分のビジネス情報がその組織団体のオンライン上で正しく表示されているか確認してみてはいかがでしょうか。

また、新しい商品のリリース、記念日やチャリテイーイベントに参加する情報等をウエブサイト上で公表する場合、自分のビジネスの連絡先情報を加えたうえで、広告ウエブサイトなどのサービスを通して告知をすることをお勧めします。そうすることで、広告ウエブサイトが他の組織にその情報を回覧してくれるというメリットがあり、もし有名なニュースサイトに情報が拾われることを考えれば、その広告一つに投資をするだけの価値が十分にあることが言えます。

広告サービスによっては価格が変わることがありますが、$100ほどで、誰に、また、どこに情報を流したいかを自由に選択することができます。さらに、自分のビジネス情報やウエブサイトが他の人のドメインに表示されることがあれば、検索エンジンの最適化にも打ってつけですので、ぜひご利用ください。
#JpBlog #オンラインマーケティング

ワオ!と言っているユーザー

Google My Business

スレッド
Google My Businessに登録はお済みですか?

Google My Businessとは、無料でGoogle や Google マップ上であなたのビジネス情報を表示し、認知度を格段にあげることができるツールのことです。基本的に利用者が登録をすることで、Google側にとってもより定期的に地域情報検索結果を適切に検出することが可能になることから、ツールの提供者と利用者の両方がwin-winになれるサービスです。

Googleでビジネスを検索をした際、検索した項目に関係のあるビジネスがハイライトされたボックスが画面上に出現し、また、同時に表示される地図にはそれぞれのビジネスの位置情報が赤いピンでマーキングされます。その他にも営業時間、写真、評価などの情報が表示されます。

以下の手順で誰もが気軽に登録することができます。

1. 右のサイトをクリックhttps://business.google.com
2. Start Nowボタンをクリック
3. 画面に表示された手順にそってビジネスの名前と住所を登録
4. 最終的にGoogle側から検証コードを送るための連絡先の入力
5. ハガキで検証コードが送られ、記載されている手順で登録を続ける
6. ログインをしてビジネス情報を入力し、必要に応じて評価への返信や位置情報の設定をする

Google My Businessに登録することで、季節のもの、特別企画情報、写真などの最新情報をシェアすることができ、このように、こまめにビジネスの情報をポートフォリオ化することで適格な内容が検索結果に表示されます。さらに、Google My Businessでchat設定にすることで顧客とテキストメッセージをすることができます。

また、顧客がビジネスを見つけた経路、何をクリックしたか、ビジネスを一覧した際に電話やメールをするといったどのような行動をとったかなど統計的に見ることができます。

Google My Businessに登録していることで、新しい電話帳のようで簡単に様々なデバイスにアクセスすることができるのでビジネスにおいては好都合です。
#Jpblog #Google

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ