記事検索
ハッシュタグ「#歴史」の検索結果104件

夢の海底トンネル開通

スレッド
夢の海底トンネル開通
この日、安倍首相がトルコへ今年になって2回目の訪問をした。

ダーダネルス・ボスポラス海峡を結ぶ海底鉄道トンネル開通式出席のためという。

アジアとヨーロッパを結ぶ鉄道は、
150年前のオスマントルコ時代からの悲願であったという。

箱型にしたトンネルを海底に沈めて繋げるという工法は、
日本の技術によるものだそうだ。

総工費の半分に当たる1500億円は円借款によるもので、
安倍さんも鼻が高いであろう。

同スピーチで、安倍首相は
「日本政府としても、1999年以来、今計画実現のために約15億ドル以上の円借款を提供し、この壮大な夢を実現するためのパートナーとなれたことは喜ばしい限り」
と述べている。

海底60mの地下鉄はわずか4分で海峡を結んでしまうという。

アジア側の街・イスタンブールは
オリンピック招致で東京に敗れた街として記憶に新しい。

トルコの首相は東京選出が決まった直後、
安倍首相の下に最初にお祝いに駆けつけてくれたという。

「今度は私が約束を果たす番です」
とご自分のFacebookに書き込んでトルコに向かった首相だった。

トルコと日本はかねてより親睦が深い。

リーダーの立ち振る舞いが、
両国間の関係進展に大きく影響を与えているのは確かであろう。
#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

都会考

スレッド
都会考 都会考


サンフランシスコは坂の多い街である。

この街ではニューヨークで見たようなレンタルバイクは発展しないだろう。

坂なら歩くに限る。

下り坂を楽に降りたところで、直ぐに上りとなるのだから自転車は難儀するはずだ。

都会でありながら、マンハッタンとはかなり異なる空気を醸し出している街。

人々がフレンドリーなのは、気持ちにも余裕があるからだろうか?

道を行き交う人たちも、カフェの軒先でコーヒーをすする人たちも、
お互いが調和しているように見える。

「隣は何をする人ぞ? ワシャ、しらん」
こういったものでなく、異なる階層同士でも互いに支え合いながらやっている感じ。

きっとマンハッタンは東京世界によく似ているのだろう。
#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

聖書とイスラム教

スレッド



「天使ガブリエルがマホメットに会ったのは何年だったか分かる?」

夕食の直前、長女がこんな質問を始めた。

「真実の事を言おう。天使ガブリエルは、
一度だってマホメットに会ってないよ。」
と私の回答。

「ウんーん」と、納得しない長女。

「学校の社会科の宿題をしているだけのことでしょ。
彼女たちは今、コーランとイスラム教の勉強をしているのよ。」
と、助け船を出す家内。

「コーランは人が作り上げたフィクションだ。
神が啓示された書である聖書とはそこが違う。
だから、コーランの中身は統一されてなく、矛盾点で溢れている。」

そのような私の偉大なレクチャーに耳を傾けることもなく、
長女は教科書を見ながらサッサと宿題の問題をこなして行く。
「へジュラが何年で、メッカは、、」と、独り言を言いながら。

「イスラム教徒のほとんどは、平和を求めるごく普通の温和な人たちよ。」
と家内。

「その通り。なぜなら多くのイスラム教徒は、コーランに忠実に従おうとはしないからね。コーラン通りを実践しようとする原理主義者は、殺人者にならざるを得ない。」と私。

「オー(T_T)」(また始まったか、という嘆息の家内)

「私たちは聖書を信じ、これを実践しようとする原理主義者であり、
その結果平和に生きる他ないね」と私。

「クリスチャンだって、
かつては聖書を持ち出して同じような殺戮の歴史があったよね」
と家内。

「それは聖書解釈が間違っていたからだ。正しい解釈ならそうはならないはずだ。
ところがコーランには、
"異教徒から土地を取り上げろ、イスラム教に改宗しない異教徒は殺してしまえ。
その戦いで殉死した者には天国が約束されている"
こんなことがはっきりと書いてあるんだ。」

いつの間にか私と家内との宗教談義となるが、それを尻目に問題用紙を進めて行く長女。

コーランには、聖書の教えもふんだんに取り入れてある。

マホメットが最後に現れた最大の預言者であると崇めている。

聖書時代から続く預言者の系譜に連なるものだと自称する。

もちろん、当時のキリスト教会はそれを受け入れることはできなかった。

激しく傷ついたマホメットは、キリスト教会への憎しみを募らせていった。

ところで、黙示録の最後には聖書を改ざんする者への厳しい警告の言葉がある。

聖書自体が、黙示録を最後に神からの啓示は終了していると告げている。

「天使からお告げを受けた」
「神からの言葉が降った」
「聖書以外にも、私に、ここに、神の啓示の言葉がある」

この様に語るものは全て、ニセ預言者である。
#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

従軍慰安婦の記念碑第一号

スレッド
パイセイズパークに建つ米国第一... パイセイズパークに建つ米国第一号となった従軍慰安婦・記念碑。公共の場所に建つ碑は、
地域住民に関わるものであるべきで、日韓関係を持ち出すこと自体が疑問である。

ニュージャージーのPalisades Park と言うところにあるモニュメントを見に行って来た。

第二次大戦中、日本軍によって韓国人女性を強制的に性的奴隷として扱ったという従軍慰安婦制度を糾弾するものである。

今年に入って、従軍慰安婦の銅像がロスの郊外にあるグレンデール という街に設置された。

韓国人ロビー活動により、遠い昔の歴史が再編成されて日本弾劾の道具となっている。

全米の街にその従軍慰安婦像や記念碑を建てたいと声明を出している韓国人運動家の最初の成功が、
ここパイセイズ・パークのもので、設立が2010年。

普段は大人しい日本人&日系人もこの時は、
とばかりに立ち上がってグランデール市の公聴会は議論の応酬に盛り上がったとか。

その除幕式には物々しい警戒体制も敷かれたことから、
大きなニュースとなったのも記憶に新しい。

図書館敷地に立つそれは、隣にコミュニティーセンターの併設されている静かな住宅街にあった。

その街の人口の約半分が韓国人で占めらているそうである。



どういう歴史観を自身の内に構築させていくかは、
立場により左右されるところがあるのは確かだ。

日本人であるのか、韓国人であるかによって、
この従軍慰安婦問題を初めとする歴史観が異なるのは止むを得ないことであると考える。

ところが、さらに重要なことがあるのを確認したい。

それは歴史に対する見方、認識という己の歴史観をひとまず側に置き、
歴史の史実そのものを真摯に見つめる姿勢である。

次の動画は米国人によって編集・作成されたもので、史実がどうであったかを知るのに役立つ。

「米軍報告書1944年」というもので、
テキサスおじさんが、
ワシントンDCにまで資料を取り寄せて事の真相を明らかとした。

「慰安婦=性奴隷」という
プロパガンダから米国一般市民を守るための、このような真摯さを買いたい。

動画は
http://www.youtube.com/watch?v=ggQaYD37Jm4

報告書はこちら
http://texas-daddy.com/comfortwomen.html

ブエナパーク市フェイスブックページもまた、参考にどうぞ。
(この街も記念碑設立にかなり動いたのですが、良識ある米国人によって阻止されています。)
https://www.facebook.com/BuenaParkMemories





#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

地球の縮図版、ニューヨーク

スレッド
ロックフェラーセンター ロックフェラーセンター 地球の縮図版、ニューヨーク 地下鉄内でエンターテイメント業... 地下鉄内でエンターテイメント業に精を出す父と子ども。 音楽もさることながら、微笑まし... 音楽もさることながら、微笑ましい光景。
マンハッタンの地下鉄での楽しみは、
様々なエンターテイナーとの出会いである。

セントラルパークを南北に走る長距離移動では、
体育会系お兄さんたちのアクロバット宙返りが見ものであるが、
今回は遭遇できなかった。

父親とその子供らしい2人組が楽器を奏でている光景は何とも微笑ましい。

彼らは趣味でしているのか、生活の糧を得るための生業なのかは分からない。

昨年の国勢調査によれば、
ニューヨーク在中の約20パーセントが貧困ライン以下の生活を強いられており、
フードスタンプ(食糧配給券)利用者が約25パーセントであると
地元新聞紙が伝えていた。

ニューヨークは地上のあらゆる階層を集めたような
ディバーシティの激しいところだ。

超裕福層が気取りながら買い物をしている店の裏口では、
南米からの不法労働者たちが最低賃金で重労働に就いている。

経済間も、民族間も、それに年齢や職業も実にバラエティに富み、
厳しい格差があるのに秩序を保ちながら、
それぞれ楽しそうに暮らしているところがユニークである。

#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

ヴァンクーバーで知った移民政策

スレッド
オリンピックの際のロゴマークと... オリンピックの際のロゴマークともなった、インディアンデザインの石。


この日はカナダ・ヴァンクーバーにて、宣教師のIさんと夕食。


彼女は日本の社会人や留学生をお世話されながら伝道をしておられます。


ホサナ教会がサポートをしているキース&セイラ宣教師ご夫妻(札幌)の

紹介で彼女と初めてお会いしたのが3年ほど前。


Iさん曰く、
「私のミニストリーをハチャメチャにしている要因」
であるカナダの移民政策について知りました。


カナダは米国と比べて外国人の滞在ビザ交付条件がかなり緩いです。


米国では、4年生大学を卒業した留学生に1年間の就労が認められる、

プラクティカル・トレーニング・ビザがあります。

それとてスポンサーとなってくれる雇用先を見つけるのは至難のことで、

多くの学生は夢半ばにして帰国せねばならないのが実情。


国境線をまたいだカナダでは、

ワークホリック・ビザがあり、

30歳以下であれば誰もが入国出来、就職も自由となっています。


その緩さが、Iさんを超多忙にさせているとのこと。


ワーホリの申請時に30歳の誕生日前ならビザは発給されるため、

33歳の人もいます。


その30から33歳までの人たちは

ギリホリ(ギリギリのワーホリ所有者)

と呼ばれているのだそうです。


そう言えば、カナダでは美容師・理容師免許は必要ありません。

学校を出て(あるいは出なくとも)、誰もが簡単に美容店で働くことができます。


お客が付くかどうかはその人の腕にかかっていて、

政府発行の証明書はないのです。


米国では美容免許が就労には必要です。


それも州によって免許証が異なりますので、

州をまたいで引っ越すと、

新たにその州の試験を受けて免許を取り直さねばならなくなります。

数年おきの免許更新時にも試験が課せられます。


Iさんとの会話の詳細はここで公表出来ませんが、

陸続きの国境を超えただけで

社会の様子がガラッと変わってしまう事例を見せていただきました。


その社会は移民政策に多くを負っていることも。


#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

広島原爆投下68周年

スレッド
広島原爆投下68周年 広島原爆投下68周年

今年の広島原爆平和式典に合わせて、
原爆ドーム前には中沢啓治氏(1939~2012)が
自身の原爆被爆体験を元にした自伝的アニメ『はだしのゲン』
が大きくライトで照らし出されました。


米国時間の68年前のこの日、
1945年8月6日午前8時15分に、
米国B29爆撃機「エノラ・ゲイ」が、
世界初の原子爆弾「リトルボーイ」を投下して
広島市は壊滅、10万人以上の死者を出しました。


中沢氏は当初、
被爆体験者に対する社会的差別のために、
原爆のことを思い出すのさえ苦痛で
語ることすらできなかったといいます。


でも昭和41年に母親が亡くなり、
火葬をして荼毘にふした時、
その母の骨が放射能でスカスカになっていて原形を残さず、
粉しか残らなかった事実に直面します。


その衝撃に今後は逃げないで、
マンガの世界で原爆をありのままに描いて、
後世に伝えるのが
生き延びた自分の使命であると決意したそうです。


こうして昭和48年に、
少年ジャンプで『はだしのゲン』の連載が始まりました。


しかし、原爆投下直後の描写があまりにリアルなため、
読者へのインパクトが大変強く、子供にとっては気持ち悪く、
刺激が強すぎるというような意見も多くありったようです。


ある日、中沢氏に「子供が怖がるのでやめてほしい」
と親御さんから手紙が届きました。


中沢氏は、
「あの光景を怖いと思うなら、そのお子さんは正常です」
と返事をしたそうです。



中沢氏は、
「戦争や原爆を甘い糖衣で包んで子供に見せれば、
甘く考えなめてしまうので、だからこそ、忠実に、
リアルに再現することを貫き通した」と語っています。


中沢氏の体験を知っただけで、
戦争ほど惨たらしく、
愚かな人間の行為はないと私は改めて確信を強くしました。


そこには決して勝者もヒーローもなく、
胸が張り裂けるほどの悲しみ、怒り、むなしさ、
そして痛みと貧困が残されるのみです。


戦争の悲惨さと、
広島と長崎に投下された原爆爆弾の事実を忘れることなく、
それを後世にも伝えていかなければならないと強く思います。


そのためにも、『はだしのゲン』はぜひ一度は
地上のすべての人たちに読んで頂きたいマンガですし、
後世に残して行くべきものであると感じました。


現在、20ヶ国語に翻訳され、出版されているそうです。


近く英語版と日本語版を取り寄せるつもりです。


家族みなで読んで、
決して「戦争終了のための必要選択」
という米国の主要論調に欺かれることなく、
正しい人間理解、
歴史認識を持つものでありたいと願っています。




#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

ペルシャ帝国の底力

スレッド
S.Fベイエリアにはイラン料理... S.Fベイエリアにはイラン料理の店が多く見られます。
「ペルシャ料理」と銘打っているところが多いです。
地中海料理の中ではお勧めです。
イランは中東でもアラブ諸国とは趣を異にしている。


紀元前数千年の昔から、
ペルシア帝国を築き上げ当時最新の建築技術で他を圧倒していた時期もある。


先日の大統領選挙で保守穏健派のロウハニ師が当選したことも、
イラン社会にある底力を見せてくれた様に感じている。


保守強硬派のアフマディネジャド大統領は
イスラエルへの暴言を繰り返し、
核開発を強行したため、国際社会で孤立した。

西側からの経済制裁はイランの国民に耐えがたい苦難を強いた。

今回の選挙結果は、その大統領路線に民意がノーと判断したものである。


昨今の「アラブの春」騒動に見られるように、
暴動やクーデターが頻発している中にあって、
正当な選挙によって暴君を引き降ろすことができた。

自己変革の力を見せてくれたように思う。

改革派が選挙活動をほとんど封殺されたという現状で、
第1回投票から過半数という圧倒的な数で従来の路線が否定され、
その選挙結果が穏便に政権交代に移行して行ったのは、
ペルシア人の民主主義に基づく民度の高さ故とみて良いと思う。


国土の広さや人口(7500万人)、資源だけでなく、
歴史的・文化的厚み、民度の高さ(今回のような自己変革していく力)から、
イランは強力な中東パワーになれる条件を備えている。

ただこれは国際社会との融和の中でこそ可能なはず。

特にイスラエルとの平和共存を新政権が模索することを期待する。
#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

ユニークなバークレー

スレッド
バークレーの見抜き通りの一つ、... バークレーの見抜き通りの一つ、Shattuck通りの昼下がり。
バークレーは、UCLA大学があることで有名です。

もう一つ有名なのは、この町がヒッピーの聖地であること。

70年代のベトナム反戦運動とヒッピーライフスタイルがこの町で融合し、
一台ブームを引き起こしました。

今でこそヒッピーと言われるホームレスは、ほかの町と比べて特別に多いと感じません。

それでも、名残を家々の様子や町並みに感じることがあります。

たとえば、写真に見られるランチ風景。

中央分離帯にある僅かな緑の芝生に腰を下ろして、
堂々と食事しているのは学生だけではありません。

隣のオークランドにも、カリフォルニアのどこにもこういうのは見覚えがありません。

これも由緒ある?ヒッピー文化の名残でしょうか?
#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

参議院選挙へ行って来ました

スレッド
このビルの27階にポートランド... このビルの27階にポートランドの総領事館が置かれています。 今週月曜から金曜までの5日間が... 今週月曜から金曜までの5日間が、選挙の投票日です。
参議院選挙のための投票へ行って来ました。

神奈川選挙区からの議員選出選挙と、

比例代表制政党選出選挙の二つでした。

海外居住者がこうして国政選挙に参加できるようになってから、十数年が経ちます。

私は現在オレゴン州ポートランドにいるため、
いつものようにシアトル総領事館での投票ができないと危ぶんだのですが、
ポートランドでも投票ができる事が分かりました。

いや、海外居住者で選挙人登録カードとIDとの2点があれば、
世界のどの総領事館でも投票が行えるのを初めて知りました。

ポートランドのダウンタウン、
ある銀行のビルディングの27階に総領事館は位置しています。


投票方法ですが、

日本と違い、投票用紙をただ箱へ投函するのではないのです。

記入した投票用紙は2枚、それぞれの専用封筒に2重にして納められます。

外側の封書には「立会人」の証明を記す欄が設けられています。

領事館側と選挙人側が正しく投票事務を踏襲しているかを見定めている
「立会人」がその部屋の中で座を占め、始終監視を続けています。

その人のサインがあってはじめて投票が有効となる仕組み。


無事にその方のサインをいただいて、投票を完了。

あとは、その投票用紙が日本へ運ばれて後、各選挙管理事務所へ郵送されてから開封されることとなっています。


そういうわけで、日本国民としての主権を行使できて、

少々誇らしく感じた午後の一時でした。
#社会 #政治 #経済 #環境 #歴史

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 9/11 ページ
  1. <<
  2. <
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. >
  13. >>