記事検索
ハッシュタグ「#文化」の検索結果571件

アノマン使者に立つ

スレッド
画像をクリックすると大きくなり... 画像をクリックすると大きくなります。
 いま、練習をしているワヤン・アンクルンの発表会が今月の22日に行われます。本州では初上演されます。沖縄で一回上演されたようです。なお、ワヤン・アンクルンの「アノマン使者に立つ」の演目は、日本で初上演です。
 なんと、先着25名様限定、無料でご覧になれます。場所は平和島にある音の森ガムラン・スタジオです。申込みは、3月10日(火)午前0時からEmailで受け付けるそうです。詳細は、チラシをご覧ください。25名だけですので、すぐにいっぱいになると思いますが、10日0時すぎにすぐに申し込めば、たぶん、だいじょうぶだと思いますので、お時間のある方は、是非見に来てください。
#芸術 #アート #伝統 #文化

ワオ!と言っているユーザー

謎の"N2"

スレッド
ウナギのフィギャリン。1889... ウナギのフィギャリン。1889年にカール・フレデリック・リースベアが制作。 ウナギのフィギャリンの裏に染付... ウナギのフィギャリンの裏に染付で書かれている記述。 デンマークのディーラーが持って... デンマークのディーラーが持っていた鱈のフィギャリンの裏にある記述。N2をはっきりと見ることができる。カール・フィレデリック・リースベアが1888年に制作したものである。

 ロイヤルコペンハーゲンのウナギのフィギャリンを手に入れた。じつは、片方のヒレがリペアだったが、ユニカだったので、購入した。カール・フィレデリック・リースベアが1889年に制作したもので、このフィギャリンは、裏の記述から、1889年の12月にJ. Kondrup 女史(42)が絵付けをしたものとわかる。で、問題は、"N2"が判らない。ドイツとアメリカのコレクターにも聞いてみたが、いろいろ意見を述べてくれたが、結局のところ、良くわからないようだ。
 実は、これと同じような"N2"が、デンマークのあるディーラーが持っていた鱈(カール・フィレデリック・リースベアが1888年に制作をしたもの)のフィギャリンの裏にも書いてある。このディーラーは、ワーク番号4254のユニカと説明していたが、これは間違いである。4254ではなくて、42E11である。すなわち、1889年の11月に、やはり、J. Kondrup 女史(42)が絵付けをしたものである。さて、"N2"にはどういう意味があるのだろうか。謎である。まだまだ、わからないことがいっぱいあるな..
#芸術 #アート #伝統 #文化

ワオ!と言っているユーザー

現代狂言

スレッド
現代狂言
 昨日、雨の中、国立能楽堂へ現代狂言を見に行きました。ウッチャンナンチャンの南原清隆さんと野村万蔵さんが中心に行っている狂言で、今年で9年目だそうです。今回は、古典狂言「棒縛(ぼうしばり)」と「茸(くさびら)」と、現代狂言新作「ことだま交差点」が上演されました。とても面白かったです。新作の「ことだま交差点」も内容が濃く、大変笑えました。お笑いの方々も古典狂言に挑戦していましたが、とても声が通り、素晴らしかったです。来年は10周年だそうです。狂言を見たことのない方、とてもお勧めです。
#芸術 #アート #伝統 #文化

ワオ!と言っているユーザー

デミタスコスモス in 三井記念美術館

スレッド
http://www.mitsui-museum.jp/e... http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index2.html
 本日から、いよいよ東京で始まります。鈴木ご夫妻のデミタスコレクション展。昨日、特別内覧会へ行ってきました。本当は、開会式も出たかったのですが、会議が入ってしまい、終了1時間前くらいから参加しました。開会式前に行われたプレスは好評だったようです。たくさんお客さんが来てくれるといいですね。
 最後の喫茶室では、知り合いがたくさん。鈴木ご夫妻を囲んで、楽しく盛り上がっていました。本日初日は、鈴木さんもお見えになるそうです。皆様、是非三井記念美術館へデミタスC&Sの世界を体験しに行きましょう。
#芸術 #アート #伝統 #文化

ワオ!と言っているユーザー

ホイッスラー展

スレッド
ホイッスラー展
 現在、横浜美術館でホイッスラー展が行われています。3月1日までです。先日も、日曜美術館で再び取り上げられていましたが、、実は、昨年10月末に京都へ行ったとき、京都の近代美術館で開催されており、細見美術館の近くだったので、私はついでに見てきました。アップする機会を逸していましたが、ちょうど横浜に巡回してきているので、紹介しておきます。関連する日本の浮世絵も展示されており、比較しながら鑑賞できるので、ジャポニズムに関心がある人にはお勧めです。
 
#芸術 #アート #伝統 #文化

ワオ!と言っているユーザー

天神万華鏡

スレッド
リーフレットです。 リーフレットです。 受付で頂いた鉛筆です。ちなみに... 受付で頂いた鉛筆です。ちなみに、鉛筆の断面は5角形ではなく、6角形でした。 昨日と今日は、亀戸天神の鷽替神... 昨日と今日は、亀戸天神の鷽替神事(うそかえしんじ)です。第2展示室に、ちらしが置いてありました。ちなみに、中央上部にある「鷽まもり」は、私の鞄に着けてあるものです。
 昨日、松涛美術館へ「天神万華鏡」展を見に行った。入場するとき、受付で、記念品の鉛筆を貰った。そうだった!天神様(菅原道真)は、受験の神様であった。そう気が付いたら、第一展示室に10点以上展示されている天神様の掛け軸(酒井抱一や鈴木其一筆など)に「次男をよろしくお願いします。」と、お祈りしながら鑑賞した。 第2展示室は浮世絵中心で、湯島天満宮、亀戸天満宮、そして、亀戸梅屋敷などを題材にしたものが展示されている。まあ、あまり、人が入っていなかったが、結構楽しめて、また、勉強になった。受験生のために、もっと宣伝すればよかったのに..


#芸術 #アート #伝統 #文化

ワオ!と言っているユーザー

ギータ・クンチャナ

スレッド
ギータ・クンチャナ
 今回、ひとつは、大阪でバリ・ガムランの活動をしているギータ・クンチャナのガムランを測定させて頂きました。ギータ・クンチャナのスタジオは通天閣のそばにあります。
http://gitakencana.music.coocan.jp/
 HPのプロフィールにも書いていますが、主宰のKさんは音大卒業後、、バリ島のインドネシア国立芸術大学(ISI)への留学を終えて、関西を中心に、いろいろなところでガムランを教えながら、このギータ・クンチャナを運営・活動しています。立派ですね。ガムランだけで、生活していくことは大変なことです。頭が下がります。
 このスタジオでも、教えているようなので、関西方面でバリ・ガムランに習ってみたいな、あるいは、やってみたいなと思っている方は、是非、訪ねてみてください。
#芸術 #アート #伝統 #文化

ワオ!と言っているユーザー

窯変釉銀巻花瓶

スレッド
窯変釉銀巻花瓶
 ビング&グレンダールの窯変釉銀巻花瓶である。
http://home.h00.itscom.net/shiokawa/b&gLLindahl.html
 作家はL.Lindahlで、1911年に制作されたユニカ作品である。L.Lindahlは絵付け作家であり、たくさん釉下彩の量産作品を描いているが、今までユニカの作品は見たことがなかった。それも窯変釉なので、とても珍しいものだと思う。茶色の窯変がとてもきれいに出ている。それと、私は基本的に銀巻はあまり好きではないが、この花瓶にはよく合っていると思う。
 掃除と年賀状印刷の合間に、いままで時間がなくてなかなかアップできなかった作品をHPにアップしているが、なかなか捗らない。まあ、お正月もあるから、ゆっくりとあげていきたいと思います。
#芸術 #アート #伝統 #文化

ワオ!と言っているユーザー

クリスマス イルミネーション

スレッド
クリスマス イルミネーション クリスマス イルミネーション クリスマス イルミネーション クリスマス イルミネーション
 昨日は、ハリモクの最後の練習で、その後、忘年会だった。そして、練習前に、再び汐留ミュージアムへ行ってキリコ展を見てきた。今回は、1977年のキリコのインタビューの映像も見れたし、外で上映していたビデオも見ることができた。ニーチェの「神は死んだ」という言葉に影響を受けて、「孤独」というテーマから生涯、形而上絵画を描いてきたらしい。とても、共感できた。インタビューのキリコもユーモアがあって面白かった。
 パナソニックビルの下にある新橋の駅舎跡がイルミネーションが飾られて、きれいだった。さて、今日から、大掃除かな..
#芸術 #アート #伝統 #文化

ワオ!と言っているユーザー

彩磁アザミ文花瓶

スレッド
彩磁アザミ文花瓶
 ロイヤル コペンハーゲンの彩磁アザミ文花瓶です。
http://home.h00.itscom.net/shiokawa/RC_2283_MHost.html
 絵付け作家はマリアナ・ホスト、製作年代は、1890年11月。抽象的に描かれているので、実のところ、アザミかどうかわかりません。最初、クラゲかなと思ったのだが、葉や枝が緑で描かれているので、花であることは確かです。あざみ以外の花だと思う方、教えてください。うちの奥さんは菊の可能性もあると言っています。
 マリアナホストは、おそらく1889年のパリ万国博覧会以降、ユニカにサインをいれることができたと思われますが、1889年代のホストのユニカはまだ見たことはないので、はっきりと断定はできません。
 1890年に釉下彩で、青、緑、ピンク、そして、白の4色を使い、斬新的なデザインで描かれているところなど、かなり挑戦的な作品だと思います。
 マリアナ・ホストは1904年にロイヤル コペンハーゲンを退職し、欧州外遊後、1906年にマイセンに迎えられ、以後3年間の在籍期間中に、ロイヤル・コペンハーゲンで得た釉下彩の技術を伝授し、マイセンのアールヌーヴォー様式に影響を与えました。
 今度の展覧会では、この辺のところも是非取り上げたいなと考えています。
#芸術 #アート #伝統 #文化

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 7/58 ページ
  1. <<
  2. <
  3. 1
  4. 2
  5. 3
  6. 4
  7. 5
  8. 6
  9. 7
  10. 8
  11. 9
  12. 10
  13. 11
  14. >
  15. >>